目 が チカチカ する 原因。 目か脳か?目のチカチカを引き起こす2つの場所と9つの原因

目がチカチカする4つの原因とは!症状から病気を考える!

目 が チカチカ する 原因

閃輝暗点とは? 突然、視界にギザギザしたような光が現れて、 それが数十分(長いと1時間以上)続く症状となります。 この光の見え方は人によって個人差があり、 ジグザグしたような光、稲妻のような光、などなど 人により見え方は違います。 この光は、かなり強い光で、 目をつぶっても、その部分は、激しい光が 焼き付いているかのような、そんな状態が続きます。 光を感じる部分に関しては、見えにくくなり、 ゆがんだりすることもあります。 この光に関しては、一定時間(通常は数十分で消えます)で 消失します。 それまでは視界不良の状態が続くので注意が必要です。 その後の特徴として、光が消失した後に 激しい頭痛(偏頭痛)が出てくる場合があります。 この頭痛は数時間~数日で消失しますが、 人によっては非常に激しい痛みを伴い、 吐き気やおう吐を伴うケースも存在します。 この、閃輝暗点という症状は、こういった偏頭痛の前兆として 出現することが一般的です。 が、偏頭痛を伴わない、閃輝暗点というものも存在し、 その場合は頭痛は無く、最初に説明した、ギラギラした光だけの 症状となります。 頭痛が無い場合の閃輝暗点について、少し注意点があるので、 それは後述します。 (で解説していますので、参考にしてみてください) ちなみに、目に見えていないはずの光が見える症状として 「光視症(こうししょう)」という別の症状も存在します。 頭痛を伴わなかったり、光の粒がチカチカするような感じだったり する場合は、光視症の可能性もあります。 閃輝暗点は脳が原因の症状ですが、光視症のほうは、 目を原因とする症状になります (詳しくはの記事をご覧ください) 目がチカチカする原因は? 閃輝暗点の原因は、 脳の視覚の血管が収縮し、一時的に血の流れが変化するため と 言われています。 視覚的な部分に症状が現れるものではありますが、 直接的な原因は目ではなく、脳の方にある、 ということになります。 どうして、そういうことが起きてしまうのかと言うと、 ・ストレス ・睡眠不足 ・生活習慣の乱れ ・偏頭痛持ちである場合 ・稀に脳梗塞、脳腫瘍などが原因 などが挙げられます。 基本的には適切に対応できていれば 心配することはないのですが、 稀に脳梗塞、脳腫瘍などが原因となり 発生することがあるので、 その点だけは、注意しておく必要があります スポンサーリンク 症状が起きたらどうすれば? 閃輝暗点の症状が起きた場合は、 頭痛のあり・なしに関わらず、まずは眼科を受診 するのが望ましいかと思います。 なぜ最初に眼科かと言うと、 光視症などの症状の可能性もありますし、 目に何か異常がある可能性もありますから、 最初は眼科を受診しておくのがベストではないかと思います。 眼科医が必要と判断すれば、脳神経外科などの紹介が 行われるのではないかと思います。 症状が続く場合・眼科から紹介された場合・頭痛があまりにも 激しい場合は 脳神経外科、脳神経内科などに行きましょう。 そこで、CT検査やMRI検査を行い、 検査結果に異常がなければ、 症状はつらいと思いますが、ひとまず安心して良いかと思います。 命に関わるような可能性はまずありません。 検査方法はどのようなものがある? 閃輝暗点そのものの検査は存在しません。 閃輝暗点の場合、眼科では眼底検査などが行われる ケースが多いですね。 同じく光が見える症状の光視症の場合、 網膜剥離などが原因である可能性があるために この検査を行います。 これは、瞳孔を広げて、眼底を確認する検査で、 網膜剥離などが無いかを確認するための検査です。 検査自体に痛みはありませんが、しばらくの間、 光をとても眩しく感じるなど、視界が悪くなるので、 眼底検査を行う場合は、車などでの来院は控えましょう。 眼底検査で異常がなければ、閃輝暗点の診断が 下されることが多いかと思います。 目の方に異常がない場合、 脳神経外科などで脳の検査を行うことになる場合もあります。 