離乳食 はじめ方。 ベビめし|はじめての離乳食の進め方

離乳食初期(5〜6か月頃)

離乳食 はじめ方

離乳食はどんなタイミングで始めればいいの? 離乳食を始める目安は、生後5~6ヶ月ごろ。 始めるのが早すぎると赤ちゃんの体に負担がかかり、遅すぎても栄養不足になってしまいます。 ゆっくりめでも、6ヶ月にはスタートしましょう。 そのほか、下記にあるスタートOKのチェックポイントも参考にしてください。 首がすわり、支えがあればおすわりできる 順調に発達している目安です。 支えがあればおすわりができるようになると、離乳食を食べる受け入れ態勢もできたということに。 人が食べているのを見て、食べたそうにする あーんと口をあけたり、食べたそうに口をモグモグ動かしたりするのは、口のまわりの筋肉が発達して、かむ運動の準備ができた証拠です 赤ちゃんの口を指で刺激しても押し出さない 哺乳反射(舌や唇にふれたものを反射的にくわえようとする動き)が少なくなってきたら、離乳食を始めていいというサインです。 離乳食を食べさせる時間や進め方などのスケジュール 離乳食の初期(生後5~6ヶ月ごろ)は、授乳時間の1回を離乳食タイムにします。 深夜や早朝は避けて、おなかがすいている時間帯に設定するのがおすすめです。 もし授乳時間が一定でなければ、ママの都合のいい時間に。 赤ちゃんの機嫌がいい午前中にしたり、上の子がいる場合は、家族がそろう夕方に設定するなど、なるべくいつもと同じ時間を守れるのが理想です。 離乳食を始めて1ヶ月ほどたち、1日2回食にする場合は、離乳食の間隔は4時間以上あけましょう。 小さじ1さじから始め、2日目も1さじ、3日目になったら2さじと増やし、慣れたころに大さじ2~3(30~40g)が目安です。 かぼちゃ、にんじんなどアクが少なくて甘みがあり、調理しやすいものから1種類を選びます。 同じものを少しずつ量を増やし、慣れたころに野菜10gを目安にしましょう。 最初はトロトロにしやすい豆腐がおすすめ。 少しずつ量を増やし、慣れたころに豆腐25g(3cm角1個)を目安にします。 離乳食初期は、必ず加熱してから与えます。 また、塩分は赤ちゃんの内臓に大きな負担をかけてしまうため、味付けは不要です。 タンパク質源食品は、豆腐や、アレルギーの心配が少ない真鯛から始め、離乳食初期は、肉や卵、乳製品はまだ食べさせません。 どれくらいの期間をかけてメニューや量を増やしていったのでしょうか。 スタートして1週間後に初めて、10倍がゆ以外でにんじんを1さじ食べさせました。 最初のころは、米1:水10の割合で炊いた10倍がゆを、裏ごしかすりつぶしてトロトロにします。 慣れてきたら、米1:水7の割合で炊いた7倍がゆにします。 なめらかにすりつぶし、ポッテリ状に。 にんじん 皮をむいてやわらかくゆでて、時期に合わせて裏ごししたり、すりつぶします。 最初はやわらかくゆでて裏ごしし、水どきかたくり粉を加えて加熱し、とろみづけをします。 慣れたらやわらかくゆでてすりつぶし、水どきかたくり粉を加えて加熱し、とろみづけをします。 豆腐 絹ごし豆腐から始め、必ず湯通ししてから食べさせます。 絹ごし豆腐を湯通しし、なめらかにすりつぶします。 白身魚 最初は真鯛がおすすめです。 ゆでて皮と骨をとり除いてから、繊維をすりつぶし、湯でゆるめ、水どきかたくり粉を加えて加熱し、ゆるいとろみをつけます。 離乳食初期のおすすめレシピ10選 離乳食の初期は、ゆでてすりつぶす・裏ごしをするのが基本。 この時期は、トロトロ状の食べ物をスプーンでゴックンと飲み込むことに慣れるのが目的。 1種類ずつ、ゆっくり量を増やしていきましょう。 離乳食を作るのは初めて、というママにもチャレンジしやすいメニューをピックアップしました。 だしがゆ まずはごはんからスタート! 