浦和 対 g 大阪。 G大阪 対 清水: たれめのたぬき

JリーグCS 浦和対G大阪

浦和 対 g 大阪

CS初戦は1発勝負の浦和対G大阪戦。 各個人で見たいポイントは違うと思いますが、自分個人は阿部と遠藤のキャプテンでボランチの二人を注目してみたいなと思っています。 浦和もG大阪もFW,DFともに不安定な状態かなと思います。 ボランチの名前通り「舵取り」が重要なのかなと予想します。 それに加え、一発勝負の緊張感、プレッシャー、チームのまとめ役の一挙手一投足がチームの動きに影響与えるように考えています。 浦和は前節、大勝したとはいえ2失点しています。 守備に少し不安を残してしまった。 そしてG大阪には宇佐美がいる。 FWがどの選手が出場で、どういうフォーメーションで来るのか確実ではないと思いますが、最終節のトップ下なのかサイドなのかFWなのかわからないですが宇佐美がキープレイヤーなのは間違いないと思います。 その宇佐美を止めるのに浦和は不安な守備陣ですが、代表で活躍した柏木が攻撃の舵取りはしてくれるので阿部は守備を重視するように思うけど、どういう守備をするのか楽しみです(攻撃参加も期待しています)。 宇佐美を抑えるのか、宇佐美の前でボールをカットしていくのか、もちろん阿部だけの問題ではないのだけど、どちらにしても阿部が重要な働きになるかなと思っています。 G大阪の遠藤は試行錯誤の攻撃陣を上手くコントロールするのが役割になるかなと思います。 日本代表でもそうであったけど、遠藤のパス捌きで自分たちのリズムを作る、取り戻すことができるかどうか関心を持っています。 特にアウェーで、サポーターの多い浦和で相手に流れがいくことはある。 その流れをG大阪に引き寄せられるかというのはポイントになるかなと思っています。 ただ単純な1試合なら、阿部と遠藤にスポット当てなかったかもしれない。 けど、CSという特別な舞台でキャプテンという存在も重要かと思う。 大一番で戦術も技術も大事だけどメンタリティーも大事。 技術的な舵取りもそうだけど、チームメイトのメンタリティーの舵取りも興味がある。 なんやかんやCS、面白い。 それとGKにも注目してる。 両チームいいGKだしね。 東口の状態は気になるけど、こういう試合はGKが活躍する印象がある。 浦和、G大阪にはいい試合、いいサッカーを期待します。 両チーム、両サポーターの健闘を願います。 簡単ですが、CSのプレビューでした。 他の方のブログで知りましたがJリーグの1シーズンの入場者数が900万人超え、J1だけで見ても昨年から比べてプラス約17万人。 よかったです。 CS、2st制もありましたがそういうシステム変更もあって、選手たちが一所懸命に戦っていたから、観客が増えたようにも思います。 第一に白熱した試合を繰りひろげた選手たちに、そして2st制導入及び運営したJリーグ関係者の人たちに賛辞を送ります。 自分はしがないただのサッカーが好きだけど、自分も負けないようにサッカーやスポーツの楽しさ、価値も伝えていきたいな、と思いました。 今後もJリーグ、サッカーの発展を期待しています。 yahoo.

