デジモンアドベンチャー last evolution 絆 感想。 「デジモン大好きな人間の感想。」デジモンアドベンチャー LAST EVOLUTION 絆 TAIさんの映画レビュー(ネタバレ)

『デジモンアドベンチャー LAST EVOLUTION 絆』 ネタバレ&感想レビュー

デジモンアドベンチャー last evolution 絆 感想

太一とヤマト 次に印象に残ったのはは焼肉屋で飲みながら将来について葛藤する太一とヤマトのシーン。 就職と卒論のテーマが決まってない太一がヤマトに電話する。 そして飲みに行くことに。 周りは目標をもって動いてるのに太一だけ決まってない焦り。 やりたいことを見つけるために大学院に行くヤマト。 別に立派な目標をもつことは必要じゃないと思ってる。 だから、別にそれでもいいとおもいながらみてた。 自分にもこんな時期あったな・・・と思いながら見てた。 最終的には戦いを通して太一はやりたいこと見つけてた。 明確な理由なんてなくていい。 一方で2人が飲みに行くシーンを見れるとは思ってなかった。 予告の0:08でちらっと映ってるシーン。 予告の1:08のハイタッチするシーンも見て思ったけど、このコンビもやっぱりステキ。 そして、大人になることでアグモン、ガブモンと一緒に居られなくなる葛藤も増えて。 悩んでる姿がほんと印象的でした。 ヒカリの笛 次に印象的だったのは最後の戦闘で負けそうのになるシーン。 選ばれし子ども達はエオスモンに意識を奪われ、操られてるシーン。 もうだめだっと思った時に、ヒカリの笛を太一が吹く。 そして最初の映画の映像が流れる。 0:10くらい これはもうマジで反則。 泣かないわけがない。 そして、目を覚ます選ばれし子供たち。 そして最後の進化。 新しい進化。 大切な物を失ってでも必要だったこと。 この場面がその後の場面をほんと引き立ててました。 別れ そして、最後のシーンへ。 アグモンと太一、ガブモンとヤマトの別れ。 それぞれ海を見ながら、2人で話し合うシーン。 アグモン「かき氷食べたい」 太一「メロン味だったよな」 このやりとりでのほんと二人の「絆」を感じれたよね。 太一が立ったときにアグモンが一言 アグモン「たいち、大きくなったね」 予告の最後のセリフ。 1:28 もうね、泣くしかないよね。。。。。 そして、明日どうするかの会話中でいなくなるガブモンとアグモン 泣く2人。 泣くしかないよね。 泣くしかないよね。 悲しいよね、と思いながら見ていました。 それでも日常は続いていく。 この対比がほんとに素晴らしいというか、現実に沿っててよかったです。 そのあとのシーンで太一の卒論のテーマがデジモン関連のになってたのが印象的でした。 アグモンは居なくなったけど、それでも前に進んで行く。 これが日常なんだって改めて思いました。 総括、まとめ 初代の映画のリスペクトしながら進んで行くストーリー。 ほんと最高でした。 ストーリーはよく言えば王道、悪く言えば平凡。 オメガモンの安売り。 2回もオメガモンになったよ。 けど涙腺崩壊するんだよね。 思い出補正って怖い。。。。 だから、デジモン見てきた人には是非みてきてください!!!!! これは文字では伝わらない!!!!!.

次の

デジモンアドベンチャー LAST EVOLUTION 絆 感想・レビュー|映画の時間

デジモンアドベンチャー last evolution 絆 感想

まとめ 最後まで読んでいただきありがとうございました。 今回は「デジモンアドベンチャー LAST EVOLUTION 絆」について以下のことをお話ししました。 「デジモンアドベンチャー LAST EVOLUTION 絆」を観た感想• 大人へと成長する太一たちといつまでも変わらないデジモンたち• 戦闘シーンは熱く描き分けも素晴らしかった• 過去のデジモンシリーズに登場したキャラクターも登場• 大阪に住むパートナーデジモンが汚物系• オマージュが多く歴代の映画を思い出した。 ストーリーや設定の考察• モルフォモンのモチーフ• 空とピヨモン• 02のラストにちゃんとつながっている.

