株主優待 権利確定日。 JT (日本たばこ産業)|株配当と株主優待の権利確定日はいつ? (TYO:2914)

株式の約定日と受け渡し日とは何か?配当金や株主優待の権利取りや税金計算で超重要

株主優待 権利確定日

株で儲けようと思った時、ある時点から株価が上昇し、決まったタイミングで売却すれば確実に儲けられる銘柄があるなら、誰しもその株を買いたいと思うだろう。 「そんな株、あるわけないよ!」と言うなかれ。 実は、誰もがよく知っている株主優待株こそが、権利確定日に向けて規則的な周期で株価が上昇することが多いのだ。 この値動きのクセを逆手に取って、株を安く買って高く売ることで確実に儲けよう。 人気株主優待株の権利確定ならではの 値動きのクセを利用するだけでOK! 今回、ダイヤモンド・ザイの大特集「塩漬けを作らない株の必勝法&狙いの10万円株46」の中から紹介するのが、株主優待株の値動きを逆手に取って株主優待ではなく値上がり益を狙う作戦だ。 1~3カ月で売買するスイングトレードにおいて、特に手堅い稼ぎ頭になってくれる期待の大きい投資法だ。 まずは、株主優待株の権利確定についての基本的なルールを確認しておこう。 株主優待をもらうには、欲しい銘柄の権利確定日を確認し、その3営業日前の最終売買日(優待や配当の権利を得るために株を売買できる最終日)までに株を購入しておく必要がある。 よって、人気の株主優待株は最終売買日に向けて、株主優待狙いの投資家の買いが集中し、株価が上昇しやすくなる。 「この値動きのクセを逆手に取って利用すれば、株主優待株でカンタンに値上がり益を獲得できる」 とラジオNIKKEIの和島英樹さんはアドバイスする。 和島さんが提唱するのは、図で示したように2回に分けて株を購入する作戦。 2回目の買いタイミングは、権利確定日に向けて株価が上昇し始める直前の1~3カ月前あたりが目安になる。 1回目は株価の底値付近で買うことで利益幅を大きくできる、2回目は価格が上昇し始めた基点を確認してから購入することで保有期間の効率をアップできる、というメリットが狙えることになる。 もちろん、買う時期を分けることによるリスク分散も実現できる(もちろんどちらか1回の買いでもOK)。 12月権利確定のマックスバリュー東海と 3月権利確定のダイショーがオススメ! たとえば、3月末が権利確定月の銘柄ならば、3月末の権利落ち日を過ぎたあたりで一度買い、翌年の3月に向けて上がり始める2月初旬あたりに2度目の買いを入れればOK。 また、投資効率を高めたいなら、権利確定が3月末と9月末というように、2回ある銘柄を探すのもいいだろう。 3月、9月が権利確定月のは権利落ち後に急落し、再び権利確定日に向けて上昇。 【2020年7月1日時点】 【証券会社おすすめ比較】 手数料、取引ツールetc. 資金が少なく、複数の銘柄に分散投資する初心者の個人投資家にはおすすめだ。 さらに、2016年度 JCSI 日本版顧客満足度指数 調査で、証券業種の第1位を獲得! その使い勝手は、チャート形状で銘柄を検索できる「チャートフォリオ」を愛用している株主優待名人・ 桐谷さんも「初心者に特におすすめ」と太鼓判を押す。 また、デイトレード限定で手数料が無料になる「一日信用取引」、手数料が激安になる「一日先物取引」など、 専業デイトレーダーにとって利便性の高いサービスも充実している。 投資信託の数は約2700本と業界トップクラス。 