バナナ スプライト 吐く。 バナナを食べてスプライトを飲むと盛大に嘔吐するのは本当か!? 実験してみた

バナナとスプライトで嘔吐するのはなぜ?自分の体で実験してみた!

バナナ スプライト 吐く

ここ数日、謎の言葉が広まっている。 「バナナスプライト」。 「バナナとスプライトを一緒に飲むと必ず吐く」ので、吐くのを我慢している動画を投稿するのが流行しているのだ。 YoutubeやYoutubeで「バナナスプライト」「Banana Sprite」で検索すると、たくさんの動画が出てくる。 もともと、海外では「Banana and Sprite Challenge」としてテレビ番組でも紹介されていて、わりとメジャーな動画ネタであるらしい。 さまざまなところで「お手本動画」として紹介されているのがこの動画。 バナナを食べたあと、スプライトを飲む2人の男性。 そのあと……め、めっちゃ吐いてる! もらいゲロしてしまいそう……。 この動画を筆頭に、youtube上のほとんどの動画は外国語。 日本語の動画は、ここ数日でいきなり増えている。 いったいいつから、そしてどこから「バナナスプライト」は広がったのだろう? Twitter上で「バナナスプライト」で検索すると、8月に入るまでこの言葉はほとんど呟かれていない(Twitterの過去発言の検索能力はかなり弱いので、若干調査に不安は残っている)。 変化が訪れるのは8月8日。 この動画以前には、日本語のバナナスプライト挑戦動画はほとんどない。 この動画に反応したのが、同じくYoutuberのはじめしゃちょー(hajime)氏。 こちらも51万再生されている。 このあたりから、Twitter内で「バナナスプライト」の文字が目立ち始める。 比較的手軽に配信ができるツイキャスでのバナナスプライト挑戦も増えはじめ、NAVERまとめなどでもまとめられ始めている。 ゲロフェチの俺大興奮」というスレが立つ。 このスレ自体はそこまで伸びなかったが、tumblrなどを通じて拡散。 このころには、Twitter上での「バナナスプライト」への言及は数えきれなくなっている。 そして現在。 「バナナスプライト」への挑戦はまだ続いている。 多くのニュースサイトで取り上げられたり、「本当に吐くのか?」という実践動画もアップされてきているようだ。 しかし、Twitter上でも動画上でも、「必ず吐ける」というわけでもないようす。 「吐けないけど面白くないから無理やり吐いた」という動画もあるくらいだ。 「吐けない」理由として、日本と海外のスプライトの成分の違いを挙げている人もいる。 ただし、それはちょっと眉唾っぽい。 というよりは、単純な「量の問題」のように思える。 日本でアップされている動画は、バナナ数本&500ミリリットルのスプライトで行われている。 一方、海外では「バナナ2本&1リットルのスプライト」なのだ。 炭酸飲料1リットルを一気飲みするの、単純にキツそう。 そもそも、海外でアップされている動画も、全員が全員吐いているわけではない。 中では日本のユーザーと同じように面白くするために無理やり吐いている人もいるだろう。 バナナスプライトは「必ず吐く」遊びではなく、「吐けるように頑張る」遊びなのかもしれない。 それにしても「吐くのを見る/見てもらうのを楽しむ」というのは、かなり文明をこじらせている感じがある。 やるときは自己責任&後片付けをしっかりと。 良い子の約束だよ。 (青柳美帆子) 外部サイト.

次の

バナナとスプライトで嘔吐(吐く)する理由はなぜ?原理や吐かない人との違いを調査

バナナ スプライト 吐く

2016. 26 2017. 22 犬の食事 cocorono 犬がバナナを食べると吐く?下痢や嘔吐のリスクや食べない場合の理由についても バナナは栄養満点で、朝ごはんやおやつとしてもお馴染みの食べ物ですよね。 しかし、 犬にバナナを与えてもいいのでしょうか? 飼い主心として、おいしいものを食べさせてあげたいし、健康面や体調面にも気をつけてあげたいと思うのは当然のことですよね。 また、 バナナを食べることで犬の体にリスクがないかという点はとても気になるところです。 この記事では、• 犬はバナナを食べてもいいの?• 食べ過ぎると下痢のリスクがあるって本当なの?• 犬にバナナをあげても食べない場合があるのはなぜ? という疑問にお答えしたいと思います。 艸` ただし、食べ過ぎには注意!!その理由は・・・ ただし、バナナの食べ過ぎ、あげ過ぎには気をつけましょう! というのも、 バナナには「糖質」がたっぷり含まれているので、食べ過ぎてしまうと肥満体系になってしまうからです。 なんと、その? はバナナ1本につき、スティックシュガー8本分に相当するそうです。 またカロリーも100gにつき86kcalもあるため、 犬にとっては高カロリーです。 タプタプしたお腹で歩く姿もきっと愛くるしいと思いますが、健康面では全くよくないので、食べ過ぎには注意しましょう。 1日にどのくらいのバナナを食べてもいいの? バナナ1本の可食部は約71kcalです。 大型犬の場合は、1本程度なら与えても問題ないかと思います。 食物繊維 食物繊維が含まれていると聞くと、それだけで体にいいと感じてしまいますよね。 食物繊維の具体的な働きは、便に適度な水分を与えて体外に排出しやすくしてくれることなんです。 腸にたまっている便が排出されやすくなるため、 整腸作用があると言われています。 逆に 摂りすぎてしまうと水分過多になり下痢を起こしてしまいます。 適度に摂ることで、犬の腸を掃除してくれる成分と覚えるとよいでしょう。 ポリフェノール 赤ワインや緑茶に含まれていることで有名ですよね。 ポリフェノールには、以下の効果があると言われています。 コレステロール抑制効果• 高血圧予防• 抗アレルギー作用 など。 犬が情緒不安定になっていたり、 突然暴れてしまうことがある場合は、 心を落ち着かせてあげる効果がありますので、いつもと様子が違うと感じた時は、おやつにバナナを与えてみてはいかがでしょ うか。 犬がバナナを食べ過ぎてしまうと、 下痢や嘔吐の危険性があります。 バナナは100gにつき1. 1gの食物繊維が含まれています。 適量を摂ることで整腸作用の働きがありますが、食べ過ぎてしまうと消化不良を起こし、下痢や嘔吐をしてしまうのだそうです。 また、バナナにはカリウムが多く含まれていますので、食べ過ぎてしまうと 高カリウム血症を起こしてしまう危険性もあります。 アレルギーの危険性も?! トマトやキウイなどの 果実系アレルギーを持っている場合、バナナを食べるとアレルギーを起こしてしまう危険性があります。 与えないように注意してください。 もし、バナナアレルギーを起こしてしまった場合、 激しく体を痒がるようになったり、痙攣や呼吸困難などを起こし、最悪の場合、死に至ることもあります。 元々、アレルギーを持っていない場合でも、バナナを与えてみて痒がったり、皮膚のかぶれや炎症が出た場合は、すぐに食べさせるのを止めてお医者さんに診てもらうようにしましょう。

