公明党 創価。 マスク4社目ユースビオの裏に公明党創価学会?結局癒着か?

公明党と創価学会の関係性|政教分離の合憲か違憲か

公明党 創価

2013年7月21日に行われた第23回目となる参議員選挙報道で、テレビ局がこぞって報道する中 NHKも含む で、池上彰さんが分かりやすく解説する報道番組が高視聴率を叩きだしました。 民放トップの視聴率を獲得したテレビ東京系「池上彰の参院選ライブ」は、参議員選挙の内容などを分かりやすく説明した番組でしたが、ある一場面が話題を呼びました。 それは、創価学会と公明党の繋がりを示す、ある質問に対する答えの場面でした。 神奈川選挙区に出馬した公明党公認候補の「佐々木さやか氏」にインタビューした場面がその問題の場面でした。 番組の中では「公明党から出馬する候補者はみんな創価学会員なのですか?」の視聴者からの質問も飛び出し、開票率0パーセントにもかかわらず、佐々木さやかさんが当確になったことで、波紋を呼びました。 以下に、その番組の内容を具体的に紹介しようと思います。 さらには、佐々木さんの支持者の方達も報道され、支持者が、友人や知人に一人一人が票を集めようと頑張っている姿も報道されました。 この創価学会の人達が知人や友人に向けて集めた票は、「Friend 友達 」の頭文字を取って、F票と呼ばれますと、池上彰さんが言っていました。 F票という存在自体知らなかったので、この時の池上彰さんの説明を分かりやすく感じた方も多いでしょう。 F票がFriendの頭文字だったことを知らなかった方も、F票という存在さえ知らなかった方も多いかと思います。 F票が、公明党の一番大事な票だとしたら、公明党の支持母体が創価学会でもあることから、政教分離が行われてないんじゃないの?と思ったかも知れません。 創価学会という名前は知っていても、どんな活動をしているか知らなかった方も多いでしょう。 しかもF票とか、そんな票の集め方をしているのをご存じだった方も少ないと思います。 実は私の親戚に創価学会の方がいるんですが、会う度に「公明党に票を入れて欲しいの。 」なんて言ってましたが、もしかしたらそれもF票を集めるための一種の勧誘だったのかも知れないですね。 「池上彰の参院選ライブ」の終了後にも、池上彰さんは「佐々木候補を支えているのは、創価学会婦人部 学会員 である」や「そこに更にF票が、創価学会の学会員による友達票集めが加わった」などと分かりやすく解説されています。 この解説で、なぜ佐々木さんが早々と当確の報道がされたのかがまとめられています。 功徳と言えば聞こえは良いですが、創価学会の学会員にはある一定のノルマ=F票集めなどがあるらしく、ノルマ=功徳と言っても過言ではないかも知れません。 親戚に学会員の方がいるからかも知れませんが、功徳を積むのにF票を集めるって、それ宗教と関係あるの?と思ってしまいます。 功徳=F票だとしたら、政教分離の話はどこに行ったの?と思わないでもありません。 だって、政教分離の原則から言ったら、政治と宗教の関係は切り離さないといけないはずです。 池上彰さんでなくても、一度は疑問に思った方は多いのではないでしょうか? 池上彰さんが切り出した質問に対して、佐々木さんはこう答えたと言います。 「支持団体 支持母体 の創価学会での選挙活動の方針は、存じ上げません。 」 そして、「そうしたことについて、私の方から言うことは出来ません。 」みたいな内容で、答えたんですね。 つまりは、自分の所属する公明党と創価学会には繋がりはなく、あくまで支持母体の皆さんがやっていることと答えたわけです。 池上彰さんは、功徳と言う言葉が宗教用語であり、公明党の支持母体が創価学会であることから、それらに繋がりがあるのでは?と言及したのですが、ある意味逃げた感じの回答になりました。 分かりやすく質問されたと思うのですが、やはり支持母体の存在を明らかにするのは避けた形になりました。 公明党=創価学会ではないと、佐々木さんは答えたみたいですが、これが返って関係を確実視するものになりました。 佐々木さんは、この質問に対して、きっぱりと言い切りました。 「政教分離と言うのは、政府とか国が、例えば個人に宗教を押しつけたり、個人の宗教を制限したりなど、宗教に介入することを禁じているというのが原則です。 ですから、例えば創価学会の皆さんが公明党を支持していたとしても、それは通常の選挙運動と何ら変わることはなく、政教分離には反しない。 」 こんな感じで、政教分離をきっぱりと否定したんですね。 そして、この回答を最後に、佐々木さんへのインタビューは終了しました。 いつも分かりやすく、かつ鋭い切り込みで、視聴者の疑問を解消してくれる池上さんですが、今回もなかなかに鋭い突っ込みと言えそうです。 「池上彰の参院選ライブ」でも、かなり参考になったと感じる人は多かったのではないでしょうか? 公明党は、いまや連立与党して、与党側にいますが、支持母体が創価学会だとしたら、やはり政教分離に抵触するのでは?という疑問ももっともだと思います。 創価学会は、一般の人に嫌われている理由の一つとして、しつこい勧誘であったり、集団でどなりこむなどの一方的な勧誘が問題視されている理由だと思います。 実際に勧誘にあった人が知人にいるのですが、一人ではなく複数人で家に上がり込み、財布やお札などを買うように求められたと言います。 その後知人は、居留守を使ってやりすごしたと言いますが、怖さが半端なく、やばい宗教だと思ったと言います。 ただ、創価学会に対する嫌悪感は、今は昔ほど酷くはないようです。 