フランコ コロンボ。 刑事コロンボ 62話『恋におちたコロンボ』脚本ピーター・フォーク

10月25日の筋トレ日記。身長の低いボディビルダー。

フランコ コロンボ

厚みをつける最終兵器 デッドリフト もう二十年以上前だっただろうか?月間ボディビルディングにこんなキャッチコピーで記事が掲載されたことがあった。 実はこの号だけを私は持っていてバイブル化している。 この記事は日本人にとってなぜ、デッドリフトが必要か?ということが書かれており、大変わかりやすく、そして説得力のあるものだった。 もともと欧米人は背中の筋量について、発達しにくいというのがないのかもしれない。 ある程度のロウイング種目だけで背中は十分に発達する。 多くの日本人は背中の広がりや厚みを得るために相当の努力が必要。 その要となる種目がデッドリフトである・・・。 こんな記事だった。 デッドリフトは私が最も好きなエクササイズだ。 あのバーがしなる感覚。 バーベルプレートの枚数。 持ち上げる瞬間、背中にかかる重量感覚。 全身を鍛え上げるこの種目は究極の筋量を得るために避けては通れない種目であろう。 マイケル・フランソワの背中をみたことがあるか?ギリシャ神話のパルテノン神殿の石柱の如く、筋肉が盛り上がっているのだ。 フランコ・コロンボのラットスプレッドバックを見たことがあるか?腕と背中の間には隙間がない。 つまり、背面からは向こう側が見えないのだ。 現代のボディビルダー達のラットスプレッドがお粗末だと言える人間がフランコ、その人なのだ。 身震いがするほどの背中の厚み。 彼らが背中のトレーニングで最初に行うのはデッドリフトだ。 それも低レップでシングルレップに挑戦するというもの。 シングルレップのデッドリフトは背中に永遠の厚みをもたらす。 永遠の厚みとはアーノルド・シュワルツェネッガーが現役時代に求めていたものだ。 背中を左右半分に二分する、僧帽筋から脊柱起立筋にかけてのライン。 どっかりと二つの筋肉の隆起がまるで山脈のようにもりあがる。 僧帽筋から首にかけてのラインもまた素晴らしい。 太い蛇がうごめくような盛り上がりだ。 そしてこの血管はどうだ!シングルレップとハイレップスのデッドリフトを組み合わせれば究極の背中が完成する。 さらには、ハムストリングスを見てほしい。 幾重にも筋繊維が走り、チーズをすりおろせそうなほど深く刻まれたカット。 レッグカールなんかでは到底与えることができない刺激が、デッドリフトではハムストリングスを直撃する。 カーフから首に至るまで背面部全てにデッドリフトの刺激は響き渡る。 背面をみればそいつがデッドリフトを行ってきたかどうかはすぐにわかる。 少年と男を区別するもの。 それほど、デッドリフトという種目は体型を変える。 これこそがボディビルの醍醐味。 もちろんストラップなんかは使ってはならない。 リフティングベルトなんかも不要だ。 オルタネイト・グリップ、フックグリップを駆使して、自分自身の握力を信じるのだ。 究極の前腕の発達にはデッドリフトが要の種目となる。 むしろ、強力な握力を得るためにデッドリフトを行うのだ。 厚みをつける最終兵器デッドリフト。 ラットプルダウンでは到底得ることのできない背中の厚み。 さぁ、今すぐ外に飛び出し、バーベルを握りしめデッドリフトを行うのだ。 今すぐに!•

次の

「フランク・コロンボさん(78)死去...」きゃのん@2008のブログ | きゃのん@2008公式ブログ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!