材料 10倍がゆ……30g(大さじ2) だし……大さじ1 作り方 10倍がゆをなめらかにすりつぶし、だしを加えて混ぜ合わせる。 かぼちゃがゆ 自然な甘みに赤ちゃんも夢中! 材料 10倍がゆ……30g(大さじ2) かぼちゃ……5g(1. 5cm角1個) 作り方 1 かぼちゃは皮と種を除き、やわらかくゆで、すりつぶす。 2 10 倍がゆをなめらかにすりつぶし、 1を加えて混ぜ、湯大さじ1~2(分量外)で食べやすくのばす。 さつまいものトロトロ 電子レンジで加熱すれば裏ごしもラク! 材料 さつまいも……20g(2cm角2個) だし……大さじ2~3 作り方 1 さつまいもは皮ごとラップで包み、電子レンジで1分ほど加熱し、冷めたら皮をむく。 2 1をなめらかに裏ごしし、だしでのばす。 アップルキャロット りんごの酸味とにんじんの甘みが好相性! 材料 にんじん……10g(2cm角1個) りんご……5g(5mm幅のくし形切り1個) 作り方 1 にんじんとりんごは皮をむき、鍋に入れてかぶるくらいの水(分量外)を加え、やわらかくなるまでゆでる(ゆで汁はとっておく)。 2 1を裏ごしし、ゆで汁で食べやすいかたさにのばす。 かぼちゃのトロトロ こっくりとした甘みを満喫できるお手軽メニュー 材料 かぼちゃ……10g(2cm角1個) 作り方 1 かぼちゃは種を除いてラップで包み、電子レンジで40秒ほど加熱し、皮を除いて裏ごしする。 2 1を湯冷まし大さじ1~2(分量外)で、食べやすくのばす。 トロトロトマトがゆ 10倍がゆの味付けとしてトマトが活躍 材料 トマト……20g(中1/8個) 10倍がゆ……30g(大さじ2) 作り方 トマトは裏ごしして皮と種を除き、器に盛った10倍がゆにのせる。 ブロッコリーと高野豆腐のトロトロ 高野豆腐のとろみでブロッコリーを食べやすく! 材料 ブロッコリー……10g(小房1個) 高野豆腐(すりおろし)……大さじ1 だし……大さじ3 作り方 1 ブロッコリーはやわらかくゆで、裏ごしする。 2 鍋にだしを煮立て、高野豆腐を加えてとろりとするまで煮る。 3 器に 2を盛り、 1をのせる。 豆腐のとろみ仕立て タンパク質デビューにピッタリの一品 材料 絹ごし豆腐……25g(3cm角1個) だし……大さじ2 水どきかたくり粉……少々 作り方 1 豆腐は裏ごしする。 2 鍋に1、だしを入れてひと煮し、水どきかたくり粉でとろみをつける。 豆腐キャベツがゆ 大豆の栄養をまるごと!やさしい口あたり 材料 絹ごし豆腐……20g(2cm角2個) キャベツ……10g(葉1枚くらい) 10倍がゆ……30g 作り方 1 キャベツはやわらかくゆで、裏ごしする。 豆腐もさっとゆで、裏ごしする。 2 10倍がゆをなめらかにすりつぶし、 1を加えて混ぜ合わせる。 鯛にんじん 野菜の甘みに上品な鯛のうまみをプラス 材料 鯛……5g(刺し身1/2切れ) にんじん……10g(2cm角1個) 作り方 1 鯛は熱湯でゆでて火を通す。 にんじんはやわらかくゆでる(ゆで汁はとっておく)。 2 1をなめらかにすりつぶし、ゆで汁で食べやすくのばす。 離乳食がスムーズに進められるよう、参考にしてください。 ママたちの体験談を見てみましょう。 お昼に離乳食を食べさせてもらえるので、家では朝か夕方に食べさせて1日2回食に。 今は生後10ヶ月なので、朝昼晩の3回食になりました。 食べさせるもの、アレルギーなどは、先生と確認しながら進めています。 初めはスプーンの先でひと口のお粥から。 子どものお迎え時や連絡帳を利用して、保育園の先生と細かく相談していました(主に離乳食を進める時期や、アレルギーが心配な食べ物があった時)。 先生もよく様子を見てくれていて、離乳食を進めることを先生から提案されたこともありました。 これは嫌い、この硬さなら食べられるなど、情報交換しながら、同時にステップアップするよう進めています。