CTやMRIなどの検査になりますね。 これも痛みなどは全くない検査です。 これによって脳梗塞や脳腫瘍などが隠れていないかを確認します。 目と脳の両方を検査しないと、確実に安心とは言えませんが 両方検査して、何の異常もなければ、ひとまず 閃輝暗点については心配しなくても大丈夫です。 閃輝暗点の治療 閃輝暗点自体そのものに有効的な薬、 というものはザンネンながら存在しません。 CTやMRI検査を受け、脳梗塞などの心配が ないと分かった場合、特別な治療は行われないことも多いです。 頭痛がひどい場合には偏頭痛に対応するための薬や、 予防薬などが用いられることもありますが、 これも、閃輝暗点自体を治すためのものではありません。 あとは、原因となるストレスや、生活リズムの乱れ 睡眠不足など、閃輝暗点の発生に影響していると 思われる箇所を徐々に改善していくしかありません。 閃輝暗点の発生頻度が多く、 精神的に不安を感じてしまう場合は、 心療内科などで、精神的な部分を落ち着かせる薬が 用いられる場合もあるようです。 基本的には、このように、 ストレスなどを取り除きつつ、経過を観察していく、 というのが閃輝暗点の治療となり、 閃輝暗点をいきなり治す様な薬は存在していません。 症状はつらいと思いますが、検査などを行い、 問題が無かったのであれば、必要以上に心配する 必要はありません。 ただし、閃輝暗点の頻度が急激に増えたり、 何らかの異常な変化があった場合は 「前に検査したから大丈夫」ではなく、 眼科などを受診するようにしましょう。 スポンサーリンク 頭痛がない場合は危険なの? 閃輝暗点は、一般的に頭痛を伴う物とされています。 が、一部閃輝暗点の光の症状だけ出てきて、 頭痛はない、というケースもあります。 ただ、勘違いしてはいけないのが、 「頭痛がある閃輝暗点でも脳梗塞や脳腫瘍の可能性はある」 と言うこと、そして 「頭痛がない閃輝暗点=危険」 ではないということです。 なので、ポイントを整理しておくと ・頭痛が無い=脳梗塞、脳腫瘍ではない ・頭痛が無くても大抵の場合は心配いらない ・頭痛がある場合でも脳梗塞などの可能性は0パーセントではない ということです。 の記事も参考にどうぞ) 頭痛が無くても、そんなに深刻に考える必要はありません。 (でさらに詳しくまとめてあります) 放置しておくとどうなる? 閃輝暗点を放置しておいても 大抵の場合は問題ないのですが、 やはり、検査は受けておくべきでしょう。 「目の危険」と「脳の危険」があります。 目の場合、実は閃輝暗点ではなく光視症のほうで、 それが運悪く網膜剥離を起因とするものであった場合、 放置していれば最悪、失明する可能性もあります。 また、脳の危険、というのは 上でも説明したとおり、脳腫瘍や脳梗塞などの 可能性もありますから、放置していれば、 最悪の場合、命を落とす可能性もあります。 そこまで心配する必要はないですが、 念のため、検査は受けておくことを強くおすすめします。 閃輝暗点の症状が起きた場合 症状が起きた場合は、ひとまず安静に することが望ましいとされています。 視界も悪くなりますから、回復を待ちましょう。 その後に頭痛を伴う場合も、対処法は、安静にすることです。 場合によっては医師から処方された薬などを用いて 痛みを軽減させることも一つの方法ですね。 若年の場合は、閃輝暗点の発生頻度は、 通常、どんどん減っていく傾向にあるようです。 高齢であればあるほど、脳に異常がある可能性は わずかながら高くなりますから、早めの検査を おすすめします まとめ 私も一度だけですが、閃輝暗点の症状を 経験しました。 突然、視界が悪くなるので、かなりびっくりします。 私の場合は頭痛はありませんでしたが 発作的に突然起こる症状なので、 最初はとても驚くと思いますが パニックにならないようにしてください。 の記事に私の症状の詳細もまとめてありますので、 もし良ければご覧ください! 大事なことは検査して目と脳に異常がないかを 確認しておくこと、です。 検査して異常がなければ、ひとまず安心して 大丈夫であると思います。

