実写版ゆるキャン△。 ゆるキャン実写ドラマ版のキャンプ道具まとめ

実写版『ゆるキャン△』場面写真が公開。2020年1月9日からテレビ東京系列やAmazon Prime Videoで放送予定

実写版ゆるキャン△

もくじ• そこに、自転車に乗り富士山を見に来て迷子になった女子高生、なでしこ(大原優乃)がやってくる。 二人で焚き火を囲み、カップラーメンを食べながら目に飛び込んできた景色とは・・・。 見ればキャンプに行きたくなる。 行かなくても行った気分になる。 そんな新感覚ゆるゆる系キャンプドラマ! 本作は原作コミックに可能な限り忠実に、ロケ場所にもこだわりながら撮影を行います。 ドラマを見るとキャンプに行きたくなる。 行かなくても行った気分になる。 原作コミックで描かれた絶景を、実際に映像としてお届けします。 16歳。 誕生日は10月1日。 小学生に見間違われるなど小柄な体格をしており、腰まで伸ばした髪を頭の上で大きなシニヨンに結っている。 キャンプの経験は豊富なほうであるが、キャンプ場で静かに一人の時間を過ごすことに魅力を感じており、基本的に閑散とした冬季にしかキャンプをせず、誰かとキャンプした経験は皆無。 物語冒頭にて遭難しかけたなでしこを助け、時々なでしこともキャンプをするようになる。 なでしことの出会いをきっかけにラーメン以上の本格的な野外調理にも手を出すようになり、運転免許を取得したばかりのスクーター「ヤマハ・ビーノ」で県境を越えた一人旅にも挑戦するようになる。 図書委員であり、学校でもキャンプ先でも本を読んでいて、アルバイト先も書店。 犬好き。 いつもクールな態度を装っているが、決してコミュニケーションが苦手というわけではなく、また内心では常に周囲の事柄に対して悪態をついたり突っ込みを入れたりしている。 やや天然でマイペースな傾向があり、どこか「知的な一匹狼キャラ」に徹しきれていない面もある。 使っているキャンプ道具の多くは祖父のお下がりで、愛用のテントはモンベル・ムーンライトテント3型。 千明からは「しまりん」と呼ばれている。 なでしこや千明から幾度か野外活動サークルのメンバーに誘われているが、彼女らの活動に対しては「ノリが苦手」という印象を抱いており、やや距離を置いている。 各務原なでしこ 演:大原優乃 声:花守ゆみり 本作の主人公の一人。 誕生日は3月4日。 富士山を眺めるのが好きな無邪気で活発な女の子。 愛知県豊橋市に近い静岡県浜松市西部から山梨県へと引っ越してきた当日、自転車の遠乗りで富士山を見に来たものの、ビバークの用意もなく日没まで居眠りしてしまい困窮していたところをリンに助けられ、キャンプに興味を持つようになる。 料理は食べることも作ることも好きで、リンいわく「うまそうに食う」。 過去にダイエットで身体を鍛えていたことがあり、見かけよりも健康で体力もある。 寒いところで寝たり重いものを背負ったりするのも平気で、携帯性に難のある家庭用のカセットコンロや土鍋をキャンプに持ち込んで常用している。 言動が犬っぽい。 夜道と怪談が苦手。 皆でまったりと過ごすようなキャンプに憧れて野外活動サークルに入部し、千明やあおいとのキャンプと、リンとのキャンプを交互にというハードなスケジュールをこなす。 千明いわく「ストロングスタイル」。 自分の情動に正直でありつつも他人の顔色も気にする性格で、天真爛漫なように見えてしっかりと相手を気遣うことができる。 時に強引に、時に相手の顔色を見ながら、リンとの距離感を詰めていく。 キャンプの資金を稼ぐために、アルバイトは年末年始の期間で年賀状の配達、後に桜から紹介してくれる蕎麦屋で働いている。 大垣千明 演:田辺桃子 声:原紗友里 本栖高校の同好会「野外活動サークル」の部長。 誕生日は8月31日。 騒々しく快楽主義的な行動派で、男気のある性格。 眼鏡でツインテール。 あおいやなでしこ、あかりからは「あき」「あきちゃん」と呼ばれている。 自身が幼稚園の時に家族でキャンプに行って楽しんだのを、高校生になってから友達と一緒にキャンプに行くための決意としてあおいと共に野外活動サークルの設立を果たす。 少ない活動予算を遣り繰りすべく、あおいと共に、安価な道具や廃材をアウトドアで活用するための試行錯誤を普段から繰り返しており、高価な道具を買おうとすると鼻血が出る。 リンを部員に加えようとしているが、リンからはやや苦手意識を持たれていたが、物語が進むにつれリンとの距離は改善しつつあり、リンが一人キャンプを好むことも理解したうえで無理強いしないように心掛けるようになった。 鳥羽がよく利用している酒屋でアルバイトをしている。 