次の

離乳食の始め方!スタートするときのコツは?

離乳食 はじめ方

離乳の開始とは、なめらかにすりつぶした状態の食物を初めて与えた時をいいます。 生後5〜6か月頃が適当です。 発達の目安としては• ・ 首のすわりがしっかりして寝返りができる• ・ 5秒以上座れる• ・ スプーンなどを口に入れても舌で押し出すことが少なくなる(哺乳反射の減弱)• ・ 食べ物に興味を示す などがあげられます。 ただし、子どもの様子をよく観察しながら、親が子どもの「食べたがっているサイン」に気がつくように進められる支援が重要です。 なお、蜂蜜、黒砂糖は乳児ボツリヌス症を引き起こすリスクがあるため、1歳を過ぎるまでは与えてはいけません。 月齢ごとの離乳食の目安をチェック! 離乳の進み具合には個人差がありますが、ここでは離乳を進める際の、標準的な食事回数や調理の仕方、量の「目安」をご紹介します。 お子様の様子を見ながら、あせらずゆっくり進めましょう。 離乳の完了 離乳初期 生後5〜6か月頃 離乳中期 生後7〜8か月頃 離乳後期 生後9〜11か月頃 離乳完了期 生後12〜18か月頃 食べ方の目安• 子どもの様子をみながら、1日1回1さじずつ始める。 母乳やミルクは飲みたいだけ与える。 1日2回食で、食事のリズムをつけていく。 いろいろな味や舌ざわりを楽しめるように食品の種類を増やしていく。 食事のリズムを大切に、1日3回食に進めていく。 共食を通じて食の楽しい体験を積み重ねる。 1日3回の食事リズムを大切に、生活リズムを整える。 手づかみ食べにより、自分で食べる楽しみを増やす。 つぶしがゆから始める。 すりつぶした野菜なども試してみる。 慣れてきたら、つぶした豆腐・白身魚・卵黄などを試してみる。 子どもの様子をみながら、1日1回1さじずつ始める。 母乳やミルクは飲みたいだけ与える。 つぶしがゆから始める。 すりつぶした野菜なども試してみる。 慣れてきたら、つぶした豆腐・白身魚・卵黄などを試してみる。 1日2回食で、食事のリズムをつけていく。 いろいろな味や舌ざわりを楽しめるように食品の種類を増やしていく。 食事のリズムを大切に、1日3回食に進めていく。 共食を通じて食の楽しい体験を積み重ねる。 離乳の開始は、おかゆ(米)から始める。 新しい食品を始める時には離乳食用のスプーンで1さじずつ与え、子どもの様子をみながら量を増やしていきます。 慣れてきたらじゃがいもや人参等の野菜、果物、さらに慣れたら豆腐や白身魚、固ゆでした卵黄など、種類を増やしていきます。 離乳が進むにつれ、魚は白身魚から赤身魚、青皮魚へ、卵は卵黄から全卵へと進めていきます。 食べやすく調理した脂肪の少ない肉類、豆類、各種野菜、海藻と種類を増やしていきます。 脂肪の多い肉類は少し遅らせます。 野菜類には緑黄色野菜も用います。 またヨーグルト、塩分や脂肪の少ないチーズも利用できます。 牛乳を飲用として与える場合は、鉄欠乏性貧血の予防の観点から、1歳を過ぎてからが望ましいです。 離乳食に慣れ、1日2回食に進む頃には、穀類(主食)、野菜(副菜)・果物、たんばく質性食品(主菜)を組み合わせた食事とします。 また、家族の食事から調味する前のものを取り分けたり、薄味のものを適宜取り入れたりして、食品の種類や調理方法が多様となるような食事内容にします。 母乳育児の場合、生後6か月の時点で、ヘモグロビン濃度が低く、鉄欠乏を生じやすいとの報告があります。 また、ビタミンD欠乏の指摘もあることから、母乳育児を行っている場合は、適切な時期に離乳を開始し、鉄やビタミンDの供給源となる食品を積極的に摂取するなど、進行を踏まえてそれらの食品を意識的に取り入れることが重要です。 調理形態・調理方法 離乳の進行に応じて、食べやすく調理したものを与えます。 子どもは細菌への抵抗力が弱いので、調理を行う際には衛生面に十分に配慮します。 食品は、子どもが口の中で押しつぶせるように十分な固さになるよう加熱調理をします。 初めは「つぶしがゆ」とし、慣れてきたら粗つぶし、つぶさないままへと進め、軟飯へと移行します。 野菜類やたんぱく質性食品などは、始めはなめらかに調理し、次第に粗くしていきます。 離乳中期頃になると、つぶした食べ物をひとまとめにする動きを覚え始めるので、飲み込み易いようにとろみをつける工夫も必要になります。 調味について、離乳の開始時期は、調味料は必要ありません。 離乳の進行に応じて、食塩、砂糖など調味料を使用する場合は、それぞれの食品のもつ味を生かしながら、薄味でおいしく調理します。 油脂類も少量の使用とします。 参考文献:2019年3月厚生労働省「授乳・離乳の支援ガイド」.

