ライト ボウガン 回避 装填。 【MHW】【ライトボウガン】新モーション、結構いい感じに見えるけれども!?

【MHX】ライトボウガン・ブシドーJK後の入力は? / 他全弾装填などまとめ

ライト ボウガン 回避 装填

普通にリロードする 回避装填を使用している場合はリロードパーツを装着する余裕が無いので、普通にリロードするとかなり時間がかかります。 そのため普通にリロードする方法は、モンスターに気づかれていない場合などに限定されてしまいます。 段差を利用してジャンプリロード 段差を利用すればジャンプリロードが可能なので、通常のリロードよりは早くなります。 しかし段差が必要であったり、着地の隙も大きめなので使える場面は限られます。 起爆竜弾を使用して回避装填する 起爆竜弾を設置直後に回避を行うことで、回避装填が可能となっています。 起爆竜弾はライトボウガンの貴重なダメージ源なので、リロード目的で使用するのはもったいないです。 スタンやダウンを取ったときに弾切れになれば使えるテクニックです。 別の弾を発射してリロードする 回避装填は、 リロードモーション中に選択されている弾丸をリロードするという特徴があります。 その特徴を利用すれば 別の弾を発射することで、本命のリロードを回避装填で行えます。 操作が難しいかも知れませんが、慣れると簡単になるので練習してみて下さい。 単発自動装填の弾を利用して回避装填 単発自動装填を利用して回避装填を行うと、 別の弾を単発自動装填でリロードしつつ、本命の弾も回避装填でリロード可能です。 特に有効なのがラージャンのライトボウガンである 金獅子筒【万雷】。 このボウガンは徹甲榴弾Lv3をメインで使用しますが、徹甲榴弾Lv2が単発自動装填対応になっています。 単発自動装填のリロードモーションを挟むので、操作に猶予ができるので比較的簡単です。 コツとしては単発自動装填のリロードモーション中に徹甲榴弾Lv3に合わせ、回避ボタンを連打すると成功しやすいです。 この方法を利用する時は、アイテムポーチで並び換えをして徹甲榴弾Lv2とLv3が並ぶようにしましょう。 かなり使えるテクニックなので、是非マスターしてみて下さい。 回避リロードまとめ ・段差を利用してジャンプリロード ・起爆竜弾を使用して回避装填 ・別の弾を発射して、本命の弾を回避装填 ・単発自動装填の弾を発射して、本命の弾を回避装填 特に単発自動装填からの回避装填は、ラージャンのライトボウガンでは必須となるテクニックなので是非使ってみて下さい。

次の

【MHWIB】アイスボーンではライトボウガンが魔改造されている!新強化パーツの回避装填と起爆竜弾・改造が強すぎる!Light Bowgun is Very Strong!【モンスターハンターワールド】