投資信託が100円以上1円単位で買えるので、投資初心者でも気軽に始められる。 さらに、 IPOの取扱い数は、大手証券会社を抜いてトップ。 PTS取引(私設取引システム)も利用可能で、一般的な取引所より有利な価格で株取引できる場合もある。 海外株式は、米国、中国、ロシアのほか、アセアン株式も取り扱うなど、とにかく 商品の種類が豊富だ。 米国株が、2019年7月の値下げにより売買手数料が最低0米ドルから取引可能になったのも魅力。 低コストで幅広い金融商品に投資したい人には、必須の証券会社と言えるだろう。 「2020年 オリコン日本顧客満足度ランキング ネット証券」では、5年連続13度目の 1位を獲得。 貯まったポイントは、楽天スーパーポイントやJALマイルに交換可能。 楽天スーパーポイントは、国内現物株式や投資信託の購入にも利用できる。 また、取引から情報収集、入出金までできる トレードツールの元祖「マーケットスピード」が有名で、数多くのデイトレーダーも利用。 ツール内では 日経新聞の記事も無料で読むことができる。 さらに、投資信託数が2000本以上と多く、米国や中国、アセアンなどの海外株式、海外ETF、金の積立投資もできるので、 長期的な分散投資がしやすいのも便利だ。 逆指値などの 自動売買機能が充実しているのも魅力だ。 さらに、PTSなどを併用して有利な価格の約定が狙えるSOR注文も利用できる。 米国株は取扱銘柄数が業界トップクラスのうえ、最低手数料0ドル(税抜)から購入可能。 また「USAプログラム」対象の米国ETFなら、売買手数料が全額キャッシュバックされる! 銘柄選びのツールとしては、バフェットやソロスなど、著名投資家のポートフォリオを解析するサービス「iBillionaire」が便利。 他にも、多彩な注文方法や板発注が可能な「マネックストレーダー」など、トレードに役立つツールがそろっている。 信用取引の売買手数料と買方金利・貸株料も最安値レベルで、 一般信用売りも可能だ! 近年は、各種ツールや投資情報の充実度もアップしており、売買代金では5大ネット証券に食い込むほど急成長している。 商品の品揃えは、株式、先物・オプション、FXのほか、CFDまである充実ぶり。 CFDでは、各国の株価指数のほか、原油や金などの商品、外国株など多彩な取引が可能。 この1社でほぼすべての投資対象をカバーできると言っても過言ではないだろう。 1約定ごとの「一律(つどつど)プラン」では、約定代金5万円以下なら売買手数料が50円とお得だ。 その手数料の安さは株主優待名人・桐谷さんのお墨付き。 口座開設から40営業日(約2カ月)までは、現物株、信用取引、先物・オプションの取引手数料が無料になるキャンペーンも長年にわたって実施中。 無料の取引ツール「livestarR2」は高機能化が進んおり、特殊注文機能も完備。 低コストで株や先物取引をアクティブにトレードしたい人にはもちろん、売買頻度の少ない初心者や中長期の投資家にもおすすめの証券会社と言えるだろう。 また、大手証券会社だけあって、 投資情報や銘柄分析レポートが充実しており、専門家による数多くの調査レポート動画も視聴可能。 さらに、 IPO取り扱い数がトップクラスなのも大きなメリット。 特に主幹事数が多いので、本気でIPO投資をするならぜひ口座を持っておきたい証券会社だ。 会社やレジャーなどの外出先でも株価のチェックや取引をしたい人には、 スマホ用株アプリ「野村株アプリ」が便利。 【関連記事】.

