へそ 構造。 みかんの部位ごとの名称ってなんていうの?知ってて得する豆知識!

猫のおへそはどこにある?写真でわかる、隠された猫のおへそ探し

へそ 構造

スポンサードリンク 内臓のイメージといえば、小学校の理科室にある人体模型でしょうか。 なんとなく心臓が真ん中に合って、その両横に肺があって、腸は下の方・・・。 といった、 「何となくのイメージ」という方がほとんどだと思います。 私は大学のときから人体解剖などを行い、解剖学の知識を養ってきたので分かりますが、一般の方にとってはブラックボックスになっていることでしょう。 内臓は昼も夜も私たちが活動するために、見えないところで働いてくれています。 休みなく働いていれば、どこかで不具合が生じることもあるでしょう。 そんなとき、それぞれの内臓がある場所を知っていればいち早く異変に気づくことができるかもしれません。 そこで今回は、それぞれの 内臓の位置がどのようになっているのか、解剖図を交えて解説していきます。 また、各臓器の機能についても簡単に触れていきます。 それぞれの臓器の詳しい解説はリンクを貼っていますので、そちらをご確認いただくとより理解が深まると思います。 臓器の配置は、 意味があってそこに位置しています。 解剖学を学ぶと面白い発見が多いです。 ぜひご覧ください。 もくじ• 内臓の位置と名称について 全体像と各臓器の位置を図でチェック! まずは、内臓の全体像から観察してみましょう。 内臓の全体像 内臓は、このような位置関係となっています。 骨格と筋肉を取りのぞくと、このように見えます。 正面からは確認できない臓器もあるので、後面からの図も見てみましょう。 上図の通り、腎臓、膵臓、脾臓などは正面からの解剖図では確認しにくいです。 しかし、後面からの図ではよく観察することができます。 続いては、各臓器について解説していきます。 肺の位置 上から順に、まずは肺【はい】です。 肺は、下図のように 左右両側にあります。 口や鼻から吸った空気が肺に流れ込み、空気から 酸素を取り込み、 二酸化炭素を排出しています。 左右の肺の大きさを比べると 右の肺に比べて、左の肺がやや小さめになっています。 下側からの図だと、大きさの違いが分かりやすいです。 画像に向かって右側が左肺、向かって左側が右肺になっています。 左肺が少しえぐれるようになっているのが、お分かりになるでしょうか? これは中心にある心臓が、やや左側によっているためです。 やや大きめの 右肺は上葉【じょうよう】、中葉【ちゅうよう】、下葉【かよう】という3つブロックに分かれますが、 左肺は上葉と下葉の2ブロックだけです。 ちなみに 誤嚥性肺炎【ごえんせいはいえん】は右肺に多いのですが、これは気管支の太さや肺へ侵入する角度が違うため起こることです。 わずかですが右の気管支の方が太く、真っすぐに近い角度となっているため誤嚥した物が入っていきやすいのです。 一方、左気管支は右気管支よりも曲がっているので、誤嚥した物が入りにくくなっています。 そのため、左に比べて右肺の方が誤嚥性肺炎を起こしやすいのです。 肺の位置や機能については、こちらの記事でより詳しく解説しています。 参照) 心臓の位置 続いて心臓です。 心臓【しんぞう】は胸のほぼ真ん中に位置します。 骨格を外すとこのような外観です。 心臓の働きは、ポンプの働きで全身に血液を循環させることです。 心臓は握りこぶし程度の大きさですが、 約1分程度で全身の血液が循環します。 心臓は筋肉でできており、これを心筋と呼びます。 心臓は4つの部屋に分かれており、静脈血と動脈血が混ざらず、逆流することのない仕組みになっています。 その4つの部屋にはそれぞれ右心房【うしんぼう】、右心室【うしんしつ】、左心房【そしんぼう】、左心室【さしんしつ】と名前が付いています。 さらに心臓には弁が付いており、血液が心臓内をうまく循環するのに役立っています。 右心房と右心室の間にあるのが三尖弁【さんせんべん】、右心室と肺動脈の間にあるのが肺動脈弁【はいどうみゃくべん】、左心房と左心室の間にあるのが僧帽弁【そうぼうべん】、左心室と大動脈の間にあるのが大動脈弁【だいどうみゃくべん】です。 自律神経の働きにより、運動したときや緊張したときなどには、拍動が早くなり血液をより早く循環させるようになります。 心臓の位置や機能については、こちらの記事でより詳しく解説しています。 参照) 胃の位置 食べ物を消化するのが胃【い】の役割です。 胃での消化がしっかり行われないと、この先にある腸での栄養吸収が上手く行われません。 胃については、こちらの記事でも位置と働きを詳しく書いています。 参照) 肝臓の位置 肝臓【かんぞう】は右のわき腹、肋骨の辺りにあります。 骨格を外すと下図のようになっています。 肝臓は内臓の中でも最大の臓器です。 5㎏ほどの重さがあり、 その機能は500以上あります。 解毒や 代謝、 栄養素の貯蔵などその働きは多岐にわたります。 重要な臓器であるとともに、強靭な臓器でもあるのが肝臓です。 肝臓は全体の 70%が失われても機能し、なおかつ 再生能力も備えています。 肝臓については、こちらの記事でも位置と働きについて詳しく書いています。 参照) 胆のうの位置 胆のう【たんのう】は肝臓の下に位置しています。 肝臓の下にある緑色の袋状のものが胆のうです。 胆のうは胆道と呼ばれる管を通して肝臓や膵臓とつながっています。 胆道は部位別に名前が細かく別れています。 