水虫タイプ ポケモン。 sm32206010

【ポケモン剣盾】シズクモの進化と入手方法【ソードシールド】|ゲームエイト

水虫タイプ ポケモン

霊がメインの場合と闘がメインの場合の両方がある。 特に前者は霊半減以下の無悪の両方に闘で弱点を突ける完璧な組み合わせ。 後者でも闘が半減以下の超霊毒虫飛妖のうち2つに弱点をとれる。 シャドークローの威力や気合玉の命中率など、物理特殊どちらにしても 威力や命中に難があるため使用者が少ないが、優秀な組み合わせであることに変わりはない。 水がメインの組み合わせ。 大半の水タイプが使用できる。 水を半減する、水竜草のうち2つに弱点を突ける。 水タイプのポケモンが冷凍ビームなどをサブウェポンとして採用することが多い。 水に両方半減される。 習得者は少ないが、氷技にフリーズドライを採用する場合は水にも弱点を突けるため、範囲が非常に広くなる。 25倍、特性「もふもふ」には2倍 5属性の弱点を突ける。 竜がメインの組み合わせ。 竜を半減する鋼に炎で弱点をとる。 非常に止めるのが難しい組み合わせ。 ドラゴンタイプのポケモンが大文字や炎のパンチなどをサブウェポンに持ちこの技範囲を扱うことが多い。 竜がメインの組み合わせ。 竜を半減する鋼に地で弱点を突く。 「ドラゴンタイプ+鋼対策技」の組み合わせではとが両方とも一致で扱える。 電を半減以下にできる地草竜電のうち、3つに弱点をつける。 氷から見た場合は対水のみだが、フリーズドライを覚えず、電気タイプの技を覚えるポケモンが対水を想定して採用されることも。 単純な抜群範囲はそれほど広い部類ではないものの、補完が極めて優秀な組み合わせ。 電タイプのポケモンが「めざめるパワー氷」をサブウェポンに持ちこの技範囲を扱うことが多い。 妖がメインの組み合わせ。 妖を半減する、炎毒鋼の全てに地で弱点が突ける完璧な組み合わせ。 この範囲を扱える妖は少なく、特殊ならばめざめるパワー地面が使われる。 地面ポケモンから見ると苦手タイプへの補完が一切無いため、優先度は高くない。 飛がメインの場合と、地がメインの場合の両方がある。 前者の場合、飛を半減する電岩鋼の全ての弱点を突く完璧な組み合わせ。 後者の場合、地を半減以下にする飛虫草のうち2つに弱点を突く。 飛闘の組み合わせの影に隠れがちだったが、飛闘を半減以下にするギルガルドに地が抜群であるため、採用率は上がっている。 毒に耐性を持つ毒・岩・鋼に地が抜群。 地半減の草に毒が抜群となる。 基本は毒メインのポケモンが相性補完を求めて地を採用する。 25倍、特性「もふもふ」には2倍 6属性の弱点を突ける。 超がメインの組み合わせ。 超を半減以下にする悪超鋼のうち、1つに弱点を突く。 主に超タイプが鋼を相手取るためにこの範囲を持つ。 かつて高威力の炎技を扱える超ポケモンは少なかったが、第8世代では技マシンでマジカルフレイムが配られ、この範囲は一般的になった。 炎ポケモンから見ると苦手タイプへの補完が一切無いため、こちらはこの範囲が取られることはまずない。 竜がメインの組み合わせ。 竜を半減する鋼に闘で弱点を突く。 虫鋼複合のハッサムや超鋼複合のメタグロスに竜半減闘等倍となるため、竜炎の組み合わせの影に隠れがち。 妖に両方半減以下にされる。 25倍、特性「もふもふ」には2倍 5属性に弱点を突ける。 飛行半減の鋼に炎で弱点を突く、飛行がメインの相性補完。 等倍範囲の広い飛行技の一貫性が高まるうえ、双方半減の岩タイプがマイナーなので止まりづらい。 鋼タイプをメインウェポンとするポケモンが炎電鋼の弱点を突くために採用する。 地面タイプが不一致鋼技を採用することは少ない。 