次の

目か脳か?目のチカチカを引き起こす2つの場所と9つの原因

目 が チカチカ する 原因

「目がチカチカしているけど、これって何かの病気なのかなぁ」「原因ってなんだろう」と感じている人は意外に多く、目のチカチカは珍しくない、よくある目のトラブルの代表です。 目のチカチカの原因としてよく言われている病気が「閃輝暗点(せんきあんてん)」ですが、幻覚のように見えて、芥川龍之介や、不思議の国のアリスを書いた「ルイスキャロル」も苦しめたそうです。 しかし、目のチカチカの原因となるのは、閃輝暗点だけではありません。 非常に「身近なこと」も原因となっているのです。 このページでは、生活習慣等が原因の目がチカチカする原因4つと、放っておいてはいけない眼病による目のチカチカの原因2つの、合計6つの原因を紹介していきます。 もくじ• 一時的な目がチカチカする原因とは? もしあなたが、「放っておいたら治った」「毎日チカチカが継続するわけではない」にもかかわらず、「頻度としては多い」というのであれば、今の生活習慣を見直す必要があるかもしれません。 原因1:目の酷使・眼精疲労・目の疲れはトラブルの元 普段からパソコンやスマホの利用時間が多かったり、勉強を長時間して目に負荷がかかっていたりすると、「目を開けるのがつらい」ほどチカチカすることがあります。 また、このような眼精疲労による目のチカチカは、「頭痛」や「目が重い」といった症状を伴うことも多いです。 なぜなら、目を酷使することで、目の筋肉を束ねている部分が損傷するからです。 これによって、目の奥が痛くなったり、目の周辺の神経も「痛い」と感じてしまうのです。 もし、目の酷使・疲れに心当たりがあれば、まずは、「目を休めること」が大切です。 それとともに「目を疲れさせない生活習慣」に改善していきましょう。 目が疲れる生活をしていれば、一時的には治っても、今後も目がチカチカする頻度は多いまま。 特にパソコンやスマホを使う人は、「パソコン・スマホの設定」を変えるだけで目に優しくなります。 「」の記事を参考に、設定を変更してみてはいかがでしょうか。 貧血になると、耳鳴りやめまい、立ちくらみ、疲労感などが起こることは多くの人がご存知だと思いますが、貧血は目のチカチカの原因にもなります。 鉄分が不足し、酸素が上手く運べなくなる結果です。 貧血で目がチカチカするときには、「突然視界が真っ白や真っ黒」になることもあります。 もし貧血が疑わしい場合は、「鉄分」と併せて造血するための「ビフィズス菌」も摂取するようにしましょう。 【参考:鉄分が多い食品の例】 鉄分が多い食品には、「ひじき」「ごま」「レバー」「ほうれん草」などがあります。 他にも「チョコレート」「ナッツ類」「ココア」などにも鉄分は多く含まれています。 特にほうれん草は、目を守る役割をしているルテインも豊富ですのでおすすめです。 原因3:虫歯と目のチカチカの関係性 行かないといけない!とは思っていても、実は行っていない人も多いのが「歯医者」です。 しかし、もし虫歯の歯があるとしたら、それが目がチカチカする原因になることがあります。 なぜなら、目と歯の神経はつながっているからです。 虫歯が原因の神経痛も、脳は、「目が痛い」と勘違いしてしまうのです。 実際、目の疲れやドライアイが原因だと思っていた人が虫歯治療をしたところ、目のチカチカがなくなったという人もいます。 虫歯がありそうな場合は、歯医者に行って治療もしてもらいましょう。 原因4:立ちくらみ・起立性低血圧 「立ち上がった時に立ちくらみをして目がチカチカする」という経験をしたことがある人は多いのではないでしょうか。 これは、一時的で問題はないのですが、原因は、急に立ち上がることによって一時的に血圧が下がり、血液量が減ってしまうことです。 大きな病気に関連していることはありませんが、寝転がった状態から立ち上がる時には、「ゆっくりと」立ち上がるようにするのがポイントです。 