メジコン 眠気。 メジコン15の副作用に眠気が?妊娠中に飲んで大丈夫?

薬剤性過眠に注意!飲むと眠くなる副作用がある薬一覧 [不眠・睡眠障害] All About

メジコン 眠気

メジコンの効能効果 メジコンはさまざまな咳タイプに効果があります。 疾患名 効果(有効率%) 感冒(風邪) 86. 3 急性気管支炎 71. 1 気管支炎 84. 7 慢性気管支炎 69. 8 気管支拡張症 64. 0 肺炎 81. 0 肺結核 79. 3 急性上気道炎 97. 3 痰の絡んだ咳には「去痰薬」との併用が多いです。 『』 メジコンは効かない? 「メジコンは効かない」「飲んでも意味がない」と耳にすることもあります。 その理由は3つ考えられます。 メジコンが効かない理由1 用量不足 メジコンの用量用法は、1回1錠~2錠を1日1~4回です。 1回1錠を毎食後で処方された方が、効かないと感じている印象があります。 1回2錠に増量すれば、「効かない」も解決するかもしれません。 医師とご相談ください。 メジコンが効かない理由2 相性がよくない 標準量を飲めば多く方は効くはずです。 しかし、特定の薬に限っては標準量では効果を表さないタイプの方もいます。 ひょっとすると、 あなたはメジコンとの相性がよくないのかもしれません。 リン酸コデイン(通称リンコデ)は、強力な咳止めとして知られる中枢性麻薬性鎮咳薬です。 リンコデ系咳止めに変更すれば、「メジコンは効かない」は解決するかもしれません。 (ただし、メジコンとリン酸コデインの比較試験では、「デキストロメトルファン10mg又は20mgとコデイン15mgとの鎮咳作用の強さの違いは認められなかった」という結果が出ています) リンコデ系咳止めの解説はコチラ 『』 メジコンが効かない理由3 効かないタイプの咳 メジコンの量をいくら増やしても、効かないタイプの咳があります。 咳喘息• 気管支喘息• アトピー咳嗽(がいそう) メジコンをいくら飲んでも効かない場合は、このタイプの咳かもしれません。 これらの咳には次の薬を使います。 気管支拡張剤 ()• 抗ロイコトリエン薬 ()• 吸入ステロイド薬 (フルタイド、キュバール、パルミコート)• また、「メジコンは眠い」という方がいますが、飲み合わせに問題がある場合がほとんどです。 『』 最後に メジコン錠のジェネリックを確認しておきましょう。 デキストロメトルファン臭化水素酸塩錠15mg「NP」 メジコンとジェネリックの薬価は同薬価5. しかし、メジコンが小さすぎてヒートから錠剤を出しにくい方(高齢者など)は、錠剤を取り出しやすいサイズのジェネリックがおすすめです。 『』 まとめ• メジコンは使用頻度の高い中枢性非麻薬性鎮咳薬• メジコンは咳中枢に直接作用し、咳反射を抑制して咳を抑える• メジコンは錠剤、散剤、シロップ剤の3種類があるが、主成分に違いがある• メジコン錠のジェネリックは錠剤を取り出しやすいサイズである (メジコン錠は小さすぎる)• メジコン錠は1回1錠服用では効かないケースがある• メジコンの量をいくら増やしても、効かない人や効かないタイプの咳もある.