犬山あおい 演:箭内夢菜 声:豊崎愛生 野外活動サークルの一員で、千明と2人で同好会を立ち上げた創立メンバーにして、さり気なく皆をフォローするまとめ役。 誕生日は3月4日。 お姉さんらしく落ち着いた性格で、のんびりとした関西弁風の口調で話す。 千明には「イヌ子」と呼ばれている。 太眉と八重歯が特徴。 茶目っ気がありホラ話が好きだが、嘘を言っている時には目が泳ぐ。 高校生離れにしたスタイルの持ち主であり、主要人物達の中でも突出した胸部の持ち主。 野クル活動用の資金稼ぎを兼ねてレジ打ちのアルバイトをしており、後述するアルバイト先のスーパーマーケット「ゼブラ」は千明がアルバイトしている酒屋の隣に所在している。 斉藤恵那 演:志田彩良 声:高橋李依 リンの学校の友達で、休日も自宅からキャンプ先のリンとSNSでメッセージを交わす間柄。 誕生日は9月1日。 お節介焼きで、なかなか素直になれないリンと他の登場人物との間柄を取り持つなどして、リンをサポートする。 帰宅部で、休日は夜更かしして朝遅く起きるのが常。 キャンプにも少し興味を持っており、千明からはリンを野外活動サークルの活動に引き入れるためのキーパーソンと見られているが、帰宅部から移籍するには至っていない。 背後に忍び寄るなどして、他人の髪型に奇抜なアレンジを加えるというイタズラが好き。 ちくわという名の犬を飼っており、劇中ではしばしば連れ歩いたり話題にしたりしている。 キャンプ道具のコストパフォーマンスよりも耐寒性能や安全性に関心を持っており、野外活動サークルのキャンプに初めて同行した際には、他のメンバーよりも桁違いに高額な冬山登山用の寝袋「ナンガ・アルピニスト800」を持参して周囲を驚かせている。 原作第2話で登場してから原作第20話(テレビアニメ版第11話)で初めてフルネームが明かされるまで、皆からは姓で呼ばれていた。 原作第24話以降は次第になでしこや千明から名で呼ばれるようになる。 アルバイトは年末年始の期間で年賀状の住所先の文字確認、後になでしこの家の近所のコンビニで働いている。 お楽しみの夕食は、犬山(箭内夢菜)が懸賞で当選したA5ランクの黒毛和牛を使ったすき焼き! すき焼きを堪能しつつ、斉藤(志田彩良)が用意したサンタクロースの衣装を着て盛り上がる5人。 ソロキャンパーとしてキャンプを楽しんでいたリンは、クリキャンを通してみんなでやるキャンプの楽しさも実感していた。 そして、寝袋に入りながら夜空を眺めるリンとなでしこ(大原優乃)は、来年もたくさんキャンプすることを約束するのだった・・・。 第1話にてキャンプ中のリンが、困窮していたなでしこと出会うほか、番外編にてリンの日帰りキャンプ先として再登場する。 山梨市駅周辺 原作第1巻第6話、テレビアニメ版第4話 なでしこ、千明、あおいが、キャンプに出発する際に待ち合わせ場所として立ち寄る。 判読可能な駅名標が描写されている。 なお漫画・アニメに登場した駅舎は、2017年秋から行われた橋上化工事に伴い解体されている。 笛吹川周辺 原作第1巻第6話~第2巻第8話、テレビアニメ版第4話~第5話 なでしこ、千明、あおいのキャンプ先として、山梨県笛吹川フルーツ公園をモチーフとした「笛吹公園」が登場する。 原作第7話では近隣にあるほったらかし温泉をモチーフにした「ほっとけや温泉」に入浴し、パインウッドキャンプ場をモチーフにした「イーストウッドキャンプ場」でテント泊をする。 原作第6巻第29話では、後になって「ほっとけや温泉」の近くに新しいキャンプ場ができたり、以前は無料であった「イーストウッドキャンプ場」の薪が有料となったりしたという言及がある。 四尾連湖 原作第2巻第10話~第12話、テレビアニメ版第6話~第7話 リン、なでしこのキャンプ先として登場、妹とキャンプしていた鳥羽と出会う。 名称は曖昧にされているものの、水明荘をモチーフとしたキャンプ施設が登場する。 テレビアニメ版では「木明荘」という架空の施設名に変更されている。 身延駅周辺 原作第3巻第14話、テレビアニメ版第8話 なでしこ、千明、あおいが学校帰りに身延駅で下車し、架空のアウトドア用品店「カリブー」で道具を購入したり、駅周辺の街並みを観光しながら身延饅頭の買い食いをしたりする。 原作第6巻第29話、第30話などにも身延駅構内やアウトドア用品店の描写が登場する。 なお、駅前の商店街はしょうにん通り商店街をモチーフとしているが、アウトドア用品店のモデルとなる店舗は身延駅前に存在しない。 夜叉神峠 原作第3巻第15話、テレビアニメ版第9話 リンが休憩のために立ち寄る。 