テドロス 発言。 テドロス事務局長の発言を時系列まとめ!中国擁護で炎上?(コロナ2020)|Media Sunshine

【テドロス発言録】WHOのテドロス事務局長に批判殺到!発言まとめ「世界は1月の忠告に従うべきだった」

テドロス 発言

「世界保健機構」は忌み嫌う「台湾」にこそ対策を学べ コロナ禍は人災である。 世界的な大流行を招いた戦犯は、WHO(世界保健機関)のテドロス事務局長その人だ。 彼が忌み嫌う台湾にこそ、対策を学ぶべきではないか。 *** もはや失笑を禁じ得ないが、国連のホームページにはこんな紹介文がある。 〈WHOは、グローバルな保健問題についてリーダーシップを発揮し、健康に関する研究課題を作成し、規範や基準を設定する〉 今回もテドロス事務局長がリーダーとして早々に警告を発すれば、世界に危機が周知され各国政府は感染対策を徹底できたはずだ。 WHOのテドロス事務局長(ITU Pictures from Geneva, Switzerland/Wikimedia Commons) さる海外通信社の東京特派員が解説する。 「彼はWHOで初めて医師の資格を持たずにトップとなった人物。 中国から多額の経済援助を受けるエチオピアで長く保健相を務め、首根っこを習近平国家主席に掴まれているのです」 故にWHOは1月5日、「中国で原因不明の肺炎が見つかった」と認めながら、同月30日まで「国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態」の宣言を先送り。 ようやく発表した席でも、テドロス事務局長は災いを招いた国をこう庇(かば)った。 〈中国は短時間で病原菌を特定し、即座に共有し、診断ツールの迅速な発展を導いた。 2月4日に開かれたWHOの執行理事会で、中国からの渡航者への入国拒否や貿易制限措置を、 〈公衆衛生上の意味はあまりなく、不安や悪いイメージを助長する恐れがある〉 などと指摘して、世界各国に自重を求めてしまった。 台湾の死者は6名 「自重要請」が免罪符となり、中国人観光客が大挙して日本や欧州へ押し寄せ、結果的にパンデミックを招く。 遂には米国も大激怒し、トランプ大統領は中国寄りのWHOへの資金拠出を凍結すると宣言。 〈政治問題にするのはやめて欲しい〉 自身が政治色にまみれながら、こう反論したテドロス事務局長は、その矛先を別の国へと向けたのである。 4月8日、WHOは「中国一国」を標榜するせいで、加盟を認めていない台湾を非難したのだ。 先の特派員が話すには、 「昨年末の段階で、台湾はWHOに武漢で発生したウイルスの危険性を問い質したのに黙殺された。 効率的なマスク配布に加え、この素早い判断が功を奏し、感染源に至近の国ながらコロナによる死者は4月下旬の時点でわずか6名で、感染者429名のうち281名が回復しています」(同) WHOに加盟できないことから情報共有もできず、それがかえって適切な対応に繋がったというのだ。 あまりに影多きこの男、トップ交代は必至である。 「週刊新潮」2020年5月7・14日号 掲載 外部サイト.