草半減の炎・飛行・虫に岩で弱点が突け、岩半減の地面に草が抜群を取れる。 岩タイプで草技を扱えるポケモンは少ないため、草タイプがサブとして岩技を採用するケースが多い。 両者鋼に半減されるが、岩技を覚えられるポケモンは地面・格闘技も覚えることが多いため、比較的対策しやすい。 特殊岩技の威力が低いため、採用するポケモンの大半は物理型である。 妖半減の炎に岩が、岩半減の闘に妖が抜群。 双方に無効タイプが存在せず一貫性が高いが鋼に半減される。 相性補完と等倍範囲の両面で優れた組み合わせだが、双方とも威力100未満の技が多い。 タイプ一致でないと等倍だと十分な火力が出ないうえ、現状では双方をタイプ一致で扱えるポケモンが限られる。 また、岩メインのポケモンで高威力の妖技を覚えるポケモンは非常に少ない。 主にストーンエッジなどの高威力物理岩技をサブで扱える妖主体のポケモンが補完で採用する範囲。 主に物理鋼が炎・水・電へ等倍以上の打点を求めて岩技を採用する。 両タイプに無効化手段が無いため、鋼に双方半減という点を加味しても等倍範囲が広い組み合わせ。 実戦では双方との補完に優れる地や闘を同時採用し、鋼への打点とするのが一般的。 竜をメインとするポケモンが妖に鋼で弱点を突く目的で採用する。 共に鋼に半減されるので、サブやもう一つの一致技で鋼に高打点で弱点を突ける竜で採用する。 竜が覚えられる鋼技が威力が低いことと、メジャーな妖複合の水妖・電妖に鋼が等倍な点がネック。 双方一致で扱えるポケモンが禁止伝説ののみであることもあり、採用率はあまり高くない。 25倍、特性「もふもふ」には2倍 4属性に弱点をつける。 無半減の鋼に炎で打点を得る、無をメインとする相性補完。 主にだいもんじなどの高威力特殊炎技を使用できる特殊メインの無が採用する範囲。 双方半減の岩が少ないため等倍範囲も広い。 物理でも採用価値はあるものの、無が覚える物理炎技はほのおのパンチやほのおのキバ止まり。 炎弱点を持つ鋼が多いとはいえ威力が低く、4倍ピンポイントの採用になりがち。 物理メインの無の場合は地や闘といった技威力の高い組み合わせに落ち着く場合が多い。 25倍、特性「もふもふ」には2倍 6属性の弱点を突ける。 電気は草対策に炎技を、炎が水対策に電気技をそれぞれ採用する。 双方が竜に半減されるが、多くのポケモンが止まりやすいすべての鋼複合に対して等倍以上を取れる組み合わせ。 実戦ではめざめるパワー氷や格闘技・地面技をあわせて採用するケースが多く、突破力をさらに高めやすい。 25倍、特性「もふもふ」には2倍 7属性に弱点をつける。 妖半減の鋼に炎で、炎半減の竜に妖で弱点をつける。 炎タイプに双方半減以下となる。 現状双方をタイプ一致で扱えるポケモンは存在せず、主に妖が鋼への打点として炎技を補完採用する。 高威力の炎技を習得できる妖は少なかったが、第8世代ではマジカルフレイムを覚えるポケモンが増えた。 などの炎4倍鋼には効果てきめんで採用率は高い。 妖半減の鋼に闘で弱点をつく、妖メインの相性補完。 両半減の毒がマイナーなうえ、やといったメジャーな高耐久無に対する打点にもなる。 きあいだまやばかぢからといった高威力闘技を習得できるポケモンに特に人気のある組み合わせ。 めざめるパワーでも選択肢となるタイプだが、格闘4倍筆頭のには妖で2倍弱点が突ける。 環境には闘等倍以下の鋼も多いので、特殊妖のめざめるパワーの選択タイプとしては炎・地に比べると少数派。 また、闘メインのポケモンからすれば等倍範囲はそれなりだが補完がない。 高威力の妖技を習得できる闘も現状いないため、闘メインのポケモンが採用することはまずない。 竜をメインとするポケモンが妖に毒で弱点を突く目的で採用する。 