バッテリー 正規店。 iPhoneバッテリー、非正規店で非純正品に交換するとどうなる?

iphoneのバッテリー交換は非正規店がおすすめ

バッテリー 正規店

iPhoneのバッテリー交換はどこでしてもらえばいい? iPhoneのバッテリー交換をしてくれるお店はたくさんあります。 AppleStoreはもちろん、家電量販店や携帯ショップ、街の修理屋でも受け付けています。 しかし、バッテリー交換は Apple Storeか Apple正規サービスプロバイダ店でやってもらうのが無難です。 非正規の店舗でバッテリー交換するのは危険 街の修理屋でもバッテリー交換できますが、すぐにダメになるような 安物のバッテリーを入れられる店もありますので注意が必要です。 電波法違反 そもそも正規店以外が修理・分解したiPhoneを使用すると 電波法違反になる可能性があります。 というのも、スマホなど電波を発する無線機器は、 技適マーク(総務省に認可されている証)がついている機器以外は使用が禁止されているのです。 当然iPhone(正規品)にも技適マークがついています。 そして、総務省に認可されていない「 非登録修理業者」が分解・修理してしまうと、 iPhoneの技適マークが無効となります。 技適マークのないiPhoneで電波を発した時点で、 あなたは電波法違反となります。 ただし、総務省に認可された「 登録修理業者」が修理する分には技適マークは無効になりません。 どうしてもApple Store・正規サービスプロバイダ店以外の修理店にバッテリー交換を依頼せざるを得ない場合は、登録修理業者であることを確認してください。 登録修理業者は総務省のホームページで確認できます。 また、非正規修理での登録修理業者のオススメは、以下の記事に掲載しています。 Appleの正規サービスが受けられなくなる しかし、仮に登録修理業者であっても、やはりバッテリー交換はApple Store・正規サービスプロバイダ店でするべきだと思います。 なぜなら、正規店以外のお店でバッテリー交換してしまうと、それ以降Apple Store・正規サービスプロバイダ店で修理・交換してもらったり、 Appleのメーカー保証を受けられなくなるからです。 これは自分でバッテリー交換した場合も同様です。 AppleStore・正規サービスプロバイダ一覧 iPhoneのバッテリー交換を受け付けているお店はたくさんありますが、そのほとんどが正規サービスプロバイダではありません。 代表的な正規サービスプロバイダ店を以下に示します。 ビックカメラ・ビックロ• ソフマップ• カメラのキタムラ• クイックガレージ 上記のショップも 全ての店舗が正規サービスプロバイダというわけではありません。 AppleStoreとApple正規サービスプロバイダの店舗情報は以下のページから確認できます。 ちゃんとAppleのメーカー保証も適用されまし、今後Appleの正規サービスが利用できなくなる心配もありません。 ただ、 iPhoneの修理・交換を受け付けている店舗が少ないことと、 バッテリー交換費用がAppleStore・正規サービスプロバイダより 若干高いことが難点です(auショップは同額で交換してもらえます)。 携帯ショップで購入したiPhoneもAppleStoreで診てもらえるので、基本的にはAppleStoreに持っていくことをおすすめします。 バッテリー交換は予約必須 AppleStore・正規サービスプロバイダ AppleStore・正規サービスプロバイダに持ち込む場合は 事前予約が必須です。 予約せずに当日持ち込みも可能ですが、混んでいる場合は対応してもらえません。 特にAppleStoreは基本予約がいっぱいなので、 予約なしでは断られる可能性が高いです。 予約は「 Appleサポート」というアプリからできます。 予約手順 まずはアプリを起動して下さい。 初回起動時は以下のような画面になります。 「こちらから」をタップしてください。 すると位置情報を共有するか聞かれます。 「自分の位置情報を共有」を選択しておくと、予約画面で近所のショップがすぐ表示されるので便利です。 今回は僕の住所を知られると困るので「今はしない」を選択させてもらいます。 するとサポート画面になります。 バッテリー交換したい端末を選択してください。 続いてサポートの種類を選択します。 バッテリー交換の場合は「バッテリーと充電」を選択してください。 次に「バッテリー交換」をタップしてください。 続いて具体的なサポートの種類を選択します。 バッテリー交換をする場合は一番上の「持ち込み修理」の下にある「正規のストアを探す」をタップしてください。 先ほど「自分の位置情報を共有」を選択していた人は、ここで近所の正規店が一覧表示されます。 僕は位置情報を共有していなかったため、以下のように検索フォームが表示されているだけです。 試しに「東京」と検索してみると、都内のAppleStore・正規サービスプロバイダが一覧表示されました。 店舗を選択すると、時間の選択画面になります。 