次の

【戦犯はテドロス】コロナウイルスに関するWHOの発言と対応を時系列にまとめてみた

テドロス 発言

しかし、トランプ氏がテドロス氏とWHOについて、中国寄りでパンデミックへの対応を誤ったと主張し批判を強めたことで、テドロス氏はこの1週間、渦中の人となっている。 トランプ氏は14日、WHOへの資金拠出を停止するよう政権に指示したと発表した。 米国はWHOへの拠出金の最大の負担国。 テドロス氏は先週、トランプ氏の矢継ぎ早の非難を受けて、「遺体袋を増やしたくなければ、政治問題化を控えよ」と警告した。 テドロス氏は8日にバーチャル記者会見を開き、数か月前から人種差別発言や殺害予告を含む誹謗(ひぼう)中傷の標的とされてきたことを明らかにし、「気にしていない……私は黒人であることに誇りを持っている」と述べ、こうした誹謗中傷の多くが台湾発だと主張した。 WHOをはじめとする国際機関は、中国からの強い要請を受けて台湾を排除しており、WHOは2016年以来、オブザーバー参加さえ認めていない。 台湾もトランプ氏と同じくWHOとテドロス氏を批判。 中国共産党政府を信頼したり、昨年末に流行が始まってからの中国の新型ウイルス対応を称賛したりしたくてたまらないのだろうと主張している。 一方、ソーシャルメディアではテドロス氏をめぐり、支持派と反対派が激しい舌戦を繰り広げているが、テドロス氏自身もこの争いに参戦。 アフリカの指導者や政治家、科学者をはじめとする幅広い層からの応援メッセージをツイッター()でリツイートしている。 テドロス氏は2017年、WHO事務局長選挙の土壇場で、対立候補だった英国のデビッド・ナバロ()氏の顧問の一人に、エチオピアで発生したコレラの3度の大流行を隠蔽(いんぺい)したと非難された。 しかし、基本医療を充実させた保健相としての業績を強調し、WHOでも同様に改革を行っていくと公約することで切り抜けた。 就任の数か月後には、当時ジンバブエ大統領だったロバート・ムガベ()氏をWHO親善大使に指名したことで物議を醸し、後に撤回を余儀なくされた。

