ビザ申請 茨城県。 日本人の配偶者等(結婚ビザ)

日本人の配偶者等(結婚ビザ)

ビザ申請 茨城県

初めて千葉で外国人を雇用しようとしているが、どうすればよいかわからない• 申請書の書き方がわからないから不安だ• 申請に必要な書類がわからない• 集める書類の多さであきらめている• 忙しいので、書類作成、申請をすべてできるところを探している• できるだけ早く申請して許可を得たい• 許可が下りた後も色々相談がしたい 一つでも当てはまる場合は、お気軽にご相談ください。 担当者が丁寧に、分かりやすく迅速に対応いたします。 また、 初回相談は無料となります。 相談は平日の早朝、夜間はもちろん、土日祝日も受け付けております。 まずは、 お電話か メールにて相談の予約をお願い致します。 就労ビザがとれるか?無料診断! 法務省のホームページにある必要書類だけを集めて提出しても、受理はされますが許可が出るという保証はありません。 必要書類は各個人、各企業の置かれている状況によって変わります。 当事務所では許可を見越した 必要書類の収集サポート、申請書作成を致します。 また、初回の相談では、 許可がとれるかの 無料診断を行います。 少しでも不安を減らしたいのであれば、まずは申請取次行政書士にご相談いただくことをお勧めいたします。 申請取次行政書士に相談しないとどうなるのですか? 就労ビザ申請は申請、受理、審査、許可まで手間と時間がかかる手続きです。 お客様の業務に使うべき時間と労力を弊所が変わることで、 軽減することが可能となります。 外国人雇用に対しての不安をお持ちであれば、相談することで不安を除き、許可にむけて確実、スピーディに進めていきます。 当事務所では相談時にご依頼内容をしっかりと伺い、 必要書類を選び、申請、許可につなげていきます。 事前に許可に向けた書類を準備することで、良い結果が得るために 万全のサポートをしてまいります。 千葉リーガルサポートセンターの 7つのお約束 ! (1) 初回無料相談 許可後も更新が必要になります。 これを把握していくのは労力ががかります。 弊所が 御社に変わりサポートさせていただきます。 末永くのお付き合いができるように最善のサポート致します。 サービス内容と料金 当事務所では、万が一最終結果が不許可という結果になった場合は、 全額返金致します。 (再申請の場合は無料で実施) 在留資格を取得することこそが、お客様の求めているものです。 これが達成することができないのであれば当然だと考えます。 料金プランを3パターン設定しております。 お客様の状況に合わせ選んでいただけます。 お客様のご依頼が重なった場合には、お待ち頂く可能性がございます。 あらかじめご了承ください。 サービスの流れ (1)お問い合わせ 当事務所が収集された必要書類を確認後、書類作成(申請書・理由書)、申請準備を致します。 (6)捺印・署名 申請書類にお客様の 捺印・署名をお願い致します。 申請書類は当事務所がお客様のもとにお持ちすることもできますし、郵送での対応も可能です。 (7)申請 当事務所が書類を入国管理庁に申請致します。 お客様は入国管理庁に出向く必要はありません。 (8)受け取り 当事務所に結果が通知されます。 許可が出ればお客様には残りの代金をお支払いいただきます。 その後、お客様に在留資格認定証明書をお渡しします。 事務所地図・アクセス 最寄り駅 【JR千葉駅】東口より徒歩8分 【千葉都市モノレール栄町駅】徒歩4分 資格者のご紹介 申請取次行政書士 武笠 充良• 保有資格:行政書士• 名前:武笠 充良• 所属:千葉県行政書士会• 登録番号:19100584• その他の資格:宅地建物取引士.