次の

【薬剤師が執筆】アストミンの4つの効果と6つの副作用まとめ

メジコン 眠気

過眠の原因となる薬は、いろいろあります 脳の病気の治療薬には、脳の働きを抑えるため眠くなるものが多くあります。 眠気の副作用が多い薬は、以下のものです。 三環系および四環系抗うつ薬:アミトリプチリン(トリプタノール)、ミアンセリン(テトラミド)など• 抗精神病薬:クロルプロマジン(ウィンタミン)、リスペリドン(リスパダール)など• 抗不安薬:エチゾラム(デパス)、ジアゼパム(セルシン)など• 抗てんかん薬:バルビツール酸、バルプロ酸(デパケン)、カルバマゼピン(テグレトール)など• ドパミン受容体作動薬:プラミペキソール(ビ・シフロール)、ロピニロール(レキップ) パーキンソン病やむずむず脚症候群の治療に使われるドパミン受容体作動薬は、眠気を感じていなくても突然眠ってしまう「睡眠発作」を起こすことがあります。 内服中は安全のため、車の運転などの危険を伴う作業は避けてください。 飲むと眠くなる「体の病気薬」一覧 痛み止めや肩こりの薬でも、眠くなることがあります 副作用として眠気を起こすことがある薬として、次のようなものも知られています。 抗ヒスタミン薬:ジフェンヒドラミン(レスタミン)、クロルフェニラミン(ポララミン)など• 鎮咳薬:ジヒドロコデイン、ジメモルファン(アストミン)、デキストロメトルファン(メジコン)など• 気管支拡張薬:メトキシフェナミン(フェナミン)など• 胃腸機能調整薬:トリメブチン(セレキノン)• 局所麻酔薬:塩酸ジブカイン(ペルカミン)• 消炎鎮痛薬:メフェナム酸(ポンタール)、イブプロフェン(イブ、ブルフェン)、ロキソプロフェン(ロキソニン)、プレガバリン(リリカ)など• オピオイド鎮痛薬:モルヒネ、オキシコドン、フェンタニルなど• 筋弛緩薬:チザニジン(テルネリン)、エペリゾン(ミオナール)など• 降圧薬:エナラプリル(レニベース)、アムロジピン(アムロジン)など 市販の風邪薬には抗ヒスタミン薬や鎮咳薬などが含まれているため、飲むと眠くなります。 抗ヒスタミン薬のジフェンヒドラミンは、眠気という副作用を逆手にとって、睡眠改善薬として「ドリエル」や「ナイトール」の名前で薬局・薬店で売っています。 医師から処方される「睡眠薬」一覧 医師から処方される睡眠薬を飲んで眠くなるのは、副作用というより効果の現れです。 睡眠薬には次のような種類があります。 薬剤は「一般名(代表的な商品名)」で表しています。 ベンゾジアゼピン系:トリアゾラム(ハルシオン)やブロチゾラム(レンドルミン)など• 非ベンゾジアゼピン系:ゾピクロン(アモバン)やゾルピデム(マイスリー)など• バルビツール酸系:バルビタールやフェノバルビタール(フェノバール)など• 非バルビツール酸系 これらのうちでよく使われているものは、ベンゾジアゼピン系睡眠薬と非ベンゾジアゼピン系睡眠薬です。 それぞれに、作用時間の短いものから長いものまであります。 作用時間が長い薬は、夜の早い時刻に飲んでも翌日まで効果が続いてしまい、日中に眠気を催すことがあります。 「持ち越し効果」と呼ばれるもので、これが起こるようなら薬を変える必要があります。 一方で、作用時間が短い睡眠薬でも、早朝に目覚めてしまった時などに飲むと朝が来ても作用が続くため、目覚められなかったり午前中の眠気が強くなったりします。 特別な理由がない限り、深夜や早朝に睡眠薬を飲むのはやめたほうが良いでしょう。 「睡眠薬の作用を強める薬」一覧 睡眠薬と一緒に飲むときには、注意が必要な薬があります テレビドラマでは睡眠薬で命を落とすシーンがありますが、昔と違い今の睡眠薬はとても安全になりました。 しかし、アルコールと一緒に睡眠薬を飲むと、睡眠薬の分解が遅れるため効果や副作用が強く出てしまいます。 睡眠薬の血液内の濃度を上げてしまう薬は、他にもあるので注意が必要です。 抗真菌薬:フルコナゾール(ジフルカン)、イトラコナゾール(イトリゾール)など• マクロライド系抗生剤:クラリスロマイシン(クラリス)、エリスロマイシン(エリスロシン)、ジョサマイシンなど• カルシウム拮抗薬:ジルチアゼム(ヘルベッサー)、ニカルジピン(ペルジピン)、ベラパミル(ワソラン)など• 抗エイズウィルス(HIV)薬:インジナビル(クリキシパン)、リトナビル(ノービア)など• 抗潰瘍薬(H2ブロッカー):シメチジン(タガメット)、ファモチジン(ガスター)など 抗真菌薬は爪の水虫などに、カルシウム拮抗薬は高血圧や不整脈の治療などに使われています。 意外のものでは、グレープフルーツも睡眠薬の作用を強めます。 グレープフルーツの苦みの成分であるフラボノイドが、肝臓で睡眠薬の分解を邪魔するからです。 夏みかんやザボン、ポンタンにも気を付けてください。 急にやめると眠たくなる薬 ナルコレプシーなどの過眠症の治療には、メチルフェニデート(リタリン)やモダフィニル(モディオダール)などの覚醒維持薬(中枢精神刺激薬)が用いられます。 メチルフェニデートは、子どもの病気である注意欠陥多動障害の治療にも使われています。 これらの覚醒維持薬を急にやめると、反動で強い眠気が襲ってきます。 ですから病気が良くなっても、自己判断で薬を中止してはいけません。 必ず主治医の指示に従って、薬を減らしていきましょう。 その際でも急な眠気が起こることがあるので、十分に注意してください。 睡眠障害についてもっと詳しく知りたい方は、「」や「」をご参照ください。 また、「」や「」についても併せてご覧下さい。