南アルプス街道の先が通年マイカー規制されていることを知らずに通り抜けようとして通行止めに遭遇する。 身延山 原作第5巻第26話 千明、あおい、あかり、鳥羽が初日の出を見るために登る。 富士川町高下地区 原作第5巻第26話 千明、あおい、あかり、鳥羽がダイヤモンド富士を見ようと試みる。 富士山駅周辺 原作第6巻収録第31話 千明、あおい、恵那が山中湖に向かう途中で立ち寄る。 山中湖 原作第6巻第32話~第34話 千明、あおい、恵那のキャンプ先として登場。 厳冬の中、標高差による気温への影響を考えずにキャンプ地として選んだことで、鳥羽を巻き込んで騒動になりかける。 長野県 霧ヶ峰 原作第1巻第6話、テレビアニメ版第4話 リンが高ボッチ高原に向かう途中で食事のために立ち寄る。 高ボッチ高原 原作第2巻第7話~第8話、テレビアニメ版第5話 リンが食事のために立ち寄る。 その後キャンプ場へ移動するが、なでしこに写真を送るため深夜に再び訪れる。 杖突峠 原作第3巻第16話、テレビアニメ版第9話 リンが休憩のために立ち寄る。 光前寺 原作第3巻第16話、テレビアニメ版第9話 犬(霊犬早太郎)が祭られている寺という話に興味を抱いたリンが参拝のために立ち寄る。 駒ヶ根市 原作第3巻第17話、テレビアニメ版第9話 リンが入浴と食事のために温泉地に立ち寄るが寝過ごし、夢の中に現れた霊犬早太郎に、ミニソースカツ丼に付属していたサラダを食べられる。 陣馬形山 原作第3巻第18話、テレビアニメ版第10話 リンのキャンプ先として登場。 静岡県 富士山山麓 原作第1巻第3話~第4話、テレビアニメ版第2話~第3話 リン、なでしこのキャンプ先として、富士宮市朝霧高原に所在するふもとっぱらをモチーフにした「麓キャンプ場」が登場する。 富士宮市 原作第4巻第20話~第23話、テレビアニメ版第11話~第12話 リン、なでしこ、恵那、千明、あおい、鳥羽が、クリスマスに富士山麓で合同のキャンプを行う。 原作では富士宮市という地名のみしか語られないが、テレビアニメ版では「朝霧高原」などの地名にも言及される。 また原作7巻36話・37話でなでしこが初ソロキャンプの途中で西富士宮駅周辺に立ち寄っている。 掛川市 原作第5巻第25話 リンが母に頼まれた茶葉を購入するために立ち寄り、抹茶カフェで休憩する。 磐田市 原作第5巻第25話~第26話 リンのキャンプ先として登場。 見付天神 原作第5巻第25話 駒ヶ根市光前寺で縁のあった霊犬早太郎(悉平太郎)の伝説を追って、リンが参拝のために立ち寄る。 福田海岸 原作第5巻第26話 リンが初日の出を見るために立ち寄る。 浜名湖周辺 原作第5巻第27話~第28話 原作第12話(テレビアニメ版第7話)でなでしこの故郷として言及される。 原作第27話でリンが河口付近から東岸側周辺にかけての一帯に立ち寄り、原作第28話ではリン、なでしこ、綾乃が展望台から夜景を眺めるほか、なでしこが中学時代に自転車で毎日一周してダイエットを達成したという回想に言及する。 浜名大橋 原作第5巻第27話 リンが気象状況により山梨に帰れなくなった際、近隣のキャンプ場を確保した後に立ち寄る。 浜松市舞阪表浜駐車場に駐車し、浜名湖河口(今切口)付近の海岸で半日を過ごす。 弁天島 原作第5巻第27話 リンが近隣のホテルの温泉に入浴し、赤鳥居で初日の入りを眺める。 原作第28話でも展望台から景色を眺める場面にて地名への言及がある。 舘山寺温泉 原作第5巻第27話 リンが手土産のいちご大福を購入するために立ち寄る。 浜名湖佐久米駅周辺 原作第5巻第27話~第28話 徒歩20分の距離になでしこの祖母の家があるという設定。 原作第27話でリンとなでしこが駅前で待ち合わせをし、ホームに集まってくるユリカモメの大群と戯れる。 原作第28話では駅周辺のうなぎ料理店で鰻重を食べる。 富士市 原作第7巻第37話~第39話 なでしこが初めてのソロキャンプ先として、富士川駅から5. 5キロの地点に存在する野田山健康緑地公園(金丸山)キャンプ場をモチーフにした「富士川健康緑地公園」が登場する。 しかしキャンプ道具を買い揃える予算も乏しく、4月の同好会結成から11月になるまで大した活動実績を残せずにいたが、そんな中、新たなメンバーとしてキャンプ初心者の新入部員、なでしこを迎えることになる。 放課後に部室に集まってはキャンプに関するトリビアを披露したり、キャンプごっこや妄想上のキャンプの話題、荒唐無稽なホラ話に興じたり、半年後、10年後、60年後、1000年後の未来のキャンプを夢想したりといった、雑談に明け暮れる野外活動サークルの毎日の活動を描く。