Appleサポートでは 翌日~1週間後まで予約が可能です。 予約時間を選んで「予約」をタップすれば予約完了です。 予約が取れない場合は配送修理 年末などの繁忙期は、予約がすぐいっぱいになってしまいます。 Appleサポートでは 毎日0時に1週間後の予約受付が開始されるため、予約したい日の1週間前の0時にすぐにアプリを開くと予約しやすくなります。 それでも予約が取れない場合は、以下のページからAppleリペアセンターに 配送修理を依頼しましょう(Appleサポート アプリからは配送修理の依頼ができません)。 AppleIDでサインインして、バッテリー交換したいiPhoneをクリックして下さい。 「バッテリーと充電」を選択してください。 「バッテリー交換」を選択してください。 「配送修理」を選択してください。 あとは画面の指示に従って、住所・電話番号・決済方法・メールアドレス・集荷希望日時を入力して送信すれば依頼完了です。 ドコモショップ ドコモショップに持ち込む場合も 事前に来店予約が必要になります。 混んでいない時なら予約なしでも対応してくれることもありますが、iPhoneのバッテリー交換をしてくれるドコモショップは 2店舗だけなので、基本いつも混んでいます。 ドコモショップ丸の内店()• ドコモショップラウンジ名古屋() auショップ auショップに持ち込む場合も 来店予約が必要になります。 iPhoneバッテリー交換の同日対応してくれているauショップは以下の 6店舗だけです。 au SHINJUKU()• au SENDAI()• au みなとみらい()• au NAGOYA()• au OSAKA()• au FUKUOKA() ソフトバンクショップ ソフトバンクショップに持ち込む場合も 事前予約が必要です。 iPhoneのバッテリー交換をしてくれるソフトバンクショップは以下の 4店舗だけです。 ソフトバンク銀座 電話予約:03-6252-5310• ソフトバンク表参道 電話予約:03-6406-0737• ソフトバンク名古屋 電話予約:052-857-8056• ソフトバンクグランフロント大阪 電話予約:06-6359-1488 WEB予約では翌日以降の予約しかできません。 当日の予約をしたい場合は電話で予約をとって下さい。 電話予約の受付時間は月~土曜日は10時~19時半、日曜日は10時~16時半までとなっています。 スポンサーリンク バッテリー交換にかかる費用 AppleStore Appleメーカー保証期間内で、なおかつ バッテリー最大容量が80%未満の場合は、 無料でバッテリーを交換してもらえます。 Appleメーカー保証期間は通常は 購入から1年間ですが、 AppleCareに加入している場合は2年間に延長されます。 保証期間が終了している場合はバッテリー交換は有料です。 交換費用は機種ごとに異なります。 2019年10月時点での費用を以下に示します。 iPhone X以降 :7,400円(税込8,140円)• また、正規サービスプロバイダのカメラのキタムラ・ビックカメラ・ソフマップ・クイックガレージでも同額でバッテリー交換してもらえます。 ドコモショップ AppleStore同様、メーカー保証期間内でバッテリー最大容量が80%未満なら無料で交換してもらえます。 ただし、そうでない場合は以下の交換費用が発生します( AppleStoreより高いです怒)。 iPhone X以降 : 9,400円(税込 10,340円)• また、auの「 故障紛失サポート with AppleCare Services」に加入している場合は、 購入から4年間は無料で交換してもらえます。 あんしん保証パックに加入しておらず、メーカー保証期間も終了している場合は以下の費用がかかります( AppleStoreと同額です。 au大好き!)。 iPhone X以降 :7,400円(税込8,140円)• また、ソフトバンクの「 あんしん保証パック with AppleCare Services」に加入している場合は、保証期間が過ぎていても無料で交換してもらえます。 あんしん保証パックに加入しておらず、保証期間も終了している場合は以下の費用がかかります( AppleStoreより少しだけ高い)。 iPhone X以降 : 7,800円(税込 8,580円)• スタッフに呼ばれてからの流れは以下の通りです。 本人確認• バッテリーの劣化具合を診断• 画面割れ・水没など他の故障がないかチェック• データの保証ができないことへの同意• バッテリー交換 スタッフとのやり取りだけで10~20分ほどかかります。 それから控えをもらって、「~時~分になりましたらもう一度来店してください」と言われます。 バッテリーの交換作業自体は約30分で終わります。 ただ、混み具合によっては 1~2時間くらいかかることもあります。 なので、 予約時刻から大体3時間くらいかかると想定しておいた方が良いでしょう。 また、 バッテリーの在庫が無かった場合は1週間ほどかかります。 