次の

スシローの株主優待の内容は?いつ届く?使い方や権利確定日も

株主優待 権利確定日

株主優待や配当には、 権利確定日という日が存在します。 権利確定日とは、「その日に株主として株主名簿に記載されることにより、株主優待や配当などの権利が確定される日」で、その多くは決算期末・月末が該当します。 これを見て、「権利確定日の当日だけ株を持って、すぐ売ってしまえば優待がもらえるのでは…」と考えた人は要注意です! 権利付き最終日に株を持っていることが大事! 注意!2019年7月16日(火)からは株の取引ルールが変わり、株の決済が現状の3営業日後から2営業日後に変更されます。 下記の説明は2019年7月16日(火)以降の受渡日などを表しています。 じつは、株主として株主名簿に記載されるためには、権利確定日当日ではなく、 権利確定日の2営業日前までに株を買って持っておかなければいけないのです。 この権利確定日の2営業日前を「 権利付き最終日」、権利付き最終日の翌営業日を「 権利落ち日」と呼びます。 権利付き最終日に株を持っていることで、権利確定日に株主として株主名簿に記載される=優待や配当などの権利を得ることができるのです。 つまり、株主優待や配当は「 権利付き最終日に株を持っているか、持っていないか」という点が非常に重要となってくるのです。 極端な話、権利付き最終日の1日さえ株を持っていれば、株主優待や配当の権利を受けられるということです。 ややこしいので、さらに詳しくお話ししますね。 権利付き最終日・権利確定日の具体例 たとえば31日が権利確定日であるとします。 このときの権利付き最終日は、2営業日前の29日です(土日の非営業日を挟みません)。 つまり、権利を得るためには29日までに株を購入し、持っておかなければいけません。 この権利付き最終日をひとたび過ぎてしまえば、株を売ってしまっても権利は得られることになります。 つまり権利落ち日以降に株を売ればよいということです。 別のページにを作ってみましたので参考にしてください。 31日( 権利確定日)• それは 株の継続保有期間です。 優待銘柄には優待を取得するために、権利確定日の「半年前」や「1年前」から株式の継続保有期間を定めるものがあります。 例えば、継続保有期間が半年と決まっていて、今までその株を持っていなかった場合、権利付き最終日の1日だけ株を買っても継続保有期間が足りないため、優待は受け取れません。 優待を狙っている人にはありがちなミスですので、継続保有期間が定められているかどうかの確認は忘れないようにしましょう。 権利確定日付近の株価上昇を狙うのも一つの手! また、優待を実施する企業では、権利確定日が近づくにつれて株価も一緒に上がっていく傾向が見られます。 なぜこのような動きになるのかというと、優待を欲しい人が権利確定日近くになると株を買い始めるためです。 ですので、権利確定日の直前ギリギリで買うよりも、ある程度の余裕を持って買っておくと、優待の影響で株価が上がってしまう前に買える可能性が高くなります。 目安としてはだいたい 2か月前くらいでしょうか?ただし、業種や企業などによって株価の動きは違ってきますので、目安として考えてくださいね。 100円均一の小売店「」の値動きがわかりやすかったので、チャートの例をみてみましょう。 これは2018年権利確定日(5月末)付近のチャートです。 チャートを見てわかるとおり、5月末にむかって株価が上昇し、権利付き最終日付近で株価が 高値になっていることがわかります。 権利確定日の2か月前(3月)を確認すると、まだ株価はあまり上昇していませんね。 こういうときに株を買うことができれば、株価の上昇による利益も手に入れることができます。

