ダメージケア。 【2020年最新】ダメージケアシャンプーおすすめ人気ランキング20選

髪のダメージケアにはPPT系シャンプーが最もおすすめな理由

ダメージケア

Contents• ヘアカラーを台無しにしないためにダメージは改善してください! ヘアカラーをすると、 髪の毛は必ずダメージを受けます。 それは 明るいヘアカラーでも 暗いヘアカラーでも関係ありません。 そのダメージを ちゃんとケアして改善する人としない人では ヘアカラーの状態が全然違います。 ダメージをそのままにしておくと、 ・色落ちが早くなる ・髪の毛がボサボサになる などキレイなヘアカラーがすぐに台無しになってしまうんです。 キレイなヘアカラーをずっとキープしたい。 みなさんそう思うでしょう。 そのために大切なのは ヘアケアしてダメージを改善することです!! そうすることで、 色落ちもしなくてツヤのあるヘアカラーをキープできますよ。 なぜヘアカラーをすると髪の毛はダメージを受けてしまうのか? そもそもなぜヘアカラーをすると、 髪の毛は必ずダメージを受けてしまうのでしょうか? それは ヘアカラーの染め方に原因があります。 ヘアカラーを染める時は、 髪の毛の周りにあるキューティクルを開けて、内部に入り脱色して色素を入れ染めます。 その キューティクルを開けて脱色することが ダメージの原因なんです。 キューティクルは自然に閉じていきますが、 扱い方によっては キューティクルが剥がれ落ちてしまい、そこから内部の水分や栄養が流れ出てしまいます。 もちろん一緒に色素も出てしまうので、 ヘアカラーも色落ちしてしまうことに。 ヘアカラーを染めた後、 色落ちしやすいのはキューティクルが閉じていないからなんです! もう1つのダメージの原因が 脱色。 脱色とは髪の毛にある 色素を破壊ということ。 色素を破壊することで、 髪の毛に負担がかかりダメージを受けてしまいます。 しかし、 そうすることで、 ヘアカラーの色素が入り 髪の毛を明るくすることが可能なんです! この2つが、 ヘアカラーをした時のダメージの原因になります。 ですが 安心してください。 ヘアケアをすると 脱色によるダメージは改善できて、 キューティクルは閉じてツヤのある健康な髪の毛に! ヘアカラーもキレイにキープできるのでオススメです! ヘアマニキュアはダメージを受けない ヘアカラーには色々な種類がありますが、 ヘアマニキュアに関してはダメージを受けないんです。 ヘアマニキュアはヘアカラーのように、 内部に薬を入れて染めることはしません。 髪の毛の周りをコーティングをして、 カラーをつけるのでダメージはないんです。 しかし その分普通のヘアカラーよりも 色落ちは早いんですよ。 ヘアカラーの明るさや種類でダメージ具合が変わります! ヘアカラーをすると、 どんな髪の毛でもダメージを受けると説明しましたが、 実は ヘアカラーの明るさや種類によってダメージの具合が変わるんです! ヘアカラーによっては、 ダメージがヒドすぎてヘアケアをしないと、 あっという間に色落ちしてしまうこともあります。 それぞれのヘアカラーのダメージの違いをご紹介していきましょう! 暗めのヘアカラー ナチュラルブラウンなど、 地毛の明るさよりもほんのり明るい暗めのヘアカラーは、 どのヘアカラーよりもダメージは少ないです。 (黒染めカラーもそうです) 明るさのレベルでいうと、 6〜9レベルの明るさですね。 ナチュラルな明るさなので、 カラーの薬の 脱色する力も弱いのでダメージもあまり受けません。 だからと言って、 ダメージを受けないわけではなく そのまま改善せずに放っておくと、 色落ちして明るくなってしまうんです。 暗めのヘアカラーに染めた時も、 しっかりヘアケアすることをオススメします。 明るめのヘアカラー 10〜14レベルの明るいヘアカラーは、 髪の毛の色素を しっかり脱色する必要があるため、 その分髪の毛へのダメージが強くなってしまいます。 明るいヘアカラーは それだけカラー剤に入っている 色素が薄いということ。 ダメージを改善しないと、 あっという間に色が落ちてしまいます。 