共に鋼に半減以下にされるので、採用する竜のほとんどは持ち物や特性・積み技による威力補強を施す。 威力補強が十分であれば、高威力の竜技により半減でも鋼にゴリ押しが狙える。 サブやもう一つの一致技で鋼に高打点で弱点を突ける場合も多く、鋼による安易な対策が通用しない場合が多い。 超無効の悪に妖が抜群で、妖半減の毒に超が抜群になる。 等倍範囲でみても炎に超が、超に妖が通りやすいので、抜群範囲の狭さを加味しても優秀な相性補完。 物理で両タイプの高威力技を習得するポケモンはいないので、特殊型での採用が主。 鋼に双方半減されるので、実戦ではきあいだまやめざめるパワー炎・地面などを組み合わせることが多い。 25倍、特性「もふもふ」には2倍 5属性に弱点を突ける。 単タイプで見ると双方半減の岩タイプがマイナーなので通りはまずまず良い。 主に毒無効の鋼に対する打点として、毒メインのポケモンが炎技を採用する。 毒技の範囲が狭いので炎メインのポケモンが毒技を積極的に補完採用することは少ないが、 など炎耐性を持つ妖複合へのピンポイント打点として採用することはありうる。 特殊な例に言及するとを筆頭にどくみがまも戦術を扱うポケモンが、鋼対策として炎技を同時採用することも多い。 状態異常の毒と炎技双方に耐性を持つポケモンは非常に少なく、高いハメ性能を持つ。 超がメインの組み合わせ。 超を半減以下にする鋼悪超のうち、2つに弱点を突く。 エスパータイプのポケモンがきあいだまなどをサブウェポンとして採用することが多い。 闘が使っても毒対策にはなるが、それなら地震でいいのであまりつかわれない。 超に両方半減される。 25倍、特性「もふもふ」には2倍 7属性の弱点を突ける。 炎がメインの場合と、草がメインの場合の両方がある。 前者の場合、炎を半減する炎水岩竜のうち2つに弱点を突くことができ、さらに炎の弱点である水岩地の全てに弱点を突ける、 ソーラービームをもととしたZ技も検討される程優秀な組み合わせ。 後者の場合、草を半減する草虫炎飛竜毒鋼のうち3つに弱点を突け、めざめるパワーを使ってでも習得させる程。 特に晴れパーティでは 炎技とソーラービームとウェザーボールの性能が上がるため脅威となる。 炎や竜に半減される。 虫半減の炎、毒、鋼に地面が抜群で、地面半減の草には虫が刺さるので計4タイプを補完できる組み合わせ。 双方の抜群が被らないので抜群範囲も非常に広いが、飛行に両者半減以下にされる。 等倍以下に抑えるポケモンは多いが、耐性を持つポケモンはややマイナー寄りな飛行複合タイプが多い。 主に虫タイプが相性補完を求めて、じしんやめざめるパワー地面を搭載する。 電無効の地に水で弱点を突き、水に対しては電で弱点を突く。 両者をタイプ一致で使えるポケモン、もしくは水主体の特殊ATが同タイプへの有効打として電を採用する。 電主体のポケモンは地対策としては草にも弱点を突ける氷を優先するケースが多く、採用率は低め。 共に草・竜に半減されるため、相性補完に氷技を同時採用する場合がほとんど。 水半減の同タイプに草が通り、草半減の炎に水で弱点を突ける。 主に水主体の特殊エースが同タイプへの有効打として草技を採用する。 草・竜に共に半減されるが氷技が双方に一貫するので、れいとうビームを同時採用することでそれらにも容易に対策ができる。 電無効の地に草で弱点を突き、草半減の飛には電が刺さる。 主に電メインのポケモンが地に対する打点を求めて、くさむすびやめざめるパワー草などを採用する。 共に草・竜に半減されるので、範囲の狭い草メインのポケモンが電を補完採用するケースは少ない。 