いづれ にし て も。 「いずれも」と「いづれも」の意味の違い・どっちが正しいのか

「いずれ」「いづれ」の違いとは?「いずれにしても」の使い方例文も

いづれ にし て も

日本語は不思議な言語です。 同じ字なのに読み方が違い、同じ読み方なのに字が違うことがよくあります。 英語などを母語とする外国人が日本語を学ぼうとしたときに、まずつまづくのがここだと言われています。 ここまでの文章でもすでに使われていますね。 『言』という字は『言語』なら『げん』、『言われ』なら『い』と違う読み方になります。 『まず』の『ず』と、『つまづく』の『づ』は、字が違いますが読んだときは同じ音になります。 さらに難しいのが、まったく同じ言葉に見えるのに、表記が違う言葉があることです。 例えば、『いずれも』と『いづれも』という言葉。 どちらも目にしたことがあるはずです。 あなたは『いずれも』と『いづれも』のどちらの表記が正解か分かりますか?どちらも正しく思えますが、 『いずれも』が正しい表記で、『いづれも』は誤った表記です。 でも実は、昔は違いました。 『いずれも』が誤りで、『いづれも』が正しいとされていた時代があるのです。 どうして『いずれも』と『いづれも』は逆転してしまったのか?そこに日本語の面白さが隠されています。 この記事では、『いずれも』と『いづれも』の意味とその違い、使い方を、日本語の変遷の歴史も絡めながらお伝えします。 英語にはアルファベットしかありませんが、日本語には英語と違ってたくさんの文字が使われています。 小学校で習う順番は、ひらがな、カタカナ、漢字です。 しかし、日本語の文字の成り立ちはこの逆です。 漢字がまず作られ、漢字からカタカナが作られ、ひらがなはその後に作られました。 大昔、奈良時代頃までの日本人は、文字をすべて漢字で表記していました。 想像するだけで面倒臭いですね。 よく文章を扱っていたお坊さんたちも面倒臭かったのでしょう。 漢字を省略した文字としてカタカナを考案したのです。 それも全国各地で好き勝手に考案しました。 そのため、一つの音に複数の文字があるという状況が生まれてしまいました。 ひらがなも似たような理由で平安時代に作られました。 ひらがなにも昔はたくさんの文字があったのです。 これらの名残は現代にも少しだけ残っています。 うなぎやののぼりに書かれている『ふ』に見える字は、昔の『な』というひらがなの一つです。 一つの音にいくつも文字の表記があるというややこしい状態は、平安時代からしばらく続いていました。 途中、えらいお坊さんたちが何度か文字の整理を行ったものの、『じ』や『ぢ』、『づ』や『ず』、『い』や『ゐ』などは依然として使われていました。 この頃『いずれも』は『いづれも』と表記されていました。 それを完全に整理したのは、昭和21年(1946年)のことです。 第二次世界大戦が終わり、いろいろなことを新しく決めていく中で、文字を一つに定めた『現代仮名遣い』を使うよう政府が命令を出したのです。 この『現代仮名遣い』が、今私たちが使っている表現です。 そして古い表現は『歴史的仮名遣い』とされ、これ以降は誤りであると決められました。