次の

メジコン(デキストロメトルファン)の作用機序:鎮咳薬

メジコン 眠気

メジコン(一般名:デキストロメトルファン)の作用機序 細菌やホコリなど、異物が体の中に侵入してくることがあります。 これらの異物が気道に溜まると、体はこれを外へ排出しようと試みます。 このときに咳が重要になります。 咳によってのどに蓄積した異物を外へ追い出そうとするのです。 このように、咳は体にとって必要な反応です。 無意味に咳が起こっているのではなく、きちんと意味があります。 そのため、むやみに咳を止めるべきではありません。 ただ、咳によって炎症が続くなど、デメリットがみられる場合は咳の鎮静化を行います。 咳を生じるには、脳の働きが重要になります。 のどに異物が溜まると、これを脳が感知します。 つまり、「異物を排泄するために咳を起こせ!」というシグナルが脳に伝わることで、咳が起こるのです。 脳の延髄と呼ばれる部分には、咳中枢が存在します。 咳中枢が刺激を受けると、咳を生じるようになります。 そこで、 薬が咳中枢に働きかけると、咳を抑制できます。 咳中枢に「咳を引き起こすシグナル」が到達すると、咳を生じます。 このとき、ある一定以上の強さを有するシグナルが到達する必要があります。 「これ以上の刺激がくると咳を生じる」というラインを閾値(いきち)といい、咳が起こるには閾値を超えなければいけません。 左図では、二か所でシグナルが閾値を超えています。 この場合、咳は2回起こります。 一方、シグナルの強さは同じであるものの、右図では閾値を超えていません。 そのため、咳も起こらなくなります。 咳中枢に作用して閾値を上昇させれば、咳を鎮めることができるのです。 このような作用機序により、脳の咳中枢に作用することで鎮咳作用を示す薬がメジコン(一般名:デキストロメトルファン)です。 メジコン(一般名:デキストロメトルファン)の特徴 鎮咳薬には、麻薬性と非麻薬性の薬があります。 メジコン(一般名:デキストロメトルファン)は非麻薬性の鎮咳薬であり、 依存性や便秘などの副作用を心配する必要はありません。 咳を鎮める作用は強力であり、麻薬性の鎮咳薬であるコデインと比べて、同等の鎮咳作用を示すことが臨床試験で分かっています。 また、動物を用いた実験によって、気道の粘液分泌を促進させることが分かっています。 気道の粘液分泌は痰の排泄に関わります。 ネバネバした痰を液化させて排泄を促すことにより、メジコン(一般名:デキストロメトルファン)は去痰作用を示します。 錠剤や散剤、シロップなどの剤形をもつ薬であり、小児科や内科で多用されます。 風邪の他にも、肺炎や肺結核などの呼吸器疾患による咳止めに使用されることもあります。 このような特徴により、咳を鎮めたり痰の排泄を促したりする作用により、風邪症状を緩和する薬がメジコン(一般名:デキストロメトルファン)です。 メジコン(一般名:デキストロメトルファン)の効能・効果 メジコン錠15mgとメジコン散10%は、「感冒(風邪)、急性気管支炎、慢性気管支炎、気管支拡張症、肺炎、肺結核、上気道炎(咽喉頭炎、鼻カタル)」に伴う咳嗽(がいそう:咳こむこと)や気管支造影術および気管支鏡検査時の咳嗽に用います。 また、メジコン配合シロップは「急性気管支炎、慢性気管支炎、感冒、上気道炎、肺結核、百日咳」に伴う咳嗽および喀痰喀出困難(かくたんかくしゅつこんなん)に活用されます。 錠剤や散剤とシロップ剤との違いは、シロップ剤には気道の粘液の分泌を促して痰を出しやすくする成分(クレゾール)が含まれていることです。 この成分により、去痰作用を期待できます。 メジコンの有効性に関しては、再評価結果によるデータがあります。 それぞれの疾患に対する有効率は以下の通りです。 ・メジコン錠15mg・メジコン散10% 感冒(86. 3%)、急性気管支炎(71. 