長澤 まさみ マザー。 長澤まさみが全てを狂わせる「母」に 映画『MOTHER』初夏公開&超特報

【MOTHER】映画2020のあらすじとネタバレ!長澤まさみ事件のモデル

長澤 まさみ マザー

新境地を見せた長澤まさみ(右)と新人離れした演技で存在をアピールした奥平大兼 C 2020「MOTHER」製作委員会 人気女優として活躍する長澤まさみの、俳優業への強い覚悟を感じさせる力作に仕上がっている。 映画「MOTHER マザー」は、実際に起きた事件に材を取り、社会からはじき出された一人の女性と息子の関係を通して、人間の心の闇とその不可思議さを浮き彫りにする。 インディペンデント映画で腕を振ってきた大森立嗣監督が適材適所の俳優陣から最上の演技を引き出している。 シングルマザーの秋子(長澤)は定職にも就かず、親や妹から借金を繰り返しては男たちとゆきずりの関係を持つ自堕落な生活を続けていた。 息子の周平(幼少期は郡司翔、少年期は奥平大兼)は成長するにつれてどん底の生活からの脱出を夢見るようになるが、母親から逃れられない。 映画は秋子の恋人でホストの遼(阿部サダヲ)を加えた3人の暮らしも交えて物語を進めていく。 秋子は周平に対して支配的でありながら時に依存し、男と出かけたまま彼をアパートに置き去りにする一方で、舐(な)めんばかりに溺愛する。 毀誉褒貶(きよほうへん)が激しく世間的な常識から大きく外れた人物を、長澤が抑制の利いた演技で表現している。 特にラストで無言の秋子をアップでとらえ、彼女の内部でうごめくさまざまな思いを表出させるシーンは見もの。 そこには演劇作品などでもさまざまな難役に挑んできたからこそ出せる表情があった。 愁いと切なさを併せ持った二人の姿は多くの女性ファンを獲得しそうだが、今後も大森監督のような名伯楽と組んで俳優としてのキャリアアップを図ってほしい。 児童相談所の職員役の夏帆、秋子の母親役の木野花ら脇役陣も充実しているが、特筆に値するのは遼を演じた阿部サダヲ。 秋子に暴力を振るうDV男でありながら、女性を引き付けるフェロモンも漂わせた演技は説得力十分。 暴力シーンではただならぬ狂気を漂わせ、長澤との場面では男女の性(さが)を濃厚に発散させる。 大スクリーンを通して生身の人間を実感させる演技が圧巻だ。 世間からドロップアウトしたはぐれ者を描く内容に、今回も社会派映画を想起する向きも多いかもしれないが、大森監督は現代のゆがんだ日本社会が母子を追い込んだという紋切り型には物語を落とし込まない。 むしろ監督の興味は、ある意味、支離滅裂な秋子や周平の行動を通して単純に割り切ることのできない人間の不可思議な心に迫ることのように見える。 秋子の特異な性格も、両親や妹との関係から、その裏に愛情の渇望やコンプレックスがあることが示唆されるものの、大森監督は単純な結論を押し付けない。 人間関係や人物像を簡単に図式化せず、理屈には合わない人間の行動を提示することで、さまざまな問いを突き付けているかのようだ。 我々は、自分の倫理観や価値観、常識では推し量れない出来事や事件があると、「理解不能」とさじを投げるか、何らかのレッテルを貼って自分自身を納得させようとする。 その場合、事件や出来事の当事者は単なるモンスターとして一刀両断されがちだ。 そこに絶対的な回答はなく、観客がそれぞれに思いを巡らすべきなのだろう。 ところで、冒頭でも書いたように、この作品は現実に起きた事件をヒントにして作られている。 チラシなどではどんな事件がベースなのかも記載されているが、できるだけ予備知識なしに見ることをお勧めする。 その方がクライマックスの衝撃度ははるかに増し、今作が内包するサスペンス性も併せて楽しむことができるはずだ。 「MOTHER マザー」は7月3日公開(時事通信社編集委員・小菅昭彦)。