まぁよっぽど古い機種でもない限りバッテリーの在庫がないことはほとんどありません。 AppleStoreのスタッフが新しいバッテリーを2つ試しても電源が入らなかった場合、本体に問題があると判断され 本体交換になります。 本体交換も在庫があればすぐにもらえますが、在庫がない場合は1週間程度待つ必要があります。 Apple配送修理の場合 ただ、配送修理の場合はiPhoneを 集荷してもらってから1~2週間ほどかかります。 修理状況は以下のページから確認できます。 「修理を検索」で修理IDかシリアル番号を入力すれば、修理状況を確認できます。 修理IDは、配送修理を依頼したときに入力したメールアドレスに送信されているはずです。 「 メールはiPhoneでしか確認できない。 でもiPhoneは修理に出してるから手元にない」という方は、ページの「 最近のアクティビティ」を確認してください。 正規サービスプロバイダ・携帯ショップ バッテリー交換にかかる時間はAppleStoreとほとんど変わりません。 正規サービスプロバイダ店はAppleStoreほど混んでいないため、むしろ早く終わることの方が多いでしょう。 ただ、正規サービスプロバイダや携帯ショップは AppleStoreと比べるとバッテリーの在庫が少ないので、即日対応してもらえないことがしばしばあります。 預かり修理の場合は1週間程度かかります。 スポンサーリンク バッテリー交換に時間がかかる場合は代替機 持ち込みの場合、基本的にバッテリー交換は即日完了します。 ただ、バッテリーの在庫がなかったり本体交換になった場合は1週間以上かかります。 その場合は 代替機を借りましょう。 AppleStoreなら無料貸し出し 画面割れなど使用者の過失による故障・不良がある場合は、代替機を借りるのに料金がかかります。 しかし、バッテリーの劣化など自然故障のみの場合は、 無料で代替機を借りることができます。 ただし、代替機を借りることができるのは 持ち込み修理の場合のみです。 Apple配送修理の場合は代替機の貸し出しサービスはありません。 配達員が新品のiPhoneを持って配達に行くので、古いiPhoneを渡してください。 携帯ショップの代替機はAndroid ドコモ・au・ソフトバンクの携帯ショップで契約・購入した場合は、携帯ショップに持ち込めば代替機を借りることができます。 ですが、 在庫がある機種が代替機になるため、 大体Androidになります。 代替機の機種をこちらが指定することはできません。 また、配送修理を依頼した場合はApple同様代替機を借りることはできません。 ただ、 ソフトバンクだけは「あんしん保証パック with AppleCare Services」に加入している場合に限り、 配送修理でも代替機としてiPhoneを借りることができます。 代替機を借りる場合の注意点 代替機は返さなければいけません。 返す前に必ず 端末の初期化をしてください。 バッテリー交換なら無料で代替機を借りることができますが、代替機に傷をつけたり壊してしまうと 修理代を請求されます。 代替機もきちんと スマホケースや液晶保護フィルムでガードしましょう。 iPhoneバッテリー交換の注意点 持ち込みは本人のみ可 持ち込みでバッテリー交換してもらう場合、受付時に 身分証明書の提示を求められます。 つまり本人じゃないとバッテリー交換してもらうことはできないってことです。 これは修理の場合も同様です。 また、 未成年の場合は契約者か両親の同意が必要になります。 注意してください。 データは消える? バッテリー交換だけなら基本的に同じiPhoneを使用するため、データは消えません。 しかし、精密機械ゆえ絶対にデータが消えない保証はありません。 実際AppleStoreでも、バッテリー交換の前にデータの保証ができないことへの同意書にサインを求められます。 なので店舗に持ち込む前に必ずバックアップを取っておいてください。 バックアップ手順は以下のページで説明しています。 故障がある場合は修理が先 「画面が割れている」 「水没マークが出ている」 など他に問題が見つかった場合は、バッテリー交換の前に修理が必要です。 修理をせずにバッテリー交換だけしてもらうことはできません。 修理費用を以下に示します。 非正規の店舗でバッテリー交換するのは危険• iPhoneのバッテリー交換はAppleStoreか正規サービスプロバイダでやってもらう• キャリアで買ったiPhoneは携帯ショップでも良い• 持ち込みによるバッテリー交換は予約必須• 持ち込みは本人のみ可• AppleStoreでは予約時刻からバッテリー交換完了まで3時間ほどかかる• 在庫がない場合は1週間ほどかかる(代替機を借りれる)• 予約が取れない場合はApple配送修理• 配送修理は完了まで1~2週間かかる(代替機は借りれない)• ドコモショップ・ソフトバンクショップはバッテリー交換費用がAppleStoreより高い• 画面割れなどがある場合は、バッテリー交換前に修理が必要• バッテリー交換でデータが消える可能性あり.