やばい宗教と感じる方が減ったのは、信者が増えたからかもしれないですし、そうでないかも知れません。 昔は創価学会というだけで、宗教界からも嫌われていたという創価学会ですが、最近は学会員を良く言う人も増えているんだとか。 とはいえ、浄土真宗の例を取ると、創価学会自体が支配階級の人を対象にするのではなく、一般の人を対象にしたことで、浄土真宗と対立する形になり、浄土真宗の信者は、今でも創価学会を嫌っているそうです。 日本では宗教の自由がありますので、どの宗教を信じるかは個人の自由です。 ですが、一人暮らしの家に住む若者の家に、数人がかりで勧誘に来るということを聞いてから、私の中では創価学会=やばい宗教という位置づけになりました。 実体験を聞いてから、怖いとかやばいと思っていた創価学会の学会員ですが、最近は攻撃的な勧誘をすることは少なく、地域との交流を大切にするようになったんだとか。 例えば、大抵の人が嫌がるPTAや町内会の役員などを積極的に引き受けたり、しかもここが変わったことだとは思うんですが、その立場を利用して、お布施を募るなどもなくなったそうです。 とは言え、一部の学会員がやばい、もしくは怖いと思われるのは少数ですがあります。 ただ、こうした地域での貢献により、創価学会も昔のようにやばいとか怖いと言われなくなり、良い人達みたいな認識になっているそうです。 もしかしたら、役員を引き受けることで功徳なるなんていわれてるのかも知れませんが、良い意味で見れば、地域の人に溶け込もうと努力しているんだなと思いますし、悪い意味で取れば、これもどうせ功徳を積むためじゃないの?と思ってしまいます。 つまりは、創価学会は嫌われることがなくなったのではなく、嫌う人が減ったというのが正しい認識かも知れませんね。 芸能人にも創価学会の信者の方はいますが、昔ほど嫌われなくなったのは、学会員の努力の賜物かも知れません。 創価学会の第3代会長でもある池田大作さんの悪いイメージが定着したのは、安保の時代だったからかも知れません。 わずか32歳の若さで、会長に就任した池田大作さんですが、信者以外の人からの評判は芳しくありません。 ポスターなどを見る限りでは、温厚そうな人物に見えますが、それが間違いであることは、信者以外ならご存知のことかと思います。 池田大作さんは、ずっと大阪に泊りこみ、陣頭指揮を取っていたと言います。 選挙活動は、この頃からすでに行われていたんですね。 実は池田大作さんには、他の名前があります。 「ソン・テジャク」という名前で、正体が韓国人という噂もありましたが、正確には在日韓国人ということでしょう。 創価学会が怖い、もしくはやばいと言われた背景には、北海道の小樽で行われた創価学会と日蓮宗との間の法論でした。 判定を下す役割の第三者が不在だったにも関わらず、池田さんは司会者の特権を使い、創価学会が勝利したと叫びました。 これによって、創価学会は法論に勝ったことになり、宗教界に波紋を呼んだんですね。 今でこそ電話での勧誘は少なくなりましたが、当時は結構な頻度で電話での勧誘もあったようです。 とは言え、この話も創価学会の信者以外に知る人は少ないでしょう。 そのせいで、大宗教に君臨する独裁者として、信者が盲信的に信じる結果になったのかも知れません。 創価学会=公明党とする人は意外に多く、カルト教団などと呼ばれることもあるそう。 公明党の参議員で有名な人に、山口那津男さんがいますが、今や公明党は連立与党を組んでいることもあり、政治への発言力は凄い物があります。 連立政権に入ることで、安定力も生まれ、そのお陰か創価学会の攻撃性はなりを潜めたと言います。 社会と対立する必要がなく、今のままでも安定した力を発揮できるからこそ、与党の言いなりと言うと語弊がありますが、共謀罪や集団的自衛権が憲法違反になるのでは?と騒がれた時にも、与党を支持していました。 連立政権なのだから、それは正しい行いだったかも知れません。 ただ、公明党には公約がほぼありません。 悪く言えば、風見鶏的な立場で、長い方に巻かれろ的な要素も否定できないと思います。 一時はタブーとされていたことも、今では緩やかになり、公明党の支持母体でもある創価学会は、信者こそ減ったものの、以前のように攻撃的ではなくなりました。 ただ、集団で動くので、全員が集まれば数は多くなります。 一時期分裂の動きも出たことがありますが、今の大きな政党になった陰には、池田さんの影響も無視できません。 昔は嫌われていた創価学会ですが、その学会員がこぞって公明党に投票するのは何故でしょう? 割合的に見ても、公明党はかなりの大きな政党になりましたが、これは国民の創価学会の割合が増えてきたとも言えると思います。 割合が多くなったのには、連立政権の影響も強いと思いますが、創価学会では、ほとんどの学会員が公明党を支持するため、母体が大きければ大きいほど、政党の割合も増え、結果影響力の割合も増えるということです。 連立与党を組むためにも、かなりの割合で支持されなければいけないはずですが、どうやったらこんなに支持を集められるのでしょうか? それには、創価学会のある活動が大きな割合を示していると言います。 その活動の内容は「公明党を支持し、周りの人に投票依頼をする=F票を集める」ことで、これは信者に義務付けられていると言います。 何故この活動を行うか?と言うと、それをしないと自分に不幸が降りかかると信じているからです。 選挙で活動をすれば、功徳を積めるという人もいるくらいです。 基本的に創価学会が支持母体である公明党の割合が高くなるのは、そうした信者の涙ぐましい努力があるからかも知れませんね。