フランコ コロンボ

厚みをつける最終兵器 デッドリフト もう二十年以上前だっただろうか?月間ボディビルディングにこんなキャッチコピーで記事が掲載されたことがあった。 実はこの号だけを私は持っていてバイブル化している。 この記事は日本人にとってなぜ、デッドリフトが必要か?ということが書かれており、大変わかりやすく、そして説得力のあるものだった。 もともと欧米人は背中の筋量について、発達しにくいというのがないのかもしれない。 ある程度のロウイング種目だけで背中は十分に発達する。 多くの日本人は背中の広がりや厚みを得るために相当の努力が必要。 その要となる種目がデッドリフトである・・・。 こんな記事だった。 デッドリフトは私が最も好きなエクササイズだ。 あのバーがしなる感覚。 バーベルプレートの枚数。 持ち上げる瞬間、背中にかかる重量感覚。 全身を鍛え上げるこの種目は究極の筋量を得るために避けては通れない種目であろう。 マイケル・フランソワの背中をみたことがあるか?ギリシャ神話のパルテノン神殿の石柱の如く、筋肉が盛り上がっているのだ。 フランコ・コロンボのラットスプレッドバックを見たことがあるか?腕と背中の間には隙間がない。 つまり、背面からは向こう側が見えないのだ。 現代のボディビルダー達のラットスプレッドがお粗末だと言える人間がフランコ、その人なのだ。 身震いがするほどの背中の厚み。 彼らが背中のトレーニングで最初に行うのはデッドリフトだ。 それも低レップでシングルレップに挑戦するというもの。 シングルレップのデッドリフトは背中に永遠の厚みをもたらす。 永遠の厚みとはアーノルド・シュワルツェネッガーが現役時代に求めていたものだ。 背中を左右半分に二分する、僧帽筋から脊柱起立筋にかけてのライン。 どっかりと二つの筋肉の隆起がまるで山脈のようにもりあがる。 僧帽筋から首にかけてのラインもまた素晴らしい。 太い蛇がうごめくような盛り上がりだ。 そしてこの血管はどうだ!シングルレップとハイレップスのデッドリフトを組み合わせれば究極の背中が完成する。 さらには、ハムストリングスを見てほしい。 幾重にも筋繊維が走り、チーズをすりおろせそうなほど深く刻まれたカット。 レッグカールなんかでは到底与えることができない刺激が、デッドリフトではハムストリングスを直撃する。 カーフから首に至るまで背面部全てにデッドリフトの刺激は響き渡る。 背面をみればそいつがデッドリフトを行ってきたかどうかはすぐにわかる。 少年と男を区別するもの。 それほど、デッドリフトという種目は体型を変える。 これこそがボディビルの醍醐味。 もちろんストラップなんかは使ってはならない。 リフティングベルトなんかも不要だ。 オルタネイト・グリップ、フックグリップを駆使して、自分自身の握力を信じるのだ。 究極の前腕の発達にはデッドリフトが要の種目となる。 むしろ、強力な握力を得るためにデッドリフトを行うのだ。 厚みをつける最終兵器デッドリフト。 ラットプルダウンでは到底得ることのできない背中の厚み。 さぁ、今すぐ外に飛び出し、バーベルを握りしめデッドリフトを行うのだ。 今すぐに!•

次の

究極の筋量: 究極の筋量 vol.7 厚みをつける最終兵器 デッドリフト

フランコ コロンボ

この記事はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2015年3月) アーノルド・シュワルツェネッガーの鋼鉄の男 Pumping Iron 監督 () ロバート・フィオレ 脚本 ジョージ・バトラー 製作 ジョージ・バトラー 製作総指揮 ジョージ・バトラー 出演者 音楽 () 撮影 ロバート・フィオレ 配給 シネゲート 公開 1977年 上映時間 83分 製作国 言語 英語 『 アーノルド・シュワルツェネッガーの鋼鉄の男(原題:Pumping Iron)』は、に制作された。 パンピング・アイアンが、ジョージ・バトラーとチャールズ・ゲインズのの同名の本を元に、1975年の南アフリカので行われたミスター・ユニバース大会と大会を軸として、を中心とした当時のボディービルダーを取り上げたドキュメンタリー映画である。 ストーリー [ ] カメラはアーノルド・シュワルツェネッガーや、といったその年の世界大会のボディビル大会「ミスター・オリンピア」に出場する選手たちを追う。 個々の選手の私生活やバックボーンなどにも触れつつ、彼らがいったいどのようなトレーニングをしているのか、プロのボディービルダーとはどのようなものなのかを記録しつつ、大会に向けて己を磨く選手たちを映していく。 25周年記念DVD [ ] 2003年に25周年を記念してDVD版が発売された。 新たに出演者のコメントや当時カットされたシーンが追加された。 その中にはいくつかのシーンにや演技があったことが語られたが、なかでもシュワルツェネッガー自身が当時ステロイドとを使用していたことを語ったことは大きな問題となり、政治家としてのキャリアを進めていた彼に陰を落とした。 スタッフ [ ]• 監督:ジョージ・バトラー、ロバート・フィオレ• 製作:ジョージ・バトラー• 脚本:ジョージ・バトラー、チャールズ・ゲインズ• 製作総指揮:ジョージ・バトラー• 撮影:ロバート・フィオレ• 音楽:マイケル・スモール エピソード [ ]• この映画によって主に取り上げられた3人は後に俳優としてのキャリアをスタートさせる。 シュワルツェネッガーはもとより、フェリグノは『』に、コロンボは『』や『』に出演している。 1975年の大会を最後にシュワルツェネッガーは一度ボディビルを引退している。 シュワルツェネッガーは後年、この映画の権利を自身で購入している。 脚注 [ ] 外部リンク [ ] ウィキクォートに に関する引用句集があります。 Retrieved October 13, 2007. - (英語)• - (英語)•

次の