ヘアカラーを長く楽しみたいなら、 ヘアケアをしっかりしてダメージを改善してくださいね! ブリーチヘアカラー ブリーチカラーをしている人もいると思います。 ブリーチをしたヘアカラーは、 ヘアケア、ダメージ改善が欠かせません!! ブリーチとは、 脱色剤という意味。 一度髪の毛の色素を抜いて、 その髪の毛にヘアカラーをするとすごくキレイに染めることができます。 外国人風ヘアカラーにするには、 ブリーチをしないといけません。 しかし、 ブリーチ剤はとても強力なんです。 髪の毛に塗ると、 色素だけでなく キューティクルまで破壊してしまいます。 簡単にいうと、 髪の毛がボロボロになってしまうんです! キレイなヘアカラーにできる代わりに、 髪の毛がかなりダメージを受けてしまう状態に。 そのキレイなヘアカラーをキープするには、日頃からのヘアケアが必要です。 ブリーチをしている人、 過去にブリーチをしたことのある人は、 必ず髪の毛のダメージを改善をしましょう! 市販のヘアカラーで染めている 人によっては、 美容室じゃなくドラックストアで買ったヘアカラー剤で、 自分で染めるという人もいると思います。 市販のヘアカラーで染める人は、 髪の毛がダメージでボロボロの状態の可能性が高いです! 市販のカラー剤の方が、 髪の毛はダメージを受けてしまいます。 市販のカラー剤は、 誰が塗っても簡単に染まるように作られています。 ですが、 簡単に染まるということは、 それだけ 薬の力が強いということ。 髪の毛へのダメージは大きくなります。 ダメージの大きさは、 ブリーチよりも大きくないですが、 美容室でするヘアカラーよりも大きいです。 ヘアカラーをするときは、 自分で染めるのではなく、 美容室でヘアカラーすることをオススメします! 頭皮についてしまうと、 抜け毛の原因にもなってしまうので要注意!! ヘアカラーのダメージを改善するにはシャンプーがオススメ! ヘアカラーのダメージを改善するには、 シャンプーがオススメです! 毎日髪の毛に直接使うシャンプーは、 髪の毛のベースを作るもの。 シャンプーによって、 あなたの髪の毛の状態が左右されるといっても過言ではありません! ヘアケアの方法は トリートメントやスタイリング剤など シャンプーの他にもあります。 しかし、 いくらシャンプー以外でヘアケアしても、 使っている シャンプーにダメージ改善効果がないと意味がありません! それだけ、 ヘアケアするときはシャンプーが大切なんです。 ヘアケアを始めるときは、 まず 今使っているシャンプーを見直すことから始めましょう! シャンプーは成分を見て選んでください! シャンプーを選ぶときは、 配合されている成分を見て選んでください! シャンプーには、 必ずどんな成分が配合されているかが表示されています。 その中でも、 ・タウリン〜 ・グルタミン〜 ・ベタイン〜 ・アラニン〜 ・サルコシン〜 と表示されているシャンプーを選びましょう! これらの成分が入っているシャンプーは、 ダメージ改善に1番効く 「アミノ酸系シャンプー」です! とても低刺激で、 髪の毛のダメージをケアしながら洗うことができます。 もちろん ヘアカラーの長持ちもしますよ! シャンプーを選ぶときは、 洗浄力の優しい低刺激のシャンプーを選びましょう! 髪の毛へダメージを与えるシャンプーもある!? ヘアカラーのダメージ改善には、 アミノ酸系の成分が配合されたシャンプーがオススメです。 しかし、 シャンプーによっては、 逆に髪の毛へダメージを与えるシャンプーも存在します。 それが 洗浄力の強いシャンプーです! アミノ酸系のシャンプーとは違い、 とても刺激が強いシャンプーなので、 ブリーチをした髪の毛に使うと色は落ちてしまい、手触りもバサバサになってしまいます。 髪の毛のダメージが気になる方は、 意外と 使っているシャンプーが原因ということもあるんですよ。 なんと、 食器用洗剤と同じ成分を使っているんです・・ 洗剤で頭を洗っていると思うと、 ゾッとしますよね。 一度この機会に 今使っているシャンプーはどんなシャンプーなのかを確認してみるのもオススメします。 洗浄力が強いシャンプーに関しては、 こちらの記事をご覧ください! ヘアカラーのダメージに効くオススメのシャンプー10選 「じゃあ実際にどのシャンプーを使えばいいの?」 