次の

公明党と創価学会ってどういう関係なの?(テレ東で池上彰がF票を話題に)

公明党 創価

スポンサーリンク 公明党と創価学会の関係 公明党の支持母体は創価学会です。 これは誰もが知る揺ぎ無い事実。 しかし、公明党のホームページをざっと見るくらいでは創価学会についての記載は見当たりません。 よくある質問のページに政党と創価学会についての記載がありました。 公明党は、1964年11月17日に、池田大作創価学会会長(当時)の発意によって結成された政党です。 はっきりと公言されている事実ということですね。 公明党の見解 公明党と創価学会の関係性に続いて 「政教分離に違反しているのではないか?」についての記載もありました。 一部週刊誌等で「政教一致だ」とか「憲法20条に違反した関係にある」等の記事が掲載されることがありますが、 全く的外れな批判であり、既に国会の論戦の場でも決着済みのことです。 憲法が規制対象としているのは、「国家権力」の側です。 つまり、創価学会という支持団体(宗教法人)が公明党という政党を支援することは、なんら憲法違反になりません。 政教分離は国家権力に対する規制であり、 宗教法人(創価学会)が政党(公明党)を支援することは合憲という考え方のようです。 憲法上どうなっているか 日本国憲法では「政教分離原則」以外に「信教の自由」というものが記載されております。 よって政治と宗教を 完全に分離させることは極めて困難なのです。 個人の信教は自由であるべき。 しかし、宗教そのものに統治的特権を与えたり、税制面を優遇したりすることは禁止している。 というのが大まかな内容です。 政教分離原則 政教分離の原則の趣旨・目的は大きく分けて以下の3つです。 創価学会が行っている活動を紹介• 創価学会員にインタビュー• F票について解説• 佐々木氏に生中継でインタビュー• 政教分離の原則について言及 公明党公認候補の佐々木さやか氏の紹介(創価大学卒業など)がまずあり、 「公明党の支持団体である創価学会が佐々木候補を支えています」とテロップ付きで紹介しました。 この時点で大分突っ込んだ内容ですよね・・・ 創価学会員の活動内容として創価学会員が友人・知人の票集めに奔走する(=F票 フレンドのF )と紹介。 学会員へのインタビューとして、創価学会員を名乗る婦人たちがこう言います。 「目標としては自分の歳の倍(の票を集める)」• 「選挙をやると功徳がでる」 一般目線で考えると異常なほど熱心であることが見て取れますね。 VTR終了後にスタジオで再び、• 「佐々木候補を支えているのは創価学会婦人部など」• 「創価学会の友人の票を集めてくるフレンド票(F票)が加わった」 などと大道具を使って、佐々木氏が当確に至った経緯が解説されました。 佐々木氏へのインタビューではVTRでの「選挙をやると功徳がでる」という発言に対してこう質問しました。 「創価学会員にとって、公明党を応援することは功徳を積むことになるのですか?」 選挙活動を宗教活動として行なっているのかどうかという質問ですね。 その問いに対し、佐々木氏の答えは・・・ 「支持団体の創価学会のなかの選挙活動の方針ですとか、そうしたことについては、私(わたくし)のほうからは申し上げる立場にございません」 とし、あくまでも支持団体の皆様の中の運営方針であると答えていました。 視聴者からの質問として、公明党と創価学会の関係、政教分離の憲法の原則に違反しないのかどうかという問いかけに対しては、 「創価学会の皆さんが公明党を支援してくださると。 それは通常の支援と同じものでありまして、政教分離には反しません」 という回答でした。 これらの番組の他にも、何度かテレビで取り上げられているようです。