次の

「ゆるキャン△」を実写化すると... ドラマ版の場面写真公開! リン&なでしこら、メインキャラ全員お披露目

実写版ゆるキャン△

あfろさん原作の漫画の実写版として注目が集まっています。 福原遥さん演じる主人公・志摩リンを中心に、5人の女子高生たちが登場し、毎回キャンプの小ネタや楽しみ方が知れて 「キャンプに行かなくても行った気分になれる」「ソロキャンプしたことがないけどしてみたくなる」と評判ですよね。 漫画の原作を忠実に再現、毎回違うキャンプ場でロケが行われていることから、登場するキャンプ場や主人公たちの通う高校が「聖地」としてファンにも愛されています。 第8話 ロケ地その1:本栖高校からの帰り道 野クルの3人が、 本栖高校からの帰り道に通る橋。 この橋は、本栖高校のロケ地である旧下部小学校・中学校から駅までの通り道にあります。 常葉川を渡って駅に向かう橋で、高校からの距離は徒歩10分ほど。 第8話 ロケ地その2:甲斐常葉駅 野クルの3人が利用している駅、 甲斐常葉駅。 静岡の富士駅と、山梨の甲府駅を結ぶJR身延線の駅です。 ここで野クルの3人は、キャンプグッズを買いに行く相談をしていましたね〜! 第8話 ロケ地その3:アウトドアショップ・ELK(エルク) 野クルの3人が、なでしこのお姉さんの車で連れてきてもらった、 甲府市のアウトドアショップ・ELK(エルク)。 身延線の甲斐常葉駅から甲府駅まで行って、さらにバスを乗り継いだりしなくてはならないということで高校生の3人にとってはちょっと遠い存在のお店です。 お店の看板も、中の様子も、ドラマで出ていたのと全く同じ。 山梨県出身のオーナーさんが、単身アメリカで体験した本場のアウトドア知識やグッズを山梨県に持ち込んで始まったアウトドアショップで、創業30年の老舗ショップです。 経験豊富な店長さんやスタッフさんが色々とアドバイスをしてくれますよ〜! ドラマに登場した看板犬のダンテも実際にいます! 第8話 ロケ地その4:身延駅 野クルの3人がELKで買い物を終え、なでしこのお姉さんに車で降ろしてもらったのが、 身延駅。 甲斐常葉駅と同じ沿線、甲府と富士を結ぶJR身延線の駅で、歴史を感じる街並みと、桜の名所・身延山にある久遠寺、名物のみのぶまんじゅうが有名ですよね。 ELKからは車で45分ほどの距離。 愛車のVinoで目指したのは、 長野県の上伊那。 普通の道だと自宅から150kmのところ、山道を通れば120kmに短縮できる!ということで颯爽と山道を進んでいましたが・・・、なんと マイカー規制のため通行止になっていました。 仕方なく休憩のために通りかかったのが、夜叉神hutte。 自動販売機で暖かいミルクティーを買ってましたね。 すぐ近くには、リンが登山客のお姉さんからほうじ茶をもらった、 夜叉神峠の登山口があります。 登山客との交流でほっこりとした気分になったリンは、気を取り直して再び長野へ向けて出発しました。 以前、リンが聴いていたラジオのパーソナリティーとしても声だけ出演されていました。 ヒロシさんのプロフィール 本名 齊藤 健一(さいとう けんいち) 生年月日 1972年1月23日(48歳) 出身地 熊本県荒尾市 身長 175cm 血液型 O型 所属事務所 ヒロシ・コーポレーション 趣味 キャンプ、キャンプグッズ集め、釣り、家庭菜園、熱帯魚飼育、ベースギター演奏 ヒロシさん、なんと 本名は全然違う名前なんですね〜! 「ヒロシ」という芸名は、フリーアナウンサーの生島ヒロシさんに由来するそうで、たまたま家にあった雑誌の表紙に載っていた生島ヒロシさんを見て、「親しみやすい名前」だと思って採用したんだとか。 「ヒロシです」のネタで大ブレークを果たすも、その後 自ら「テレビに出ない!」