ライト ボウガン 回避 装填

こんにちは。 マイペースにアイスボーンを楽しんでいるあぽとらでござい ます。 プレイする時間は、夜に子どもを寝かしつけてからなので、慢性的 な睡眠不足です。 さて、そんなペースでやっていますので、なかなか色んな装備を揃 えたりするのにも時間がかかるんですよね。 本当はそれぞれのモンスターに合わせて各武器種の専用装備を作り たいんですが。 今回は、最近野良マルチでも良く見るようになった、徹甲榴弾をメ インに撃つライトボウガン、いわゆる徹甲ライト装備を紹介したいと思います。 以下の記事リンクからご覧ください。 徹甲榴弾とライトボウガンについて まず、徹甲榴弾は通常弾や属性弾と違い、着弾した場所に一定時間 張り付いた後、爆発して固定ダメージを与える弾です。 モンスターの頭部に当てた場合、気絶値を溜めることができ、主に スタンを狙って使用される場合がほとんどです。 非常に強力な弾ですが、反動やリロードの隙が大きく、MHWでは 一部のヘビィボウガンで使用される程度のものでした。 また、モンスターの頭部をうまく狙えない場合、固定ダメージとは いえ、やや火力不足に陥りがち。 しかし、アイスボーンからはライトボウガンの回避ステップに合わ せてリロードを行うことができる 「回避装填」が実装されました。 これにより、 リロードの隙をカバーできるようになっています。 また、徹甲榴弾の威力を上げる砲術スキルも、シリーズスキルを発 動させれば、砲術レベル5まで上げることが可能。 さらに、 徹甲榴弾レベル2の速射に対応したライトボウガンも登場 し、本格的に徹甲ライトが日の目を見るようになりました。 高い攻撃力に徹甲榴弾レベル2が単発自動装填、徹甲榴弾レベル3 が2発装填可能。 この武器の強みは、 麻痺弾レベル2と睡眠弾レベル2の両方を撃つ ことができる点。 デメリットとしては、徹甲榴弾レベル3の反動が大で運用すること になるので、撃った後の硬直がやや長く、 足が止まってしまう点。 ややフットワークが鈍りますが、慣れれば さほど気にならないレベルでしょう。 最終強化に は傷ついたイ ャンガルルガの素材を要求されるため、作成時期はこちらの方が遅くなります。 盛者必衰より攻撃力は劣るものの、徹甲榴弾レベル3を反動中で撃つこと が可能。 歩きながら撃てるので フットワークがかなり軽め。 また徹甲榴弾レベル2の速射にも対応 しています。 デメリットとしては、徹甲榴弾レベル3の装填数がデフォルトで1 なので、スキル 装填拡張レベル3が必須になってくるという点。 また、麻痺弾、睡眠弾も撃てません。 ソロではこちらのライトボウガンが良いかもしれませんね。 徹甲ライト用装備例• 護石:業物の護石• あとは、生存スキルを確保しつつ、 できるだけ攻撃力が上がるような組み合わせにしてみました。 徹甲榴弾の威力は武器の攻撃力に依存するためです。 装飾品が無い場合は、装填拡張のついた防具に変更するか、 装填拡張をつけずにラスボスライト「盛者必衰」を使用するかですね。 ラスボスライトはデフォルトで徹甲榴弾レベル3の装填数が2あるので、装填拡張は必須ではありません。 その他砲術レベル5、フルチャージレベル3、攻撃あたりはなるべく入れておきたいですね。 回避装填を連続で行うとスタミナ消費が激しいため、体術もレベル1~2くらいはあった方がいいと思います。 あとはスタンを狙いやすくするためにKO術を入れたり。 この辺はお好みでどうぞ。 まとめ 最後に徹甲ライトのメリット・デメリットをまとめて終わりにしたいと思います。 徹甲ライトのメリット(強み)• スタンによる拘束力が強い• 足が速く、立ち回りが強い• 麻痺や睡眠によるサポートも可能• 生存率が高い 徹甲ライトのデメリット(弱み)• ソロだとやや火力不足• 防御力が弱く、ガード不可のため、不意な一撃に弱い• 弾切れになるとキャンプに戻る必要がある 総じてマルチプレイでは拘束力が強く、生存率が高いことから非常に活躍しやすい装備です。 今まで剣士ばっかりやってきたハンターさんにも、一度試してみてほしいですね。 以上、あぽとらでした!.