継続的に目がチカチカする時に考えられる眼病 ここまでは、生活習慣が原因となっている目のチカチカについて紹介してきました。 しかし、「眼病のサイン」である可能性もあります。 目がチカチカする眼病の多くは「光視症」と「閃輝暗点」です。 次はこの2つの目の病気について紹介していきます。 原因5:光視症と網膜剥離、網膜列孔 光視症とは、光がない場所でも光が見えてしまう病気です。 光視症の場合は、例えば夜の繁華街などのキラキラして「いない」所でも、チカチカとまぶしさを感じます。 光視症は「症」とあるように症状ですが、これは「網膜剥離」「網膜列孔」などが併発していることもあります。 加齢に伴って増えてくる症状ではありますが、若いから光視症にならないというわけでもありません。 明らかに周りと比べて光に反応しやすかったり、周りに見えていない光がチカチカする場合には、一度眼科で検査してもらいましょう。 原因6:閃輝暗点(せんきあんてん)はチカチカ・ギザギザする 閃輝暗点とは、視界の一部がキラキラ・チカチカしてしまい、ものがはっきり見えない症状です。 チカチカするという人もいれば、太陽の光を見てしまった後の風景という表現をする人もいますし、視界がぼやけて揺れているという表現をする人もいます。 閃輝暗点の特徴は、症状が治まった後に偏頭痛も現れることです。 また、光視症は「一瞬のチカチカ」であるのに対して、閃輝暗点は長いと「数十分症状が続く」という特徴を持っています。 閃輝暗点になる原因は、睡眠不足やストレスだというのが一般的な意見です。 忙しい日々を送っている人ほど閃輝暗点の症状に悩む人は多くなります。 頭痛や吐き気を伴う目のチカチカの原因とは? 目がチカチカするとともに、「頭痛」や「吐き気」も伴う場合があります。 それが一時的であったり、頻度がほとんどないのであればいいのですが、目のチカチカや頭痛・吐き気が長時間に及んだり、頻度も多ければ、眼科で目のトラブルがないかどうかを検査してみましょう。 それでも「眼科に行く時間がない」という人も多いと思います。 その時には、最初に紹介した4つの原因を取り除くために、• パソコンやスマホを「疲れない設定」に変えること• 適度な運動をして、血流・血行を良くすること• 過剰なストレスを避け、睡眠はしっかりとること• 天然のサングラスと言われるルテインとゼアキサンチンを摂取すること• 鉄分やビタミンA、C、Eなどの栄養素も食事からしっかり摂取すること このあたりを意識してみるといいでしょう。 特に、「睡眠・食事・運動」は大切です。 これらは、目のトラブルを予防するだけでなく、肥満や体全体のトラブルを予防することにもつながります。 また、「ルテイン・ゼアキサンチン」はNIHにより白内障や加齢黄斑変性の予防に効果があると示唆されたほか、NIE(米国国立眼科病研究所)によって、加齢黄斑変性のリスクを減少させることが認定された栄養素です。 サプリメントを摂取するのは「ナンセンス」と考える人もいますが、平均寿命が延びてきているからこそ、「目の寿命」を伸ばす工夫をしなければいけません。 また、ストレスや睡眠時間は、改善しなければいけないと分かっていても、なかなかそうはいかないのが現状かもしれません。 しかし、目がチカチカするのは、体が悲鳴を上げているということです。 だからこそ、特に「休日」を有効的に使ってストレス発散をしたり、「今日は休んじゃおう!」とごろごろしてみたりしてみてはいかがでしょうか。 また、繰り返しになりますが、明らかに異常な場合、頻度が多い場合は、眼科で検査をしてもらうことも大切です。 眼病においても「早期発見・早期治療」が基本だからです。 仕事でパソコンやスマホの使用が多い方は、「VDT症候群」についてもチェックをしておきましょう。

次の

目の端がチカチカする。考えられる原因や病気って?

