マジ love キングダム コール アンド レスポンス。 やまくる。🎻🍙♭♭♮👔 @MyBirthday企画2020実施中のプロフィール

豪華キャストが勢ぞろい!『劇場版 うたの☆プリンスさまっ♪ マジLOVEキングダム』公開記念舞台挨拶をレポート!

マジ love キングダム コール アンド レスポンス

高校生の時に軽音部でvocalやってた民。 トキヤパレス在住の未成年。 うたプリ好きだし。 アイナナ好きだし。 ヒプマイ好きだし。 Bプロ好きだし。 ボイきら好きだし。 天月さん好きだし。 HoneyWorks好きだし。 【基本使ってるタグ】 やまくる やまくると合唱しよう 2人用コラボ 3人用コラボ 4人用コラボ 7人用コラボ 一耳惚れしてコラボさせていただきました ー2020. 9 始動ー•

次の

軽い気持ちでマジLOVEキングダムに入国してみたらエンジェルになった話

マジ love キングダム コール アンド レスポンス

9年も続く大人気王道アイドルの「うたのプリンスさまっ」。 何となく、プリンセス(うたプリファンの通称)である友人に誘われて映画を観ることになりました。 まぁ~~~ハマりました。 マジLOVEキングダムの応援上映に気づいたら7回も入国していました。 私はうたプリは何となく避けて生きていた2次元アイドルオタなのですが、今回友人に誘われまして、やっぱ映画観るならアニメ観とかなきゃな〜と予習をしようと思ったわけです。 見始めてから、アニメが4期全52話あることに気づき、「あ、映画までに全部観れん無理…」と、挫折しそうになったこともありました…。 1000%では、早乙女学園の制服のスカートが気になったり、1年で卒業早すぎワロタで、体感10分のような気がしました。 ちなみに、当時探したところ、うたプリはdアニメストアしか視聴できなかったため、1ヶ月の無料期間の間に夜ふかししながら全話観ました。 この時点では、まだ私は客観的で推しは定まらず、「 ほーん…みんな歌うまいやん…?」などと思っている程度でした。 マジLOVEキングダム入国1回目 ひとまず、プリンセス(友人)とマジLOVEキングダムの応援上映に入国するのですが、ここが運命でした。 しかも知らない曲ばかり。 なのに、適当にコール&レスポンスを「HEY!」とか言っちゃうくらいノリが良い曲ばかりで初心者も楽しめる王国だったんです…!映画というより、ライブです。 アリーナです。 マイク持つ時に小指が立っている姿になぜか心に衝撃が走りました。 どのキャラもイメージ以上に曲と衣装の雰囲気が合っていて、輝く演出ばかり、ユニットとしても個性が際立ち心奪われました。 マジLOVEキングダムから出ると、興奮冷めやらぬ熱い思いを友人のプリンセスと気持ちを共有し、2回目も観ようと決意するのでした。 ここで私も心からプリンセスになっているのを実感します。 そして、そのまま友人と興奮しながらうたプリコラボしているココイチに向かいました。 が、コラボグッズは既に品切れしており、落胆とともにうたプリヤバイ…と再認識するのでした。 マジLOVEキングダム入国2回目 入国2回目までにはアニメ4期まで全て観終えていました。 どうやらこの週は人気キャラが多いのか、都市部では来場者特典2日目にはなくなっているほど。 残念ながら推しは来ず…。 いや、みんな好きだけどね。 (既にこの時点で何度も入国することを決意した。 ) しっかりアニメ全話観終えてイメージカラーも予習してきたので、自信を持ってペンラを振ることができるようになる。 ここで感じたのは、うたプリは「 歌」が主軸となっているため、アイドルなのにアニメでダンスシーンがあまり映っていなかったことです。 マジLOVEキングダムで初めて「ダンスかっこよ!」と思ったんですよね。 うたプリは身長が高いキャラが他のアイドル作品より比較的多く、足が長い! これもマジLOVEキングダムでまじまじと知ることができました。 みんなスタイル良すぎ問題よ…。 マジLOVEキングダム入国3回目(ユニット分析) ここでやっと来場者特典で友人だけ推しが当たる。 ぐぬぬ。 