そんな方に、 ヘアカラーのダメージに効く オススメのシャンプー10選をご紹介いたしましょう! これから紹介するシャンプーを使えば、 ダメージ改善はもちろんヘアカラーも長持ちします! ヘアカラーをしている人は、 ぜひ使ってみてくださいね。 口コミも紹介いたしますので、 そちらも参考にしてくださいー! 1:カラーケアシャンプー リッチ 200ml 1000円(税別) Global Beauty Japan 楽天 名前の通り、 カラーによるダメージをケアしてくれるシャンプーです! ダメージ改善効果の他に、 UV対策や頭皮ケア効果もあります。 髪の毛の手触りが良くなり、 ヘアカラーのキレイさを引き立ててくれますよ! 価格も安いので、 まずは使ってみることオススメします! 実際にカラーケアシャンプー リッチを使ってみた感想はこちらで紹介しています! 口コミ こちらの商品を使い始めて10ヵ月。 48歳にして生まれて初めて「髪ツヤツヤ」と数人に言われだしました。 最初の使い心地は、よくわからず使い続けようかの迷いがありました。 カラーの褪色したキラキラ感は、なくなったような気がしたのと、特に他に使いたい商品もなく、大きいボトルを購入して使いつづけたところ。 最近、「ツヤツヤ」と言われるようになり、こちらの商品以外、ワックスや、流さないトリートメントなども使ってないので、ツヤツヤ効果はやはり、こちらのシャンプー&トリートメントかなと… 2:ミレアムシャンプー 800ml 2000円(税別) Global Beauty Japan 楽天 アミノ酸系シャンプーの中でも、 長年人気のロングセラーシャンプーです。 とても低刺激なので、 肌の弱い人でも安心して使うことができますよ! ダメージに効く天然複合アミノ酸が、 ヘアカラー後の髪の毛の状態を整えてくれます。 ダメージでバサバサになった髪の毛を、 ツルッとキレイな髪の毛にしてくれます。 大きなダメージにも効くオススメのシャンプー! 口コミ 一度美容室で購入して、自分の髪質にとっても合っていてしっとり感がすごくあります。 4:ユントシャンプー シルキー 300ml 2000円(税別) Global Beauty Japan 楽天 アマゾン 天然成分が90%以上配合された、 自然派の頭皮に優しいシャンプーです! ノンシリコンでありながらも、 ツルッとした手触りに。 ベタイン系の洗浄成分が、 ヘアカラーによるダメージをしっかりケアしてくれます! かわいいパッケージも、 女性の方に人気です! 口コミ 初めて使った時から、髪のしっとり感がずっと続いて、夜までまとまりがありました。 使い始めて3週間くらいですが、段々と髪のコンディションが良くなってきています。 5:ケアトリコ プリヴィ シャンプー モイストスリーク 250ml 1800円(税別) Global Beauty Japan 楽天 ヘアカラー後のダメージによって、 乾燥して手触りが悪くなった髪の毛に、 水分を与えて柔らかい質感にしてくれます。 髪の毛が太くてくせ毛の人とも相性は良いですよ! 髪の毛にうるおいを補充してくれるので、 ヘアカラーにもツヤが出てキレイに見えます。 髪の毛に嫌なニオイがつかない、 ニオイカット効果もあるシャンプーです! 口コミ シャンプーは少量で泡立ちが良く、すすぎの泡切れも良いです。 トリートメントとセットで使用しているので、きしみがなくしっとりで柔らかく仕上がります。 香りも気に入っています。 またリピしていと思います。 6:THE Organic Original Shampoo 300ml 4000円(税別) Global Beauty Japan 楽天 美容師さんが天然成分にこだわって作った、 オーガニックシャンプーです! ヘアカラー後のダメージに効く天然成分がギュッと詰まっています。 その他にも、 頭皮ケア効果 エイジングケア効果 があるので、 抜け毛や髪の毛のハリコシ改善にも効くシャンプーです。 使用感は抜群!! 口コミ ノンシリコンでオーガニック植物成分、天然油来成分がとても気に入っています。 栄養がぎゅっと入って重く、補修効果がある感じです。 