次の

警察と創価学会(公明党)のつながり

公明党 創価

ブログ応援頂ける方はポチッとお願いします。 (一日一回有効です!) ブログランキング 2018年9月追記:沖繩県知事選挙の影響なのか、急にこの記事が読まれるようになりました。 元々は都議会選挙の時に書きましたが、どのタイミングでも読んでいただけるように更新しました。 いつもお読みいただきありがとうございます。 管理人のけいすけです。 以前「創価学会と政教分離」についてはこちらの記事に書かせていただきました。 ざっくり言うと、• 日本憲法にある「政教分離」とは政府が特定の宗教への信仰を強制したり、弾圧したりしてはいけないこと• 宗教団体が特定の政治団体を応援することを禁止するものではない• よって、創価学会員が公明党を応援することは問題ない というようなお話でした。 今回はこの政教分離の話でよく聞かれる、 「そもそも公明党と創価学会ってどういう関係なの?」について書きます。 公明党のHPには創価学会のことはほとんど書いてない をみるとびっくりするくらい創価学会のことは書いていません。 政教分離の考えからすると当たり前なんですが、 ぱっと見ると本当に創価学会の「創」の字もないのに驚きます。 「関係を隠しているのでは?」と思われるかもしれませんが、 サイト内検索してみると「よくある質問」にちゃんと説明がされていました。 公明党と創価学会の関係は? A. 政党と支持団体の関係です。 各政党を労働組合や各種団体などが支持する関係と同類です。 公明党と創価学会は不定期で「連絡協議会」を開催し、協議内容はマスコミ公開されています。 一部週刊誌等で「政教一致だ」とか「憲法20条に違反した関係にある」等の記事が掲載されることがありますが、全く的外れな批判であり、既に国会の論戦の場でも決着済みのことです。 そもそも、憲法が定める「政教分離」原則の意味は、憲法が宗教団体の政治活動を禁止しているということではありません。 内閣法制局は「憲法の政教分離の原則とは、信教の自由の保障を実質的なものとするため、国およびその機関が国権行使の場面において宗教に介入し、または関与することを排除する趣旨である。 それを超えて、宗教団体が政治的活動をすることをも排除している趣旨ではない」(大森内閣法制局長官の国会答弁趣旨=1999年7月15日)としています。 憲法が規制対象としているのは、「国家権力」の側です。 つまり、創価学会という支持団体(宗教法人)が公明党という政党を支援することは、なんら憲法違反になりません。 国家権力が、ある特定の宗教を擁護したり、国民に強制するようなことを禁じているのが「政教分離」原則です。 具体的に言うと、先の戦前・戦中に実際にあった事実として軍事政権・国家(政)が、一定の「国家神道」(教)を強要したり、天皇陛下を神に祭り上げ、思想統制を図ろうとしたことなどです。 この反省に立ち、信教の自由、言論の自由、結社の自由--などが定められ、「政教分離の原則」が条文に記載されたのです。 まずはじめにはっきりと「政党と支援団体の関係です」と認めています。 そしてその関係とは、 「各政党を労働組合や各種団体などが支持する関係と同類です。 」と述べています。 また、政教分離の考えについても 「憲法が定める「政教分離」原則の意味は、憲法が宗教団体の政治活動を禁止しているということではありません。 (中略)憲法が規制対象としているのは、「国家権力」の側です。 つまり、創価学会という支持団体(宗教法人)が公明党という政党を支援することは、なんら憲法違反になりません。 国家権力が、ある特定の宗教を擁護したり、国民に強制するようなことを禁じているのが「政教分離」原則です。 公明党の歴史 創価学会色が全くないHPの中で、唯一創価学会の話が少し出てくるのが「歴史」です。 といってもHPにある「」には創価学会の話は出てきません。 HPにある「写真で読む公明党の50年」というリンクの中にようやく見つけることができます。 