生姜焼き 焼き方。 豚の生姜焼きのレシピ/作り方:白ごはん.com

定食屋の味に近づく!生姜焼きを柔らかく仕上げる簡単テク

生姜焼き 焼き方

こんにちは。 他の方も書かれているとおり、漬け汁につけすぎると、肉から浸透圧の関係で、水分がでてしまって、硬くなるようです。 ガッテンでは、脱水してしまうので、水をくわえなさいといっていました。 (鶏肉ですが) また、焼き方は、強めの火で、片面をしっかりやいて、肉汁が少しういてきたら、すぐ返して、さっと焼いて終わりにして、焼きすぎないことだそうです。 ちなみに、私の方法は以下のとおりです。 生姜+こんぶだしのめんつゆ(こんぶのうまみ成分は、豚肉のうまみ成分とあわさるとうまみが倍増するbyガッテン)入りの漬け汁につけて、軽くもむと、肉は繊維なので、すぐ吸い込む(by陳建一さん)ので、そうしたら、すぐ片栗粉を少々、まぶしてまぜます)。 そして、ほぐし用のゴマ油を少々たらしてまぜます。 あとは、よく熱したフライパンで肉を広げて焼く。 使う豚肉は、こまぎれ肉、肩ロースなど。 脂身の少ないもも肉を使う場合は、片栗粉をいれるようにしたら、やわらかく作れるようになりました。 脂身の多い、ばら肉で作るときは、逆に片栗粉は使わず、しっかり肉だけで焼いて、脂をださせます。 (片栗粉をいれてしまうと、脂がでてこないです。 )それからタレをでてきた脂とからめたりします。 肉の焼き方など、ぜひ、次の本がお勧めです! 海老をプリプリにする方法もかかれています。 私は十年以上かかりました。 学生時代の下宿の近所にあった定食屋「笑久保」の絶品しょうがやき(かなり甘口)の秘方を探り当てるまでに。 下味は酒と生姜汁だけ。 三十分ほど漬けると柔らかくなるとNHKのためしてガッテンで言っていた。 その通りだと思う。 この肉を熱々の支那鍋にぶち込む。 業火にのたうつお肉に砂糖、酒、醤油、を干天の慈雨のごとくに浴びせるのがコツというのも恥ずかしいくらいのコツでやんす。 塩分、糖分は、あらかじめ与えてはならない、と思います。 お悩みは肉がカスカス、ん、違うか、スカスカになっちまうってことですよね。 それは塩分糖分のせいであることはたぶん、間違いないと思います。 ってことは後から与えてやればいいってだけのことじゃないすか。 下味の漬け汁に甘み(よく言われる塩よりも)を加えるのは禁忌に近い。 かろうじて酒だけが許されると考えます。 じゅうじゅう焼けるお肉に砂糖を振りかける、端的に申せばこれだけを実行なされば大きく話は変わってくるはずです。 要するに甘さも辛さも味は〈熱い鍋の中で付ける〉ということです。 一度ためしてみてください。 革命になるかもしれません。 Q はじめまして。 結婚して半年になる専業主婦です。 しょうが焼きがどうしてもうまく作れなくて悩んでいます。 最初は市販の「しょうが焼きのタレ」を使って、漬け込んで焼くだけ・・ということしかしていなかったのですが、 最近はしょうがを擦って最初から自分で作るようにしています。 ただ、何故か焼くと焦げまくるんです。 それに、味付けに何かが足りない感じがして・・ 主人曰く、甘さが足りないのかもと。 味付けが薄い訳ではないんですが、もう少し甘い方がいいというんです。 本の分量通り、しょうゆと酒と片栗粉としょうが汁を合わせたものに肉を入れてもみこみ、味をなじませてから焼いています。 これは、しょうゆが焦げているんでしょうか? また、もう少し甘さを加えたい場合は何を加えたらいいのでしょうか。 初心者の質問でお恥ずかしいのですが、ご存知の方いらっしゃいましたら教えてください。 よろしくお願い致します。 A ベストアンサー しょうが焼きは確かに焦げやすいです。 醤油も焦げやすいし、しょうがも焦げやすいし、片栗粉を入れるとなおさらあっという間にゲル化して焦げ付くんですよね。 糖分を加えると、更に焦げやすくなります。 そこで、まず調味液を作ります。 しょうが、酒、砂糖、醤油 分量は味をみながらお好みで加えてください。 次に豚肉に片栗粉をまぶして、サラダ油をひいたフライパンに入れて焼きます。 火が通ったら、調味液を投入、たちまちジュワジュワと沸き立つと思うので、火を止めて肉とよく絡めてください。 片栗粉をまぶしているので味は、とてもよく付きます。 味付けは、調味液の段階でしっかり調整、調味液を加熱する時間が短いので焦げにくいです。 A ベストアンサー ためしてガッテン流です。 テレビでやっていたのは、鶏肉の胸肉なんですが、試してみてください。 焼く前に開いて厚さを均等にしとくことが大事です。 