目 が チカチカ する 原因

目にチカチカする光が... 私自身もたまにあるのですが、パソコンの画面を長時間見ている時など、カメラのフラッシュのような チカチカした光が数秒続く事があります。 1日中チカチカしている訳ではないのですが、たまになるとうざったいし、なにより、何か怖い病気が潜んでいたら怖い!! 突然、目がチカチカとした光が出る症状には、どんな原因が考えられるのでしょうか? 目のチカチカの原因は? 目がチカチカする症状、あまり深刻に考えなくても大丈夫な場合もありますが、思わぬ重い病気が潜んでいる事があるので、自分に当てはまる症状がないかチェックしてみて下さいね。 眼精疲労( がんせいひろう ) 長時間のTVゲーム、スマホ、パソコン作業などによる目の疲れが原因の事も多いですが、目に合っていない コンタクトレンズ や メガネ の使用が原因であったり、加齢 や ストレス も要因の1つになる事があります。 目の奥が痛かったり、かゆみがあったり、目がチカチカとして光が眩しく感じるなどという症状が表れます。 閃輝暗点( せんきあんてん ) 偏頭痛の前兆として表れる事が多い症状。 急に目の前にチカチカした光が出たり、ギザギザとした稲妻のような光が片方の視界に入ってきたりします。 この閃輝暗点が、30分程続いたあとに強烈な偏頭痛 や 吐き気 に襲われるというもの。 脳内の視神経の血行不良などが原因で起こると言われています。 光視症( こうししょう ) 目を動かした時に、一瞬、光線が走るような感じがしたり、視界に入る部分で、ピカッと光るように感じたり、閃輝暗点 とは違い、チカチカした光がずっと続くのではなく、瞬間的に光るという特徴があります。 チカチカした光を感じた後、偏頭痛が来ないようなら、光視症を疑った方がいいかもしれません。 硝子体の収縮によって、網膜が引っ張られたり刺激を受けたりして起こる症状です。 スポンサーリンク 飛蚊症( ひぶんしょう ) 視野の中に、小さい虫( 蚊 )が飛んでいるような影が見えたり、光がチカチカと見えたりする症状が表れます。 網膜剥離 や 網膜裂孔 の前触れとして起こる事もあれば、目の内部に発生する活性酸素を取り除いてくれる酵素が不足して起こる事もあります。 網膜剥離( もうまくはくり ) 初期症状として、光視症 や 飛蚊症 が表れる事があります。 目の内部、硝子体 から 網膜が剥がれてしまう病気です。 初期のうちに治療しておかなければ、最悪、失明に至ってしまう恐れもあるので、気になる症状があれば早めに病院に行くようにしましょう!! 目のチカチカ 病院は何科に行けばいい? 眼精疲労 の場合は、まず、スマホ や パソコン から目を休めてあげる事が大切です。 眼科 に行って目薬を処方してもらったり、目の疲れに効果的なブルーベリーのサプリメントなどを飲むのもおすすめです。 閃輝暗点 の場合は、脳内の視神経の血流の悪化が原因で引き起こされているので、 眼科 や 脳神経外科 が入った総合病院 で診察を受ける方がいいでしょう。 光視症 や 飛蚊症 の症状の場合は、まず 眼科で診てもらうといいでしょう。 網膜剥離 の診断が出た場合も、 眼科 で治療、手術が出来ます。 目がチカチカする症状が出た場合、目以外に原因がある事もあります。 大きい病気が潜んでいる場合もあるので、気になったら早めに病院で診察してもらうようにしましょう。 まとめ ウーマンラッシュアワー の 中川パラダイスさん が、網膜剥離の手術を受けられた事が記憶に新しいですが、お医者さんからは、 「 あと3日遅かったら、失明していましたよ。 」 と告げられたそうです。 少し大げさに言われている可能性もありますが、決して軽視しない方がいいという事ですね!! 仕事が忙しいから...と後回しにしていて、失明に至ってしまう事になったら大変です。 早め早めの治療を心掛けるようにして下さいね。

次の