おかめ納豆 遺伝子組み換え。 アメリカ産の大豆はすべて遺伝子組換え!!??

accounts.healthteacher.com: [冷蔵] おかめ納豆 国産丸大豆納豆: 食品・飲料・お酒

おかめ納豆 遺伝子組み換え

より引用 納豆は大豆を茹でて、そこに枯草菌といわれる納豆菌をつけて発酵させたものです。 豊富なたんぱく質 オリゴ糖 大豆ペプチド 大豆サポニン イソフラボン ナットウキナーゼ ビタミンK などの栄養素があります。 また納豆の菌は非常に生命力が強く、他の菌を駆逐してしまうこともあるようです。 なので 酒蔵に勤める職人は酒の仕込み期間は納豆を食べるのは禁忌とされていたり 醤油工場や製薬メーカーの研究所などでも朝食に納豆を摂るのは控えるのが常識となっているそうです。 原料の大豆に問題あり!? 納豆の原料になっている大豆に問題があると言われています。 日本の大豆の年間の消費量は 約300万トンと言われています。 そして日本は大豆の自給率が非常に低く、 約7%です。 食料自給率だと 26%になります。 食料自給率とは実際に私たちが食べている大豆の自給率の事です。 大豆はその便利性から油にもなったり、エサにもなったりします。 そして輸入先は アメリカ70% ブラジル20% カナダ10% です。 アメリカの大豆の90%は遺伝子組み換えの大豆だった!? 現在アメリカで栽培されている 大豆の90%は遺伝子組み換えの大豆なのです。 日本で大豆食品と言えば、納豆、豆腐、醤油、味噌が代表てきな大豆食品ですが、これらの成分表を見てみるとなぜかどれもこれも大豆(遺伝子組み換えでない)と書かれています。 しかし本当でしょうか? 一体何キロの遺伝子組み換え大豆が日本に入ってきているのでしょうか? 実際に計算してみましょう。 年間消費量が300万トン そのうち26%が国産、ということは、74%が輸入大豆です。 7= 155. 4万トン つまり155万トンのアメリカ産大豆が日本に年間入ってきているということです。 9=139. 5万トン 約140万トン 単純計算でこれだけの遺伝子組み換え大豆が日本に入ってきている可能性が非常にに高いということです。 こでだけの遺伝子組み換え大豆をどうやって裁いているのでしょう? 遺伝子組み換え食品の抜け道 遺伝子組み換え食品にはなぜか抜け道があるのは有名な話です。 その抜け道は• 組み換えDNA、およびそれによって生成したたんぱく質が残らないものには表示義務がない• 「主な原材料(原材料の重量に占める割合が上位3番目以内で、しかも原材料に占める重量の割合が5%以上)」にしか表示義務がない• 5%以下の意図せぬ混入には表示義務がない これが抜け道と言われている3つの方法です。 例えば 「組み換えDNA、およびそれによって生成したたんぱく質が残らないものには表示義務がない」の抜け道のおかげで 醤油には遺伝子組み換えの表示義務がありません。 「主な原材料(原材料の重量に占める割合が上位3番目以内で、しかも原材料に占める重量の割合が5%以上)」にしか表示義務がない」この抜け道を使えば、 お弁当、とくに幕の内弁当などはおかずの品数が多いために遺伝子組み換え食品を使いやすい状態にあります。 例えば、ソースとかは重量の5%以上なんてぜったいに行かないですし… 「5%以下の意図せぬ混入には表示義務はない」については、つまり少量ならOKと言っているだけなので、何の食材に少量入っていてもおかしくはないということです。 しかし、これだけで大豆の年間使用量300万トンの半分の140万トンを補えるでしょうか? 補えるはずがありません。 他にも使われている可能性は色々なところにあります。 例えば先ほどの幕の内弁当。 その中に卵焼きが入っていたとして、その卵のを産んだ鳥のエサに使われていたり、 ジュースに良く入っている「果糖ぶどう糖液糖」の原料に使われていたり、 二次元材料、(弁当の中についている醤油の原料に使われていたり と色々な可能性はあります。 しかしまだあります。 国産大豆使用と国産大豆100%使用の違いは? この違いお分かりでしょうか? 実は、小麦粉なんかもそうですが、国産を51%以上入れたら国産大豆使用と堂々と言えるのです。 つまり残りの49%が遺伝子組み換えの大豆であってもです。 実際嘘は言っていませんが、インチキ臭いですよね。 しかしこれがまかり通っているのです。 遺伝子組み換えでないという豆腐から遺伝子組み換えのだいずが検出された!? 農民連食品分析センターより引用 ちなみに、これは10年近くも前の2004年のデータだけど、市民団体が「遺伝子組み換え大豆不使用」と表示してある市販の 豆腐を7種類、東京や埼玉などの小売店で購入して検査したところ、 3種類から「遺伝子組み換え大豆の遺伝子」を検出したそうです。 因みに私は3番の「豆腐、おかめ豆腐木綿」をよく家で見ていた覚えがあります。 こういった形でも遺伝子組み換えの大豆は使用されています。 だからこそ年間消費量のはんぶんを使えるということです。 まとめ 何気なく遺伝子組み換えでないと書いていたから安心というわけにはいかないほどに私たちの暮らしに遺伝子組み換え食品は入ってきています。 それが世界で一番遺伝子組み換え食品を食べている国、日本と言われている所以です。 せっかく世界でもっともすばらしい発酵食品と言われている普段食べているスーパーの納豆ももしかしたら、遺伝子組み換え食品の大豆が使われているかもしれません。 どうせなら納豆自分で作ってみませんか?.