と宣言し、仕事がない時期が続いたヒロシさん。 のちに「しくじり先生」に出演した際には、 「極度の人見知りなのに芸能界に入ってしまった先生」として登場し、芸能界に馴染めず精神的に疲弊してしまったことを明かしました。 そんなヒロシさんの現在の活動のひとつが、。 ひとりキャンプを楽しむ様子やギアの紹介など密かに人気を集めています。 また、書籍も出版されていて、 2019年に刊行された「ひとりで生きていく」はAmazonでも評価が高く、現代社会に生きづらさを感じる人たちから多くの共感を得ています。 (出典:amazon. jp ) そんなヒロシさんは、現在独身。 2013年からドラマや映画、CMなどに出演されている女優さんです。 向里祐香さんのプロフィール 本名 向里 祐香(こうり ゆうか) 生年月日 1990年9月24日(29歳) 出身地 東京都 身長 168cm 所属事務所 スターダストプロモーション 趣味 油絵・プールで泳ぐこと・ひとりカラオケ・映画鑑賞 特技 ダンス 向里祐香さんが出演しているCMをまとめてある動画がありました。 あ〜!このCMに出てる綺麗な人だ〜!って思いますよね。 今回の登山者役では大人っぽい落ち着いた雰囲気を醸し出してました。 一緒に行くなら近場で、ひとりで行くなら遠くへ、いずれにしてもキャンプを楽しめるリンを頼もしく感じました。 バイクで山道を行けば距離も短縮できるし、車もいなくて快適〜!と途中までは良かったものの、道が通行止になって引き返す羽目になってしまったリン。 最初は冬シーズンだから封鎖されているのかと思いきや、マイカー規制で一年中通行止なのだとか。 このように 冬は凍結して通れない道や、工事や土砂崩れなどでイレギュラーに通行止になっている道などもあるので、出発前に確認しておかなきゃな〜・・・!と思いました。 リンは引き返して仕切り直し、長野へ向かうようでしたが、自分だったら「今日はもうやめようかな・・・」と諦めてしまうかも。 特に冬場のキャンプは雪や凍結に気をつけたいですね! わいわいと道具を選ぶ野クルの3人も女子高生らしくて可愛かったです。 リンの友達の斉藤さんも、クリスマスのデイキャンに参加することになりそうで、ついに5人揃ってキャンプ場が実現するのかな〜と楽しみになりました! 次回は長野県上伊那の陣馬形山キャンプ場でリンがひとりキャンプ。 どんなキャンプになるのか楽しみですね〜。

次の

ゆるキャン実写化ドラマの感想、キャスティングや再現度がバツグンだぞっ!

実写版ゆるキャン△

今回は 坦々餃子鍋ですね。 マジでうまそう…。 ここまで3回の飯テロの中で一番効きました…。 それにしてもなでしこは食い意地が凄いですが、 料理スキルも凄いのは最初意外でした。 自給自足の腹ペコキャラってあんまり見ない気がする…。 でも 一番の強みは、作中の食事がとにかく美味しそうに見えるところかもしれませんね。 アニメや漫画でも美味そうなのですが、 実写だと飯テロの破壊力がさらに上がる感じ。 公式のインスタによると、 フードコーディネーターもドラマ制作に参加されているそうです。 キャンパーには言わずと知れた有名キャンプ場です。 こうやって行った事がことある場所をドラマで見せられるとまた行きたくなりますね。 」が出ましたねw 一応知らない人のために説明しておくと、 有名な芸人ソロキャンパーです。 「ヒロシです。 」のネタが有名ですね。 放送中に 公式アカウントがわざわざツイートしていたあたり今回の目玉だった模様。 なので、めちゃくちゃ撮影協力してそうです。 一方で、野クルはどこか行くようですね(原作で知っていますが)。 すでに予告で 飯テロの香りがしています。

次の