そこでは、1964年に池田大作創価学会会長(当時)によって創設されたと堂々と書かれています。 (前身の「公明政治連盟」1961年設立) さらにwikipediaをみると、その源流が「創価学会文化部」にあることが書かれています。 このように公明党と創価学会はたしかに当初は同じ組織であり、 公明党の創設者は池田大作さんということになります。 しかし、1969年頃に言論弾圧の事件があります。 詳しくはwikiに書いていますが、ざっくり言うと、• 学会のことを批判した書籍を出版しようとしたら、創価学会・公明党が圧力をかけてそれを阻止しようとした。 それが世間の知るところとなり、ものすごい非難が起きた。 結果、当時会長だった池田大作さんが公に謝罪をして、以後、創価学会と公明党を明確に別組織として運営することにした。 学会幹部が議員と兼務することは禁止とし、また池田さん自身も政界に進出することはないことを明言した。 というようなことがありました。 創価学会員が公明党を応援する意味とは? 組織が別れたことや、時代の流れもあり、学会員の中にも当然公明党を批判する方も出てきていますし、 全ての人が応援しているわけではありません。 その辺はこちらの記事もわかりやすいと思います。 一方で、組織としては分離した創価学会と公明党ですが、 もともとは同じ団体であり、目指す世界観も同じであったことから、 今も多くの創価学会員が公明党を応援しているのも事実です。 選挙の時期になると、 熱心な学会員は「戦いが始まった!」というような表現をして、 自ら選挙応援に参加しています。 その勢いたるやすさまじいものがあり、 わたしの母は前回の都議選の時にはわざわざ関西から東京に(当然自費で)やってきて、知り合いを行脚したりしていました。 別に彼ら彼女らにノルマがあったりするわけではないわけですが、 「随自意」の思いもあったりするせいか、 誰に言われるでもなく(だからこそ真剣なのですが)、全力で活動しています。 そういう人たちは「公明党を応援することが、創価学会を応援すること」 という意識が高いのだと思います。 一方で、若い世代はわりかしフラットな人もいて 「自分たちが選挙応援で友人に対話をして、結局公明党に入れてくれなくてもよい。 ただその人が選挙にいってくれるだけでも、意味がある」 という人もいます。 若い世代はなかなか投票にいかない人も多いですし、 そもそも政治に興味をもっていない人も多いです。 その人たちに対して(少々うざいと思われても)政治で何が起きているか説明して、 たとえ公明党を応援してくれなくても、「政治に興味をもってもらえた」という意味があると言っています。 「もし学会員が全く選挙応援をしなければ投票率が10%近く下がるのではないか」 というようなことを言っている人もいました。 これを聞いた時は「んなことないだろ」とも思いましたが、 母の動き方や熱心な方の活動ぶりを見ているとあながち嘘でもないな、 と思います。 追記:池上彰の選挙速報(F票って何?) 以前、選挙特番で池上彰さんも解説していましたが、 「創価学会のF票」というのは「F=フレンド」で創価学会員が友人に頼む票のことです。 別に悪いことではないわけですが、選挙特番では 街頭のインタビューでは「100票のF票を獲得した!」と 応える学会員や商店街をまわる学会員の姿も映っていました。 「ここまでやっているのか!」と一般の人は驚くような内容だったのではないでしょうか。 このような活動が選挙場所の地元の人だけではなくて、 全国から選挙場所へ応援に駆けつけて行われているわけです。 ちなみに池上彰さんは公明党の山口代表とも中継をしていました。 舌鋒鋭く池上さんは切り込んでいきましたが、山口代表も冷静に受け答えされていました。 創価学会の説明が「南無妙法蓮華経をひたすら唱える」と 書かれているのが若干悪意を感じなくもないですが。 まあ事実かな。。。 (よくある疑問シリーズ).

次の