次の

【ネタバレあり】デジモンアドベンチャー LAST EVOLUTION 絆 【感想】|Just go my way

デジモンアドベンチャー last evolution 絆 感想

ネタバレなし LAST EVOLUTION 絆の感想 テレビシリーズでは、デジモンアドベンチャー、デジモンアドベンチャー02と小学生、中学生の少年少女たちがメインの登場人物でしたが、LAST EVOLUTION 絆では、デジモンアドベンチャーの主人公達が大学を卒業する頃を舞台にしています。 最初に一言「 て結局必要あった?」 映画LAST EVOLUTION 絆の公開前にデジモンアドベンチャーアニメシリーズの続編として劇場OVA作品がありました。 それがデジモンアドベンチャーtri. デジモンアドベンチャーの主人公八神太一達が高校生になった時代を舞台にしています。 それくらいの長さがあったtri. ですが…… LAST EVOLUTION 絆を見るのにデジモンアドベンチャーtri. を前もって見る必要はありません。 これならネタバレではないので言いますが、tri. を観ないでも全く問題はありません。 更に言うなら、tri. を観て合わないと感じた人もLAST EVOLUTION 絆を観たら楽しめると思います。 20歳を過ぎた主人公、太一とヤマトを中心に選ばれし子供達のリアルな葛藤と成長がとても良い作品でした。 成長した選ばれし子供達と変わらないアグモン達パートナーデジモンの関係がとても良かったです! シナリオ、映像、そして今までシリーズ tri. 除く を大切にしている演出どれを取っても最高の映画です! LAST EVOLUTION 絆 観ていない方は是非観て欲しいです! おすすめのデジモン映画 LAST EVOLUTION 絆を観た後だからこそ、他のデジモン映画をおすすめしておきたい!そんな私がおすすめするデジモン映画やっぱりコレ。 言わずもがな、デジモンシリーズの第一作のアニメーション作品です。 テレビアニメの前日談ですね。 こちらはテレビアニメではなく、アニメ映画の作品です。 サマーウォーズやバケモノの子で有名な細田守監督の作品。 どこか怪奇モノのような作品です。 私がボレロという曲を初めて認識したのがこの映画だったりする。 デジモン作品の中で一番異色な作品からもしれない。 ワクワクよりも、ちょっぴり怖い不思議体験のお話だと感じてます。 この映画は20分と時間が短くとても観やすい。 デジモン作品を全く観てなくても楽しめる作品です。 もう一作とてもおすすめのデジモン映画があります! こちらの作品は完全オリジナル、独立したアニメーション映画作品です。 テレビシリーズと繋がっている作品ではありません。 デジタルワールドに生きる『命』あるデジモン達の物語です。 特徴として、人間のキャラクターが一切出てきません。 3DCGで描かれるデジモン達には驚かされました。 デジモンというコンテンツが好きな人に観てもらいたい作品です。 ゲームはやったことがあるけど、アニメは観たこない。 と言った人にはとてもオススメです。 そして、何よりSFアニメ映画として、とても面白い映画です。 この映画1本で物語は完結するので、興味がある方は是非ご覧ください! 徐々に進化して成長していく主人公デジモンがとてもかっこいいです! ネタバレあり LAST EVOLUTION 絆の感想 デジモンアドベンチャー LAST EVOLUTION 絆について、ネタバレありの感想です。 観てない方、ネタバレがダメな方は注意してくだいさい! では感想です。 まず、冒頭の都心での戦闘シーン 最高です。 成長した太一と変わらないアグモンのコンビ タケルとヒカリという02でもメインだった弟妹達が更に成長している とりあえずバイクでキメてるヤマト、可愛いガブモン 観たかったデジモンアドベンチャーの続きって感じで興奮しました! 物語本編も、テーマ・シナリオ・演出どれを取っても本当に楽しめる作品でした。 その中でも特に良かったのが、幼年期まで退化したコロモンとツノモンがパタモン・テントモンにハンバーガーを詰め込まれると一瞬で進化しているシーンです。 徐々にシリアスな展開になることはわかっている最中の心温まるシーンが入るのがとても良かったです。 あとは02メンバーの活躍と変わらない明るく元気な雰囲気がとても良かったです。 細かな点で刺さったポイントは、太一とヤマトが焼肉を食べながら話すシーンです。 二人が酒を飲んでいる。 コレだけで、観ているこっちも「あぁ、こいつらも酒を飲む年齢か」 と自分も大人になったなーなどと感慨深いものがありました。 ここでのヤマトの院進学の話。 個人的には自分の事を言われてるかのような気持ちでした。 私も院進学しましたが、完全にヤマトと同じ思いだったな〜などと思い出してしまいました。 最後の戦いで、今までにない進化を遂げるアグモンとガブモン 子供ではなくなっても、それでも前を向いて戦う太一とヤマト 子供の頃にデジモンアドベンチャーを観ていて良かったな。 と心から思いました。 映画の敵兼ヒロインもとても良かったです。 純粋に悪役ではなく、太一やヤマトも共感してしまうバックボーンを持っていたところが良かったです。 シナリオと映画のテーマがしっかりとリンクしていて、無駄なところがない作品でした。 最後のパートナーとの別れのシーンは、もう絶対に来るって観ていてわかるのに泣いてしまいました。 と、基本的に良かった事を書いていくとキリがないので、ここからは少しもったいないと感じたポイントです。 タケルとヒカリが冒頭のシーン以外特に目立った活躍なし 更に、太一・ヤマトを動揺させるための人質と言うのはわかるけど少しもったいなかったです。 太一・ヤマトを除くと光子郎以外の活躍が少なかったのが残念でした。 テーマ的にも尺的にも太一・ヤマトにスポットする事で映画一本できれいにまとまっているのはわかるのですが、欲を言えばみんなの活躍が観たかったです。 光子郎は便利キャラと言うか実質最強スペックになっていて笑いました。 テントモンは目立った活躍はなかったですが、しっかりと光子郎と一緒にいたところが良かったです。 無限大な夢のあとのなにもない世の中を自分達は生きているんだなーと痛感しました。 選ばれし子供たちを通して自分自身もデジモンアドベンチャーを観ていた無限大な夢があった頃を少し思い出しました。 そして、映画を観終わったあと喪失感ともう少し頑張らないといけないなという気分だけが残りました。 とにかく、デジモンアドベンチャー LAST EVOLUTION 絆、デジモンが好きな人は観たら楽しめる映画だと思いました! 無限大な夢が終わり なにもない世の中が待っている。 でも、それでも僕らは生きていく。

次の