次の

【ゼロックス杯】G大阪×浦和|採点&寸評「三冠王者が好発進!」

浦和 対 g 大阪

1993年:Jリーグ開幕戦 1993年5月16日、すべてはここから始まった。 記念すべきJリーグの開幕カードは万博記念競技場でのガンバ大阪対浦和レッズ。 両チームとも今では監督を務めるような名選手が数多くいた。 G大阪の監督は釜本邦茂で、エースは永島昭浩。 一方の浦和の監督は森孝慈で、FWには福田正博と柱谷幸一が起用されていた。 試合は和田昌裕(前京都サンガ監督)の1点を守り切ったG大阪が勝利を収める。 すべての始まりはこのゲームだった。 当時は10チーム制だったため年に4度対戦していたが、浦和のホームでは2試合とも観客は9000人しかいなかった。 【試合結果】 G大阪 1-0 浦和 【得点者】 29分 1-0 和田昌裕(G大阪) 2006年:J1最終節 ギド・ブッフバルト監督率いる浦和は、第33節終了時点で2位のG大阪と勝ち点差3で首位に立っていた。 そして最終節、優勝に王手を懸けた浦和は埼玉スタジアムにG大阪を迎える。 マグノ・アウベスに先制点を決められた浦和だったが、ポンテがシジクレイをかわして同点弾を決めると、ワシントンが立て続けにゴールを奪って3-1とリードを広げる。 その後、山口智に1点を返されるが、そのまま逃げ切りに成功。 見事、クラブ史上初のリーグ優勝を果たした。 【試合結果】 浦和 3-2 G大阪 【得点者】 0-1 21分 マグノ・アウベス(G大阪) 1-1 27分 ポンテ(浦和) 2-1 44分 ワシントン(浦和) 3-1 59分 ワシントン(浦和) 3-2 78分 山口智(G大阪) 2010年:J1第13節 南アフリカW杯後に行われたゲームは、遠藤保仁がその実力を改めて証明する場となった。 エジミウソンと宇佐美貴史にゴールが生まれて前半を1-1で折り返し、後半に入ると64分にオウンゴールでホームのG大阪が勝ち越す。 しかし、勝負の神様は意地悪だった。 リードを奪った直後の68分、エースのルーカスがまさかの退場処分でG大阪は数的不利に。 それでも踏ん張り、90分に山田暢久を退場に追い込んで勝利は目前かと思われた。 後半アディショナルタイム4分のうち2分が過ぎ、もうすぐ勝ち点3というところでエジミウソンがゴールを奪い、浦和が土壇場で同点に追いつく。 だがそこで諦めないのがG大阪だった。 ラスト30秒、本当に最後のチャンスと思われた94分の攻撃。 左サイドを崩したG大阪は途中出場イ・グノのポストプレーを受けた遠藤がペナルティエリア手前で右足一閃。 GKの手をかわしたボールは美しい弧を描いてゴールネットに突き刺さった。 阿部浩之の先制点を皮切りに、レアンドロが2点を奪って相手から戦意を奪い取る。 そして、途中出場のパウリーニョがさらに2点を追加し、終わってみれば5-0。 G大阪が浦和を大差で下した。 両者の対戦は拮抗した結果になることが多いが、この日はG大阪の攻撃が最大限機能した。 結局、J1残留は叶わなかったが、2014年に復帰するといきなり国内3冠を達成した。 【試合結果】 G大阪5 -0 浦和 【得点者】 1-0 19分 阿部浩之(G大阪) 2-0 36分 レアンドロ(G大阪) 3-0 60分 レアンドロ(G大阪) 4-0 87分 パウリーニョ(G大阪) 5-0 90分+2 パウリーニョ(G大阪) 2014年:J1第32節 首位・浦和と2位・G大阪の直接対決。 浦和は主導権を握り、相手ゴールへ迫るも得点が奪えない。 スコアレスで迎えた後半、G大阪の控え選手たちが大きな仕事をやってのける。 まず佐藤晃大が値千金の先制点を奪うと、アディショナルタイムには倉田秋が決定的な2点目を奪った。 特に佐藤はこれまで結果を残せていなかったが、この大一番で輝きを放った。 この勝利でG大阪は浦和との勝ち点を2に縮め、最終的にリーグ制覇を達成することになるのだった。 【試合結果】 G大阪2-0 浦和 【得点者】 88分 1-0 佐藤晃大(G大阪) 90分+3 2-0 倉田秋(G大阪) 【了】.