次の

非正規店で修理したiPhoneのバッテリーをAppleで交換してもらう方法

バッテリー 正規店

みなさんはお使いのiPhoneのバッテリー(電池)がへたってきて、減りが早くなってきたらどうしていますか? まだ使えるのにもったいないなーと思いながらも、仕方なく新しい機種に変更する方も多いのではないでしょうか。 別の機能にも不具合が発生している場合は別ですが、 バッテリーがへたってきただけであればバッテリー交換するのがおすすめです。 一昔前はApple Storeでバッテリー交換すると、本体を買うのとそこまで変わらないくらいお金がかかると言われていました。 ところがAppleサポートの充実により、2019年から 低価格で正規に交換することができるようになりました。 本記事では、バッテリー交換をする時期の目安やおすすめの交換方法・予約手順などについてまとめたいと思います。 これからバッテリー交換を検討する方は、ぜひ参考にしてくださいね。 このページの目次 CLOSE• バッテリー交換時期の目安 まずはバッテリー交換時期の目安から見ていきましょう。 この値が80%以下になると、電池の持ちが悪くなるだけでなくパフォーマンスの低下も発生するため、Appleでは交換推奨ということになっています。 僕のiPhone7は最大容量が83%の状態でも、電池の持ちがかなり悪くなっていたので交換することにしました。 Apple Storeのスタッフさんが言うには、80%以下になると普通に使えない状態、 85%以下で十分劣化していて交換推奨の状態とのことでした。 バッテリー最大容量の確認手順は次のとおりです。 以前はこの値が一定以下でないと交換してもらえなかったようですが、2019年以降は有償であれば交換してもらえます。 85%はあくまで目安なので、それ以上でも気になる方は交換できますよ! バッテリー交換の2つの方法 バッテリー交換は正規店でも格安でできるようになったので、非正規店ではなく正規店に依頼するのがおすすめです。 ではさっそく、持ち込み修理の内容から見ていきましょう。 正規店がある場所はから確認することができ、東京では新宿・表参道・渋谷・赤坂見附・池袋・有楽町・銀座・丸の内・秋葉原などにあります。 持ち込み修理の流れと予約手順 続いて、持ち込み修理をするための手順をまとめます。 簡単にできるので、しっかり予約してから店舗に向かいましょう。 にアクセスして、バッテリー交換する対象のiPhoneをタップ。 「バッテリーと充電」をタップ。 「バッテリー交換」をタップ。 「持ち込み修理」をタップ。 店舗を検索する画面になるので、「ストアを検索」に住所や駅名などを入力して「検索」ボタンをタップ。 店舗の候補が表示されるので、行きたい店舗をタップ。 予約可能な時間がポップアップで表示されるので、都合の良い時間を選択。 (タップした時点で予約完了になる注意!)• 予約できたら、表示される内容に沿って「データのバックアップ」を実施。 当日に来店したら、バッテリー交換で予約している旨をスタッフさんに伝えてiPhoneを渡す。 作業完了時間を伝えられるので、その時間になったら再来店。 (通常なら1〜2時間後)• iPhoneを受け取って、支払いを済ませて完了! 僕の場合は平日の午前中にApple 新宿で交換してもらいました。 配送修理とは、Apple指定の宅配業者にiPhoneを集荷に来てもらい、Appleリペアセンターへ配送して交換してもらう方法です。 交換にかかる日数はそのときの混雑状況によりますが、通常であれば5〜7営業日以内で完了します。 この方法だとiPhoneがない状態で1週間くらい過ごさないといけないので、あまりおすすめしません。 店舗に行く時間がまったく取れない方や複数のスマホをお持ちの方のみが利用する方法になります。 バッテリー交換にかかる料金 では続いて、バッテリー交換にかかる料金について見ていきましょう。 バッテリー交換にかかる料金はiPhoneのモデルで決まっていて、次の2パターンがあります。 ちなみに、配送修理の場合は別途送料が必要です。 このように機種変更した場合と比べてかなり安く済むので、他の部分に不具合が出るまではバッテリー交換がおすすめですよ。

次の

iPhoneの非正規バッテリーと正規バッテリーの違い。メリットデメリットは?