驚きなのがオーガニックのクセにやたらカラーリングの補修効果が高いんです。 ツヤも出るし。 1人で毎日使っていて1本で数か月持つので、だいぶコスパは良いと思います。 7:ケアテクトHB カラーケアシャンプーS 300ml 2000円(税別) Global Beauty Japan 楽天 天然の6種のハーブエキスで、 ヘアカラーをした後のデリケートな髪の毛をケアしてくれます。 カラーケアシャンプーということで、 色持ち効果はしっかりありますよ! このシャンプーは、 しっとりまとまるタイプなので、 髪の毛が広がりやすい人にオススメです。 ネットのシャンプーランキングでも、 上位にランクインする人気のシャンプー! 口コミ 何回かリピしてます。 他のサロンシャンプーなど使ってきましたが、こちらの商品は続けてリピしてるぐらい今のところ一番だと思ってます。 カラーをしてるのでカラー持ちの他、髪の毛にも頭皮にも地肌にも優しいとこ、余分な汚れだけを落としてる感じがとても良く、カラーしてない人にも優しく使えるシャンプーだと思います。 たまに市販のを使うと頭に出来物が出来たりするのですが、すぐこちらの商品に戻ると治ったりするのでこれからも使います。 8:アミゾーネシャンプー 380ml 2400円(税別) Global Beauty Japan 楽天 アミノ酸系成分配合で、 洗いながら髪の毛をダメージ補修と保護ができます。 しかも、 リンスレスシャンプーなので、 このシャンプー1つでケアが十分です! それだけダメージに効くシャンプーということ。 シャンプーの時間短縮にもオススメです。 口コミ リンスレスで時間短縮できるところが気に入ってリピート。 細かくやわらかい泡が髪には優しい感じ。 洗い上がりはとてもいいです。 ほのかな香りは乾かした後はほとんど残りません。 リンスレスですが髪の指通りはよくてサラサラになります。 9:アイケアシャンプー 5 300ml 2500円(税別) サロン専売品で人気なのが、 COTAのアイケアシャンプーです。 全5種類あるのですが、 その中でも 5番がオススメ! どんな髪質の方にも、 相性が良くて使いやすい万能タイプです! もちろん ダメージ改善効果はバッチリ。 一度使ってケア効果を 体感していただきたいシャンプーです! 口コミ いままでいろんなサロン専売シャンプーを使ってきましたがここまでいいものに出会ったことはありませんでした。 香りが甘すぎず上品な香りで、洗った時の泡立ちもよく、仕上がりもやわらかく全てにおいて完璧です。 今これ以外のシャンプーを使う気が全くおきません。 10:ボタニストシャンプー 490ml 1400円(税別) 楽天 アマゾン ご存知の方も多いと思います。 今大人気の ボタニカルシャンプーです! 天然の成分が、 ダメージ補修に効果があり、 サラサラな手触りとキレイなヘアカラーがキープできます。 雑貨屋などでも売っているので、 どこでも手に入れやすいのも嬉しいですね! お子様でも安全に使える、 とても 低刺激なシャンプーです。 口コミ ずっと気になっていて以前使っていたものがなくなったのでこちらを購入しました。 私の髪は何度もブリーチしていたせいでかなり傷んでいましたがこちらを使い始めてからかなり髪質が変わった気がします。 サラサラになるし髪が柔らかくなった気がしました。 匂いも良いのでまたリピートしたいと思います。 まとめ 今回は、 ヘアカラーのダメージ改善に効くオススメのシャンプーをご紹介させていただきました。 ヘアカラーをすると、 必ず髪の毛はダメージを受けてしまいます。 これは仕方のないことなんです。 ダメージを改善せずに そのまま放っておくと 短期間で色落ちしていまいヘアカラーが台無しになります。 オススメのケア方法が シャンプーです! 低刺激でダメージに効くシャンプーを使うことで、 ヘアカラーのダメージがなくなりキレイな髪の毛、ヘアカラーがキープできます! ヘアカラーは染めた後のヘアケアがとても大切です。 ぜひ今回紹介したシャンプーを使って、 髪の毛のダメージを改善してください! ヘアカラーを長く楽しみましょう!! 以上(ヘアカラーのダメージ改善に効くオススメシャンプー10選)でした! スポンサーリンク.