1%)、気管支炎(84. 7%)、慢性気管支炎(69. 8%)、気管支拡張症(64%)、肺炎(81%)、肺結核(79. 3%)、急性上気道炎(97. 3%)、急性気道炎(74%)、咽喉炎(81. 8%)、気管支造影術(72. 7%) ・メジコン配合シロップ 急性気管支炎(36. 4%)、慢性気管支炎(68%)、感冒(64. 6%) このように、メジコン錠15mgとメジコン散10%は特に 急性上気道炎に高い有効性を示すことが分かります。 また、 メジコンには糖尿病性神経障害(高血糖によって体のすみずみに広がる「末梢神経」のはたらきが低下すること)に対して効果があるというデータが出ています。 これはメジコンの代謝産物であるデキストロルファンが、NMDA受容体と呼ばれるアスパラギン酸の受容体拮抗作用を示すことで神経伝達物質であるグルタミン酸の遊離を促進するためです。 メジコンの用法・用量 メジコン錠15mg(一般名:デキストロメトルファン、英名:Dextromethorphan)とメジコン散10%は、成人に1回15~30mgを1日1~4回経口投与します。 なお、年齢・症状によって量が増減することがあります。 またメジコン配合シロップは、成人には1日18~24ml、8~14歳には1日9~16ml、生後3か月~7歳には1日3~8mlを3~4回に分け経口投与します。 こちらも、年齢・症状により量が増減することがあります。 メジコンは、特に理由がない場合は食後に服用しますが、食前や空腹時(食間)に服用しても問題ありません。 また、メジコン錠15mgを一包化したり、粉砕したりすることも問題ありません。 メジコンの副作用 メジコン(一般名:デキストロメトルファン)の 主な副作用は悪心とめまいです。 また、ほとんど心配は必要ないものの重大な副作用として、呼吸抑制やショック・アナフィラキシー様症状(呼吸困難、蕁麻疹、血管浮腫など)が報告されています。 眠気の副作用が報告されているため、メジコンを使用している人には自動車の運転等危険を伴う機械の操作には従事させないよう注意します。 その他報告されている副作用としては湿疹(発疹)があります。 さらに頻度は低いですが、頭痛・めまい・不眠・悪心・嘔吐・食欲不振・便秘・腹痛・口喝も報告されています。 メジコンの投与禁忌と併用注意(飲み合わせ) メジコンを服用するとき、禁忌の人がいます。 メジコンに過敏症のある人は禁忌ですが、その他にもMAO阻害剤を飲んでいる人も禁忌です。 MAO阻害剤とはモノアミン酸化酵素阻害剤のことで、ドパミンの分解抑制作用を有し、パーキンソン病治療に用いることがあります。 MAO阻害剤には、パーキンソン病治療薬のエフピー錠(一般名:セレギリン)が該当します。 また、てんかん薬のエクセグラン(一般名:ゾニサミド)は作用機序が完全に解明されていないものの、MAO阻害作用を有すると想定されています。 したがって、メジコンとは禁忌です。 上記の薬とメジコンが併用禁忌の理由は、セロトニンの作用を増強させてしまうためです。 メジコン(一般名:デキスロメトルファン)には、セロトニンの濃度を上昇させる作用があります。 また、MAO阻害剤にはセロトニンの代謝を阻害する作用があります。 その結果、脳幹および脊髄でのセロトニンによる作用が増強されます。 セロトニン濃度が増えることにより、精神状態および行動の変化(不安興奮、不穏など)や骨格筋の緊張性・神経筋活動性の変化(痙攣や手の震えなど)、自律神経失調(高血圧や多汗など)、異常高熱や下痢などが現れます。 これらの症状は セロトニン症候群と呼ばれています。 さらに、メジコンと併用注意の薬剤もあります。 要は、飲み合わせに注意する必要があります。 こうした薬としては、キニジン(一般名:キニジン)、アンカロン(一般名:アミオダロン)、ラミシール(一般名:テルビナフィン)などです。 