まずは、フライパンに油を敷き、(皮を下にして)肉を入れてから火にかけます。 (フライパンが熱くなってから入れないこと、ここが大事です。 ) 火力は、フライパンに火の先がつかない程度にします。 火が通って来ると、肉の色が白く変わってきます。 下半分が白っぽくなってきたら、ひっくり返し、全体が白っぽくなってきたらできあがりです。 A ベストアンサー タレに漬け込むやり方もいいのですが、豚肉がある程度上級のものでないと固くなりやすいです。 そんなに上等の豚肉でなくても柔らかくおいしく作る方法を記します。 1 生姜焼用豚肩ロース肉(とんかつ用でも可)の脂身と赤身の間の包丁を入れ、筋切りをします。 2 ラップをかぶせ、すりこぎでたたきます。 3 生姜のすりおろし、生姜汁を全体に塗りつけ、20分以上置きます。 (生姜の持つ酵素の働きで驚くほど肉質が柔らかくなります) 4 その間にタレを合わせます。 (酒、味醂、醤油各1:1:1、玉ねぎすりおろし適量、砂糖はお好みで) 5 豚肉の表面の生姜をこそげ落とし、タレに混ぜる。 6 タレの絡んでいない豚肉をフライパンで焼き、片面にしっかりと焼き色をつける。 7 裏返し、しばらく焼いてから、強火にしてタレを一気に絡める。 8 焼き上がったら黒胡麻などをトッピングしてできあがり。 まず、生姜の酵素で柔らかくなった豚肉を焼き、仕上げ間際にタレを一気に絡めるのです。 かなり分厚いとんかつ用の肉でも柔らかくなるので、ぜひ試してみてください。 味も非常にさっぱリとしていて、かえって生姜焼の風味が際立ちます。 また、豚肉の部位は絶対に肩ロース肉。 最も甘みがあり、生姜焼きにとても適しています。 タレに漬け込むやり方もいいのですが、豚肉がある程度上級のものでないと固くなりやすいです。 そんなに上等の豚肉でなくても柔らかくおいしく作る方法を記します。 1 生姜焼用豚肩ロース肉(とんかつ用でも可)の脂身と赤身の間の包丁を入れ、筋切りをします。 2 ラップをかぶせ、すりこぎでたたきます。 3 生姜のすりおろし、生姜汁を全体に塗りつけ、20分以上置きます。 (生姜の持つ酵素の働きで驚くほど肉質が柔らかくなります) 4 その間にタレを合わせます。 (酒、味醂、醤油各1:1:1、玉ねぎすり... Q 24才の主婦です。 お肉の焼き加減について教えていただきたいです。 私は心配性で、お肉はしっかり焼けていないと食べれません。 (母親がそうだったので。 ) 腸が弱いので、しっかり焼かないとお腹をこわすかも・・と思い、レシピの調理時間より必ず数分余分に焼きます。 でも、火を通しすぎると固くなって美味しくなくなりますよね。 一体どれくらいを目安にしたら良いのでしょうか? 牛肉は気にならないので簡単に焼く程度なんですが、豚と鶏は気になります。 鶏の照り焼きを作って、切った時にピンクがかっているのはどうなんでしょう? 揚げ物でもそういう時ありますよね? お腹を壊す可能性がある焼き具合ってどれくらいでしょう? くだらない質問ですみません。 Q お恥ずかしながら、私は1度しかしゃぶしゃぶを食べた事がありません。。。 1度食べた時は、しゃぶしゃぶ食べ放題のお店で食べたのですが子供が騒いでしまい落ち着いて食べる事が出来ませんでした。。。 しゃぶしゃぶの鍋には、お湯を入れればいいのでしょうか?だし汁なのでしょうか?だし汁だとしたら、だしのとり方も教えて下さい。 皆さんが入れている具は何ですか?「意外と、こんな具もあうよ」っていうのもあれば教えて下さい。 お肉は、しゃぶしゃぶ用と書いてあるお肉でいいのですか? お店では人参もあった気がするけど、人参のような火の通りの悪い物は先に入れて煮込んでおいたほうがいいのでしょうか? 何をつけて食べてますか?お勧めのたれなども教えて下さい。 手作りのたれを作ってるかたは、たれの作り方も教えて頂けると嬉しいです! アレンジしてる方のお話も聞きたいです! 旦那が、鍋以外にもおかずを欲しがる人なんです。 しゃぶしゃぶにした時は、どんなおかずを出してますか? 質問ばかりで恐縮ですが、しゃぶしゃぶを1度しか食べた事ない私に色々と教えて下さい。 よろしくお願いします。 お恥ずかしながら、私は1度しかしゃぶしゃぶを食べた事がありません。。。 1度食べた時は、しゃぶしゃぶ食べ放題のお店で食べたのですが子供が騒いでしまい落ち着いて食べる事が出来ませんでした。。。 しゃぶしゃぶの鍋には、お湯を入れればいいのでしょうか?だし汁なのでしょうか?だし汁だとしたら、だしのとり方も教えて下さい。 皆さんが入れている具は何ですか?「意外と、こんな具もあうよ」っていうのもあれば教えて下さい。 