次の

株主優待株の権利確定に向けた上昇を逆手に取って確実に利益ゲットせよ!|株主優待情報[2020年]|ザイ・オンライン

株主優待 権利確定日

権利確定日・権利付き最終日・権利落ち日の違い 株主になると、その会社に対して 「 株主権利」を持つことができます。 株主権利とは、 「配当金」や「株主優待」を受け取る権利、「 株主総会」に出席する権利のことをいいます。 その会社が定める 権利確定月に株主権利を受け取ることができます。 多くの企業は 3月や 9月に設定していることが多いのですが、 会社によって違っているので確認が必要です。 マクドナルドの場合は 「6月末、12月末」に設定されています。 Yahoo! このことを知らずにいると、 せっかく株を買ったのに配当金や株主優待が受け取れなったり、 権利落ちで株価が下落してしまったり、 といった思わぬ損失を被ることがあります。 せっかくのチャンスを1日違いの不注意で逃さないために、 株主権利が発生する「権利付き最終日」と確定する「権利確定日」の違いをしっかり把握しておきましょう。 株主権利が確定する「権利確定日」 株主権利がもらえる権限が確定する日のことを 「 権利確定日」といいます。 会社が定める権利確定月の月末にあたる日で、この日の 「株主名簿」にあなたの名前が記載されていれば、配当金や株主優待を受け取ることができます。 そして株取引の初心者の方に注意していただきたいのですが、 権利確定日「当日」に株を購入しても株主権利を受け取ることはできません。 株主権利を得るためには、 権利確定日の3営業日前まで にその株を購入し保有しておく必要があります。 その権利確定日の3営業日前のことを 「権利付き最終日」といいます。 株主権利が発生する「権利付き最終日」 株式を保有していることで株主権利を得られる日のことを 「 権利付き最終日(権利取り日)」といいます。 例えば3月期決算の会社を例にすると、 3月 31日が 権利確定日となり、 権利付き最終日は3月 28日になります。 なぜ3営業日前になるかというと 株主の名義書換に時間がかかるためです。 つまり配当金や株式優待を目的とするのなら、 権利付き最終日に株を持っているか、持っていないかという点が非常に重要となってくるのです。 たとえ権利付き最終日の1日しか株を保有していなくても、株主優待や配当の権利を受けられることになります。 権利付き最終日の翌営業日「権利落ち日」 権利付き最終日の翌営業日のことを 「 権利落ち日」といいます。 権利付き最終日に株式を保有していれば株主名簿に名前は載りますので、その次の日、 権利落ち日に株を売却しても、配当金や株式優待を受け取ることができます。 逆に権利落ち日に株を買っても、配当金や株式優待を受け取ることができるのは次の権利付き最終日となり、 早くて半年、長くければ1年保有し続けないと株主権利は手に入りません。 また、この 権利落ち日には株価が下落する傾向にあります。 配当金や株主優待は権利付き最終日当日だけ持っていれば受け取れますが、この日は皆が株を欲しがるので高値になりがち。 そして株主権利を受け取った後の株は必要ないと、投資家が株を手放すため株価が値下がりするのです。 株価が高い状態で買ってしまうと、権利落ち日に急落してしまい、 配当金や株主優待で得た収益以上の損失が出てしまう危険性があるので注意が必要です。 ファイナンスなどの銘柄情報には、権利確定月や権利確定日の記載はあっても、 「権利付き最終日」は載っていない場合が多いです。 そのため、 権利確定日に保有すれば良いんだと間違ってしまう初心者の方が多いのです。 権利付き最終日を知るに当たり、忘れてはいけないのは 3日前ではなく 3営業日前ということ。 株式市場が営業している、土日祝日ではない平日だということです。 先に例であげた3月期決算の会社の場合、土日祝日の休みを含まない場合、 3月31日が権利確定日となり、権利付き最終日は3月28日になります。 それでは土日祝日が絡んでくる紛らわしい場合はどうなるのでしょうか。 いつ持っていれば権利を獲得できるのか、具体的に見てみましょう。 権利確定日が土日祝日の場合 まず 権利確定日が土日だった場合、 平日の金曜日に 繰り上がり、その3営業日前の日が権利付き最終日になります。 権利確定日が31日の日曜日だったとしましょう。 証券取引所は土日が休みなので金曜日まで繰り上がり、そこから3営業日前の27日が権利付き最終日になります。 権利確定日前に土日祝日をはさむ場合 権利確定日の前に土日祝日をはさむ場合はどうでしょうか。 土日祝日は証券取引所があいていませんので 営業日にカウントしません。 権利確定日が31日の月曜日だったとしましょう。 権利確定日の前にある土日はカウントせず、28日から3営業日前の26日が権利付き最終日になります。 権利付き最終日は証券会社のサイトで確認できる 場合分けして権利付き最終日の調べ方についてお話してきましたが、 株主優待のある会社に関しては 証券会社のサイトで権利付き最終日を知ることができます。 私が普段から使っているSBI証券の場合で見てみましょう。 配当金や株主優待の取り逃しのないよう、権利付き最終日がいつなのか必ず把握しておきましょう。 まとめ 株主権利が発生するのは権利付き最終日です 権利付き最終日に1日しか持っていなくても株主権利を受け取れます 権利落ち日に株を取得しても株主権利は発生しません 権利確定日が土日祝日の場合、平日まで繰り上がった3営業日前が権利付き最終日です 権利確定日前に土日祝日を挟む場合、土日祝日をカウントしない3営業日前が権利付き最終日です 株主優待のある銘柄は証券会社のサイトにて権利付き最終日を確認できます 最後までお読みいただき、誠にありがとうございました。

次の