メジコンは肝代謝酵素(肝臓に存在する代謝酵素)によって不活性化されます。 この肝代謝酵素に種類があり、その中でもCYP2D6と呼ばれる酵素によって代謝されます。 先ほどの薬(キニジン、アンカロン、ラミシールなど)はこの代謝酵素(CYP2D6)の働きを阻害してしまい、結果としてメジコンがうまく不活性化されなくなり、結果として血中濃度(血液中の薬物濃度)が上昇することがあります。 また、うつ病の治療薬として活用される選択的セロトニン再取り込み阻害剤(SSRI)も併用注意です。 SSRIはセロトニン作用を増強し、先述したセロトニン症候群等のセロトニン症状を起こすことがあるためです。 SSRIには、デプロメール・ルボックス(一般名:フルボキサミン)やパキシル(一般名:パロキセチン)、ジェイゾロフト(一般名:セルトラリン)、レクサプロ(一般名:エスシタロプラム)、サインバルタ(一般名:ディロキセチン)などがあります。 緑内障、前立腺肥大症患者に活用できるメジコン なお、 メジコン(一般名:デキストロメトルファン)は緑内障や前立腺肥大の人にも用いることができます。 一部の鎮咳薬には抗コリン作用を有する薬があります。 抗コリン作用とは、アセチルコリンという物質の働きを抑える作用です。 アセチルコリンは副交感神経(リラックスさせる方向に働く自律神経)を刺激する作用があります。 したがって抗コリン作用によって副交感神経に関わる器官に影響を及ぼします。 具体的には抗コリン作用によって、尿を溜めやすくしたり眼圧を高めたりします。 したがって、緑内障や前立腺肥大の人には抗コリン作用を有する薬は禁忌となることがあります。 抗コリン作用を有する鎮咳薬には、リン酸コデインがあります。 ただ、メジコンは抗コリン作用を有さないので、緑内障や前立腺肥大の人であっても活用できるのです。 メジコンと併用できる薬 メジコンは咳に関する薬であり、多用されます。 このとき、以下の薬と併用ができます。 また、メジコンは抗インフルエンザ薬イナビル(一般名:ラニナミビル)やリレンザ(一般名:ザナミビル)を使用中にも服用できます。 インフルエンザ予防接種の前にメジコンを服用するのも問題ありません。 さらに、中耳炎の時やマイコプラズマのときにもメジコンは服用できます。 風邪のときにムコダイン(一般名:カルボシステイン)やムコソルバン(一般名:アンブロキソール)、トランサミン(一般名:トラネキサム酸)と併用することも問題ありません。 メジコンと似た作用を持つ薬にアストミン(一般名:ジメモルファン)があります。 アストミンはメジコンと作用がほぼ同じなので、基本的には併用することがありません。 また、アストミンとメジコンの効果の強さを比較した調査において、「アストミンの方が効果は強いという報告」があります。 また同様にレスプレン(一般名:エプラジノン)やリン酸コデインも基本的にメジコンとは併用しません。 メジコンの高齢者への使用 高齢者では代謝機能が落ちてしまいますが、メジコンを使用することができます。 場合によって、減量の検討が必要になることがあります。 5mg、クレゾールスルホン酸カリウム15mgを含有)があります。 子供に対しては、錠剤ではなくこれら散剤や配合シロップを活用していきます。 散剤には小児用量の設定がされていませんが、 シロップは生後3か月の赤ちゃんから用量が設定されています。 小児は、8~14歳で1日9~16ml、生後3か月~7歳で1日3~8mlを3~4回に分け経口投与します。 症状によって量が増減することがあります。 メジコンの妊婦・授乳婦への使用 妊娠中の人に対してメジコンは「治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場合にのみ投与すること」とあります。 