より いち と こく し ぼう。 名入れ記念品・表彰楯・トロフィーの作成販売

【鬼滅の刃】175話ネタバレ!黒死牟(こくしぼう)死亡!?

より いち と こく し ぼう

今回は週刊少年ジャンプにて大人気連載中の鬼滅の刃に登場する 黒死牟(こくしぼう)について紹介していきます! 黒死牟は上弦の鬼の最強の地位 「上弦ノ壱」に君臨する強者です。 鬼殺隊は、鬼の親玉・鬼舞辻無惨が率いる [十二鬼月]・上弦の鬼をなんと100年もの間、倒す事が出来なかったという事実もあり、その 上弦トップにいる黒死牟の存在が益々威圧さを増していました。 では、最初に黒死牟のいる組織である 十二鬼月についてまとめていきたいと思います。 40-game-life. com そもそも 十二鬼月鬼舞辻直属の配下の事で実力が他より抜きに出ていたり、鬼舞辻に見込まれれば入ることができます。 その中でも上弦と下弦に6名ずつに分かれていて、数字が小さくなる毎に鬼の強さは上がっていきます。 よって、 になっているという訳で、 上弦の壱(黒死牟)が最も強く、 下弦の陸が最弱という格付け式になっています。 中でも上弦の鬼は約100年もの間、顔ぶれが変わらず鬼殺隊に敗れていないという優秀さで、鬼舞辻からも信頼されていますが、メンバー内には 自分の地位に不満を持つ鬼も存在します。 黒死牟はそういった組織の 規律や序列に対してとても厳しく内戦が起きぬよう未然に防ぐなどトップの風格を感じさせます。 com まだまだ、謎に包まれている黒死牟ですが、その 特徴をまとめていきます。 黒死牟の見た目ですが、服装は黒と紫の柄の入った和服に身を包み、黒い長髪は後ろで一つ結びにして外見は普通の人(侍)と大差なく捉えられます。 ですが顔面が驚愕の三つが対となる 六つ目となっており、そして鬼殺隊の中でも希少とされる 始まりの剣士があります。 この 痣が入っているという事は、 始まりの剣士の一人であったと考えられます。 また、 上弦の参・猗窩座は己の更なる強さを磨く事が目的の鬼です。 当時は、 下克上で誰でも上を狙って天下を取れる時代 ・・・・・・・・・・・・・・・であったため、周囲の動向には常に目を光らせ上下関係にも厳しい性格でした。 鬼舞辻に対する忠誠心により組織内の乱れを事前に防いでいたのかと思っていましたが、純粋に 人間時代からの環境や時代背景にも関係があった事が判明し、 序列に厳しい理由にも繋がりました。 pinterest. jp また、継国家の祖先という事から、鬼殺隊の霞柱・時透無一郎が末裔だということも明らかになっています! 黒死牟(こくしぼう)の過去が衝撃!鬼になった理由も明らかに!? 多くの物を捨てたのに、何も得られず、残せなかった黒死牟が不憫すぎる。 — 中野 はぐメタ gIX9RV38hJHYaa7 黒死牟(こくしぼう)は双子の 「 縁壱 よりいち」という弟がいました。 昔は、双子の出生は跡継ぎがスムーズにいかないために 不吉だと言われており、正にそれは的中した形で二人の間には徐々に溝が生まれていきます。 事の発端は、 弟・縁壱は生まれつきを発言させており、僅か7歳で竹刀の持ち方と構え方を口頭で教えられただけで大人の侍を打ち負かすほどの 天賦の才を見せつけました。 やがて長男として生まれた黒死牟こと 巖勝 みちかつは縁壱に剣術で勝ちたいと思う気持ちがどんどん 妬みや嫉妬に変貌していきます。 そんなタイミングで 鬼舞辻無惨に出会い、鬼への勧誘を受けて自ら 鬼の血を分け与えて貰い、 黒死牟(こくしぼう)という鬼が誕生しました。 それからは 鬼舞辻無惨の相棒的存在で鬼殺隊や[始まりの呼吸の剣士]を次々に殺していくようになります。 com 鬼舞辻がどうしてタイミングよく現れたのかは不明ですが、用意周到な彼の戦略がひしひしと伝わる画像です。 無限の刻に惹かれ、縁壱を勝る事ができる強さを手に入れたいという一心で黒死牟は妻子を捨て、そして人すらも捨ててて 鬼となり、剣術の鍛錬に費やします。 また、縁壱は日の呼吸の伝承者であるため、 にも密接に関わっています。 ですが彼は現役の頃と全く変わらぬ動きで剣を振り捌き、 黒死牟はまた歯が立たず、歳をとらず永遠の刻を得てしても 弟・縁壱には敵わなかったのです。 巖勝(みちかつ)こと黒死牟は、全てを捨てても勝つ事が出来ない存在を知る鬼なのです。 鬼には人間の頃に 辛い体験や守れなかった物があり、それ故に 強さを求めて鬼となる者が多く、更にその 意思が強ければ強いほど鬼としての力を存分に発揮します。 黒死牟には何とも儚い過去があり、敵ながらその気持ちに痛いほど共感しました。 鬼も元々は人間、ただの悪者で終わらないところが 鬼滅の刃の真骨頂だと改めて感じました。 これからどんどん盛り上がっていくこと間違いなしの 鬼滅の刃に目が離せません!!.