次の

【MOTHER】映画2020のあらすじとネタバレ!長澤まさみ事件のモデル

長澤 まさみ マザー

長澤まさみ主演「MOTHER マザー」7月3日公開 切ないショート予告披露 2020年6月3日 08:00 実話をベースに描く衝撃作 (C)2020「MOTHER」製作委員会 [映画. com ニュース] が主演を務める「」の公開日が、7月3日に決定した。 新型コロナウイルスの感染拡大に伴う休業要請を緩和する東京都のロードマップが「ステップ2」に移行し、東京の映画館も続々と営業を再開するなか、100館以上で公開する邦画作品として先陣を切る形となる。 「」「」の監督がメガホンをとり、「」「」を世に放った映画会社スターサンズとタッグを組んだ本作。 社会の闇へ堕ちていくシングルマザー・秋子役で長澤が主演を演じ、秋子と内縁の夫になるホスト・遼を、息子・周平役を新人のが演じている。 公開日決定にあわせて、周平目線で語られる15秒のショート予告が披露された。 17歳に成長した周平が、秋子から幼少期の頃のように名前を呼ばれたことをきっかけに、現在にいたるまでの心層をたどる。 作曲のピアノ曲「愛の夢」にのせ、周平の人生を考えさせられる切ない映像になっている。 一部劇場除く)。 「」は7月3日から東京・TOHOシネマズ日比谷ほか全国公開。

次の

長澤まさみ映画『MOTHERマザー』あらすじ/キャスト/予告動画。息子役は新人の奥平大兼(おくだいらだいけん)と発表!

長澤 まさみ マザー

新境地を見せた長澤まさみ(右)と新人離れした演技で存在をアピールした奥平大兼 C 2020「MOTHER」製作委員会 人気女優として活躍する長澤まさみの、俳優業への強い覚悟を感じさせる力作に仕上がっている。 映画「MOTHER マザー」は、実際に起きた事件に材を取り、社会からはじき出された一人の女性と息子の関係を通して、人間の心の闇とその不可思議さを浮き彫りにする。 インディペンデント映画で腕を振ってきた大森立嗣監督が適材適所の俳優陣から最上の演技を引き出している。 シングルマザーの秋子(長澤)は定職にも就かず、親や妹から借金を繰り返しては男たちとゆきずりの関係を持つ自堕落な生活を続けていた。 息子の周平(幼少期は郡司翔、少年期は奥平大兼)は成長するにつれてどん底の生活からの脱出を夢見るようになるが、母親から逃れられない。 映画は秋子の恋人でホストの遼(阿部サダヲ)を加えた3人の暮らしも交えて物語を進めていく。 秋子は周平に対して支配的でありながら時に依存し、男と出かけたまま彼をアパートに置き去りにする一方で、舐(な)めんばかりに溺愛する。 毀誉褒貶(きよほうへん)が激しく世間的な常識から大きく外れた人物を、長澤が抑制の利いた演技で表現している。 特にラストで無言の秋子をアップでとらえ、彼女の内部でうごめくさまざまな思いを表出させるシーンは見もの。 そこには演劇作品などでもさまざまな難役に挑んできたからこそ出せる表情があった。 愁いと切なさを併せ持った二人の姿は多くの女性ファンを獲得しそうだが、今後も大森監督のような名伯楽と組んで俳優としてのキャリアアップを図ってほしい。 児童相談所の職員役の夏帆、秋子の母親役の木野花ら脇役陣も充実しているが、特筆に値するのは遼を演じた阿部サダヲ。 秋子に暴力を振るうDV男でありながら、女性を引き付けるフェロモンも漂わせた演技は説得力十分。 暴力シーンではただならぬ狂気を漂わせ、長澤との場面では男女の性(さが)を濃厚に発散させる。 大スクリーンを通して生身の人間を実感させる演技が圧巻だ。 世間からドロップアウトしたはぐれ者を描く内容に、今回も社会派映画を想起する向きも多いかもしれないが、大森監督は現代のゆがんだ日本社会が母子を追い込んだという紋切り型には物語を落とし込まない。 むしろ監督の興味は、ある意味、支離滅裂な秋子や周平の行動を通して単純に割り切ることのできない人間の不可思議な心に迫ることのように見える。 秋子の特異な性格も、両親や妹との関係から、その裏に愛情の渇望やコンプレックスがあることが示唆されるものの、大森監督は単純な結論を押し付けない。 人間関係や人物像を簡単に図式化せず、理屈には合わない人間の行動を提示することで、さまざまな問いを突き付けているかのようだ。 我々は、自分の倫理観や価値観、常識では推し量れない出来事や事件があると、「理解不能」とさじを投げるか、何らかのレッテルを貼って自分自身を納得させようとする。 その場合、事件や出来事の当事者は単なるモンスターとして一刀両断されがちだ。 そこに絶対的な回答はなく、観客がそれぞれに思いを巡らすべきなのだろう。 ところで、冒頭でも書いたように、この作品は現実に起きた事件をヒントにして作られている。 チラシなどではどんな事件がベースなのかも記載されているが、できるだけ予備知識なしに見ることをお勧めする。 その方がクライマックスの衝撃度ははるかに増し、今作が内包するサスペンス性も併せて楽しむことができるはずだ。 「MOTHER マザー」は7月3日公開(時事通信社編集委員・小菅昭彦)。

次の