佐藤栄作 家系図。 安倍家と麻生家の家系図を辿ってわかった歴代総理の異常な親戚関係と知ってたあの政治家のルーツ!日本の貴族社会の家系図まとめ お天道様はお見通し

岸 信介 − 佐藤栄作 ー 安倍晋三 CIAの手先家系図秘話 あくび指南

佐藤栄作 家系図

安倍晋三首相はやはりただラッキーだけで首相になったのではなさそうです。 その血筋、家系をみるとなるべくしてなったと言わざるを得ません。 今回は、安倍首相の家系図をみてみましょう。 父親は次の首相と言われた安倍晋太郎 安倍晋太郎は大変優秀な人物だったそうで、外務大臣、自民党幹事長と歴任していました。 特に、1990年9月のゴルバチョフ来日の折には、その尽力に奔走するとともに、会談も行いました。 しかし、その後次期総裁と目されていたにもかかわらず、すい臓がんでなくなります。 安倍晋太郎の父親である安倍寛も衆議院議員でした。 戦前、戦争に反対する立場から東條英機への批判を繰り返しています。 戦後再度の選挙に出馬予定でしたが、その直前に亡くなってしまいました。 母親は岸信介の娘 安倍首相の母である洋子さんは岸信介の娘にあたります。 ということは、安倍首相のおじいちゃんが岸信介ということになります。 おじいちゃんに可愛がられたようです。 ところで、岸信介(56代、57代内閣総理大臣)と佐藤栄作(61代、62代、63代内閣総理大臣)は実の兄弟にあたります。 苗字が違いますね。 もともと、岸信介の父、佐藤秀助は岸家から婿養子に入っていました。 つまり、父親は岸家の出身だったのです。 ところが、岸家では跡取りがいなかったので、岸信介が養子に入ったのでした。 岸家と佐藤家においては、よく養子縁組がなされたようです。 実の兄弟が総理大臣とは本当にすごいですね。 なお、次男である岸信介には兄がいました。 佐藤市郎といいますが、実は、三兄弟の中でもっとも優秀だったそうです。 海軍大学校でトップの成績を収め、海軍中将を勤めます。 ただし、身体が弱かったので、太平洋戦争前に学者に転身しています。 信介と三男の栄作も優秀で東京帝国大学を卒業していますが、いったいどんな3兄弟なのかと思ってしまいます。 photo by 妻 昭恵さんは森永創業者一族出身 昭恵さんのお父さんは森永製菓の元社長 松崎昭雄さんです。 昭恵さんのお母さんである恵美子さんが、森永製菓二代目森永太平さんの二女にあたりますので、生粋の森永一族なのです。 なお、森永製菓の現会長の森永剛太氏は昭恵夫人の叔父にあたります。 安倍晋三首相の兄弟は議員と社長 実は、安倍総理大臣の弟には、岸家の養子となった岸信夫参議院議員がいます。 また、兄の安倍寛信氏は会社社長です。 ちなみに安倍寛信氏の奥さんはウシオ電機オーナー一族になります。 ところで、安倍首相には子どもがいません。 いろいろ事情があるのでしょうが、跡継ぎがいないのです。 ただし、安倍家全体として安倍寛信氏の息子が安倍家の跡継ぎに内定したとの情報もあります。 まとめ 安倍総理の遠い親戚には、麻生太郎財務大臣がいます。 実は、政界では政治家一族同士で結婚があったりしますので、よくよくたどると遠い親戚ということもあるのです。 政界のサラブレッドと言われるのも、親戚同士で政治を行っている状況をみると言い得て妙ですね。

