モルタル デコ。 モルタルハウス体験キットで手軽にモルタルアートを楽しもう!

モルタルハウス体験キットで手軽にモルタルアートを楽しもう!

モルタル デコ

実験 もらったサンプル5色に水、赤ワイン、醤油、オリーブオイルを、トップコート仕上げ部分(上半分)、トップコートなし部分(下半分)それぞれにこぼしてみます。 左から水、赤ワイン、醤油、オリーブオイル トップコートなしの部分はこぼした瞬間から激しく染み込んでいってる様相が…。 これは既に期待できない…。 対してトップコートありははっきり水分をはじいているのがよく分かるので期待できそう。 ここから丸一日放置。 残念ながらトップコートなしのほうは全色全汚れに対して全滅…。 水ですら跡がはっきり残り、オリーブオイルに至ってはこぼした領域以上に拡がりながら大きなシミになってしまいました。 白色デコリエに対しては醤油の色が黒くついてしまってます。 トップコートなしでは汚れに対してまったく防御力がなさそうです。 トップコート仕上げはそれに比べると全然良い結果。 水、赤ワイン、醤油はふきんで拭けばまったく跡は残らずです。 残念だったのがオリーブオイルで、さすがに1日放置だとトップコート仕上げでもはっきりシミがついてしまいました。 塗る予定のグレー(濃)グレー(薄)。 トップコート仕上げは水、赤ワイン、醤油に対してまったくシミにならず。 耐水性は問題なしのようです。 しかし問題は耐油性。 トップコート仕上げでもぽつぽつとしたシミがついてしまいました。 ただ、1日放置では少し時間が長すぎた気もするので、料理をした後はきっちりキレイに拭く想定の時間として、1時間放置で再試験してみました。 写真じゃ若干わかりにくいですが、やっぱりちょっと斑点状のシミが…? ほとんど気付かないレベルですが、1時間でも多少なりともシミがついてしまうところをみると、やはり油汚れがついたときには即拭くべきな感じです。 キッチンはトップコート仕上げで 施工予定箇所は水汚れ油汚れが多いキッチン。 今回の結果から塗膜なしだと汚れだらけシミだらけになるのは間違いないので、キッチンにデコリエを施工する場合はトップコート仕上げにしておいたほうが良さそうです。 素の状態のほうが触りごこちはさらさらしてて好みなんですが、キッチンはやっぱり利便性を重視しておいたほうが良いですよね。 シミになるのを気にしてると料理もやりづらいですし。 デコリエについてはトップコート仕上げで汚れに強い方向で行こうと思います。

次の

モルタルデコ レトロランプ 材料キット

モルタル デコ

技術の高いアーティストを講師に迎え、特殊造形技術をレクチャーします。 レンガ、石、木などを造形してリアルな空間を表現、クオリティの高い作品が造れるようになります。 今回は3日開催するので、ご都合の良いお日にちをお選び下さい。 皆さまのご参加お待ちしております。 技術の高いアーティストを講師に迎え、特殊造形技術をレクチャーします。 今回も2日開催するので、ご都合の良いお日にちをお選び下さい。 技術の高いアーティストを講師に迎え、特殊造形技術をレクチャーします。 今回は2日開催するので、ご都合の良いお日にちをお選び下さい。 皆さまのご参加お待ちしております! 開催日: 2019年5月23日 木 第一部・体験会 13:00〜(材料費3,000円) 第二部・説明会 16:00〜(無料) 2019年6月6日 木 第一部・体験会 13:00〜(材料費3,000円) 第二部・説明会 16:00〜(無料) 場所: 一般社団法人 日本モルタルアート協会 〒350-1316 埼玉県狭山市南入曽962-3 終了しました レンガ、石、木などを造形し、リアルな空間を表現できるようになります。 ついに、待望の一般募集が始まります。 技術の高いアーティストが施工していく『業界初の育成機関』としてスタートします。 さあ、あなたもモルタルアートの世界に飛び込みませんか? 自社の将来ビジョンに明るい新たな事業戦略になることと思います。 新規顧客開拓、OB顧客サービス、集客効果他、他社との大きな差別化が可能! 皆様のご参加を心よりお待ちしております。 開催日: 2019年2月22日 金 第一部・体験会 13:00〜 第二部・説明会 16:00〜 場所: 一般社団法人 日本モルタルアート協会 〒350-1316 埼玉県狭山市南入曽962-3 終了しました.

次の

モルタルハウス体験キットで手軽にモルタルアートを楽しもう!

モルタル デコ

実験 もらったサンプル5色に水、赤ワイン、醤油、オリーブオイルを、トップコート仕上げ部分(上半分)、トップコートなし部分(下半分)それぞれにこぼしてみます。 左から水、赤ワイン、醤油、オリーブオイル トップコートなしの部分はこぼした瞬間から激しく染み込んでいってる様相が…。 これは既に期待できない…。 対してトップコートありははっきり水分をはじいているのがよく分かるので期待できそう。 ここから丸一日放置。 残念ながらトップコートなしのほうは全色全汚れに対して全滅…。 水ですら跡がはっきり残り、オリーブオイルに至ってはこぼした領域以上に拡がりながら大きなシミになってしまいました。 白色デコリエに対しては醤油の色が黒くついてしまってます。 トップコートなしでは汚れに対してまったく防御力がなさそうです。 トップコート仕上げはそれに比べると全然良い結果。 水、赤ワイン、醤油はふきんで拭けばまったく跡は残らずです。 残念だったのがオリーブオイルで、さすがに1日放置だとトップコート仕上げでもはっきりシミがついてしまいました。 塗る予定のグレー(濃)グレー(薄)。 トップコート仕上げは水、赤ワイン、醤油に対してまったくシミにならず。 耐水性は問題なしのようです。 しかし問題は耐油性。 トップコート仕上げでもぽつぽつとしたシミがついてしまいました。 ただ、1日放置では少し時間が長すぎた気もするので、料理をした後はきっちりキレイに拭く想定の時間として、1時間放置で再試験してみました。 写真じゃ若干わかりにくいですが、やっぱりちょっと斑点状のシミが…? ほとんど気付かないレベルですが、1時間でも多少なりともシミがついてしまうところをみると、やはり油汚れがついたときには即拭くべきな感じです。 キッチンはトップコート仕上げで 施工予定箇所は水汚れ油汚れが多いキッチン。 今回の結果から塗膜なしだと汚れだらけシミだらけになるのは間違いないので、キッチンにデコリエを施工する場合はトップコート仕上げにしておいたほうが良さそうです。 素の状態のほうが触りごこちはさらさらしてて好みなんですが、キッチンはやっぱり利便性を重視しておいたほうが良いですよね。 シミになるのを気にしてると料理もやりづらいですし。 デコリエについてはトップコート仕上げで汚れに強い方向で行こうと思います。

次の