次の

離乳食 1さじってどのくらい?

離乳食 はじめ方

目次でパッと読み• 始める目安としては、• 首がすわって、支えがあれば座れる• 大人が食べているのを見て、食べたそうなすぶりをする• 体調が良く、機嫌も良い 私が住む地域は区で4ヶ月健診を行っているのですが、その健診に行った際に離乳食の始め方について指導がありました。 赤ちゃんによって成長の個人差があり、4ヶ月で上の目安を満たしている赤ちゃんもいます。 なのでうちでは、息子が 5ヶ月になった日に離乳食を始めました。 離乳食を始めるスケジュール 離乳食の始め方にはいくつか段階があって、食べ物の形状や与えていいもの・与えてはいけないものがあります。 始め方を間違えると赤ちゃんの生命に関わることでもあるので、慎重にしましょう。 1回食の始め方 始める目安• 首がすわって、支えがあれば座れる• 大人が食べているのを見て、食べたそうなすぶりをする• 体調が良く、機嫌も良い ポイント• 遅くとも6ヶ月のうちにスタートする• 赤ちゃんの機嫌がいいタイミングを選んで午前か午後の授乳タイムのうち1回に離乳食をプラス• 食べる量は気にせず最初の1ヶ月はミルクや母乳以外の味に慣れ「ゴックン」となることが目的• 液体に近いなめらかさで飲みやすく調理• 初めて口にする食品は1日1さじ• 離乳食スタートの最初の1さじは、アレルギーの心配がなく消化吸収もよい「10倍がゆ」がおすすめ 2回食の始め方 始める目安• 1日1回の離乳食を喜んで食べる• ポタージュ状の離乳食を上手にゴックンと飲み込める• 主食のおかゆの他に野菜・たんぱく質が食べられる ポイント• 1回食を始めて1ヶ月が経ち、おかゆ・野菜・豆腐の3品に慣れた• 2回目の離乳食は、1回目の半分以下でも大丈夫• 2回目の食事慣れてきたら、徐々に量を増やす• たんぱく質の摂りすぎは負担になるのでおかわりは、炭水化物と野菜類• 始める目安• 水分を減らしたベタベタ状の離乳食を、口をモグモグ動かして食べる• 主食とおかずを合わせて1回に子供茶碗の半分以上食べる• 2回の離乳食を喜んで食べる ポイント• 徐々に水分を減らして、つぶつぶのみじん切りやマッシュ野菜を取り入れる• 初めての食品は1日1さじ、日中の食事で与える• 食べれるたんぱく質の食品のバリエーションが豊富になる• 始める目安• 豆腐くらいの柔らかい塊を、口を動かして食べる• 1食で合わせて子供茶碗1杯くらい食べている• バナナの薄切りを食べさせると、歯ぐきでつぶせる ポイント• 3回の食事を決まった時間にあげて、リズムを作る• ミルクや母乳から栄養のメインを離乳食へ• 9ヶ月以降は母乳の鉄分が減るため、貧血による脳の発育への悪影響を避けるため食材でしっかり補う• 始める目安• 朝昼夕の3食をしっかり食べている• 自分で手づかみして食べている• 肉団子くらいの固さのものを、歯ぐきでつぶして食べられる ポイント• 朝昼晩と決まった時間に食事を摂る• 足りない栄養はおやつで補う• 噛む力がまだ不十分なので、食品の大きさなどに気をつけ噛む練習をさせる スポンサーリンク 離乳食で準備する調理道具 離乳食は段階ごとに形状が違っているので、調理の仕方も違ってきます。 