次の

【#鬼滅の刃】耳飾りの剣士・継国縁壱(つぎくによりいち)の強さ【戦闘能力考察】|ひらめきのきらめき

より いち と こく し ぼう

スポンサーリンク 【鬼滅の刃】十二鬼月「上弦の壱」 上弦の壱とは鬼の中でも 圧倒的な強さを誇っています。 鬼の中にはランクが作られており「 十二鬼月」と呼ばれている12人の鬼たちが存在しています。 下弦の鬼達は短い間で何回も入れ替わることがありますが、上弦の鬼は100年以上の間ずっとメンバーが変わることがありませんでした。 鬼のランクには、下弦は陸から壱まで、上弦も陸から壱までのクラスがあります。 数字が小さくなるほど鬼の強さは強くなり、一番強いのは上弦の壱です。 その 上弦の壱である黒死牟はとてつもなく恐ろしい強さの鬼であると考えられます。 スポンサーリンク 【鬼滅の刃】「日の呼吸」の使い手? 鬼滅の刃には 呼吸法という大切なものがあります。 『呼吸法』とは、 鬼殺隊の面々が鬼と戦う際に使用する操身術です。 鍛え抜かれた肺により、体の細胞の隅々にまで酸素を行き渡らせることで、身体能力を格段に引き上げることができます。 これを『 全集中の呼吸』と呼び、鬼殺隊士はこの『全集中の呼吸』を応用して、技を繰り出します。 剣士である『柱』は、『水柱』『炎柱』のように使用している呼吸によって呼称が変わります。 現在、鬼殺隊士たちが主に使用している呼吸が 『水の呼吸』『雷の呼吸』『炎の呼吸』『風の呼吸』『岩の呼吸』の5つである。 これらの呼吸から 『花の呼吸』『霞の呼吸』『蟲の呼吸』など、様々な呼吸が派生しています そんな呼吸の中には 「始まりの呼吸」と言われている「日の呼吸」があります。 日の呼吸は今現在の鬼殺隊の隊士たちの中で扱う人間は存在していません。 そのため 最強の呼吸法という事で伝説になっています。 主人公の炭治郎は、なぜか父親の踊っていた舞が日の呼吸の一つの型だった事を知り、技として使うことができるようになりました。 スポンサーリンク 【鬼滅の刃】謎に包まれた黒死牟の過去とは? 黒死牟は鬼になる前になにをしていたのか、また黒死牟はどのような人間だったのか判明していません。 顔の痣はかつて鬼殺隊の隊士の証だとしても、 耳に太陽の紋章の耳飾りが黒死牟にはありません。 見た目は以前の日の呼吸の剣士たちと同じです。 しかし 顔の痣は日の呼吸の剣士が現れると、まわりの他の呼吸の使い手の剣士たちにも出ると言われています。 黒死牟は痣があるので日の呼吸の使い手である剣士がちかくにいたとも考えられます。 