次の

ゲロ:炭酸がぶ飲みで胃の中身全部ぶちまける10代の外人女子

バナナ スプライト 吐く

バナナを食した後に、スプライトを飲む。 動画でも実際に嘔吐しており、投稿者も体感として「本当に気持ち悪くなる」と言っていますね。 まず、どうしてバナナなのか?という点から考えていきます。 バナナはご存知の通り、他の果物とは異なり食べるとペースト状になります。 また、バナナには「不溶性食物繊維」という種類の食物繊維が豊富に含まれています。 不溶性食物繊維は、 水に溶けず水分を吸うと膨らむという特性を持っています。 つまりバナナを食べると胃の中で膨らみ、胃はバナナで満たされているのではないか?と考える事が出来ます。 胃がバナナで満たされている所へ、スプライト(炭酸飲料)が流し込まれます。 スプライトに含まれる炭酸が胃液と化学反応を起こすと、多量の炭酸ガスが発生します。 炭酸ガスを体外へと排出しようと身体は「げっぷ」を出そうとします。 しかし・・胃はバナナで満たされています・・。 どのような結果になってしまうのかは、火を見るより明らかですよね。 有力説をまとめると• バナナが胃で膨らむ• スプライトで炭酸ガスが発生• 炭酸ガスをうまく排出できずにリバース 非常に理にかなった仮説であり、バナナとスプライトで吐く理由として有力な説である、と言えますよね。 メントスをコーラに入れると大量の炭酸ガスが発生します。 原理を簡単に説明すると• メントスに含まれるゼラチンやアラビアガムの影響• メントス表面の小さな凸凹 これらが原因で二酸化炭素の発生を促すためにすごい勢いで泡が噴き出します。 これと似たような反応が、バナナとスプライトでも起きるのではないか?という仮説です。 結論から言ってしまえば、体内でこのような過剰反応が起きる可能性は極めて低いと言えます。 アメリカでメントスコーラを体内で起こしたらどうなるのか?を検証するために、豚を人間に見立てて実験を行っています。 結果は特に大きな変化は起きない、というものでした。 仮にバナナに含まれる成分や、消化されてペースト状になったバナナの表面が凸凹していたとしても、メントスコーラのような状況が体内で起こる可能性は低いため、この仮説は間違っているという結論に至ります。 バナナとスプライトで吐く人と吐かない人の違い バナナとスプライトで吐く人もいれば、吐かない人もいるようです。 バナナとスプライトの組み合わせで嘔吐する理由が明確になっていない以上、私たちが知らない理由がある可能性は否定できません。 しかし、当記事で最も有力視している説が正しければ、 吐く人と吐かない人を分ける原因は「胃の大きさ」と「食べた量」が起因していると考えられます。 胃の容量が大きい 胃は、臓器の中でも大きさが変わる事が知られています。 小食気味の方は胃が小さくなり、大食漢の胃はどんどん大きくなっていきます。 バナナスプライトチャレンジで食べるバナナの量は1本~2本。 飲むスプライトの量は500ml~1リットルとなっています。 動画などでチャレンジしている方の多くは、上記の量で嘔吐に成功(?)していますが、胃の大きさは個人差があるため、吐かない人はバナナ2本を食べても胃に余裕があり、ゲップとして炭酸ガスを排出できるため、吐かないのではないか?という仮説が成り立ちます。 実際に 海外の大食いyoutuberの方は、10本のバナナとスプライトを約2リットル飲んでも吐くに至ってません。 バナナスプライト・まとめ バナナを食べた後にスプライトを飲むと吐く、という現象は多くの動画投稿者が実体験していることから本当に起きる現象と言えます。 明確な理由は解明されていないものの、 バナナが胃で膨れてスプライトによって発生する炭酸ガスの排出を阻害して吐いてしまう、という仮説が最も信憑性が高い理由と考えられます。 上記の仮設が正しい場合、スプライトに限らず「炭酸飲料」をバナナを食べた直後に飲むのは控えた方が良いと言えますので注意してくださいね。 冒頭でも触れたように、吐くという行為は身体に大きな負担をかけます。

次の