例外として、攻撃技ではないがなどの草が地を呼びづらいことを利用して、でんじはを搭載することはある。 氷半減の氷・鋼に炎が抜群で通り、炎半減の竜には氷が刺さるので計3タイプの補完が見込める。 炎・水に双方半減以下に抑えられる。 両タイプとの補完に優れる電メインのポケモンが両者をサブ技に仕込むケースも多い。 草半減の炎・毒・鋼に地で弱点を突き、3タイプの補完ができる。 草・虫・飛の3属性に半減以下にされるが、いずれもマイナー気味なポケモンが多い。 逆に水・鋼などのメジャー相手に等倍以上を狙いやすいため、耐性を持つ相手が多い割に扱いやすい。 地からすると相性補完が無く、そもそも草技を覚える地が少ないので採用率は低い。 草が範囲を広げるために地を補完採用することがほとんど。

次の

コダック(ポケモン)とは (コダックとは) [単語記事]

水虫タイプ ポケモン

コダック Koduck 英語名 Psyduck 054 138 158 043 140 - 028 059 - - 165 089 089 032 049 039 107 107 032 052 051 - 146 - 分類 あひるポケモン 0. 8m 19. 6kg 黄 20サイクル• 第二世代: 5120歩• 第三世代: 5376歩• 第四世代: 5355歩• 第四世代以前: 80• 第五・第六世代: 64• ポケモン徹底攻略• コダックとはのNo. 054のポケモンのこと。 初登場は。 33で ポケモンずかんの説明文 、、 いつも ずつうに なやまされている。 この ずつうが はげしくなると ふしぎな ちからを つかいはじめる。 漢字 いつも 頭痛に 悩まさせている。 この 頭痛が 激しくなると 不思議な 力を 使い始める。 、 ボーッとした かおに ゆだんすると すかさず ねんりきや かなしばりを つかってくる あなどれない やつだ。 、、 いつも ずつうに なやまされている。 ねんりきを つかうが じぶんの いしか どうか わからない。 漢字 いつも 頭痛に 悩まされている。 念力を 使うが 自分の 意思か どうか わからない。 、、 ふしぎな ちからを ひめているが つかった きおくが ないので いつも くびを かしげている。 漢字 不思議な 力を 秘めているが 使った 記憶が ないので いつも 首を かしげている。 、 いつもの ずつうが はげしくなると ふしぎなちからを はっきするが そのときの きおくは ないらしい。 ふとした きっかけで ねていた のうさいぼうが めざめたときだけ ねんりきが つかえる ようだ。 、 ふしぎな ちからを はっきしている コダックから ねむっている ときにだけ でるはずの のうはが かんそくされて がっかいの わだいに なった。 漢字 不思議な 力を 発揮している コダックから 眠っている ときだけ 出るはずの 脳波が 観測されて 学会の 話題に なった。 、 ふしぎな ちからを つかった きおくが ないのは ちからを はっきした ときは じゅくすいしている ときと おなじ じょうたいだから らしい。 漢字 不思議な 力を 使った 記憶が ないのは 力を 発揮した ときは 熟睡している ときと 同じ 状態だから らしい。 ずつうが はげしくなると ふしぎな ちからを つかいだすが そのときの きおくは のこらない。 おもいだせないので くびを かしげているのだ。 ずつうが はげしくなると ふしぎな ちからを つかうようになる。 そのときの ことは おぼえていない。 ふしぎな ちからを もっているが つかったときの きおくが ないので いつも くびを かしげている。 