次の

安全・環境に関する質問 | おかめ納豆 タカノフーズ株式会社

おかめ納豆 遺伝子組み換え

遺伝子組み換えの大豆を使っていますか? タカノフーズでは、国産大豆、輸入大豆に関わらず全商品で遺伝子組み換え大豆は一切使用しておりません。 納豆の容器は燃やせますか? 自治体により対応が異なりますが、 カップ容器の素材は紙を主原料として使用しておりますので燃えるゴミとして燃やせます。 トレー容器は発泡スチロール素材(ポリスチレンペーパー)を使用しておりますので、 基本的には燃えるゴミとなりますが自治体によっては発泡スチロールは燃えないゴミと分類する場合もあります。 紙容器の納豆はありますか? カップ納豆ではほとんどの製品で紙容器を使用しています。 豆腐容器の分別は? 豆腐の容器と充てん豆腐の帯掛けフィルムはポリプロピレンを、 トップシールはナイロンとポリプロピレンを使用しておりますので、扱いはプラスチックごみとなります。 ごみを出す時はお住まいの市区町村の区分に従って分別してください。 納豆に入っている添加物はどの様なものがありますか? 納豆には表示に関わる添加物は一切使用しておりません。 たれ・からしの添加物について たれやからしに旨味・辛味を付与するためにアミノ酸や香辛料等を使っております。 ウコンとは何ですか? からしに使用されている植物性の黄色の着色料で、 カレーの色の元になっているものと同じです。 漢方薬や香辛料のターメリックとして知られています。 「にがり」って何? 「にがり」とは、塩を作るために海水を煮詰め、塩の結晶を取り出した後に残った液体です。 漢字で書くと「苦汁」と書き、漢字のとおりとても苦いものです。 その主な成分は「塩化マグネシウム」という物質で、豆乳のたんぱく質と反応して固める性質があります。 他にも豆腐を固める凝固剤には、硫酸カルシウム・グルコノデルタラクトンなどがありますが「にがり」が一番古くから使われております。 他の凝固剤よりも、豆乳の凝固が急速なため豆腐作りには高い技術が必要ですが、その分、豆の甘みのある豆腐ができるといわれています。 グリセリン脂肪酸エステル、レシチン、炭酸マグネシウムって? これらは「消泡剤」として使われています。 大豆にはサポニンという物質が含まれておりますが、 これは「シャボン」の語源と言われており、泡が出る物質です。 豆乳を作る時にすり潰した大豆を加熱しますが、この泡があると、均一に温度が上がらずムラになり、 煮えた所と煮えない所ができてしまいます。 そうすると美味しい豆腐はできません。 泡をできにくくすることで、均一に加熱するのを助けています。 安全性も高く、グリセリン脂肪酸エステル、レシチンは植物性由来の油の一種。 炭酸マグネシウムは岩石や海水にも含まれている塩類の一種で、 全て国が安全性を認めた「食品添加物公定書準拠品」です。