次の

ブリーチ後におすすめのトリートメント|ダメージをケアするアイテム10選

ダメージケア

きめ細かくもっちりとした泡立ちのノンシリコンシャンプーはきしみ感がなく、シルクを思わせる、しなやかな洗い上がりで優雅なシャンプータイムを演出します。 コンディショナーは、乳液にとろけるようなテクスチャーで、毛先までつるんとまとまります。 しなやかで柔らかい仕上がりの髪は、思わず触れたくなってしまうほど。 天使の輪をイメージさせる使い心地です。 上手なやり方・選び方をご紹介します。 頭皮からしっかりブラッシングすることで、汚れが浮きやすくなり、洗い落としやすくなります。 指の腹で頭皮を揉みほぐしてマッサージするように洗いましょう。 また、頭皮をしっかり濡らすことで、シャンプーがより泡立ちやすくなります。 ゴシゴシと強くこすらないように気をつけましょう。 また髪の生え際や耳の後ろなどの流し忘れにも注意してください。 1-2.シャンプーの選び方 シャンプーは様々な種類がありますが、毎日使うものなので、使い心地が良いかを重視することをおすすめします。 その一つの指標として、泡立ちの良さは大切なポイントです。 シャンプーの泡立ちは、汚れの落ち方にあまり関係がないと言われていますが、泡立ちが良いと頭皮のすみずみまで洗いやすくなりますし、気持ちよく洗うことができます。 また、自分の好きな香りで選ぶのも良いでしょう。 シャンプーの香りは髪に残りやすいので、好きな香りが髪からふんわりと感じられると嬉しいですね。 【肌らぶ編集部おすすめシャンプー】 髪や頭皮をすっきりと洗い上げて清浄にする、香り付きのシャンプーをご紹介します。 ふっくらリッチな泡で包みこむように頭皮と髪をマイルドに洗い上げます。 洗い上がりのスッキリ感も魅力。 ボタニカル原料にもこだわっていて、合成香料は使わず、オレンジ果皮やハッカ葉の天然精油をブレンド。 柑橘系のナチュラルな香りが爽やかなバスタイムを演出してくれます。 ハリ・ツヤのある髪の毛を育む土台となる頭皮を、植物の恵みを取り入れながらすこやかに洗い上げたい方に。 軽くタオルドライをするのもおすすめです。 トリートメントの油分をはじかないようにするためです。 各商品の用量を守りましょう。 集中ケアをしたい方は、トリートメントを髪につけた後、蒸しタオルやシャワーキャップをかぶり、5~10分ほどおくのがおすすめです。 そのまま湯船につかっても良いです。 シャンプー同様、髪の生え際や耳の後ろなどのすすぎ残しがないようにしっかり洗い流しましょう。 2-2.トリートメントの選び方 トリートメントは、基本的にはシャンプーと同じシリーズを選ぶことをおすすめします。 商品を開発する際に、シャンプーとトリートメントをセットで使うことを前提に考えられているためです。 シリーズにトリートメントがない場合や、同じシリーズ内に複数の商品がある場合は、頭皮や毛髪の状態によって、好みのタイプを選びましょう。 髪のパサつきが気になる方は、トリートメントにプラスしてスペシャルケアとしてヘアマスク(またはヘアパック)を使用するのもおすすめです。 【肌らぶ編集部おすすめのヘアマスク】 髪にうるおいを与え、しなやかにするヘアマスクをご紹介します。 シリコン・パラベン・鉱物油・合成香料・合成着色料不使用。 濃厚でコクのあるクリームが、髪の1本1本にぴったりと密着してうるおいを与えます。 週2~3回のスペシャルケアアイテムとしての使用が、おすすめです。 自然由来のラベンダー&オレンジの香りがバスルームにふんわりと広がり、心地よいバスタイムを演出。 パサつきやダメージが気になる髪を補修し、ハリ・コシのあるなめらかな髪へ導きます。 ただ、ドライヤーの熱も当てすぎると髪の乾燥の原因になることがあるので、上手にドライヤーを使用しましょう。 ゴシゴシこするとキューティクルが剥がれることがあるので、タオルで包み込むように拭き取るのがポイントです。 ドライヤーは20センチ以上離して、1か所に集中しすぎないように小刻みに動かしながらあてましょう。 ドライヤーは頭の上からかけて、髪にドライヤーの風が斜め上からあたるようにすると、髪が広がりにくくなります。 冷風を当てると髪のキューティクルがキュッと引き締まるため、ツヤが出るといわれています。 また、キューティクルを引き締めると髪の水分や栄養が逃げにくくなるので、すこやかでうるおった髪の維持も期待できます。 それぞれ特性は異なりますが、共通して下記3つの役割があると言われています。 ・うるおいを行き渡らせる 根元から毛先に向けてブラッシングすることで、髪全体に皮脂を行きわたらせます。 ブラッシングすることでつややかでうるおいのある髪にすることが期待できます。 ・マッサージ 頭皮を刺激することで血行がよくなり、頭皮や髪に栄養が届きやすくなると言われています。 ・頭皮クレンジング シャンプー前のブラッシングは、ホコリやフケなどの汚れが浮きやすくなるため、より洗い落としやすくします。 4-2.おすすめブラシ 肌らぶ編集部おすすめの、女性の手にもフィットしやすいサイズで、毎日のヘアケアに使いやすいブラシをご紹介します。 硬さがあり、適度な油分と水分を含む猪毛とナイロン毛を混ぜているため、髪のクシ通りが良いのが特長。 髪をしっとりと整えたい方におすすめです。 ブラシの植毛部にはクッションパッドを採用。 適度なタッチで心地よく頭皮をマッサージできます。 一生モノのブラシが欲しいという方におすすめの一品です。 (使用目安量は商品によって異なります。 使用前に確認しましょう。 ) 毛先を中心に、手ぐしでとかすように軽くつけます。 つけすぎに注意し、まずは少量から試してみてください。 5-2.オイルを使った頭皮ケアの方法 頭皮の乾燥が気になる方におすすめです。 週1回を目安に行うと良いでしょう。 そのまま入浴しても良いですね。 コンディショナー、トリートメントを使用する場合は十分にすすいでください。 5-3.おすすめオイル 髪だけでなく、顔やボディの保湿としても使うことのできるオイルをご紹介します。 アルガンオイルをベースに、オリーブ油・イランイラン花油を保湿成分として配合。 スポイトタイプで使い勝手が良く、べたつきの気になりにくいさらりとしたテクスチャーです。 パサついた髪や、乾燥が気になる頭皮や肌にうるおいを与えます。 髪や頭皮、肌など本来の美しさをサポートしてくれるような自然由来のオイルです。 6.最後に いかがでしたでしょうか? 当たり前のようなことも多かったかと思いますが、すこやかな髪を保つためには日々の積み重ねがとても大切です。 上手なやり方と自分に合ったアイテムを見つけて、ぜひ楽しみながらヘアケアをしてみてくださいね。

次の

ブリーチ後におすすめのトリートメント|ダメージをケアするアイテム10選

ダメージケア

ブリーチで髪の毛が痛む理由 髪の色を脱色させて、希望のカラーを実現してくれるブリーチは人気のある手法です。 しかし、ブリーチをすることで髪が傷むという話を聞いたことがある人も多いはず。 実際にブリーチをして、髪にダメージ感じたことがある人も多いのではないでしょうか。 どうしてブリーチをすると髪が傷むのでしょう。 ブリーチは、簡単に言えば髪を薬剤によって脱色する手法です。 もともとある髪の色は、メラニン色素によってつくられています。 たんぱく質や栄養を確保するために、髪の毛を保護するキューティクルをこじ開け、中まで薬剤を浸透させて無理やり脱色をすることになります。 そのため、キューティクルが傷みはがれてしまったり、髪の内部にまで薬剤が染みこんで大切な栄養素を分解してしまいます。 ブリーチをすると、髪の毛を守るキューティクルにも、内部にも大きな影響を与えることになるので傷んでしまいます。 トリートメントでブリーチのダメージをケア ブリーチをして傷んだ髪はどうすればケアできるのでしょうか。 実は、傷んだ髪を元通りに戻す修復はできません。 一度ダメージを受けた髪は直すことができず、新しく伸びてきてからカットするしかないと言われています。 しかし、ダメージによる影響を和らげ、カバーする補修は可能です。 そこで、 傷んだ髪を補修するときに使われるのがトリートメント。 具体的な役割を見てみましょう。 トリートメントの役割はダメージの補修 脱色をした後は栄養がなくなり、髪を保護するバリア機能も落ちている状態と言えます。 そこで、 内部まで栄養を与え、表面を守ることができればダメージを補修できます。 つまり、トリートメントの役割は内側と外側の両方から必要な補修をすることです。 サロンケア サロンで期待できるお手入れにはどのようなものがあるでしょうか。 基本的に悪い影響を与えないブリーチはありません。 しかし、少しでもダメージを抑えるブリーチの手法はあるので、サロンでよく相談しましょう。 ケアブリーチやアールブリーチと呼ばれるブリーチは、薬剤にダメージを抑える成分を配合して行います。 