そのため、離乳食の段階に合わせた調理セットが各社から発売されています。 保存道具 離乳食は1食の量が少なかったり、また大人の食事と調理方法が違ったりと、毎日の食事の度に作るとなると大変なので一度にある程度のストックを作って冷凍保存します。 そんなときに便利な保存道具が・・・ フリージングブロックトレー 小分けに冷凍するのに役立ちます。 フタが付いているので、衛生的にも安心です。 100円ショップでも売っていたり、製氷トレーでも代用できます。 密閉容器 フリージングブロックトレーで冷凍したものを取り出しやすく保存するのに使います。 フリージングブロックトレーだけでも保存できますが、かさ張ったりするので、冷凍ができたら保存はこちらでするといったように活用します。 調理道具 離乳食の段階に合わせた調理セットが各社から発売されていますが、離乳食が終わると使わなくなるものなので、私は長く使えることを考えて調理道具を厳選しました。 おかゆクッカー 主食で使う機会も多いおかゆを作る道具です。 10倍がゆや5倍がゆといったように普段作り慣れないおかゆを簡単に作れるので便利です。 離乳食が終わってもお茶碗として使えます。 裏こし器 調理セットについていますが、小さくて使いにくかったりするので普通の料理用の裏こし器を使います。 100円ショップにも売っていたり、ない場合はお菓子のふるいで代用できます。 茶漉しで代用する場合もあるみたいですが、作業的には断然こちらの方が楽だと思います。 ブレンダー 離乳食作りで一番大変だといわれる裏こしやすりつぶしで食品を細かくする作業が一瞬で出来る優れものです。 赤ちゃんから目が離せなかったり、時間に余裕がないママでもストレスなく離乳食の準備ができちゃいます。 離乳食が終わっても普通の料理で使えます。 調理用スプーンまたはミニヘラ 裏こしの際に使えたり、食材をフリージングブロックトレーに詰めるときにあると便利です。 赤ちゃんのスプーンでも代用できたりします。 離乳食で準備するグッズ 離乳食を作るときにいろんな可愛いグッズがあって、ついつい買ってしまいがちですが、必要最低限必要なものやあったら便利なものがありますで、賢く揃えていきたいですね。 離乳食本 1冊はあるといいです。 離乳食の始め方はもちろん、食べていい食品や食材の形状について写真で詳しく載っているので安心して離乳食を作れます。 食事道具 必要最低限揃えておきたい離乳食グッズです。 スタイ 普通の布製のよだれ用のスタイは違って、離乳食用のプラスチック製のスタイです。 赤ちゃんは大人みたいに上手に「食べる」ことができません。 口の周りに食べ物がつくことはもちろん口に入れたはずものが垂れてきたり、あるいは吐き出されたりしたときに、キャッチしてくれます。 スプーン 赤ちゃんに離乳食を食べさせるときのスプーンです。 相性があるので、自分の赤ちゃんに合ったものを模索しながら揃えてください。 