レーザー複合機。 業務用レーザー複合機の特徴と価格比較【お役立ち情報】

業務用レーザー複合機の特徴と価格比較【お役立ち情報】

レーザー複合機

レーザープリンター複合機の特徴 インクジェットとレーザープリンターの違い インクジェットとレーザープリンターの大きな違いは、印刷の仕組みです。 インクジェットの場合、顔料や染料など液体のインクを紙に定着させる仕組みになっています。 写真などカラフルな色の印刷に優れていますが、液体インクのため印刷が滲みやすいのがデメリットです。 一方レーザープリンターは、トナーというプラスチックの粉を定着させる仕組みです。 滲みにくく耐久性がある、印刷速度が速いなどのメリットがあります。 ただし、カラーがきれいに出にくいため、写真の印刷には向きません。 インクジェットプリンターについてもっと深く知りたい方は、以下のページも参考にしてみてくださいね。 レーザープリンター複合機の選び方 欲しい機能がついているか確認する レーザープリンター複合機は、商品によって使える機能が違います。 一般的にはレーザー印刷に加え、コピー・FAX・スキャンなどの機能が付いています。 せっかくレーザープリンター複合機を購入するなら、あとから必要な機能が出て買い足すよりは、なるべく1台で抑えたいですよね。 自分の作業に必要な機能は何かはもちろん、今後必要になるかもしれない機能も考えて製品選びをしましょう。 カラーかモノクロ印刷か レーザープリンター複合機の印刷は、カラータイプとモノクロタイプの2種類があります。 モノクロタイプは、トナーが黒1色で白黒の印刷しかできません。 カラータイプは白黒・カラーどちらも印刷することができます。 幅広い作業に活用できますが、カラートナーが必要になる分コストがかかります。 レーザープリンター複合機は長く使うもののため、モノクロ印刷だけでいいのかカラーにするのかしっかり考えておきましょう。 使う目的にあったタイプを選ぶ レーザープリンター複合機には、家庭用と業務用の2種類があります。 例えば業務用なら、印刷速度の速さや給紙可能枚数が多いもの、A3サイズの印刷ができるかなどがポイントになります。 家庭用なら、価格やサイズ感などが重要になりますね。 使う目的によって選ぶポイントが違ってくるので、使う目的に合っているのかもチェックしておきましょう。 レーザープリンター複合機の主なメーカー ブラザー ブラザーは価格の安さから人気のメーカーです。 ミシンなどの家電製品でも有名です。 ブラザーのレーザープリンター複合機は、必要な機能がそろっているのに価格が安いのが特徴です。 コンパクトなタイプが多いので、家庭用として人気のメーカーです。 キヤノン キヤノンは使いやすいと人気のメーカーです。 カメラやビデオなどの映像機器でも有名です。 キヤノンのレーザープリンター複合機は、操作性がわかりやすく、ニーズに合ったシリーズ展開が豊富なのが特徴です。 特に、小型でランニングコストが安いSateraシリーズが人気となっています。 レーザープリンター複合機のおすすめ4選.