胆のうの主な役割は肝臓から排出される胆汁を貯めておくことです。 胆汁は食べ物に含まれる脂肪を乳化といって、吸収できる状態にする働きがあります。 ですから、脂肪ぶんのある食べ物を食べると胆汁が分泌されます。 このとき消化酵素を多く含む膵液とも胆道を通じて混ざり合わさり、十二指腸の大十二指腸乳頭(ファーター乳頭)から分泌されます。 胆のうについては、こちらの記事でも位置と働きについて詳しく書いています。 参照) 膵臓の位置 膵臓は他の内臓と比べて、背中側に位置しています。 癌に侵されると 外科手術がしにくい位置であるため、予後不良になることがあるのが特徴です。 膵臓は 高性能の消化液を分泌する臓器です。 その消化液は膵液と呼ばれ、十二指腸で分泌され タンパク質、脂肪、糖質を全て分解できるのです。 また生活習慣病である糖尿病は、膵臓から分泌されるインスリンが出にくくなったり、効きが悪くなることによって起こる病気です。 膵臓の位置や機能については、こちらの記事でより詳しく解説しています。 参照) 腎臓の位置 腎臓【じんぞう】はへそよりも上に、 左右一対で位置しています。 左側に比べて、 右側の方がやや下に位置しているのは、右側に肝臓があるためです。 腎臓は血液中の有害物を尿として排出したり、水分量をコントロールすることで 血圧の調節もします。 肝臓と腎臓はともに 毒を分解したり、 排泄したりして体に欠かせない重要な臓器です。 ちなみに現代人にとって毒というと、食品添加物や野菜などにかかっている農薬も含まれます。 肝臓や腎臓を労わるためには、食べ物も見直す必要がありそうですね。 腎臓については、こちらもご覧ください。 参照) 脾臓の位置 脾臓【ひぞう】は左の肋骨下にあり、握りこぶし程度の大きさがあります。 骨格を外すとこのように見えます。 健康な状態の脾臓は、スポンジのように柔らかい臓器です。 脾臓には 白脾髄と 赤脾髄という組織があります。 白脾髄は、病原菌などを退治する リンパ球を作り、免疫の働きを高めています。 赤脾髄にも、免疫系の働きがありますが、それに加えて古くなった 赤血球を集めて、分解する働きがあります。 つまり、 血液をきれいにする働きがあるということです。 さらに赤脾髄には、 血液の成分をためておく機能もあります。 普段、意識されることの少ない臓器ですが、重要な機能がある臓器です。 脾臓の位置や機能は、こちらの記事でより詳しく解説しています。 参照) 小腸の位置 消化した栄養素を吸収するのが小腸【しょうちょう】の役割です。 つまり、腸が健康でなければ、いくら食べ物を食べても、消化しても、身体は栄養を取り込むことができないということです。 腸が健康であってこそ、全身の健康や命を繋ぐことができているのです。 まさに、小腸は命の中心ということができます。 小腸の位置ですが、内臓の中でも下方に位置して、 6~7mほどの筒状になっています。 すべてのひだを広げると、 テニスコート1面分の広さになると言われています。 表面積を大きくすることで、少しでも多くの栄養素を吸収するための工夫なのです。 小腸は3つの部位に分けることができます。 十二指腸【じゅうにしちょう】、空腸【くうちょう】、回腸【かいちょう】です。 それぞれ画像で見てみましょう。 まずは十二指腸です。 黄色く着色されているところが十二指腸です。 赤丸はトライツ靭帯です。 トライツ靭帯より口側が十二指腸、肛門側が空腸となります。 続いて空腸です。 黄色く着色されているところが空腸です。 続いて回腸です。 黄色く着色されているところが回腸です。 回腸から大腸へとつながっていきます。 小腸については、こちらの記事でも詳しく解説しています。 参照) 大腸の位置 数々の内臓の一番最後に位置するのが大腸です。 大腸は小腸の周りをぐるっと囲むように位置します。 大腸は小腸で栄養を吸収された残りカスから、 水分を吸収しながら便をつくる臓器です。 長さは1. 5〜1. 6m程度です。 体への重要な働きとして、大腸内には 約600~1000兆匹もの腸内細菌がいます。 近年の研究でこの腸内細菌が、人の健康に大きくかかわっているということが明らかになりつつあります。 腸内細菌の種類によって、宿主の性格まで変化してしまうということも分かっており、その影響は計り知れないものがあります。 大腸は盲腸【もうちょう】、上行結腸【じょうこうけっちょう】、横行結腸【おうこうけっちょう】、下行結腸【かこうけっちょう】、S状結腸【えすじょうけっちょう】、直腸【ちょくちょう】に分けられます。 大腸については、こちらの記事でより詳しく解説しています。 参照) まとめ 各内臓の位置関係について、図を交えながらお伝えしてきました。 内臓の場所はなんとなーくは分かっていても、あやふやになっていることが多いと思います。 「でも、そんなこと知らなくても困らないし」と思っている人も多いかもしれません。 確かに内臓の位置をはっきりと知らなくても、日常生活で問題はないです。 しかし位置関係を知っておくと、お腹が痛くなったときにどこの臓器が痛んでるのか見当がついたり、内臓の位置も理由があってそこにある、ということが理解できます。 健康な身体を作るのは内臓ですので、これをきっかけにして内臓に気をかけた生活を送ってみてはいかがでしょうか。 内臓は、冷えすぎるとその働きが落ちますので、冷たい飲み物の摂取を控えて、温かいものを意識的に摂るようにすると内臓の負担を和らげることができます。