次の

納豆の遺伝子組み換え食品の危険性とその表示について

おかめ納豆 遺伝子組み換え

バイオテクノロジーの発展に伴い、遺伝子組換え作物(GMO:Genetically Modified Organisms)の種類も増え、海外においては作付面積が年々増加しております。 わが国では、2001年4月より、IPハンドリング(分別生産流通管理)に基づく遺伝子組換え食品の表示が義務付けられましたが、近年、相次ぐ食品の様々な問題が続き、消費者の食品への不安は増大し、食品表示に対する関心が高まっております。 このような状況の中で、IPハンドリングの証明書に頼るだけでは不安が残るのは事実です。 弊社では、公定試験法に準じた遺伝子組換え食品検査(GMO検査)サービスを行っております。 この検査では、遺伝子組換え作物が含まれるかどうか、もし含まれるのであればどれくらい含まれるかを確認することができ、IPハンドリングの「意図せざる混入」の許容範囲(混入率5%以下)を科学的に検証できます。 IPハンドリングによる管理と、定期的な検査による科学的検証を併せて実施すれば、消費者の食品に対する不安、表示に対する不信感を解消することができます。 このような検査は自社で行なうより、検査手順、品質管理、情報秘密保持など厳格な体制を整えている独立した第三者検査機関で行われることが、信頼性、信憑性、客観性に優れ、効果的であることはいうまでもありません。 弊社では、ナノバイオ関連事業で培った高度なバイオテクノロジー技術を背景に、公正で確かなデータをご提供いたします。 上記以外にも対応可能な検査項目がございます。 詳細はください。 定性試験(安全性未審査) 作物 検査項目 検査料金 税別 納期 トウモロコシ Bt10 24,000円 7営業日 トウモロコシ CBH351 24,000円 7営業日 トウモロコシ DAS59132 28,000円 7営業日 米 63Bt・NNBt・CpTI 40,000円 7営業日 パパイヤ PRSV-YK 40,000円 7営業日 亜麻 FP967 30,000円 7営業日 ナタネ RT73 B. rapa 40,000円 7営業日 上記以外にも対応可能な検査項目がございます。 詳細はください。 定量試験(安全性審査済み) 作物 検査項目 検査料金 税別 納期 大豆 RRS Roundup Ready 40-3-2 38,000円 7営業日 大豆 LLS Liberty Link Event A2704-12 38,000円 7営業日 大豆 RRS2 Roundup Ready 2 Yield Event MON89788 38,000円 7営業日 トウモロコシ スクリーニング *1 42,000円 7営業日 トウモロコシ Event176 38,000円 7営業日 トウモロコシ Bt11 38,000円 7営業日 トウモロコシ T25 38,000円 7営業日 トウモロコシ MON810 38,000円 7営業日 トウモロコシ GA21 38,000円 7営業日 *1 35S promoter P35S とGA21を検出します。 上記以外にも対応可能な検査項目がございます。 詳細はください。 試験法• 農林水産省:JAS分析試験ハンドブック「遺伝子組換え食品検査・分析マニュアル」• 消費者庁:「食品表示基準について 別添 安全性審査済みの遺伝子組換え食品の検査方法」• 厚生労働省:「安全性未審査の組換えDNA技術応用食品の検査方法」• 社 日本食品衛生協会「公定試験法・標準試験法詳解食品衛生検査指針理化学編」 (必ずご確認ください) (必ずご確認ください) (指定の依頼書をお使いください) 注意事項• 検体が穀粒の場合、1~2kgをご送付ください。 その他の場合、市販製品の場合は1製品分、もしくは、200g程度をご送付ください。 量が満たない場合は、検査ができないことがございますので、あらかじめご連絡ください。 検体からDNAを抽出し、遺伝子組換え作物に導入されたDNAを検出する為のプライマーを用いたPCRを行います。 定性試験の場合、遺伝子組換え作物由来のDNAを「検出した」「検出されなかった」として報告します。 定量試験の場合、「遺伝子組換え作物の混入率」として、小数点第一位をもって、もしくは「検出限界以下」と報告します。 加工食品については、DNAが低分子化されていた場合や、DNA抽出が困難な場合、検査が不可能なものがございます。 スタック品種が含まれる場合は、実際の混入率より高くなりますのでご注意ください。

次の