慣れてきたら隅から隅まで18人の衣装やダンス・表情まで見る余裕が生まれました。 スペシャルユニット6組の端的な感想は以下の通りです。 ・Up-Down-Up! 衣装がゲレンデのスノボ風。 振り付けが大胆で可愛い。 スノボしたくなる曲。 ・エゴイスティック エゴイスティックの3人の衣装が一番薄くてピチピチ、身長も180cm以上で足が長くボディラインを凝視しまくる。 曲もロックでイイ~! ・Feather in the hand 爽やかで心が穢れたオタクの心を浄化する曲と歌声。 3人の歌声がピュアで眩しい。 気をしっかり持ちながら見なければならない。 ・カレイドスコープ スポーティで爽やかでカラフルなのにかわいくて目が離せない。 マジLOVEキングダム入国4回目 推しの瑛一への思いが高鳴り、友人に内緒で1人で入国する。 来場者特典は金曜日に切り替わるので、取り急ぎ月曜日に行きましたが既に亡くなっていました。 推しを迎えることができずに意気消沈する。 どうやら、周りのプリンセス達も同様で掛け声がほぼなく元気がない。 その気持ちだけは強く一致している。 マジLOVEキングダム入国5回目(キャラ分析) この辺りまでくると、キャラの動きや表情を分析するようになる。 分析結果は以下の通り ・音也 素直で可愛いのが前面に出ているが、ふとした瞬間に大人っぽく感じる。 思ったよりファンサは少なめ。 ・真斗 アニメより爽やかで顔が良く見えてしんどい。 スペシャルユニットでの雰囲気が最高に顔の良さを引き出している。 ・那月 アニメ同様平常運転なところが否めないが、体格の良さがエロい。 もっとセクシーにさらけ出してほしい。 ・トキヤ なんか下まつ毛がかわいい…。 そんなキャラだったのかというギャップがある。 ファンサ多め。 ・レン アニメより目が前髪で隠れていなくて顔の良さが際立つ。 投げキッスたくさんほしい。 ・翔 男らしさよりかわいさが勝ってしんどい。 アクロバティック。 ・セシル 立ち姿や仕草がかわいくて目が離せない。 ・嶺二 アニメではパーマが強くて苦手だったけど、なんか爽やかで笑顔やファンサが良くて好きになった。 ・蘭丸 「ついてこい!!」多発問題。 そ、そんなキャラだったのか…?ファンサは少ない。 ・藍 基本無表情だけど時折少し表情が変わる瞬間があり、見逃すまいと目が離せない。 よく手を振ってくれる。 ・カミュ セシルや蘭丸との映る時がエモイ顔してる。 見逃してはいけない。 ・瑛一 ファンサが多すぎて困る。 ・綺羅 無表情にセクシーなことしてくれる。 もっと色んな表情が見たい。 ・ナギ ファンサが最も多い。 表情も一番豊かで目が離してはいけない。 ・瑛二 ファンサも少なければカメラ目線も少ない。 ウブだから仕方ないな~もぅっ…!と思えるかわいさ。 ・ヴァン 髪の毛のセットが気になる。 関西弁くらいで個性は周りにかき消される感がある。 今後に期待。 ・大和 指をさしてくるがファンサは少なめ。 ヴァン同様カメラに抜かれる頻度が少なく感じる。 ・シオン よく見ると少し表情が変わる。 動きが少ないのが逆にかわいい。 マジLOVEキングダム入国6~7回目 やっと推しの瑛一のブロマイドをGETする。 とっくにエンジェル。 いつのまにかCDも買っていた。 もう、特典が豪華で友人と「 10回は余裕で行っちゃうよねwww」などと語り合うほどになっている。 私は1人で入国したのを黙っていたが、友人も1人で入国するほどどハマりしていた。 このうたプリの件で友人との距離が縮まった。 大人になってからこういう友人ができて、とてもうれしい…。 週ごとに変わる来場者特典と、映画の前後の説明ボイス、アンコールの最後の曲の一言など、7回観ても楽しみばかり!(詳しくはを見てほしい) 周りのプリンセスと共に声を出すのも楽しく、信じられないくらい熱くなり、ペンラの電池が初めて切れた。 さらに色んな組み合わせで歌って輝くアイドル達をもっと応援したい気持ちでいっぱいです。 今後ゲームやアニメでさらにうたプリが続くよう、お金を捧げます。 にわかですがどうぞよろしくお願いします。 結局15回ほど観ました(後日談).