お肉は、しゃぶしゃぶ用と書いてあるお肉でいいのですか? お店では... A ベストアンサー こんばんは。 お湯でも、お野菜から出汁が出るのでいいと思いますが、昆布を3~5センチくらいに切ってそのまま入れています。 お肉は薄切りのしゃぶしゃぶ用がいいと思います。 お箸で取って、少ししゃぶしゃぶして、赤みが多少残っているくらいがおいしいので、あんまり厚手だと、火の通りが遅くなってしまうので…。 タレはゴマダレ、ポン酢が多いですが、大根おろしを使っておろしポン酢にしています。 その際、あさつきがあるとよりおいしいと思います。 大根おろしも、紅葉おろしを使うのがほとんどだそうですが、辛いものが一切ダメな私は普通の大根おろしにしています。 (苦手なため、お野菜にも春菊は入れません…) ポン酢が苦手という場合は、昆布つゆなどでもおいしいです。 食べ終わったあとにおうどんも良いかと思うのですが、我が家ではそうめんを使います。 予めそうめんを茹でておいて、残ったお出汁を器にとって塩コショウで味を調えて、お鍋でさっと湯がいて食べるのです。 おうどんよりするするっと入るので、結構オススメですよ! 夏の余りのそうめんの消化にもなります 笑。 付け合せのおかずは、お野菜もお肉も結構な量を食べれてしまうので、白和えやキンピラ、おひたしなどもいいのではないでしょうか? 私はししゃもを焼いたりもしています。 しゃぶしゃぶは灰汁も多く出るので、取りながら食べるのは大変だとは思いますが、これをこまめに除いておくと味がかなり違いますので、がんばって取ってくださいね! こんばんは。 お湯でも、お野菜から出汁が出るのでいいと思いますが、昆布を3~5センチくらいに切ってそのまま入れています。 お肉は薄切りのしゃぶしゃぶ用がいいと思います。 お箸で取って、少ししゃぶしゃぶして、赤みが多少残っているくらいがおいしいので、あんまり厚手だと、火の通りが遅くなってしまうので…。 タレはゴマ... Q こんにちわ。 先週の土曜日から、彼氏と同棲を始めました。 まだバタバタしていて夕食は一緒に食べていません。 なので今夜は初めて私の手作り夕食を一緒に食べることになりそうです。 が・・・ 今日はなんと生理2日目で、一番生理痛の激しい日です。 料理したいのはやまやまなんですが、正直面倒・・・ せっかくの初日、手を抜きたくない!! けど、面倒臭い・・・ なので、少々手抜きかもしれませんが彼の好きなしょうが焼きを作ろうと思っています。 しょうが焼きにあと一品加えるなら、どんなものが良いでしょうか? サラダ系でしょうか? それともスープ系? ちなみにしょうが焼きは、千切りキャベツを沢山添えようと思っています。 料理初心者の私に、お知恵を貸してください。 よろしくお願いします。 A ベストアンサー なんかぐちゃぐちゃなこと言う人もいますが・・・。 この場合は消費期限ではないですか? 1 消費期限=概ね5日以内に消費するべき物で、これを過ぎると安全性は保証されません。 2 賞味期限=概ね5日を過ぎて消費されるもので、期限内は本来の味を損なわないというものです。 安全性を保証する期限ではありません。 なお、 1 も 2 も同様に、メーカーの指定した条件で保存した場合のみの基準です。 生鮮品は概ね消費期限、豚肉も同じです。 したがって今回のケースは、期限を過ぎて食べて何かあっても販売者はしりませんよというものです。 ただし、こうした期限はあくまで原則に過ぎませんので、これよりももつものもあれば逆の場合もあります。 安全率を考慮してあるのも事実ですが、まあ生鮮品は期限内に消費するに越したことはありません。 豚肉の場合であれば、傷んできたら臭い・べたつき・変色のいずれかの変化がでてきます。 あくまで自己責任で、五感を働かせましょう。 なお、豚肉の寄生虫が日本で問題になったのは遙か昔の話。 現在ではほぼ考えなくていいです。 余計なことかも知れませんが、こと身の安全に関わる質問をここでするのは感心しません。 回答は玉石混合、間違って食中毒でもおこしたら大変ですよ。 なんかぐちゃぐちゃなこと言う人もいますが・・・。 この場合は消費期限ではないですか? 1 消費期限=概ね5日以内に消費するべき物で、これを過ぎると安全性は保証されません。 2 賞味期限=概ね5日を過ぎて消費されるもので、期限内は本来の味を損なわないというものです。 安全性を保証する期限ではありません。 なお、 1 も 2 も同様に、メーカーの指定した条件で保存した場合のみの基準です。 生鮮品は概ね消費期限、豚肉も同じです。 したがって今回のケースは、期限を過ぎて食べて何か...