ただ、メジコンは妊娠中の人に安全性の高い薬といわれています。 実際、 妊娠に関する調査では、メジコンを服用しても催奇形性や流産率、死産率などに影響がないということが報告されています。 そのため、医師の診断で必要と判断されれば飲むことができます。 授乳婦についてもメジコンは安全性が非常に高く、有害事象が発生した報告はありません。 また、メジコンは赤ちゃんを含め小児にも適応を持つので、薬が移行したとしても問題にならないと考えられています。 メジコン(一般名:デキストロメトルファン)の効果発現時間 メジコン(一般名:デキストロメトルファン)を服用後、メジコン錠15mgとメジコン散10%の血中濃度(血液中の薬物濃度)が最高値に達するまで2. 1~2. 6時間ほどかかります。 また、半減期(薬の濃度が半分になる時間)は3. 2~3. 6時間くらいといわれています。 また、メジコン配合シロップの血中濃度が最高値に達するのは服用後2時間ほどであり、半減期は3. 3時間くらいです。 したがって、メジコン錠15mgやメジコン散10%、メジコン配合シロップは2時間程度で効き目を感じられ、12時間もすれば体内から有効成分の大部分が消失します。 効き目に関しては4~5時間程度で感じられなくなると考えられるので、1日3~4回で服用すると薬の効果が持続するようになります。 メジコンと市販薬 現在、メジコンの主成分であるデキストロメトフルファンだけが含まれたOTCはありません。 しかし、デキストロメトルファンが「解熱作用成分等」と記載された市販薬は多数存在しますし、同じ系統の咳止めが含有されていることもあります。 そのため、市販の風邪薬とメジコンとの併用を考えるとき、そのつど薬剤師に相談すると安全です。 以下に、デキスロメトルファン含有の市販薬の具体例を記します。 ・新コンタック風邪🄬総合 (アセトアミノフェン、無水カフェイン、デキストロメトルファン臭化水素酸塩水和物、dl-メチルエフェドリン塩酸塩、ブロムヘキシン塩酸塩、d-クロルフェニラミンマレイン酸塩 含有) ・ルルアタックFX (麻黄エキス、アセトアミノフェン、ケイヒ末、クレマスチンフマル酸塩、カンゾウエキス、デキストロメトルファン臭化水素酸塩水和物、グアイフェネシン、無水カフェイン、ニンジン軟エキス、ベンフォチアミン 含有) メジコンの後発医薬品 メジコン(一般名:デキストロメトルファン)には後発医薬品(ジェネリック医薬品)も発売されています。 メジコン自体は安価な薬ですが、さらに安く薬を手にすることができるのです。 ジェネリック医薬品では一般名が活用され、デキストロメトルファン臭化水素酸塩錠15mg「メーカー名」、デキストロメトルファン臭化水素酸塩散10%「メーカー名」などの商品名になります。 また、メジコンのジェネリック医薬品では、後発医薬品独自のブランド名のケースもあります。 鎮咳薬使用上の注意 メジコン錠15mg含め、鎮咳薬は全ての咳に効くわけではありません。 喘息や逆流性食道炎、副鼻腔炎などの疾患が原因で咳が出ている場合には病気の根本的な治療を行う必要があります。 例えば、逆流性食道炎が原因で咳が出ている場合には、胃酸の分泌を抑える薬を用いて治療します。 咳は元来、気道内の痰や異物を気道から出そうとするための防御反応です。 咳が長引いているとき、漫然とメジコンのような中枢性鎮咳薬を使用することは生体に必要な防御反応を阻害してしまう可能性があります。 なぜなら、咳で体から異物を出そうとする反応を阻害することで、異物が体に留まり体の不調を長引かせてしまうからです。 したがって、長引く咳に対して、漫然と中枢性鎮咳薬を使用し続けることは避けるべきです。 このように、さまざまな咳症状に対してメジコン(一般名:デキスロメトルファン)が活用されます。 子供や妊婦を含め、幅広い人に活用できる薬がメジコンです。

次の