何らかの呼吸の使い手であったことは明らかで、鬼殺隊の隊士として戦っていたのかもしれません。 もしかすると今後の物語の中でだんだん過去について明らかになっていくのではないでしょうか。 黒死牟には、 何か鬼殺隊や炭治郎の家族たちと関わりがある事も予想されています。 スポンサーリンク まとめ 上弦の鬼たちの存在は前々から明かされていましたが、黒死牟の素顔や能力などは全く分かりませんでした。 しかし、上弦の鬼最強の 黒死牟とヒノカミ神楽の使い手がよく似ていた事がわかりました。 黒死牟は和服を着ていて、しかも刀を所持していたので、その姿からなんとなく鬼殺隊の隊士を想像してしまいますが、情報は謎に包まれていました。 それに 彼の後ろ姿がヒノカミ神楽の使い手である炭次郎の親父 とよく似ていたのです。 炭治郎の夢の中にもよく似た人物が現れていました。 そんなに強かった黒死牟がなぜ、鬼舞辻無惨に屈してしまい、鬼になってしまったのでしょう。 彼は鬼殺隊の隊士たちと同じように刀を所持していたため、 鬼になる前は鬼狩りをしていたのかもしれません。 今現在も上弦の鬼の中で一番強い鬼なので、鬼になる前の状態でも相当強かったのだと思われます。 黒死牟は、 日の呼吸の使い手で、始まりの呼吸の剣士と何らかの関係があるのではないかということも考えられます。 それから最初の鬼である鬼舞辻無惨をその昔、あと一歩の所まで追い詰めた「 耳飾りの剣士」と、黒死牟はとても良く似ています。 未だにこの「耳飾りの剣士」に怯えるほど、無惨の記憶に刷り込まれているようです。 実際、炭次郎の耳飾りを見た無惨は、態度を急変させて炭次郎に喰ってかかり、その後も異常な執着をみせました。 その後も無惨に「耳飾りの剣士」の記憶が蘇る事から、二人にはかなり深い因縁があるのがわかります。 つまり、最強の鬼狩りが鬼になったのですから、あり得ないほど強いことが想定できますね。 無惨よりも強い可能性があります。 それからもし黒死牟が耳飾りの剣士だとしたら、 耳飾りは「日の呼吸」を伝授された事により炭吉の耳飾りだけ残り、自分の耳飾りは抹消されてしまったのではないでしょうか。 無惨の血により鬼になったという事も考えられるけど、黒死牟が耳飾りの剣士とは同一人物ではない可能性もあるのではないでしょうか。 このように強さや過去、炭治郎との関係などわからないことが多い黒死牟です。 炭治郎や鬼殺隊とどうなっていくのでしょうか。

次の

鬼滅の刃黒死牟(こくしぼう)の正体判明!まさかの双子だった!