次の

へそ&へそのゴマ「へその奥はどうなっているの?」「へそのゴマには黒と白があった!」

へそ 構造

基本構造は至って単純 仕組み・出来事・こころの3領域 ・世界は何らかの有象無象な【仕組み】で成り立っています。 ・その仕組みに則って,私たちは何らかの「すがた」を【出来事】として目撃します。 ・私たちは,五感を用いて,それらを【こころ】でとらえます。 へそ思考とは,たったこれだけの単純な構造です。 実際当たり前すぎて拍子抜けするでしょうし,世の中そんなに単純なはずがない,と猛烈に反論するかたもいらっしゃいます。 ただし,変数と見なす領域に入る言葉の数は数限りなくありますので組み合わせは言葉の数以上にあります。 ご覧の通り,楕円(オーバル)が3つ重なっているだけで,どこにも特別な内容はありません。 歴史上のいろんな理論や主張の中にある共通の要素って何だろうと思案していて,残ったのがこの項目です。 楕円構造に厳格な意図はなくて,仕組みと出来事が私たちが暮らす世界を占める比率が多い状態を表す雰囲気づくりです。 頭の切れる人がどれだけ難解な話をしていても,その内容よりもその「本質」と向き合えば,「今は理屈を言ってるんだな」とか「今は思いの丈を述べているんだな」と切り分けられます。 話の中身が分からなくても,話の領域が分かれば話を合わすことはそれほど難しいことではありません。 これはきっと,聞き上手な喫茶やスナックなどで働く人であれば経験的に身につけていることでしょう。 へそ思考の図とは,思考のくくりかたとなる原理原則のみを示しています。 この原則に則って,それをわかりやすく構造化しただけです。 例えば,研修やワークショップでグループ内の意見を集約するときにも役立ちます。 いっぱいの付箋に書かれた内容をこの項目でグルーピングして共通項を探せば,今どこを見ているかをまとめやすくなります。 他にも,学生がレポート作成の際に3つをバランス良く含めていれば,読み応えのある文章が出来上がります。 このように原理はとてもシンプルです。 利用法は少々難解なのですが,わからなくなったら最初の構造図に立ち戻れば良いという,すごろくのスタートラインのような場でもあるので安心して複雑な思考の冒険にも出られます。 仕組みのコト あなたが活用したいルールや法則,建物・電気製品・文法などの構造,広く知られた理論などが入ります。 それは解明されたこともあれば未解明なこともあります。 私たちが用いる仕組みは,必ずしも「ほんとう」である必要はありません。 それは宗教上に多く紡ぎ出された物語やファンタジー小説などと同じく,人に何らかの示唆を与える価値観としても役立つからです。 科学者などの学術研究者による理論も「ほんとう」である必要はありません。 本人は至って本気で「ほんとう」を探究しておりますし,その努力は賞賛に値します。 私たちの生活を実証的に捉えるきっかけも提供してくれています。 ところが,答えを得ても「それってほんとう?」という疑問も湧くのが私たちです。 そしてその奥を更に追究したいと欲求の湧くのが学者の人たちでしょう。 仕組み自体の正しさは不問です。 なぜなら普通の日常生活を送るにあたって,実証されているなしに関わらず「これがほんとう!」と断言しなくても「それもそうだよね」ぐらいがちょうど良い場面も多いと思うのです。 そのような仕組みの領域がここになります。 出来事のコト あなたの身の回りに起きる事実,何かに関わった時の状態や経験,伝聞や史実などが入ります。 それは観察できることもあれば,全く気づかないこともあります。 筆者はそれらを「かたち」と呼び,そのかたちには様々な「あらわれ」もあります。 