次の

「いずれも」と「いづれも」の意味の違い・どっちが正しいのか

いづれ にし て も

「いづれ」と「いずれ」の違い 「いづれ」と「いずれ」の違いを分かりやすく言うと、 「いづれ」とは「いずれ」の間違った使い方、「いずれ」とはどちらやどっちのことという意味です。 一般的には「いづれ」という言葉は存在しません。 漢字の成り立ちや読み方が似ていることから、「いずれ」のことを間違えて「いづれ」として使っている人がほとんどです。 また、「いずれ」に似た「何れ」や「孰れ」という言葉があるのですが、どちらも「いずれ」を漢字にした言葉なので置き換えて使っても問題ありません。 正しい言葉である「いずれ」を使った分かりやすい例としては、「いずれバレてしまうので自分から犯人と名乗ろう」「来週の水曜日か木曜日いずれかの日程をお選びください」「いずれまたこの場所に帰ってきたい」などがあります。 「いずれ」という言葉はあっても「いづれ」という言葉は存在しないことを覚えておきましょう。 同時に「いずれ」という単語の意味について「どちらやどっちのこと」と覚えておくようにしてください。 「いずれ」を英語にすると「someday」となり、例えば上記の「いずれまたこの場所に帰ってきたい」を英語にすると「I want to come back to this place someday」となります。 「いづれ」の意味 「いづれ」とは、 「いずれ」の間違った使い方を意味しています。 「いづれ」という言葉は存在せず、間違った言葉として広まっています。 発音が同じなため、「いずれ」と混同してしまう人が多いようですが、間違った言葉なので使わないように気を付けてください。 しかし、「いづれ」は現代の辞書には載っていない間違った言葉なのですが、古文などの過去の文献で歴史的仮名使いとして使われていました。 昔は使われていた言葉ということを頭の片隅に入れておきましょう。 「いずれ」の意味 「いずれ」とは、 どちらやどっちのことを意味しています。 その他にも、色々な過程を経た上で結果を言うことや、あまり遠くない将来のことの意味も持っています。 「いずれの品も名品揃いだ」「合格、不合格いずれの場合も結果を速達で郵送致します」「この商品の中からいずれか一つをお選びください」などの文中で使われているいずれは、「どちらやどっちのこと」の意味で使われています。 一方、「いずれ改めてお伺い致します」「その場は誤魔化せたとしてもいずれバレてしまうに決まっている」などの文中で使われているいずれは、「色々な過程を経た上で結果を言うことや、あまり遠くない将来のこと」の意味で使われています。 「いずれ」という言葉の品詞は、代名詞と副詞二つあります。 「どちらやどっちのこと」の意味で使う場合は、不定称の指示代名詞となり、「色々な過程を経た上で結果を言うことや、あまり遠くない将来のこと」の意味で使う場合は、副詞になります。 「いずれ」は、様々な表現方法があります。 よく使われる表現方法としては、「いずれか」「いずれも」「いずれにしても」「いずれにせよ」などです。 「いずれ」の類語・類義語としては、近いうちのことを意味する「近日」、それが実現するまでにそれほどのの時間を要しないことを意味する「そのうち」、あまり時間や日数が経たないうちにある事が起こることを意味する「やがて」などがあります。 その他にも、時間的に隔たらないことを意味する「近近」、時期に早い遅いはあってもいつかはということを意味する「遅かれ早かれ」、早いことと遅いことを意味する「早晩」、後ほどのことを意味する「追って」などがあります。 「いずれ」を漢字にした「何れ」の何の字を使った別の言葉としては、不定称の指示代名詞で時に関して不定や疑問の意を表すことを意味する「何時」(読み方:いつ)、不定称の指示代名詞で「どこ」を意味する「何処」(読み方:いずこ)などがあります。 「いづれ」の例文と使い方 5.あと10年生きていたら、いずれ私が言いたかったことが分かるだろう。 この言葉がよく使われる場面としては、どちらやどっちのことを表現したい時などが挙げられます。 その他にも、色々な過程を経た上で結果を言うことや、あまり遠くない将来のことを表現したい時に使います。 「いずれ」という言葉は、複数の意味を持っているので様々な場面で使うことが出来るので、適切な使い方を覚えていきましょう。 例文1から例文3は、どちらやどっちのことの意味で使われています。 また例文4は、あまり遠くない将来のことの意味で使われており、例文5は、色々な過程を経た上で結果を言うことの意味で使います。 「いづれ」と「いずれ」どちらを使うか迷った時には、「いづれ」は辞書にない言葉なので、「いずれ」を使うようにしてください。