より いち と こく し ぼう

スポンサーリンク 【鬼滅の刃】十二鬼月「上弦の壱」 上弦の壱とは鬼の中でも 圧倒的な強さを誇っています。 鬼の中にはランクが作られており「 十二鬼月」と呼ばれている12人の鬼たちが存在しています。 下弦の鬼達は短い間で何回も入れ替わることがありますが、上弦の鬼は100年以上の間ずっとメンバーが変わることがありませんでした。 鬼のランクには、下弦は陸から壱まで、上弦も陸から壱までのクラスがあります。 数字が小さくなるほど鬼の強さは強くなり、一番強いのは上弦の壱です。 その 上弦の壱である黒死牟はとてつもなく恐ろしい強さの鬼であると考えられます。 スポンサーリンク 【鬼滅の刃】「日の呼吸」の使い手? 鬼滅の刃には 呼吸法という大切なものがあります。 『呼吸法』とは、 鬼殺隊の面々が鬼と戦う際に使用する操身術です。 鍛え抜かれた肺により、体の細胞の隅々にまで酸素を行き渡らせることで、身体能力を格段に引き上げることができます。 これを『 全集中の呼吸』と呼び、鬼殺隊士はこの『全集中の呼吸』を応用して、技を繰り出します。 剣士である『柱』は、『水柱』『炎柱』のように使用している呼吸によって呼称が変わります。 現在、鬼殺隊士たちが主に使用している呼吸が 『水の呼吸』『雷の呼吸』『炎の呼吸』『風の呼吸』『岩の呼吸』の5つである。 これらの呼吸から 『花の呼吸』『霞の呼吸』『蟲の呼吸』など、様々な呼吸が派生しています そんな呼吸の中には 「始まりの呼吸」と言われている「日の呼吸」があります。 日の呼吸は今現在の鬼殺隊の隊士たちの中で扱う人間は存在していません。 そのため 最強の呼吸法という事で伝説になっています。 主人公の炭治郎は、なぜか父親の踊っていた舞が日の呼吸の一つの型だった事を知り、技として使うことができるようになりました。 スポンサーリンク 【鬼滅の刃】謎に包まれた黒死牟の過去とは? 黒死牟は鬼になる前になにをしていたのか、また黒死牟はどのような人間だったのか判明していません。 顔の痣はかつて鬼殺隊の隊士の証だとしても、 耳に太陽の紋章の耳飾りが黒死牟にはありません。 見た目は以前の日の呼吸の剣士たちと同じです。 しかし 顔の痣は日の呼吸の剣士が現れると、まわりの他の呼吸の使い手の剣士たちにも出ると言われています。 黒死牟は痣があるので日の呼吸の使い手である剣士がちかくにいたとも考えられます。 何らかの呼吸の使い手であったことは明らかで、鬼殺隊の隊士として戦っていたのかもしれません。 もしかすると今後の物語の中でだんだん過去について明らかになっていくのではないでしょうか。 黒死牟には、 何か鬼殺隊や炭治郎の家族たちと関わりがある事も予想されています。 スポンサーリンク まとめ 上弦の鬼たちの存在は前々から明かされていましたが、黒死牟の素顔や能力などは全く分かりませんでした。 しかし、上弦の鬼最強の 黒死牟とヒノカミ神楽の使い手がよく似ていた事がわかりました。 黒死牟は和服を着ていて、しかも刀を所持していたので、その姿からなんとなく鬼殺隊の隊士を想像してしまいますが、情報は謎に包まれていました。 それに 彼の後ろ姿がヒノカミ神楽の使い手である炭次郎の親父 とよく似ていたのです。 炭治郎の夢の中にもよく似た人物が現れていました。 そんなに強かった黒死牟がなぜ、鬼舞辻無惨に屈してしまい、鬼になってしまったのでしょう。 彼は鬼殺隊の隊士たちと同じように刀を所持していたため、 鬼になる前は鬼狩りをしていたのかもしれません。 今現在も上弦の鬼の中で一番強い鬼なので、鬼になる前の状態でも相当強かったのだと思われます。 黒死牟は、 日の呼吸の使い手で、始まりの呼吸の剣士と何らかの関係があるのではないかということも考えられます。 それから最初の鬼である鬼舞辻無惨をその昔、あと一歩の所まで追い詰めた「 耳飾りの剣士」と、黒死牟はとても良く似ています。 未だにこの「耳飾りの剣士」に怯えるほど、無惨の記憶に刷り込まれているようです。 実際、炭次郎の耳飾りを見た無惨は、態度を急変させて炭次郎に喰ってかかり、その後も異常な執着をみせました。 その後も無惨に「耳飾りの剣士」の記憶が蘇る事から、二人にはかなり深い因縁があるのがわかります。 つまり、最強の鬼狩りが鬼になったのですから、あり得ないほど強いことが想定できますね。 無惨よりも強い可能性があります。 それからもし黒死牟が耳飾りの剣士だとしたら、 耳飾りは「日の呼吸」を伝授された事により炭吉の耳飾りだけ残り、自分の耳飾りは抹消されてしまったのではないでしょうか。 無惨の血により鬼になったという事も考えられるけど、黒死牟が耳飾りの剣士とは同一人物ではない可能性もあるのではないでしょうか。 このように強さや過去、炭治郎との関係などわからないことが多い黒死牟です。 炭治郎や鬼殺隊とどうなっていくのでしょうか。

次の