、 ふしぎな のうりょくを もてあまし いつも ずつうに なやまされている。 たまに ふしぎなちからを つかう。 漢字 不思議な 能力を 持てあまし いつも 頭痛に 悩まされている。 たまに 不思議な力を 使う。 ずつうで ふだん ねむっている のうさいぼうが しげき されると ふしぎな ちからが つかえる。 漢字 頭痛で 普段 眠っている 脳細胞が 刺激 されると 不思議な 力が 使える。 じぶんの いしとは かんけいなく ときおり ねんりきが でてきて あたまが いたくて ないている。 漢字 自分の 意思とは 関係なく 時折 念力が でてきて 頭が 痛くて 鳴いている。 いつも ずつうで なやんでいる。 いたみが ひどりときほど きょうりょくな ねんりきを はなつ。 漢字 いつも 頭痛で 悩んでいる。 痛みが ひどいときほど 強力な 念力を 放つ。 ねんりきを つかうと ずつうが するので ふだんは なるべく なにも しないで ボーっと すごしているよ。 漢字 念力を 使うと 頭痛が するので 普段は なるべく 何も しないで ボーっと 過ごしているよ。 ずつうが はっせいしている あいだ のうさいぼうが ふだんの 10ばい かつどう していることが わかった。 漢字 頭痛が 発生している 間 脳細胞が 普段の 10倍 活動 していることが わかった。 種族値 第1世代 50 おぼえるわざ も参照。 「進化」と書かれているわざは進化時におぼえるわざです。 わざ 第八世代 その他の世代: , , わざ タイプ 分類 威力 命中 PP 剣盾 鎧 このポケモンはおしえわざを覚えません。 太字のわざはタイプ一致です。 入手方法 バージョン 野生 その他 レベル 場所 レベル 方法 赤・緑・青 Lv. 28 緑 Lv. 30 赤 - - Lv. 15 ピカ Lv. 15 金・銀 Lv. 5-14 - - Lv. 10-19 ク Lv. 5-14 Lv. 10-19 Lv. 15 Lv. 13 Lv. 7 Lv. 12 夜 R・S・E Lv. 20-35 なみのり - - FR Lv. 5-7 1F Lv. 7-10 Lv. 20-30 水上 など - - HG・SS Lv. 5-20 なみのり Lv. 5-10 なみのり Lv. 10-25 なみのり Lv,35-40 Lv. 26-28 Lv. 10 ちいさなもり Lv. 1 からタマゴを孵す。 B2・W2 Lv. 5 Lv. 10 ちいさなもり Lv. 1 からタマゴを孵す。 X・Y Lv. 7 X,8 Y 群れ - - Lv. 6 草むら Lv. 25-26 黄花 Lv. 25-27 水上 OR・AS Lv. 27,29 草むら Lv. 15 水上 S・M Lv. 24-27 - - Lv. 14-17 Lv. 15-18 洞窟 US・UM Lv. 25-28 Lv. 14-17 Lv. 9-12 Lv. 11-14 Lv. 15-18 水上 洞窟 Lv. 色違い;水色• ポケモンシリーズのディレクターであるの一番好きなポケモンで、増田氏の名刺にはコダックのイラストが描かれている。 シンオウ地方で使える「じょうろ」はである。 ので一緒に散歩ができる。 ねんりきを使うという図鑑説明のとおり、エスパータイプの技を多数覚えるが、を覚えるようになったのは第二世代のタマゴ技からで、わざマシンで覚えられるようになったのは第四世代からである。 では、最もキャプチャしづらいポケモンである。 アニメにおけるコダック• のポケモン。 マンガにおけるコダック ポケモンカードにおけるコダック• を参照。

次の

【ウルトラサン・ムーン】スイレンの試練を攻略するコツを解説!