次の

「いずれ」と「いづれ」の違い・「いずれ」が入った言葉5コ

いづれ にし て も

下記がそれぞれの意味になるようですね。 そのうちに。 「何時かお会いしたい」「あの国には何時か行ってみたい」 2 過去の不定の時を表す。 いつぞや。 「何時か来た道」「何時か読んだ本」 3 時がたつのに気がつかないさま。 いつのまにか。 「何時か日が暮れていた」 4 過去・未来の事柄について、それがいつであったかという疑問、または反語の意を表す。 いつ…したであろうか。 どちら。 どっち。 「何れの物も名品ぞろいだ」「合否何れの場合も通知します」 [副] 1 いろいろな過程を経たうえでの結果をいう。 いずれにしても。 「その場はごまかせても何ればれるに決まっている」 2 あまり遠くない将来をいう。 そのうちに。 …にくい。 goo. php? キーワードを変更して再度検索をしてみてください。 goo. php? goo. php? …にくい。 goo. php? キーワードを変更して再度検索をしてみてください。 goo. php? A ベストアンサー はじめまして。 1.「経験を"もと"に話す」とは言い換えれば「経験にもとづいて話す」ことと同じです。 2.「もとづい(て)」は「もとづく」の連用形です。 3.「もとづく」は「基づく」という漢字しか存在しません。 4.従って、ここでは元、本、素などの漢字は適切ではありません。 ご質問2: <経験を"もと"に話す。 > 1.「~をもとに」という語感が「~を元に戻す」といった語感になるため、「元」の漢字を想定されたのだと思われます。 2.しかし、ここで使われる「もと」とは「土台」の意味になります。 3.他の漢字「元」「本」などには「土台」「ベース」といった意味はありません。 4.従って、ここでは基が適切な漢字となります。 以上ご参考までに。 A ベストアンサー 「物書き」のひとりです。 まず、重要なことですが、「関・係・拘」のすべてが常用漢字ではありますが、その音訓表に「かか わる 」がないことです。 常用漢字は、「こうしなくてはいけない」といった性格のもではありませんが、一応、すべての文章を書き表す場合の指針ではあります。 音訓表に無いものの代表的なもの よく使われるもの として「全 すべ て」「画 えが く」「〇〇に依 よ れば/拠 よ れば」などが思いつきます。 本件の「関・係・拘」に関して言えば、「係」に「かか」の読みが認められているのみです。 それも「かかわる」でなく「かかる」です。 「人命に係 かか る問題」「係 かか り結び」など。 前者は、「人命にかかわる問題」のように表記されることもありますが、この場合 常用漢字の基準では 「係わる」でなく「かかわる」です。 結論としては、「それにもかかわらず」などにおける「かかわらず」は仮名書きが無難でしょう。 漢字の場合は「拘わらず」が正しいといえます。 ただし、パソコンでは「関わらず」と変換されることが多いようですネ。 漢字の場合、「関係」という言葉があるように、「関わる」と「係わる」の用法はほとんど区別がつきません。 一般的に言えることは、「関わる」「係わる」は肯定的にも否定的 「関わらない」「係わらない」 にも使いますが、「拘わらず」は、肯定的に用いられる例が少ない、ということです。 ただし、肯定的な「拘わる」が誤りだと言っているのではありません。 念のため。 「物書き」のひとりです。 まず、重要なことですが、「関・係・拘」のすべてが常用漢字ではありますが、その音訓表に「かか わる 」がないことです。 常用漢字は、「こうしなくてはいけない」といった性格のもではありませんが、一応、すべての文章を書き表す場合の指針ではあります。 音訓表に無いものの代表的なもの よく使われるもの として「全 すべ て」「画 えが く」「〇〇に依 よ れば/拠 よ れば」などが思いつきます。 本件の「関・係・拘」に関して言えば、「係」に「かか」の読みが認められてい... A ベストアンサー そもそも【十分】と【充分】は別のことばです。 国語辞典では「十分」も「充分」も同じこと、を踏まえてのご質問と見うけます。 私は、事務的文書では「十分」に一本化していますが、私的文章では、両者を使い分けています。 情緒的な差という人もいますが、語の本来の意味は異なります。 ・旧かな遣いの時期は区別がし易かったが、新かな遣いになり混同を助長。 ・漢字の学習の底が浅く安易になった、即ち本来の意味に注意を払わない。 原意:古代に枝や縄の結節で数字を示した方法の延長が現在の字形。 九が数の窮まった値として縁起よく、重視されてきた。 