次の

ライトボウガン・ヘビィボウガン 新アクション

ライト ボウガン 回避 装填

【MHW:IB】属性ライトボウガン・最強テンプレ装備紹介 (例)氷属性ライトボウガンのテンプレ装備 以前は、シルソル装備(銀リオレウス防具)を主体とした『真・会心撃』装備が属性ライトのテンプレ装備でしたが、 ムフェトジーヴァ実装後では、赤龍装備5部位の『真・龍脈覚醒』装備が最強テンプレ装備となりました! 属性ライトボウガンの最強テンプレ装備・防具編 現段階で最も火力を出せる装備構成は、EX龍紋装備を5部位使うことによって発動するシリーズスキル『真・龍脈覚醒』を使う構成となりました。 防具構成 装備は至ってシンプル!どの属性であってもベースはこの防具構成になります。 シリーズスキル『真・龍脈覚醒』• 超会心 Lv. 回避性能 Lv. 属性やられ耐性 Lv. 2 火力アップのための超会心、被弾防止の回避性能、何かと便利な属性やられ耐性、と無駄のないスキル構成です。 (4)(1)(1)• (4)(2)• (4)(2)(2)• (4)(1)• (4)(2)(1) 合計、 4スロットが5つ、2スロットが4つ、1スロットが4つになります。 絶対に入れるべき必須スキルとその他オススメスキル 火力UP・生存率UPのための必須スキルと、その他オススメスキルは、下記の通りです。 体力増強 Lv. 逆恨み(Lv. 属性やられ耐性(Lv. 1分)• スリンガー装填数UP• 力の解放• 2まで入っている 『属性やられ耐性』、 起爆竜弾のダメージUPができる 『特殊射撃強化』、何かと便利な 『スリンガー装填数UP』、 この辺りを余ったスロットに組んでいくのがオススメです。 属性ライトボウガンの最強テンプレ装備・武器編 使用するライトボウガンは、全て覚醒武器を使用するのが理想です。 覚醒武器のほうが基礎攻撃力が高い点、属性弾の装填数が多い点を考慮し、これまでの生産武器を使うメリットは無くなりました。 各属性別・オススメのライトボウガン 各属性別にオススメなライトボウガンは下記の通りです。 火属性:赤龍ノ狙ウ弩・火• 水属性:赤龍ノ狙ウ弩・水(超オススメ!)• 雷属性:赤龍ノ狙ウ弩・雷• 氷属性:赤龍ノ狙ウ弩・氷 覚醒ライトボウガン(龍以外)は、しっかりと強化し装填拡張Lv. 3を組むことで、属性弾を7発装填することができます。 中でも、覚醒水ライトボウガンはある理由から他の属性ライトボウガンと比べて、ぶっ壊れ性能となっています。 理由についてはこちらの記事から。 水属性以外の火、雷、氷に関しては、下記の強化が理想です。 反動抑制パーツ x 3• 攻撃力強化V x 4• 回復能力付与(オススメ!)• 攻撃力強化 『反動抑制パーツ』を3つ付けることで、属性弾速射の反動が【中】になり、歩きながら撃てるようになります。 また、属性弾は貫通し複数ヒットするため、『弾丸重化パーツ』を付けてヒット数UPを狙います。 理想の強化方法(赤龍ノ狙ウ弩・水) 覚醒水ライトに関しては他の属性ライトと違い、覚醒能力に『反動抑制』もしくは『リロード補助』をつけることで、水属性速射を反動【小】にすることができます。 理想の強化方法に加え、なぜ覚醒水ライトがぶっ壊れ性能と騒がれているのか、その理由についても別記事でまとめているため、こちらをご覧ください。 覚醒武器、ムフェトジーヴァの防具が登場したことで、ほとんどの武器種のテンプレ装備が更新されたといっても過言ではありません。 その中でも特に、属性弾運用のライトボウガンはムフェト防具のシリーズスキル『真・龍脈覚醒』との相性が良く、強化されました。 シリーズスキル『真・龍脈覚醒』の効果 ムフェトジーヴァ装備を5部位使うことによって発動するシリーズスキル『真・龍脈覚醒』の効果は以下となっています。 抜刀中に属性、状態異常値、会心率が上昇。 攻撃時にダメージを受けるが、攻撃し続けると自動回復効果を得る。 抜刀時の数値上昇値は以下の通り。 会心率+40%• 属性値+150• 状態異常値+120 属性値と状態異常値の数値を見てもよくわかりませんよね。 僕もあまり分かりません(笑) 確実に言えるのは、これまでのシルソル『真・会心撃【属性】』装備よりも火力が出せるということです。 攻撃を外してしまうと自傷ダメージを受けるだけになってしまうデメリットがありますが、 弾速が早く、攻撃を当てやすいライトボウガンにとっては、そこまでのデメリットにはなりません。 むしろ 体力の赤ゲージをほぼ常に維持できるので、『逆恨み』との相性も抜群です。 龍脈覚醒装備は自傷ダメージが発生するため死亡率が上がります。 そのため近接武器で使う際は上級者向けといっても過言ではないですが、 歩きながら撃つ属性ライトでは、もともと被弾が少ないため初心者の方でも使いこなせると思います。 属性弾の装填数が上がった これまでの属性弾運用のライトボウガンでは、装填拡張スキルを付けても4、5発装填が限界でした。 3』を付けることで、装填数が7発まで増加しました! ライトボウガンに馴染みのない方からするとそれだけ?と思われるかもしれませんが、 「リロード回数減少=手数UP」のため、DPSが大きく向上します。 つまり大幅な火力アップになったのです。 しかも赤龍装備1式には、業物の護石(弾丸節約)を付ける余裕があるため、ガンガン撃ちまくることができます。 【MHW:IB】属性ライトボウガン・最強テンプレ装備紹介まとめ ライトボウガンと赤龍装備『真・龍脈覚醒』の相性は、全武器種の中でも抜群です。 各属性弾に対応する覚醒武器を作る• ムフェトジーヴァ防具5部位を作る これだけで、現状の属性ライトボウガン、最強テンプレ装備の完成です! 効率よくダメージを与えるには正確に弱点を狙う必要がありますが、適当に身体を貫通させるように撃つだけで 歴戦危険度3のモンスターであれど、ほぼ10分以内に終わります。 はっきり言ってめちゃくちゃ強いですね。 武器の好みは人それぞれあるので一概に言えませんが、レア装飾品狙いで脳死周回したいなら属性ライトはかなりオススメです。 水属性速射の覚醒水ライトだけは、他の属性ライトと少しだけ強化方法が異なりますので、その点だけご注意ください。

次の