次の

複合機とレーザープリンターの違いは?併用すれば便利で効率的!【お役立ち情報】

レーザー複合機

オフィスで利用する 複合機とレーザープリンターの大きな違いは、使える機能の種類と利用目的にあります。 まず、複合機は通常コピーはもちろん、プリンターやスキャン、FAX、さらにフィニッシャーなどのオプションを付ければホチキス留めやパンチ穴を開けてくれるなど、様々な機能が1台の筐体に複合されたもの。 さらに、社内ネットワークに接続することで、スキャンデータなどの共有ができます。 一方のレーザープリンターは、基本はプリンターとしての出力専用で使われ、最近はコピーやスキャンできるプリンターが大半を占めています。 このように、複合機とレーザープリンターの違いは、 複合機は様々な機能が集約され、FAXの送受信やデータ共有ができる一方、レーザープリンターは、印刷機能やコピー、スキャンといった機能が搭載されているものの、プリンターとしての利用目的で導入されるのが一般的です。 コピーや印刷する仕組みは同じ 複合機とレーザープリンターの違いは、機能と利用目的にありますが、根本となる印刷やコピーする仕組みは同じなのです。 印刷される原理 複合機とレーザープリンターでは、以下の原理でコピーや印刷が行われています。 レーザー光の照射部分は静電気がなくなります。 以上のような一連の流れで、コピーや印刷ができるのです。 複合機とレーザープリンターのメリット!併用がおすすめ 複合機とレーザープリンターの違いは機能と利用目的ということで、それぞれ利用するメリットを確認してみましょう。 複合機のメリット 複合機を利用するメリットは、何といっても1台あればコピーや印刷、スキャン、FAXといった機能がすべて利用できること。 それにより、従来FAXやスキャナなど別々に機器を用意する必要がなくなり、導入費用や設置スペースの削減が図れます。 導入にあたっては、基本的にカウンター保守などの保守契約を結ぶので、保守料金を支払っていれば、定期メンテナンスや故障などのトラブル対応、トナーなどの消耗品が無償で受けられるので、毎月のランニングコストも抑えられます。 また、大量にコピーや印刷するとき、レーザープリンターと比べると圧倒的に早く、1枚あたりの単価も安いといえるでしょう。 レーザープリンターのメリット 一方のレーザープリンターのメリットといえば、複合機よりも当然価格が安く、サイズもコンパクトだということ。 設置場所を選ばないので、自分のデスクの横において利用すれば、利便性も上がります。 また、消費電力については、複合機と比べると格段に少ない電力で利用できます。 以上、簡単にそれぞれのメリットを紹介しましたが、一般的なオフィスでは業務に必要な機能が1台に集約された複合機が当然おすすめです。 もちろん、 レーザープリンターも、価格が安く設置スペース少ないといったメリットがあるので、特定の部署や業務によって導入して、複合機と併用すれば業務効率が向上するのではないでしょうか。 まとめ 今回は、複合機とレーザープリンターの違いについて説明しましたが、まず大きさが違いますよね。 ご紹介した通り、 複合機は機能が集約していることで様々な業務で活用でき、レーザープリンターはコピーやスキャンができる機能は備わっているものの、プリンターとして利用されます。 基本的に、複合機を1台導入すれば日常業務は問題なく行えますが、オフィスの環境に合わせてレーザープリンターを設置すれば、さらに業務効率がアップするのではないでしょうか。 オフィス用にコピー機(複合機)をお考えの方は業界最安値の。 毎月は数量限定で月の初めに完売するほどの人気です。 またOA機器全般を扱うからこその幅広い知識・サポート力もOFFICE110の自慢です。 ぜひご検討ください。 OFFICE110についてくわしくはこちらをご覧ください。

次の

業務用レーザー複合機の特徴と価格比較【お役立ち情報】

レーザー複合機

BIOSレベルの検証と自動リカバリー機能を組み合わせたセキュリティ機能を提供するのはHPのみです。 HP LaserJet M506, M527, M577の各モデルに搭載。 一部の機能は「HP FutureSmartファームウェア」サービスパックによるアップデートにより、エンタープライズ向けプリンターの一部に搭載されます。 | | | | | |• ご購入の際には別途配送料がかかりますので、あらかじめご了承ください。 ご購入の際には別途消費税がかかりますので、あらかじめご了承ください。 Windowsの機能を最大限に活用するには、ハードウェア、ドライバー、およびソフトウェアのアップグレードや別途購入、またはBIOSのアップデートが必要となる場合があります。 Windows 10は自動的にアップデートされ、常に有効化されます。 ISPの料金が適用され、今後アップデートの際に要件が追加される場合もあります。 詳細については、 をご覧ください。 より、ダウンロード(無料)の上ご覧ください。

次の