例えばマッチを擦るという行為は,摩擦によって生じる熱と硫黄のあいだにある厳密なルールに則って,火がつくという変化を伴った出来事を起こします。 その仕組みと出来事のあいだには,効果や効率と言った機能的なことが横たわっていると考えられます。 それは科学的な事象だけでなく記録に残っている歴史上の出来事も同じですし,偉人の伝記からは多くの示唆を受け取れます。 幼い子どもが急に異性と手をつないでいることを自覚してポッとほおを赤らめるのも出来事です。 雨降り時のグッズにおしゃれな雨傘を探すのも私たちが起こす出来事でしょう。 仮に全人類の行動が遺伝子に組み込まれているとしても,そのような存在の仕組みを想定して関連づける先の出来事という要素は必要です。 何にしても私たちは常に出来事と接して生活を送っています。 そのような出来事の領域がここになります。 こころのコト あなたの五感から得た様々な情報,喜怒哀楽などの感情,取組への意欲や態度などが入ります。 それは憶測や推測の場合もあれば,整合性や論理性を伴う場合もあります。 例えば太陽や月などを神聖視したエジプトの人たちは,豊かな創造力を基にして壮大な物語をつくりだしました。 現代人は科学知識と照らし合わせながら面白いお話だなぁと楽しむこともできます。 ただし,その科学知識が「正解」であるかどうかは別の問題です。 仮定のお話などを加えた想像の余地があれば夢や希望などの可能性が広がります。 可能性には不安感もありますが,未来志向の想いもいっぱい詰まっています。 また,喜怒哀楽と言った感情的な領域や頭で描いた想いだけでなく,五感から得る情報にも左右されます。 いろんな情報による揺らぎがあるからこそ,私たちは不安になってもそれを打ち破ろうとする確固たる信念や,満足感や幸福感なども得られるのではないでしょうか。 そのようなこころの領域がここになります。 広くて深い世界の「あいだ」 どこにどんな「あいだ」があるか へそ思考で捉える世界はとても単純ですが,コトの量と深さ,組みあわせかたは無限大ですから並列的でもあるし重層的でもあります。 そのため詳細を分類しようとすると本質を見失い,分類それ自体が仕事のようになってしまったり堂々巡りを始めたりします。 そういった安心と不安の共通する特徴もへそ思考で探ることが可能です。 対立軸のあいだに陥ったとき,どちらかに近寄らなければいけないと考えるよりも,そのあいだには何があるのかを考えることが問題解決の糸口になる場合があります。 良いか悪いかだけで見ていては決して見つけることの出来ない視点を見つけることが出来れば,もうひとつ世界を深く理解できたと感じるでしょう。 「ほんとう」は探して楽しむ わからなければ遠慮なく保留すれば良い 私たちがいない時代にも地球は回り続けていましたし,きっとこの先に私たちがいなくなったとしても,地球は厳格なルールに基づいて自らの所作を定めるでしょう。 それは,人類が生み出した過去の全ての叡智に精通して新たな理論を打ち立てられる立派な学者であったとしても,決して叶わない到達不可能な領域です。 そのような超越的な領域の正しさをいくら考えてもわたしたちには答えが出せませんし,それこそ「これこそが正しい」と主張し合っても日常生活が楽しく豊かに過ごせるわけではありません。 理論の正しさや「ほんとう」を求めるよりも,それらの思考の流れにおける欲求の構造をきちんと理解し,日常生活を手間をかけて丁寧に暮らすことを実践する。 大事なのは「普遍的で正確無比な答え」ではなく「答えを探しつづけることをやめない」姿勢ではないかと筆者は考えています。 これはそのための思考法です。

次の

みかんの部位ごとの名称ってなんていうの?知ってて得する豆知識!