次の

【家系図】安倍晋三の先祖一族や兄弟を分かりやすく!岸家との関係や韓国人説の由来も

佐藤栄作 家系図

武家家伝_信夫佐藤氏 信夫佐藤氏 源氏車 藤原氏秀郷流 佐藤氏は鎮守府将軍藤原秀郷より六世の孫公清にはじまる。 佐藤とは公清の官名が左衛門尉であり、その子季清、その孫康清がいずrめお左衛門尉に任じられていたため、左衛門尉の左をとって佐藤と称したといわれる。 西行となのった佐藤義清は康清の子である。 義清もまた、家門の伝統を継承して左衛門尉に補任され、兼ねて鳥羽院の下北面となった。 当時、平泉には、藤原基衡がて次第に勢をもち、信夫郡をもその支配下においた。 佐藤氏はこの平泉藤原氏の家臣となって信夫郡司となり、現在の飯坂温泉の付近に根拠地をもっていたため「湯の庄司」とも呼ばれた。 鎌倉時代の説話文学である『十訓抄』によれば、信夫の大庄司季春は基衡治世のはじめ、陸奥国司師綱を排して、基衡の一円押領をかばい、ついに国司のために斬られたとされている。 この季春の名は、『佐藤系図』にはみえないが、元治(基治・元信)の父師治が季春にあたる人物と考えられる。 基治は秀衡の郎等で信夫小大夫といい、その母は上野国大窪太郎の娘という。 佐藤氏が北関東の土豪と縁が深かったことがうかがわれる。 基治の子は、長男が隆治、次男が治清で、以下継信・忠信らがいた。 継信・忠信兄弟は源義経に従って活躍し、最後は義経とともに衣川の楯で討死したことはよく知られている。 文治五年(1185)佐藤基治は許されて信夫荘に帰った。 信夫庄司の遺跡については、『観蹟聞老志』に「佐藤庄司の館。 上坂村の西、天王寺中野村の間にあり、大鳥城と称し、郷人これを丸山城と云う。 寺あり、瑠璃山吉祥院医王寺と号し、禅宗を修す。 庄司父子の古墓はここにあり。 或は云う、庄司の古墓は、出羽白岩田間にあり。 寺ありて弥勒寺と号し後、山を丸山城と云う」とみえる。 また、『平泉志』に「佐藤庄司基治は、文治五年八月、石那坂の戦いに敗死すとも、又、捕虜となり、十月、名取郡司 熊野別当と共に恩免にあうとも云えり」と記されている。 伝によれば、源義経と基治の娘との間に生まれた安居丸は、母方の姓を名乗って佐藤基信といい、その子基久は南朝方として奮戦し、伊予で戦死したという。 他方、基治の弟師泰の子孫は庶流として信夫の地域に居住していたが、南北朝の内乱期、佐藤十郎左衛門尉が出て、武家方(北朝方)として働いた。 このことは、暦応二年(1339)三月、石塔義房より軍勢催促状を受けた性妙が、本吉庄に子息・一族・若党らを率いて従軍し、軍功をたてたことに対しての軍忠状。 同四年一月、陸奥国府にあった陸奥北党の大将石塔義房が岩切城の留守警固を佐藤性妙に命じた軍勢足即状。 康永三年(1344)石塔義元が性妙の軍忠状をうけて、その軍忠の旨を、幕府の執事である武蔵守高師直に具申し、足利尊氏への披露えお願った佐藤性妙軍忠状などから知られる。 さらに、貞和二年(1346)一月、性妙はこれまでの軍忠を管領府に具申し、遅延している恩賞を早く実現して欲しいと訴えた軍忠状も残っている。 これらの文書によって信夫佐藤氏一族の惣領の地位に佐藤十郎左衛門入道性妙があったことがわかる。 おそらく、鎌倉時代を通じて隣郡の仇敵伊達氏の勢力に圧倒されていた信夫佐藤一族は「奥州征伐」から一世紀半を経て起こった南北朝の動乱を利用して、南朝方となった伊達氏に対して、武家方に属して一気に勢力を回復しようと考えたものであろう。 そして、十郎左衛門入道性妙は子息一族とともに奥州の各地から、伊勢国小屋末・摂津国天王寺・阿倍野・港川・播磨国山田荘・丹生寺・谷上・諏方瓦などの合戦に軍忠した。 信夫佐藤氏は南北朝内乱期に勢力を回復しようと活躍した。 そして、文和元年(1352)ころになると性妙・元清父子の信夫地方における史料はみえなくなる。 おそらく、一志郡における所領預かりのころを画期として、かれらの本拠は陸奥から伊勢に移されたものと考えられる。 元清の兄重清もまた、康安元年(1361)伊勢国鷹屋に所領を与えられているのである。 父入道性妙とともに転戦した佐藤兵庫介行清は、伊勢に本拠を移してのちも北朝方に属し、足利方の武将である仁木氏に従い、文和二年(1352)に一志郡三雲村肥留に領地を得て、そこに佐藤館を築いた。 そして、行清の弟基清(元清)は永和二年(1376)重代の文書ならびに継図(系図)・太刀などを幼い清基に譲った。 これが、いまに伝わる「佐藤家譜』である。 そして、ここに譲られた系図からも佐藤氏の本領が、信夫庄だったことが知られる。 その子孫はいまも肥留に存在している。 性妙一族は伊勢に新天地を得て、信夫を去っていったが、信夫佐藤氏の主流は、各地に移り去りはしながらも、 なお多くは信夫地方に根を張り続けた。