次の

生姜焼きを美味しく仕上げる下準備&焼き方のコツ

生姜焼き 焼き方

豚肉の筋切りと下漬け 豚肉は厚みのある生姜焼き用を2人分で200gほど使います。 それに対する生姜の分量は下の写真くらいのサイズ。 20〜30gほどあればしっかり生姜の風味が出てくれると思います。 肉の下ごしらえは 『筋切りと下漬け』をします。 まず、まな板の上に豚肉を1枚ずつ広げ、赤身と脂肪の間に筋があるので、 1㎝間隔くらいで包丁の切っ先を筋に刺して、断ち切ります(片面は丁寧に、裏面は大きな筋に包丁を入れるくらいでOKです)。 それから、焼く前に下漬けをします。 厚みのある生姜焼き用の肉はそのまま焼いたら少し硬くなるので、生姜や酒に漬け込み、しっとりやわらかく焼き上げるためです。 下漬けとたれに生姜とにんにくを使うので、たれを作るボウルにまとめてすりおろします。 筋を切った豚肉はバットに広げ、Aを加えます。 そこに 先ほどしぼった生姜&にんにくをひとつまみ分ほどしっかりしぼって汁を加えます。 豚肉を漬け込んでいる間に、玉ねぎを薄切りにして、キャベツのせん切りなどの野菜も準備しておきましょう。 そこに 下漬けに使った調味料を7〜8割ほど加え、しっかり混ぜ合わせます(残りの2〜3割の調味料は捨てて、しっかり汁気を切っておきましょう)。 スプーンの中に残りやすいケチャップを量る前に、ごま油でコーティングするとケチャップがキレイに落ちてくれます。 全体に油がまわれば、玉ねぎを端によせ豚肉を広げ入れます。 豚肉を焼き始めると、肉から少し水分が出てくるので、その水分が飛び、焼いている面にちらほら色づく部分が出てきたら裏返します。 反対側も色が変わる程度に焼いたら、たれを全量加えます。 火加減そのままで煮詰めていきます。 豚肉と玉ねぎの上下を時おり返しながら、 たれが煮詰まって豚肉にしっかりからんでくるまで焼けば完成です(私はたれを入れて2分ほどで適度に煮詰まりました)。 フライパンを火から外し、器の奥にキャベツのせん切りを、その横に玉ねぎ、手前に豚肉の生姜焼きを盛り付けます。

次の

基本の生姜焼きのレシピ・作り方【覚えやすいタレの黄金比!】

生姜焼き 焼き方

基本の生姜焼きのレシピ・作り方 生姜焼きのタレは基本的に全部同量。 醤油・みりん・料理酒・砂糖を1:1:1:1プラス生姜と覚えておくと、作る人数分に合わせて調整できますよ。 材料(2人分)• 豚ロース(薄切り) 300g• 生姜 2片• 料理酒(浸ける用) 大さじ1• 下準備・下ごしらえ 豚ロースを生姜の絞り汁と料理酒で浸けることで、臭みがなくしっとり柔らかく仕上がります。 生姜をすりおろし、 絞り汁は豚ロースに料理酒(浸ける用)と一緒にすり込んで10〜15分程度浸ける。 タレにも生姜の旨みを残したいので少し水分が残るように絞りましょう。 焼く フライパンに油をしき強めの中火で熱し、玉ねぎを入れサッと油が馴染むまで炒める。 玉ねぎを端に寄せて浸けておいた豚ロースを加え、軽く焼き色がつくまで焼く。 このとき重なってしまっても大丈夫です。 豚肉から出る水分を飛ばしながら、無理に焼き色をつけようとしないで全体が白っぽくなるまで焼いていきましょう。 タレを絡める 豚ロースが色付いたら、混ぜ合わせておいたタレを加えて水っぽさがなくなるまで煮詰めたら出来上がり。 味がぼやけないようにしっかりと煮詰めるのがポイント!豚肉をタレに絡めながら煮詰めましょう。 お好みで千切りキャベツを添えてお召し上がりください。 基本の生姜焼きのレシピ・作り方まとめ 子供から大人まで人気で日本人なら欠かせない「生姜焼き」。 しっかり濃いめのタレはご飯が進むこと間違いなし!わかりやすいタレの分量なので、一回作れば次からはレシピ要らずで作れますよ。 ぜひ全部同量の黄金比を覚えてみてくださいね。

次の