へそ 構造

いつの間にか、おへそにたまる正体不明の「へそのゴマ」。 子どものおへそにこれを見つけて、取るべきか、取らないべきかを悩む親もいるのでは? そもそも、へそのゴマが何かを知らない人も多いはず。 そこで、「へそのゴマ」の正体や対処法について、小児外科医に聞きました。 「へそのゴマ」の正体は何? 誰が言い出したのかわかりませんが、「へそのゴマ」とはいったい何でしょうか? 「 へそのゴマは、おへそに落ち込んださまざまな汚れが固まったものです」 そう話すのは、小児外科を専門とする奥山宏臣医師。 「汚れの内容は、本人の垢や皮脂などが中心。 ほかにも、小さなホコリや、お腹に当たっていた服の繊維が落ち込んでいることもあります」 へそのゴマがある場合、身体にはどんな影響を及ぼすのでしょうか。 「へそのゴマはいろいろな汚れの塊ですから、その中には多数の細菌が存在しています。 ですが、単にへそのゴマがあるだけなら、それが原因で病気になることはないと思います」 「 おへそにトラブルが起こらない限り、その細菌が体内に入ったり感染症を引き起こしたりすることは、まずないと言っていいでしょう」 では、へそのゴマ自体が原因になって、おへそにトラブルが起こることはあるのでしょうか? 「そういうケースも、ほとんど考えられません」 なるほど。 とりあえず、へそのゴマを過度に気にする必要はなさそうですね。 「へそのゴマ」は取った方がいい? へそのゴマは汚れやゴミの塊。 病気や不調の原因にはなりにくいといっても、「不潔に感じる」と思う人も少なくないはず。 清潔を保つという意味でも、へそのゴマは取った方がいいのでしょうか? 「いいえ。 気になるのはわかりますが、私は放置しておく方がいいと思います。 少なくとも、積極的に取る必要はありません」 どうしてでしょうか? 「へそのゴマそのものより、それを取ろうとしておへそをいじることの方が、健康上のトラブルにつながりやすいからです」 「 おへその汚れは、取りにくいからこそ『へそのゴマ』になるわけです。 無理に取ろうとしてこすったりすると、おへその中や周囲の皮膚が傷ついてしまうかもしれません」 「 場合によっては、おへそにできた傷に細菌感染が起こり、炎症、化膿などにつながる危険があります」 そういえば、昔から「おへそを触るとお腹が痛くなる」と言われることもありますね。 「それは、『おへそのいじりすぎは感染につながり、危険である』ということを知恵として伝えてきた言葉なのではないでしょうか」 「おへそを閉じている組織(瘢痕組織:はんこんそしき)の下は、臓器を包んでいる膜(腹膜)に直結しています。 ですので、 おへその傷からの感染は、ひどいときにはお腹の中にまで影響を及ぼすことがあるのです」 お腹は、腹壁、腹筋、脂肪、腹膜という層構造で守られています。 ところが、おへそのところだけは脂肪や筋肉がなく、「守りが薄い」状態なのだそうです。 つまり、おへそは弱点なのですね。 むやみに触ったり刺激したりするのは、避けた方がよさそうですね。 安全な「おへそのケア」方法 とはいえ、汚いのをどうしても見られたくなかったり、掃除したいときには、どうしたらいいのでしょうか? 「 おへそにオリーブオイルやベビーオイルなどを入れてから掃除する方法が有効です。 オイルを入れて20分ほど置いておくと、汚れがやわらかくなって浮いてくるので、そっと拭き取ってあげてください」 「拭き取るときは、おへそや周囲の皮膚を刺激しないよう、綿棒やガーゼなどを使うことをおすすめします」 ケアそのものは意外に簡単そうです。 「ただ、無理に行わないでください。 おへその掃除を喜ぶ子も、オイルを入れた状態でじっとしていてくれる子も、あまり多くはないでしょう。 手術前に子どものおへそをケアするときは、麻酔がかかってからするくらいです」 掃除をしている最中に動いてしまって、おへそを傷つけてしまっては大変ですね。 「そうですね。 繰り返しになりますが、へそのゴマを取る必要性はあまりないのです。 どうしても行う場合、子どもが眠っているときを見計らうなど、タイミングを工夫してください」 へそのゴマは、基本的には放っておくべきもの。 きれい好きなママパパは、お掃除したくてうずうずするかもしれませんが、子ども自身が気にしていなければ、そっとしておくのがベターなようです。

次の