次の

#うたの☆プリンスさまっ♪ #天草シオン カラスパの天草シオンの気持ち書いてみた

マジ love キングダム コール アンド レスポンス

わたしがセットリスト順に印象に残ったところを書いていきます。 プリンスを讃える素敵な言い回しを勉強したい今日この頃。 あまりに楽しすぎて毎回記憶が飛ぶので、幻見てたらごめんなさい。 シャッフルユニットのMCは曲と一緒に書いてます。 気になる人だけどーぞ読んでって。 長いよ。 手で虹を表現するのが素敵。 この曲ホントわくわくするよね。 いっつも楽しすぎて細かい記憶が飛ぶ。 円盤でガン見するね。 THE WORLD IS MINE アカペラから始まるのずるい。 蘭ちゃんが「NO1もONLY1も俺たちだ」って本当にかっこよかった。 ビームがガンガン飛ぶのでテンション上がる。 なによりギラギラが楽しい。 空から降ってきた後、舞台に降りるときに綺羅の目が黄色に光ってるのがすっごい綺麗だから観て欲しい。 あとライブPVでも観れるけど「極上の未来~」の鳳瑛一がすばらしいのでこっちも是非。 あの観客席がパッと映るところ本当に好き。 三曲で後ろのお城がどんどん豪華になるのがみんなで作った王国だよーって感じでとっても良い演出だと思う。 お城作っちゃいましたーっていうなっちゃんの笑顔がまぶしい。 Up-Down-Up 一番最初、飛び上がってくる音也が最っ高にかわいい。 かわいい感じの振り付けをヴァンがやってるのがすごい楽しい。 お姫様だっこはありがとうございました。 MCの音也もとんでもなくかわいい。 ピースちょきちょきするの反則だろ。 エゴイスティック 会場のペンライトも込みで完成する演出。 赤系のライトの海の中青い照明が映える。 後ろ姿を飽きるほど眺めたい衣装。 腰回りセクシーすぎる。 鳥籠蹴飛ばすところめっちゃかっこいい。 最初観たときびっくりした。 決めポーズがちょっとダサいのも個人的には凄く好き。 Feather in the hand 会場のペンライトも込みで完成する演出その2。 舞台演出も綺麗だけど三人の表情がたまらない。 リフト(っていうの?)上にあがる時、髪が靡くのすばらしい。 三人とも髪の長さが違うけど、それぞれに本当に綺麗でため息が出る。 真斗の立ち姿が見とれるくらい美しい。 圧倒的な浄化力。 相愛トロイメライ カメラワークがめっちゃ好き。 百合になりたい。 レンがセンターなのも珍しい。 この曲のカメラワーク考えた人にお礼が言いたい。 たしかこの曲だけ客席がほぼ映らない(と思う)のも曲の中に入りこんでねって意図だと思うけど、どうだろう。 嶺ちゃんがものすごい良い顔するから観て! MCの立ち姿がそれぞれ個性があって、なんならずっと引きで観たかった。 一番楽しいがつまった演出だった。 コールアンドレスポンスが周りに吊られてる装飾とかに出てるの気づかなくって、そもそもソーダ君も最初ボールだと思ってた。 ごめん。 キャンディグラスかわいい。 アイドルって感じをめいっぱい詰めた感じキラッキラの宝箱みたいで楽しい。 真面目にいじり倒すシオン君が最高に輝いてる。 カレイドスコープ 魔法のボードには驚き。 一番ファンタジーだった。 ローラーシューズが止まるとき足から上に向かうカメラがとっても良い。 気持ちよく滑ってる感じ楽しそう。 トキヤのソロのところがめっちゃ好き。 彼が楽しそうでわたしも最高に楽しい。 MCで思ったけどセシルの立ち方は育ちの良さを感じる。 一人一人微妙に違っててすっごい技術と作業だっただろうなと。 愛を捧げよ~the secret Shangri-la~ 「夜露のベルベットに~」からの兄弟ツーショットを切り取ってずっと眺めたい。 照明が暗めなのもあってか、何かこう心を掴まれる感じ。 ライトの緑とってもいい色。 ラスサビ前に一つずつライトがついていくところでもうぎゅってなる。 FLY TO THE FUTURE QUARTET NIGHTは個性の殴り合い。 ぶつかり合いなんて優しいもんじゃない。 殴り合い。 舞台に降りる前にシルエットになって後ろ姿が映るんだけど、そこの動きが最高にかっこいい。 凄い綺麗。 この曲もカメラワーク凄い好き。 特に歯車降りてからは感動しかない。 星空メインに4人が歌うところとかもう! 嶺ちゃんが「僕たち四人、 君も一緒に」って言ってくれるのがとても嬉しい。 言った後の一瞬映る優しい笑顔がたまらない。 イメージカラーのライトが当たるから、服の色が四人でちょっと違って見えて、本当に妥協なく作ってくれたんだなと感動した。 ウルトラブラスト 炎の量えげつない。 いろんな方面大丈夫か心配になった。 炎に煽られてテンションもあがるあがる。 ライトの色で衣装の色合いとかちょっと違ってて本当に素敵なお仕事をしていただいて感謝しかない。 スピード感あるカメラがまた何かもうすっごい楽しい世界。 花道を手を振りながら駆けていく音也が最っ高にかわいい。 そして同じ画面の中でハート作ってくれるトキヤもいて目が足りない。 目が足りない! マジLOVEキングダム 出だしの歌詞から泣きそうになる。 それぞれのグループのポーズを決めていくのいいね。 85分(だっけ?)が、とても短く感じる。 天井開くし、汽車飛ぶし。 花火凄いし、終わるのもったいない。 流れ星を見上げるのが翔くんのカットだったのは、一番のハンデを背負ってそれを乗り越えてきたのが彼だからだってわたしは思った。 流れ星に願うみたいな奇跡を叶えてきたんだよって。 アンコール曲はライブTシャツ着ててちょっとリラックスした感じすっごく素敵。 瑛一と音也がハイタッチするのも、トキヤと抱き合うのも本当に楽しくって。 座り込むシオンにナギから近づいていくのかわいくて。 見所しかなくて目が足りないので、引きか定点カメラ18人分置いて全部見せてくれないかな。 歓声がリアルでそれも面白い。 リアルすぎて笑いそうになる。 今までにないくらい楽しい時間をありがとう。 関わって下さったスタッフさんには感謝の言葉しかありません。 これからも時間見つけて通います。 読んでくれたあなたも、おつきあいありがとうございました。

次の