次の

茨城県・在留資格・ビザ・東京入国管理局水戸出張所へ申請手続/外国人在留資格.tv

ビザ申請 茨城県

外国人の在留資格の申請取次業務・ビザ申請 千葉県松戸市の安田行政書士事務所では、茨城県にお住まいの外国人の方の入国管理局に対する在留資格申請業務、国際結婚手続や帰化申請業務を行っております。 当事務所では、日本に滞在する外国人の方、外国人を日本へ招聘(しょうへい)したい方、外国人を雇用している会社、これから外国人を雇用する予定の会社などを対象に、 水戸市をはじめ、土浦市、つくば市など、茨城県内も対応地域として業務を行っています。 したがって、東京入国管理局水戸出張所への申請手続きは、是非、当事務所の専門家である行政書士にお任せ下さい。 外国人の方が日本に滞在するためには、原則として在留中の活動内容や身分に応じて交付される「在留資格」が必要となります。 在留資格申請業務の専門家である行政書士が、入国管理局に対する在留資格認定証明書交付申請手続や各種申請手続をトータルサポート致します。 外国人の方が、日本国に在留しようとする場合、入管法で定められた27種類の在留資格のいずれかに該当しなければ、日本に在留し、また日本で活動することができません。 そこで、外国人本人または申請代理人が、日本国内において、在留資格認定証明書交付申請書を入国管理局に提出して、在留資格の交付申請手続をしなければなりません。 代表的な在留資格としては、一般的にいう、配偶者ビザ・就労ビザ・投資経営ビザ、などがあげられます。 在留中の外国人の方は、別の在留資格に属する活動を行う場合や在留資格を失った場合など(離婚など)、入国管理局に在留資格の変更を申請しなければなりません。 在留資格を変更する前に新しい在留資格に属する活動を始めてしまった場合、違反を問われることがありますので、注意が必要です。 在留中の外国人の方が、在留期間を越えて、日本国に在留するために(現在の在留資格と同じ活動を行うために)必要となる手続きです。 なお、在留期間の更新手続きを行わずに日本に滞在すると、不法滞在(オーバーステイ)となりますので、注意が必要です。 日本国に相当期間在留している外国人の方は、法務大臣に永住の許可申請をして、審査基準を満たしていれば、永住者の在留資格を取得することができます。 退去強制事由に該当した外国人の方は、入国管理局から退去強制手続がとられます。 しかし、その外国人の方の生活態度や家族関係など、特に日本に残る必要があるという事情が認められる場合、法務大臣の判断で、日本に在留させる事が適当と認められた外国人の方に在留資格が付与されます。 在留資格を取得している外国人が日本を出国した場合、それまで与えられていた在留資格は同時に消滅してしまいます。 そこで、在留中の外国人は出国前の在留資格及び在留期間を継続するため、出国前に入国管理局に再入国許可の申請手続きが必要となります。 在留中の外国人が就労資格証明書を持っていると、就職時に自己が就労することのできる在留資格又は身分を有していることを会社側へ証明することができます。 日本国に在留する外国人夫婦が、日本国内で子を出産した場合、子が出生してから30日以内に入国管理局に対して、この申請手続きが必要となります。 あらかじめ資格外活動の許可を受けた外国人の方は、資格外活動許可によって許可された収益活動を行うことができます。 外国の国籍を喪失して日本国籍を取得する手続です。

次の

群馬県館林市のビザVISA専門行政書士|就労ビザ(技術・人文知識・国際業務、特定技能、技能実習)、国際結婚ビザ(日本人の配偶者等、定住者、家族滞在)、永住ビザ・帰化・国籍取得

ビザ申請 茨城県

支援体制 ワンストップサービスで茨城でのスムーズな事業展開をお約束します! 支援内容 1. 研究機関,連携機関などの紹介 研究機関やサポート機関へお取次ぎします。 外資系企業に特化したインセンティブ 茨城での事業展開を支援させていただく補助制度を用意しています。。 不動産情報,インキュベーション施設の紹介 入居施設や物件情報などをご案内します。 生活に関する情報の提供 インターナショナルスクールなど生活情報をご紹介します。 県内各施設の視察などもご要望に応じ調整します。 まずはご相談ください。 2.外資系企業に準じる企業 外資系企業により,発行済株式の総数を保有される企業又は全額出資される企業。 3.外国企業 外国の法令に基づいて設立された法人。 〇申請について 申請は随時受け付けております。 まずは,申請を検討されている段階でご相談ください。 〇詳細情報 <共同研究トライアル補助金及び事業拠点設立補助金> 詳細についてはお問い合わせください。 <スタートアップビザ>.

次の