まずは ブリーチによって起きるダメージを最小限に食い止めるケアをお願いしましょう。 また、ブリーチ後の髪の状態を整えるトリートメントメニューも欠かさず行うことが大切です。 ホームケア 次に 自宅でできるホームケアを紹介します。 ブリーチした後の髪は、一般的なシャンプーを使わないようにします。 バリア機能が低下した髪には、シャンプーの刺激が禁物。 ブリーチ用のシャンプーや、アミノ酸系の低刺激のシャンプーを使うようにしましょう。 さらに栄養を与え、しっかり保護してダメージの補修に努めます。 自宅でこまめなお手入れをすることで、きれいな状態を保つことができるでしょう。 トリートメントで色落ちする? ブリーチをしてヘアカラーをすると、きれいなカラーリングが楽しめます。 しかし、せっかく入れた色がすぐに色落ちしてしまったという話も少なくありません。 髪のダメージを抑えるためにしていたトリートメントが色落ちの原因になっていしまうことも。 髪の色落ちの原因の一つは長時間濡れたまま放置することです。 髪が濡れた状態になると、薬剤が漏れやすく色が流れてしまいます。 中には内部まで栄養を浸透させるため濡れた状態で放置するタイプのものが少なくありません。 髪にしっかり色が定着していない時期に、このような処置を行うと髪が濡れている時間に色がすっかり流れ落ちてしまいます。 トリートメントによる色落ちが心配な人はアウトバストリートメントを使うようにしましょう。 ブリーチのダメージをケアするトリートメントの選び方 自宅でケアをしたい人におすすめの製品の選び方を紹介します。 これらのポイントを押さえて製品を選べば、効率良く影響をカバーできる製品が選べるでしょう。 ノンシリコンタイプを選ぶ• 植物由来の成分が入っている• キューティクル補修成分が入っている• アルカリ除去成分は入っている• シリコンが入っている製品は髪を保護する力がありますが、洗い流しにくく、かえって髪のダメージを大きくしてしまう可能性が高まります。 また、薬剤が髪の内部にとどまりやすくなり、栄養が中まで浸透しにくくなります。 髪の内部は傷ついているのに表面だけはサラサラの状態が続き、悪い影響に気づかないこともしばしば。 ノンシリコンタイプのトリートメントは、良いお手入れには向きません。 植物由来成分は、髪にも頭皮にもやさしく刺激が少なくなります。 そのうえ、保湿力が高く自然に栄養や油分を補うことができるため、取りいれたい成分です。 内部に栄養を届け、しっかり保湿して乾燥を防いでくれる植物由来成分が配合されている製品を選びましょう。 しかし、そのダメージを補修してくれる成分が入っているとダメージの広がりを抑えることができるでしょう。 キューティクルを閉じて、乾燥や栄養分の流出を防いでくれるトリートメントはブリーチ後の髪にぴったり。 代表的な成分はガンマドコサラクトン・ペリセアです。 髪の状態を弱酸性に引き戻し、良い状態に導いてくれるでしょう。 クエン酸やヘマチンなどが配合されているトリートメントがおすすめです。 乾燥を防ぐためのバリア機能も低下し、乾燥によるダメージが、さらに髪の毛を傷つけてしまうでしょう。 ブリーチした後の髪がカラカラになってしまったと感じる人も少なくありません。 そこで、 しっかり髪を保湿してくれる製品を選ぶようにします。 保湿成分が配合され保湿に力を入れた製品を選びます。 ブリーチのダメージをケアするトリートメントの使い方 より効率よくお手入れができる使い方を紹介します。 ちょっとしたことに注意するだけで、ダメージ補修の力もアップします。 毛先にしっかりつける• 洗い残しがないように気を付ける• 毛先が傷んでぱさぱさしてしまった経験を持っている人も多いはず。 そこで、トリートメントをつけるときは、 まず毛先からつけていきましょう。 しっかり毛先につけてよりよいケアをします。 洗い残しはかえって髪のダメージになってしまいます。 また、色落ちの心配がない人はラップや蒸しタオルで5~10分ほど髪を包み、トリートメント成分が内部まで浸透するようなパックを実践するのもおすすめ。 放置している間に髪の内部まで成分がいきわたり、内部のダメージ補修をしてくれるでしょう。 使っている製品の頻度をよく確認します。 おすすめはデイリーケアができるトリートメントを使うこと。 アウトバスタイプも利用し、朝晩のケアを心掛けるとよいでしょう。 こまめなトリートメントケアで髪を保護し、バリア機能が低下した髪がこれ以上傷つかないようにすることも大切です。

次の