バッテリー 正規店

みなさんはお使いのiPhoneのバッテリー(電池)がへたってきて、減りが早くなってきたらどうしていますか? まだ使えるのにもったいないなーと思いながらも、仕方なく新しい機種に変更する方も多いのではないでしょうか。 別の機能にも不具合が発生している場合は別ですが、 バッテリーがへたってきただけであればバッテリー交換するのがおすすめです。 一昔前はApple Storeでバッテリー交換すると、本体を買うのとそこまで変わらないくらいお金がかかると言われていました。 ところがAppleサポートの充実により、2019年から 低価格で正規に交換することができるようになりました。 本記事では、バッテリー交換をする時期の目安やおすすめの交換方法・予約手順などについてまとめたいと思います。 これからバッテリー交換を検討する方は、ぜひ参考にしてくださいね。 このページの目次 CLOSE• バッテリー交換時期の目安 まずはバッテリー交換時期の目安から見ていきましょう。 この値が80%以下になると、電池の持ちが悪くなるだけでなくパフォーマンスの低下も発生するため、Appleでは交換推奨ということになっています。 僕のiPhone7は最大容量が83%の状態でも、電池の持ちがかなり悪くなっていたので交換することにしました。 Apple Storeのスタッフさんが言うには、80%以下になると普通に使えない状態、 85%以下で十分劣化していて交換推奨の状態とのことでした。 バッテリー最大容量の確認手順は次のとおりです。 以前はこの値が一定以下でないと交換してもらえなかったようですが、2019年以降は有償であれば交換してもらえます。 85%はあくまで目安なので、それ以上でも気になる方は交換できますよ! バッテリー交換の2つの方法 バッテリー交換は正規店でも格安でできるようになったので、非正規店ではなく正規店に依頼するのがおすすめです。 ではさっそく、持ち込み修理の内容から見ていきましょう。 正規店がある場所はから確認することができ、東京では新宿・表参道・渋谷・赤坂見附・池袋・有楽町・銀座・丸の内・秋葉原などにあります。 持ち込み修理の流れと予約手順 続いて、持ち込み修理をするための手順をまとめます。 簡単にできるので、しっかり予約してから店舗に向かいましょう。 にアクセスして、バッテリー交換する対象のiPhoneをタップ。 「バッテリーと充電」をタップ。 「バッテリー交換」をタップ。 「持ち込み修理」をタップ。 店舗を検索する画面になるので、「ストアを検索」に住所や駅名などを入力して「検索」ボタンをタップ。 店舗の候補が表示されるので、行きたい店舗をタップ。 予約可能な時間がポップアップで表示されるので、都合の良い時間を選択。 (タップした時点で予約完了になる注意!)• 予約できたら、表示される内容に沿って「データのバックアップ」を実施。 当日に来店したら、バッテリー交換で予約している旨をスタッフさんに伝えてiPhoneを渡す。 作業完了時間を伝えられるので、その時間になったら再来店。 (通常なら1〜2時間後)• iPhoneを受け取って、支払いを済ませて完了! 僕の場合は平日の午前中にApple 新宿で交換してもらいました。 配送修理とは、Apple指定の宅配業者にiPhoneを集荷に来てもらい、Appleリペアセンターへ配送して交換してもらう方法です。 交換にかかる日数はそのときの混雑状況によりますが、通常であれば5〜7営業日以内で完了します。 この方法だとiPhoneがない状態で1週間くらい過ごさないといけないので、あまりおすすめしません。 店舗に行く時間がまったく取れない方や複数のスマホをお持ちの方のみが利用する方法になります。 バッテリー交換にかかる料金 では続いて、バッテリー交換にかかる料金について見ていきましょう。 バッテリー交換にかかる料金はiPhoneのモデルで決まっていて、次の2パターンがあります。 ちなみに、配送修理の場合は別途送料が必要です。 このように機種変更した場合と比べてかなり安く済むので、他の部分に不具合が出るまではバッテリー交換がおすすめですよ。

次の