次の

【戦犯はテドロス】コロナウイルスに関するWHOの発言と対応を時系列にまとめてみた

テドロス 発言

辞任要求署名は約100万人• 「resign, resign, resign(辞任、辞任、辞任)」など反発の声で溢れた。 風刺画などとともに批判が殺到 新型コロナウイルスの脅威を過小評価し、世界的な感染拡大を招いたとして批判にさらされている世界保健機関(WHO)のテドロス・アダノム・ゲブレイェスス事務局長(55)が28日、自身のツイッターで「Solidarity, Soliadarity, Solidarity(団結、団結、団結)」とつぶやいたが、コメント欄には 「resign, resign, resign(辞任、辞任、辞任)」など反発の声で溢れた。 yahoo. scmp. 世界保健機関(WHO)は22日、新型肺炎について緊急委員会を開催したが「国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態」に該当するかどうかの結論は出ず、 23日に判断を持ち越した。 reuters. WHO(世界保健機関)から排除されているために最新の情報が入らず、不安が高まっているからだ。 newsweekjapan. afpbb. jiji. (2020年4月22日) テドロス氏は記者会見で「人の命を救うという神聖な仕事に、これからも昼夜問わず取り組む」と強調し、辞任の考えはないとした。 tokyo-np. html 立場上、過去に発言したことは消えませんし、言っていることが変わっているのも明らかです。 これでは世界中から批判が集まり、炎上してしまうのも仕方ありませんよね・・・。 続いて、次項でテドロス事務局長の発言を詳しく、時系列で全まとめしました! 2020年1月31日 中国の対応は素晴らしい 中国の尽力がなければ国内外の死者はさらに増えただろう 中国国外の感染者数が少ないことについて、 中国に感謝すべき ヒト-ヒト感染も一部地域で確認されただけ 習近平国家主席のリーダーシップを他国も見習うべきだ テドロス事務局長 新型の病気が過去にないほどの大流行につながっている。 だが、 中国の対応も過去にないほど素晴らしい。 中国の尽力がなければ中国国外の死者はさらに増えていただろう。 中国の対応は感染症対策の新しい基準をつくったともいえる。 中国国外での感染件数は相対的に少なく抑えられており、 ヒトからヒトへの感染もドイツ、日本、ベトナム、米国で確認されただけだ。 中国国外での死亡例はない。 今こそ力を合わせて、さらなる感染を防がなければいけない。 公衆衛生の制度が整っていない国でもし広がったらどんな被害が出るかわからない。 この理由で緊急事態を宣言する。 中国への不信感を示したわけではない。 7つの分野で我々の勧告を出したい。 まず我々は国際的な貿易と渡航の制限を勧めない。 次に公衆衛生の制度が整っていない国を支援しなければいけない。 3つ目に予防接種、治療、診断法の開発を急ぐべきだ。 噂や偽の情報に惑わされてはいけない。 また感染者の特定、隔離などに必要な資金や人員を確定させなければいけない。 最後に各国が一致団結する必要がある。 緊急委員会のフサン委員長 今日の緊急会合ではほぼ全会一致で宣言を出すべきだとの意見がまとまった。 理由は中国国内での感染件数が増えていること、また感染が確認された国が増えていることも理由だ。 さらに疑問を呈せざるをえない対策をとっている国があることも要因だ。 テドロス氏 私は先日中国に渡航し、 習近平(シー・ジンピン)国家主席のリーダーシップを目の当たりにした。 他の国も見習うべきだ。 中国国外の感染者数が少ないことについて、中国に感謝しなければいけない。 nikkei. テドロス事務局長は執行理事会で演説し、各国に対し「事実に基づき、整合的な決定」を実施するよう促した。 WHOは1月30日、新型コロナウイルスによる肺炎について、国際的な公衆衛生上の緊急事態を宣言。 同時に、 中国に対する「不信任」ではないと強調し、中国との取引や渡航の制限は勧告しないと述べた。 reuters. 中国が新型ウイルスの発生地で高レベルの強力な対応措置を講じているからだ。 このチャンスを利用し、さらなる感染拡大を防ぎ、制御しよう」。 事務局長はこう述べ、 先進国がデータの共有をし損ねていると強調した。 bbc. afpbb. WHOは2日間の日程で、ワクチンや診断の開発加速を目的とした会合を開催。 テドロス事務局長は中国本土と台湾とのビデオ会議で「新型ウイルス感染例の99%は中国国内で、中国にとって緊急事態だが、世界全体にも非常に重大な脅威をもたらす」と警鐘を鳴らした。 reuters. 今回の命名は、不正確あるいは非難される可能性のある他の名称の使用を防ぐために重要であるとしている。 「中国に配慮しすぎではないか」と繰り返される批判に業を煮やしたようだ。 テドロス氏は記者の質問に、「中国は感染の拡大を遅らせるために多くのよいことをしている」と強調。 例として武漢市を「封鎖」したことや、中国人女性がドイツから帰国後に感染が判明した際、直ちにドイツに知らせたことなどをあげた。 「 ほとんど全ての加盟国が褒めている。 中国のしたことを私が認めて何がおかしいのか」などと中国政府の働きかけを否定。 「WHOが中国を褒めれば、(中国に配慮しすぎだとの批判による)プレッシャーがあるのは知っている。 しかしプレッシャーを理由に真実を語らないわけにはいかない」とも語り、「今大事なのは、特定の国を攻撃することではなくウイルスという共通の敵と闘うことだ」と力説した。 