持田香織 声。 持田香織は何故あんな歌い方になってしまったのですか?しか...

持田香織の旦那は金井俊希?結婚しても子供を作らないつもりって本当?

持田香織 声

そして37歳になってようやく女としての幸せを掴むことができた持田香織さん。 なかなか結婚できなかった持田さんに対して、 ファンの間ではもしかして相方であるいっくんと結婚するのではないか!? という噂が多数回っていた模様w しかし、これは完全なるデマ。 二人は男女の関係になったことは全くありませんし、 持田さんはいっくんのことを「彼氏としては最低なタイプ!」と公言しています(笑) ELTの活動ではとっても息がぴったりの二人ですし、写真から見てもわかるようにいっくんは本当に優しい感じがするのですが…。 よく、 3B(バンドマン、美容師、バーテンダー)とは付き合わない方が良い!と言うことを耳にしますが、いっくんもちょっとダメ男な部分があったりするんですかね〜。 金井俊希さんは1993年7月3日生まれの栃木県出身の男性。 彼は足利工業高校に在学中、 野球部に所属していましたがケガをきっかけに心身の健康のためにヨガとウエイトトレーニングに興味を持ち始めたそう。 そして専門学校を中退したと同時にハワイでヨガの資格を取得し、 現在は東京都港区西麻布にあるデポルターレヨガクラブでヨガ・パーソナルトレーナーとして活躍しています。 ちなみに 金井俊希さん所属しているデポルターレヨガクラブは2010年にOPENしたそうで西麻布という超一等地に店舗を構えていることもあり、会員の半数は会社経営者なんだとか。 他にも 芸能関係やプロスポーツ選手など多くのセレブが愛用している今注目のヨガスタジオの一つです。 身長も180センチほどの高身長ということで、確かに画像を見比べてみても金井俊希さんと 徳重聡さんの外見はとても似ているな〜という印象を受けました^^ しかし、 持田香織さんの旦那さんは彼女よりも9歳年下の32歳なので、そうなると 26歳の金井さんとの年齢とは全く異なるため色々と矛盾が生じますよね…。 よって持田香織さんの 旦那さんが 金井俊希さんという噂は恐らく間違った情報かと思われます。 なぜ一般人である 金井俊希さんがこれほどまでに有名になったかというと、2015年10月に放送されたとある企画に呼ばれ、 金井さんは全国ネットで顔出ししたことがあるんだとか。 これはバラエティ番組『有吉ゼミ 2時間スペシャル』で企画された 南海キャンディーズのしずちゃんが金井さんに告白するというもの。 しずちゃんは金井さんが所属しているヨガスタジオと同じ系列のパーソナルジムに通っていましたが、 メンタル面を鍛えるためにデポルターレヨガクラブにも合わせて通うようになったと言われています。 どうやら彼女は試合前に緊張してしまうことを以前から悩んでいたそうで、 金井さんから一人の女性として優しく接してくれたように感じてすごく嬉しかったんだとか。 スタッフから彼女の好意に気づいていましたか?という質問に対して金井さんは 「プライベートのお話をしたことはほとんどなかった」「でも持ち物などを可愛いですね!と褒めると照れ臭そうにしていたのでシャイな女性なんだな〜とは思っていました!」と答えています。 イケメンで高校時代は野球部に所属していた金井さん。 きっと昔からモテモテだったんだろうな〜と思いきや!? 実はこれまで交際してきた女性は2〜3人ほど。 彼女いない歴は1年半で、デートの経験も片手に余るくらい…ディズニーランドに女の子と行った経験もないそうです。 しかし、持田さんの旦那さんはスポーツトレーナーとして毎日仕事をしているわけですがらヒモというのはありえないはず。 なぜこんな噂が広まってしまったかというと、 旦那さんが9歳年下であることや持田さんが ELTとして大成功を収め、推定3億円と言われるマンションを購入していることから普段から持田さんが生活を支えているのだろうと噂になっているみたいです。

次の

持田香織(ELT)の声について

持田香織 声

ボーカルの持田香織とギターの伊藤一朗からなる音楽ユニット「Every Little Thing(以下「ELT」)」が、1月29日に放送されたテレビ番組で、大ヒットシングル『Time goes by』を披露。 しかしボーカル・持田香織の音程がメロディから甚だしく外れていたため、ネット上では持田の体調を心配する声さえあがっている。 ELTは、毎回「売上1番」「芸能人の1番ソング」など、あらゆるジャンルで"1番"をとった名曲ばかりを紹介する『1番ソングSHOW』(日本テレビ)で、『Time goes by』を披露した。 1998年に発売されたこのシングルは、フジテレビのドラマ『甘い結婚』(木梨憲武、財前直見主演)の主題歌にも使用され、売り上げが100万枚を突破した曲。 持田香織が紅白でも熱唱したこの曲は、間違いなくELTの「1番ソング」だ。 しかし『1番ソングSHOW』での持田の歌唱は、出だしの「ウォ~ウォ~ウォ~~」の部分から4分の1から半音ほど音程が低く、「信じあえる~喜びも~~」から始まるサビ部分に到達しても、改善の余地はなし。 当日の演奏は、オリジナルのキーより半音下げられていたが、それでも高音域は伸びず、さりとて中~低音域の音程も不安定。 もともと音量が豊かなタイプではなかったが、ボリューム的にも物足りなさを感じさせるもので、悪い意味で耳に残るものになってしまった。 持田に関しては過去に"前科"があり、2009年に日本テレビの生放送の歌番組に出演した際も、声量不足や音程のズレを指摘されたことがある。 その際には、05年のツアー時に発症した急性気管支炎の影響が指摘されたが、今回の歌唱はずばり「前と同じ」。 音程が正しいことだけが決して歌手の魅力ではないが、聞き手がハラハラドキドキするレベルの歌唱に、疑問と心配の声が多数登場している。 NOTE TO USER: User expressly acknowledges and agrees that, by downloading and or using this photograph, User is consenting to the terms and conditions of the Getty Images License Agreement.

次の

Every Little Thing 持田香織の声や歌い方についての分析

持田香織 声

柔らかな鳴り系の地声域・柔らかいミックスボイス・ファルセット どういう歌い方か 共鳴や音色 鼻腔や軟口蓋などの上方向中心に声を当てて明るい音色を作っています。 先ほど書いたように年代によって音色のニュアンスが変化していますね。 昔の歌い方は声を上アゴに当てるような 斜め前上方向への声の方向性があります。 近年は 上方向もしくは斜め後ろ方向へ声を当てるような方向性の音色のように感じます。 また舌の使い方に丸みがあるのも近年の特徴ですね。 これも声が上方向や斜め後ろに当たるような柔らかいニュアンスを作り出している要因に感じます。 ビブラート ビブラートはあまりかけずにまっすぐに歌うタイプです。 フレージング・歌い回し・歌唱力 フレージングなどの歌い方自体は大きな癖はなく、ベーシックなタイプです。 声質な声の音色の作り方・発音の仕方などに特徴のあるタイプですね。 どういう練習をすれば持田香織さんのように歌えるか 持田香織さんのように歌うには、多くの音楽的要素が必要です。 しかし、要点を絞れば近づく近道になります。 持田香織さんのように歌うポイント.

次の