水虫タイプ ポケモン

霊にどちらも無効化されるので一見扱いづらく見えるが、 双方に高威力技が多いので等倍重視の組み合わせとしては相性が良い。 真価を発揮するのは特性「」のポケモンが採用した場合で、 その際は以外のすべてのポケモンに等倍が取れるので非常に優秀な一貫性を得る。 等倍範囲は非常に広く、両方と相性の良いフェアリーを足すことでより優秀になる。 ただ、電気の物理技が貧弱なため、扱うのは一致で放てるモルペコか頑丈顎かみくだくを持つパルスワンくらい。 その他、バンギラス・サザンドラが稀にサブとしてでんき技を採ることがある。 等倍範囲は広いが抜群範囲が物足りないこと、不一致霊技の威力不足もあり、 水タイプのポケモンのサブウェポンとしては氷技等のほうが採用率が高い。 また、ゴーストタイプのポケモンではまともな威力のある水技を扱えるものがほとんどおらず、 この範囲を実際に扱うのは双方を一致で使えるが主となる。 サブウエポンが足りないアタッカーが使う場合もある。 25倍、特性「もふもふ」には2倍 6属性の弱点を突ける。 全タイプに等倍を取れるもののこの組み合わせのみでの採用は稀。 炎闘岩での採用が多い。 特殊岩技の性能が悪いため、採用ポケモンの大半は物理主体である。 25倍、特性「もふもふ」には2倍 6属性の弱点を突ける。 両方を半減にできるポケモンはみな闘を弱点に持つ。 ノーマル半減の3タイプ中2タイプの弱点をつける優秀な組み合わせ 両方半減できるポケモンはマイナーよりなポケモンが多く、技のとおりが良い。 等倍範囲はそれなりだが毒技の範囲が非常に狭いこともあり、 主として毒タイプのポケモンが水技の範囲の広さを求めて採用する。 電気技が通らないドラゴンにフェアリー技が通る。 双方等倍範囲が広く半減されるタイプが被らない。 技威力は双方やや控えめで、積み技や特性により威力補強ができるポケモンでの採用が主。 主として高威力の電気技を覚える超ポケモンが、 その等倍範囲の広さから採用する。 超技の威力が低いため、電タイプのポケモンでの採用は稀。 水ポケモンは悪技の威力の低さからこの範囲を採用することは稀。 悪ポケモンは高威力の水技を扱える者が少なく、炎技や格闘技があればそちらが優先されやすいため 専ら双方が一致で扱える水悪複合がこの範囲を取る。 等倍範囲は広いが抜群範囲は狭い。 水タイプでは抜群範囲の狭さと威力の低さから不一致超技の訴求力は低い。 超タイプでは高威力の水技を扱える者が少なく、 サブウェポンのタイプとしても炎や格闘が優先されがちであるため、 双方を一致で使えるスターミー、ヤドラン、ヤドキングが主にこの範囲を扱う。 25倍、特性「もふもふ」には2倍 6属性の弱点を突ける。 炎ポケモンには悪技の威力の低さから採用されることは少ない。 悪ポケモンで高威力の炎技を扱える者は多くはないが、 こちらは格闘と並んで積極的に採用される。 技威力が双方低い組み合わせなので等倍受けされやすい。 基本は虫タイプが等倍範囲を求めて水技を採用する。 虫技の範囲が狭いため、水タイプがサブに虫技を搭載するケースは少ない。 範囲の広い岩を半減する闘・地に飛が通りやすいため、岩の一貫性が高まる。 どちらもタイプや特性による無効がなく等倍以上を狙いやすいタイプだが、鋼に双方半減される。 補完として両タイプと相性の良い地技を同時搭載することが多い。 草技の範囲が狭く霊技の威力が低いため、草に耐性を持つ鋼・毒・竜などに等倍受けされやすい。 超をメインとするポケモンが鋼への等倍打点として、もしくは超ミラー意識で同タイプへの有効打として採用する。 霊の等倍範囲の広さを求めて採用する範囲だが、抜群範囲が狭い組み合わせで双方とも技威力が乏しいのが難点。 一方で悪複合以外の鋼全般に等倍、かつメジャーなやに抜群が取れる点は魅力。 何より超の大半がシャドーボールを習得できるため、特殊超が取る範囲としては非常にメジャーな組み合わせ。 