合わないと食べること自体を拒否される可能性があります。 食べさせるためのスプーンによって離乳食の進み具合が変わってくるくらい大事なアイテムです。 マグカップ ミルクや母乳だけを飲んでいた赤ちゃんが、それ以外でも飲み物が飲めるようになる練習をするために必要です。 最初から上手にストローで飲めませんので、段階ごとに練習できるセットなどがあります。 最終的にはストローマグで水分を補給できるようになることが目標です。 食器 食器は出産祝いで貰うことが多いので自分で揃える必要がないかもしれませんが、 お気に入りのもので楽しく離乳食を始めましょう。 食事環境 離乳食をあげる環境整えることもとても大事です。 赤ちゃんが食べやすいことはもちろんママのストレス軽減にもなります。 椅子 赤ちゃんは最初はじっと動かずに離乳食を食べてくれません。 椅子に座って食事をするということをしつけることはもちろん、離乳食の食器をひっくり返したり、食べてるときに遊んでしまったりしないためにもしっかり「座る」ことができるアイテムが必要です。 防水シート あったら便利なものです。 ママが与える初期もそうですが、赤ちゃんが自分で食べるようになる後期も床に落ちる食べ物の汚れを受けますので、後片付けが楽になります。 離乳食でママが楽になるコツ 離乳食は赤ちゃんの成長に合わせて形状が変わっていくので、調理の仕方が変わったりします。 また、大人たちの食事とは違うので、最初は赤ちゃんのためだけに別で調理をしなければいけなかったりします。 慣れない作業で戸惑ったり、負担に感じてしまったりするかもしれませんが、適度に自分を休ませながら進めましょう。 ベビーフードの活用 時間がなくて離乳食を作れなかったときに、役に立つのがインスタントのベビーフードです。 いろんな種類のベビーフードが月齢ごとにありますので、上手に活用して息抜きしながら離乳食を楽しみましょう。 食事が進む「好物」を見つける 離乳食を始めたばかりの頃は、赤ちゃんは口にするもの全てが生まれてから初めて口にするものになるので、なかなか食べてくれなかったりすることもあると思います。 そんなときは、毎日チャレンジしていく食べ物のなかで反応が良かったものがないかをチェックしておくと、離乳食を進めるきっかけになるかもしれません。 うちでは、息子が「すいか」好きと分かり、毎食ジューズにして他の食材を与える合間合間に口直しで与えながら離乳食を進めていました。 好きなものがあると赤ちゃんも機嫌よく食べてくれるので、その流れで他の食材の離乳食が進むことがあります。 まとめ 離乳食の始め方は赤ちゃんの成長に合わせて目安が設けられていますが、赤ちゃんの成長はそれぞれのペースがあるので必ずしもその通りに行くとは限りません。 私も息子の離乳食を始めるまでは、漠然とできるか不安でしたが、始まってしまえば意外となんとかなりました。 最初はなかなかスムーズに食べて貰えなかったりするので、焦ってしまうかもしれませんが、回数を重ねると確実に赤ちゃんの成長を日々感じられるので、ママも気長に付き合う心構えで臨みましょう。

次の