次の

苗字の由来 佐藤氏〜家系図作成からルーツ調べ

佐藤栄作 家系図

[生]1901. 山口 [没]1975. 東京 政治家。 内閣総理大臣(首相。 在任 1964~72)。 7年8ヵ月の長期政権記録をつくった。 の実弟。 第五高等学校,東京大学を卒業後,鉄道省に入り運輸次官を務めた。 1948年に入党,同年第2次内閣の官房長官。 全期間を通じて,から「」「対米依存」と非難されつつも,単独与党,絶対多数の政局安定を持続した。 1974年ノーベル平和賞受賞。 出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について の解説 政治家。 岸信介 のぶすけ の実弟。 明治34年3月27日山口県生まれ。 1924年(大正13)東京帝国大学法学部卒業後鉄道省に入り、1946年(昭和21)鉄道総局長官、1947年運輸次官となる。 その間吉田茂 よしだしげる の知遇を受け、1948年退官して自由党に入り、同年10月第二次吉田内閣の官房長官に就任した。 1949年山口2区より衆議院議員に初当選、以後連続10回当選。 1950年4月自由党幹事長、さらに第三次吉田内閣の郵政相、第四次吉田内閣の建設相を経て1953年2月ふたたび幹事長になるなど吉田派の中心人物の地位にのし上がった。 1954年4月造船疑獄に連座し逮捕が必至となったが、犬養健 いぬかいたける 法相の異例の指揮権発動で救われた。 その後も蔵相、通産相、自民党幹事長などを歴任、吉田派を継承し党内最大派閥の佐藤派を築いた。 1964年の総裁選では池田勇人 いけだはやと 3選に反対して立候補したが敗れた。 しかし池田の病気引退により同年11月首相となり、以後7年8か月の長期にわたり政権を維持した。 佐藤は「人事の佐藤」「待ちの佐藤」といわれたように、党内操縦術に抜群の手腕を示すとともに、状況に追随し手堅く無難な選択を行う守りの政治を特徴とした。 それは、高度成長期には適合的な政治スタイルで、長期政権の秘訣 ひけつ もここにあったが、1970年代以降の時代の変化には対応しきれないもので、それは1971年のニクソン・ショック(ドル危機、米中接近)に典型的に示された。 1972年5月の沖縄返還を花道に7月引退した。 昭和50年6月3日死去。 さらに最高検察庁は4月20日,佐藤栄作 自由党幹事長 の収賄 船主協会,造船工業会から各1000万円,未届など による逮捕許諾請求を決定したが,翌21日,犬養健法相は吉田茂首相の意向を受けて検察庁法14条により指揮権を発動し 指揮権発動 ,佐藤の逮捕延期と任意捜査を指示した 犬養は翌日辞任。 このため捜査は〈政治のカベ〉に阻まれて事実上の中断を余儀なくされ,7月30日に終了したが,事件とその真相を隠ぺいした指揮権発動は吉田内閣の屋台骨を揺るがし,12月7日の総辞職へと追い込まれていった。 出典| 株式会社平凡社 世界大百科事典 第2版について.

次の