asahi. html 2020年2月21日 クルーズ船での死者は想定の範囲内 世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長は20日にジュネーブで行った記者会見で、新型コロナウイルスの集団感染が発生したクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」の日本人乗客2人が死亡したことについて、年齢や600人を超すクルーズ船全体の感染者数を考慮すれば、予想の範囲内だとの認識を示した。 テドロス氏は「死亡した2人は80代で、基礎疾患もあった」と指摘。 現時点では感染者の致死率は2%程度ということを考えれば「非常に不幸なことだが、 予想はできたことだ」と述べた。 ただ、厚生労働省によると、2人のうち実際に基礎疾患があったのは神奈川県の男性のみだった。 jiji. asahi. html 世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長は27日、新型コロナウイルスの世界的な感染拡大について「 パンデミック(世界的流行)の可能性がある」とし、 自国には感染しないという考えは「致命的な誤り」と各国に一段の警戒を促した。 reuters. テドロス氏は、インフルエンザも新型コロナウイルスも、呼吸器系の症状が出て飛沫(ひまつ)感染をする点が共通していると説明。 そのうえで重要な違いとして、新型コロナウイルスについて「これまで得たデータからみると、インフルエンザほど効率よく感染はしない」と述べた。 asahi. html 2020年3月26日 全ての国で積極的に行動すべきだ。 世界規模の危機 数百万人の死者が出る可能性がある 世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長は26日、20カ国・地域(G20)が開催したテレビ会議形式の首脳会議で、新型コロナウイルスについて「パンデミック(世界的大流行)は非常に急激なペースで加速している」と危機感をあらわにした。 「 すべての国で積極的な行動がなければ、数百万人が死亡する可能性がある」とし、感染拡大を抑止する対策を強化するよう各国に呼びかけた。 (中略) テドロス氏は首脳会議で、新型コロナについて「世界的な対応を必要とする 世界規模の危機だ」と強調。 感染の疑いがある人への検査や患者の隔離、感染経路の特定などは「(各国の)選択肢ではなく義務だ」とし、徹底を訴えた。 ワクチンと治療法を確立するための技術革新を進めることも求めた。 sankei. html テドロス事務局長「マスクも一定の効果がある」 4月 4月の発言まとめ 2020年4月8日 マスクは一定の効果がある テドロス事務局長が台湾から個人攻撃を受けた主張 台湾は根拠がないと反論 WHO=世界保健機関は新型コロナウイルスの感染が広がる中、マスクの使用に関する指針の内容を更新し、一般向けのマスクを着けても感染を予防できる根拠はないと改めて指摘する一方で、 自分が感染している場合に他の人にうつさないためには効果があるという見解を示しました。 nhk. html エチオピア出身の テドロス氏は「WHOは中国寄り」と非難したトランプ米大統領に反論した会見で突然、台湾をやり玉にあげた。 過去3カ月にわたり「黒人であることを理由に」個人攻撃を受けたと指摘。 その攻撃は台湾からで、外交部(外務省)も関与したと主張した。 会見では 「攻撃」の具体的な内容や手段は明らかにしなかった。 nikkei. 台湾の外交部は知っていたが、何もせず、むしろ私を批判し始めた」と主張しました。 これに対して台湾の捜査機関、法務部調査局は10日、記者会見を開き、 台湾から中傷が行われた根拠は見つかっていないと反論しました。 nhk. html 2020年4月28日 世界はWHOの忠告に従うべきだった テドロス氏は、スイス・ジュネーブでインターネットを通じ行った記者会見で、WHOは中国以外で確認された感染者が82人のみだった1月30日に「国際的な公衆衛生上の緊急事態」を宣言し、新型ウイルスの流行に警鐘を鳴らしたと指摘。 「 世界はあの時、WHO(の忠告)に注意深く耳を貸すべきだった」と言明した。 (中略) 同氏は、WHOが1月30日、新型ウイルス流行が「最高レベルの緊急事態」であると発表した際に「各国はあらゆる公衆衛生上の措置を講じることができた」と指摘。 「WHOの忠告に耳を貸すことの重要性は、これで十分に示せるだろう」と述べた。 afpbb. テドロス事務局長。 彼が大惨事のキーマン。 — 高須克弥 katsuyatakasu WHOテドロス事務局長、なぜ辞任しない? — SINSINKAN iTfu60m1Tp29MdD テドロス事務局長の鋼のメンタルなんなの?辞任しない。 こんな発言平気でする。 中〇に命でも握られてる? — トール zyoujima テドロス、辞任だけじゃ足りないから責任とって死ねよ — しとはんど spicaekimemo テドロスは嘘を平気でつく。 各国からパンデミック宣言を出すべきだといわれても、中国の顔を見ていたのを皆が覚えているぞ。 彼の一派が辞任しなければ日本もWTO拠出をストップすべきじゃないか。 中国のコロナ隠蔽に加担したテドロスは世界の健康とWHOに悪影響を与える。 アメリカの議員による資金拠出再開の条件には応じずですね。 まだうま味が有るとの判断なのでしょう。 — bellbelo99 bellbelo99.

次の