【充】:満ちる、満たす、余すところなく、担当する、埋める。 【分】:実は、発音も意味も一意でないのです。 【十分】の発音はshi2fen1 【分】fen1の意味は 部分、分割したもの など。 【十分】の発音はchong1fen4 【分】fen4の意味は 成分、本分、職責 など。 さて、お尋ねのこと「私はじゅうぶん満足した」はどう書くか。 ・単純に量的に満たされたならば【十分】。 ・心または腹が充足感を以って(徐々に内部から)満たされた場合は【充分】。 としたいところです。 【充】については以下の用法で感覚をつかんで下さい。 充電・充填・充足・充実・充溢・充血・充ちる(潮が、悪意に、月が、刑期がetc) ついでに、 「十分ご説明をいただいて、充分満足いたしました」のごとき用法も。 いまや、【十分】【充分】を使い分けるか否かは個人の好みです、読む人の感性に合わなければそれまでのこと、自己満足の域を出ません。 いずれにせよ、公式文書や事務的文書では、好悪を捨てて、国語辞典を標準とするに越したことはありません。 そもそも【十分】と【充分】は別のことばです。 国語辞典では「十分」も「充分」も同じこと、を踏まえてのご質問と見うけます。 私は、事務的文書では「十分」に一本化していますが、私的文章では、両者を使い分けています。 情緒的な差という人もいますが、語の本来の意味は異なります。 ・旧かな遣いの時期は区別がし易かったが、新かな遣いになり混同を助長。 A ベストアンサー 1 「ず」と「づ」は歴史的には発音が違っていましたが、現代では発音上の区別がありません。 したがって、『現代仮名遣い』 昭和61年7月1日 内閣告示第1号 では、いくつかの例外を除いて、「づ」を用いないように定めています。 ご質問のお答えは、「ずつ」が正解です。 2 「分かる」「解る」「判る」は、それぞれ意味が少し違います。 【解る】理解する。 ことの筋道がはっきりする。 【判る】判明する。 明らかになる。 【分かる】上二つの意味を併せたいい方。 『常用漢字音訓表』 昭和56年10月1日内閣告示 に、「分かる」はあるのですが、「解る」と「判る」は載っていません。 「解」も「判」も常用漢字表には含まれていますが、「わかる」という読み方が載っていないのです。 新聞やテレビなどのマスコミが「分かる」を優先的に使う理由はそこにあります。 質問者さんが公務員で、公文書を作成されるなら、「分かる」に統一する必要があります。 民間の文書や私信なら、「分かる」「解る」「判る」を使い分けて、日本語の奥ゆかしさを味わいたいものです。 A ベストアンサー 「以」がつけば、以上でも以降でもその時も含みます。 しかし!間違えている人もいるので、きちんと確認したほうがいいです。 これって小学校の時に習い以後の教育で多々使われているんすが、小学校以後の勉強をちゃんとしていない人がそのまま勘違いしている場合があります。 あ、今の「以後」も当然小学校の時のことも含まれています。 私もにた様な経験があります。 美容師さんに「木曜以降でしたらいつでも」といわれたので、じゃあ木曜に。 といったら「だから、木曜以降って! 聞いてました? 木曜は駄目なんですよぉ 怒。 と言われたことがあります。 しつこく言いますが、念のため、確認したほうがいいですよ。 「以上以下」と「以外」の説明について他の方が質問していたので、ご覧ください。 goo. php3? 話す時はどちらでもいいですよ。 ただ、私個人の語感で言うと、公式的な場では「すみません」の方がいいような気もします。 「すいません」はちょっとくだけた感じかな。 でも、これはあくまで私個人の語感。 人によって、あるいは地方によっても感じ方は違うだろうと思います。 書くときはもちろん「すみません」にしましょう。 これも、話す時にはどちらでもいいです。 「しじつ」「せんたっき」と書いてはいけませんが。 A ベストアンサー めどはやまと言葉ではないでしょうか。 もしそうなら漢字は当て字であり、どちらが正しいというものでもなく、世間で一般的にどう使い分けされているかということに過ぎないと思います。 広辞苑ではめど(目処)もくと(目途)と分けて記載されているだけで説明がなく 不親切です。 朝日新聞社の漢字用語辞典では、めど(目処、目途)とあり、私のPCでも、めどで両方が転換できます。 解決のめどがつくとか、目標達成のめどが立ったなどと使われるので、 ものごとがその完成、実現にちかずいたということを意味し、目標とは若干ニュアンスが異なると思います。 目標は高くとは言いますが、目途(目処)は高くとはいいませんね(この部分は蛇足です).

次の