次の

CS準決勝で激突!! 浦和対G大阪、5つの名勝負を振り返る

浦和 対 g 大阪

12号(7月29日発売)より [浦和] [GK] 21 西川周作 7 無失点記録は途絶えても、圧巻の存在感で勝点1をもたらした。 46 森脇良太 6. 5 起点として機能し、先制につながるシュートを放つなど活躍した。 4 那須大亮 6 一歩及ばず柴崎へのパスを通され同点弾を許す。 他は安定していた。 5 槙野智章 6 我慢の守備を続けていたが、終盤にややスペースを与えてしまった。 [MF] 26 関根貴大 5. 5 序盤はぐいぐいと押し込んだが、徐々に勢いがなくなり途中交代。 13 鈴木啓太 6 危うい球を確実にスイープする働きは流石。 ただ攻撃面で物足りず。 22 阿部勇樹 6 ビルドアップ時によく顔を出す一方、ストッパー的な役割もこなす。 3 宇賀神友弥 5. 5 前線のトライアングルと絡んで崩す場面がほとんど見られなかった。 8 柏木陽介 6 CKから先制点を演出。 二度訪れた決定機をひとつ決めていれば……。 7 梅崎司 5. 5 ボールの収まりどころになっていたが、ゴール前での精度を欠く。 [FW] 30 興梠慎三 6. 5 古巣から価値ある1点を奪取。 後半はボールがなかなか入らなかった。 [交代出場] FW 20 李忠成 5 ピッチに立った28人の中で唯一迷ってプレーしている印象を受けた。 MF 11 関口訓充 5. 5 求められた役割はこなした。 ただ、ここぞの場面で精度を欠いた。 MF 16 青木拓矢 5. 5 ひと仕事したかったものの、攻守ともに中途半端になってしまった。 [監督] ペトロヴィッチ 6 関根と鈴木は抜擢に応えたが、途中出場の選手は機能しなかった。 【鹿島】 [GK] 21 曽ヶ端準 6 1点に抑えた守備は安定感があった。 キック精度を欠く場面も散見。 [DF] 22 西大伍 5. 5 CKで森脇のマークを外してしまい、先制点のきっかけを与えた。 23 植田直通 6. 5 球際がしぶとく、柏木の決定的なシュートやスルーパスを止めた。 15 昌子源 6 興梠とのラインの駆け引きは見応えがあり、なんとか耐え切った。 16 山本脩斗 6 序盤は関根のドリブル突破に苦しんだが、後半はリズムを掴んだ。 [MF] 20 柴崎岳 6. 5 ワンチャンスを見逃さず1ゴール。 浦和の無失点記録を止めた。 40 小笠原満男 6 バランスを保ちつつ、浦和が狙うクサビのパスを巧みに食い止めた。 33 カイオ 6 中央にポジションを取るなど工夫を見せ、何度か起点として躍動。 19 豊川雄太 5. 5 森脇への守備が曖昧で自由を与えた。 持ち味の突破も発揮できず。 28 土居聖真 6. 5 守備時は2トップの形になり、浦和3バックにプレスをかけ続けた。 [FW] 11 ダヴィ 5. 5 西川を褒めるべきだが、やはりエースであれば1本は決めたかった。 [交代出場] DF 4 山村和也 5. 5 1対1で振り切られるなどやや不安定だったが、ゴールは許さず。 MF 32 杉本太郎 6 あわやPK獲得かと思わせる場面を作るなど、インパクトを残した。 MF 10 本山雅志 - 10番らしくボールが入ると〝なにか〞が起きる雰囲気を感じさせた。 [監督] トニーニョ・セレーゾ 6 序盤の劣勢を考えれば勝点1で及第点と言えるが、勝機も十分あった。 [試合内容] 浦和が序盤から主導権を握り、CKから興梠が先制点を決める。 だが植田のインターセプトからパスをつながれ、柴崎にシュートを突き刺され同点。 後半は鹿島ペースで進んだが、西川の再三の好守などで1-1のまま引き分けた。

次の