小柳ルミ子 ブログ。 小柳ルミ子 松田聖子からお中元「可愛い妹」

小柳ルミ子 松田聖子からお中元「可愛い妹」

小柳ルミ子 ブログ

がラジオで泣いていた。 あのが。 毎日のように聴いているの人気番組「 ゴールデンラジオ」。 そのメインコーナーのゲストに今日、今年デビュー50周年を迎えたが出演していた。 そんな彼女が泣いていたのだ。 僕にとってのは"強い福岡の女"の象徴だった。 気の強い福の系譜で言えば、僕らの世代では、。 その前が。 その前が。 その前が。 そして、その前が今年1月に76歳で亡くなった兄貴。 いずれも数々の大きなバッシングを受けても決してへこたれず、生き馬の目を抜く芸能界を長年第一線で走り続けるタフすぎる女たちだ。 彼女たちのタフさに僕はいつも感動するとともに大きなパワーをもらっていた。 そんなすごい系譜の中でも気の強さが滲み出過ぎているが泣いていたのだ。 どうやらこの4ヵ月間、新型コロナの影響でほぼ仕事がなかったらしい。 彼女ももう68歳。 世間と隔離された状況で独り身の寂しさや芸能人としての需要などいろいろと考え過ぎて鬱々としすぎているのかもしれない。 どうやら最近、公式ブログでも弱音を吐き心配されていたようだ。 でも、90年代の年下ダンサー・との泥沼離婚騒動でも決して弱さを見せなかったが弱音を吐いて泣いていると言う事実は僕の心にかなり来てしまった。 離婚後も名義でに向けた名曲「いい気になるなよ」を歌い踊っていたあのがである。 放送では名曲「」の流れる中、今年71歳で言葉も詰まることも増えたが火曜日レギュラーのとともにをなんとか気を落としすぎないでと温かく励ます姿に僕も車の中で聴きながらもらい泣きをしてしまった。 この心の触れ合いは仕事上の一瞬の時間だったかもしれない。 でも、確かに心と心が触れた瞬間がそこにはあった。 その事実がすべてだ。 『もう僕を、私を誰も必要としてないのではないか』。 この不安はだけのものではない。 コロナの大きな渦の中で心が置き去りになっている人がたくさんいるんだろうと思う。 それぞれの場所でのそれぞれの不安。 あのの涙にいろいろと考えてしまった少し涼しい夏の夕暮れだった。 是非またはで本放送を聴いてほしい。

次の

小柳ルミ子

小柳ルミ子 ブログ

小柳は10月31日に自身のブログで、11月19日から歯周病の本格的な治療を始めることを報告。 手術も含め、治療には1年もかかるという。 「同じ事務所の小倉優子さん(36)の旦那さんが歯科医をしているので診てもらったところ、かなりの重症だと判明。 手術も小倉さんの旦那さんにお願いするようです」(前出の知人) 歯周病の治療に1年と聞いて驚く人もいるかもしれない。 そもそも歯周病は虫歯とは違い、歯茎の境目にある歯周ポケットに歯周病菌がたまることで発症する病気だ。 サッカー通りみなみデンタルオフィス院長で歯科医の橋村威慶さんが説明する。 「歯周病菌はサイレントディジーズ(静かなる病気)と言われるくらい、初期段階ではほとんど症状がない。 歯ブラシを使うと沁みるとか、歯茎がむず痒い、歯が浮いた感じがする、口臭が強くなるといった程度で、しかも2~3日経つと収まってしまう。 しかし歯周病菌は歯を支える骨まで溶かしてしまうので、進行すると歯茎が腫れて歯がぐらぐらするとか、ものがよく噛めないといった症状も出てきます」 小柳は10月17日のブログでも、1か月程前から患部から膿がずっと出ていたことや、嚢胞(膿の袋)ができていたこと、「歯茎全体が痛い」ことを書いていた。 かなり長い間放置していたようだ。 こうなると、長期間の治療が必要になるケースが少なくない。 では、1年間もどのような治療をするのか。 橋村さんが説明する。 「初期の段階なら全体の歯のクリーニングと歯ブラシ指導でかなり改善しますが、小柳さんは中度から重度の症状のようです。 この場合、まず歯と歯茎の境目の歯周病菌と汚れをきれいに洗い、歯周ポケットを改善する初期治療を週1回、6ブロックくらいに分けて行う。 重度の場合はそれから外科処置になり、歯茎を切開して薬を注入したり、骨が失われていれば人工骨を入れるか自分の骨を移植するなどの手術を行います。 手術は最速でも半年程度、術後のメンテナンスを含めると1年かかるということです」•

次の

松田聖子が小柳ルミ子に贈ったお中元ヴァッフェルとは?お取り寄せできる人気商品も紹介!|Life is sweet

小柳ルミ子 ブログ

小柳は10月31日に自身のブログで、11月19日から歯周病の本格的な治療を始めることを報告。 手術も含め、治療には1年もかかるという。 「同じ事務所の小倉優子さん(36)の旦那さんが歯科医をしているので診てもらったところ、かなりの重症だと判明。 手術も小倉さんの旦那さんにお願いするようです」(前出の知人) 歯周病の治療に1年と聞いて驚く人もいるかもしれない。 そもそも歯周病は虫歯とは違い、歯茎の境目にある歯周ポケットに歯周病菌がたまることで発症する病気だ。 サッカー通りみなみデンタルオフィス院長で歯科医の橋村威慶さんが説明する。 「歯周病菌はサイレントディジーズ(静かなる病気)と言われるくらい、初期段階ではほとんど症状がない。 歯ブラシを使うと沁みるとか、歯茎がむず痒い、歯が浮いた感じがする、口臭が強くなるといった程度で、しかも2~3日経つと収まってしまう。 しかし歯周病菌は歯を支える骨まで溶かしてしまうので、進行すると歯茎が腫れて歯がぐらぐらするとか、ものがよく噛めないといった症状も出てきます」 小柳は10月17日のブログでも、1か月程前から患部から膿がずっと出ていたことや、嚢胞(膿の袋)ができていたこと、「歯茎全体が痛い」ことを書いていた。 かなり長い間放置していたようだ。 こうなると、長期間の治療が必要になるケースが少なくない。 では、1年間もどのような治療をするのか。 橋村さんが説明する。 「初期の段階なら全体の歯のクリーニングと歯ブラシ指導でかなり改善しますが、小柳さんは中度から重度の症状のようです。 この場合、まず歯と歯茎の境目の歯周病菌と汚れをきれいに洗い、歯周ポケットを改善する初期治療を週1回、6ブロックくらいに分けて行う。 重度の場合はそれから外科処置になり、歯茎を切開して薬を注入したり、骨が失われていれば人工骨を入れるか自分の骨を移植するなどの手術を行います。 手術は最速でも半年程度、術後のメンテナンスを含めると1年かかるということです」•

次の