悪に双方半減以下となること、物理技の選択肢が乏しいことから霊メイン及び物理型で採用されることは滅多にない。 補完は一切ない。 どちらも無効化されないため等倍範囲に優れた組み合わせ。 岩からすれば悪技は抜群数が少なく低威力。 鋼に等倍だが、抜群の取れる地や闘を差し置いて採用するメリットは乏しい。 一方で岩の大半は鈍足であるため、ふいうちを習得できるポケモンの場合、先制技としての搭載が好まれることが多い。 悪からすると岩技は抜群範囲が広く、妖や悪にも等倍以上で通りやすいため魅力的な攻撃手段。 特に物理悪技をメインに据えるポケモンにとっては闘や地、氷ほどではないにせよ選択肢として有力。 草技の範囲が狭く悪技の威力が低いため、草に耐性を持つ鋼・毒・竜などに等倍受けされやすい。 電半減の草に飛が刺さるが電に双方半減となる。 補完として見た場合は電メインが草への打点を求めて…となるが単純な補完としては氷技のほうが電無効の地にも通る。 電からすればほぼピンポイントで威力も不足しがちなため、草対策としてはめざめるパワー氷が優先される場合が多い。 飛から見た場合は飛に無効化がないためメインに据えやすく、飛半減の鋼に電が等倍で通るため一貫性が高まる。 耐性を持つポケモンがマイナー寄りなこともあって、等倍重視の組み合わせとしてはかなり優秀な範囲。 一方で、電気技はタイプ一致でないと威力不足になりやすく、そもそも電気技を習得できる飛が限られることが難点。 また、特殊型の場合は特殊飛行技の威力や命中に難があり、物理型の場合は物理電気技の威力が乏しいことも大きなネックである。 現状は双方タイプ一致で使えるポケモンでのみ採用されるが、それでも純粋なアタッカーとしては火力が乏しくなりやすいためマイナーである。 例外として電気技をフィールド補正で強化でき、高威力サブ飛行技であるブレイブバードを扱える物理型カプ・コケコでは高確率で採用される。 抜群範囲が狭く鋼に双方半減されるため、採用するポケモンは限られる。 主にサブウェポンに乏しい草が、安定高威力の等倍打点を得るために、積み技と合わせて無を採用する。 7世代以降、Zワザ化でギガインパクトやはかいこうせんを採用しやすくなったことで使いやすくなった。 無がメインのポケモンが岩への打点として草を採用する場合もあるが、岩自体がマイナーなので採用は稀。 補完だけ見るとタイプの相性補完がなく、抜群範囲も被り気味と欠点が目立つ。 反面、どちらも採用率上位のメジャーポケモンに対する通りが良く、すべての鋼複合に対して等倍以上が狙える組み合わせでもある。 主に双方をタイプ一致で扱えるポケモンでのメインウェポン。 もしくは物理水エースが対電、及び地弱点を持つ水複合や高耐久鋼用のサブにじしんを搭載する。 草に双方半減だが採用者の大半は草への打点となる氷技を習得できる。 この技範囲を扱う代表的なポケモン 、、、、、 両技を半減以下にできるポケモン 単草属性 16体 草無複合 メブキジカ 草氷複合 ユキノオー 草闘複合 キノガッサ、ビリジオン、ブリガロン 草超複合 ナッシー、セレビィ 禁 草飛複合 ワタッコ、トロピウス、シェイミ スカイ 禁 草虫複合 パラセクト、ミノマダム草木、ハハコモリ 草霊複合 パンプジン、オーロット、ジュナイパー、ダダリン 草竜複合 Aナッシー、メガジュカイン 草悪複合 ダーテング、ノクタス 草妖複合 エルフーン、マシェード、カプ・ブルル 水飛複合 ギャラドス、マンタイン、ペリッパー、スワンナ 水虫複合 オニシズクモ、グソクムシャ 竜飛複合 カイリュー、チルタリス、ボーマンダ、レックウザ 禁 、オンバーン ヌケニン ふしぎなまもり 計52匹 3タイプの組み合わせ メインウェポン+サブ2つで広く等倍を取りたい時など、技範囲の確認や攻撃技の選択の参考に。 その場合、炎地超はソルロック、ルナトーン、ラティに等倍取れません。 他、対ふゆうドータクンで氷毒地、氷地超、地超岩が、対ギルガルドで闘超虫が消えそうですが攻撃側の特性の扱い不明なので一応コメントだけ。

次の