年末調整 9000円以下。 年末調整の書類はいつ届くのか

月払団体生命保険料控除証明リスト(年末調整資料)からの記入方法について

年末調整 9000円以下

年末調整で還付・徴収が発生する理由 毎月給与から源泉徴収している所得税額は 概算の金額で、 各人の事情による控除が正しく反映されていない状態です。 そのため、年末に本来納めるべき所得税額と、源泉所得税額に過不足が生じることになります。 年末調整はそれを精算するために必要な手続きです。 年末調整によって確定された所得税および復興特別所得税のことを「年調年税額」といいます。 年調年税額よりも源泉所得税の合計額が多かった場合は還付手続きを、少なければ追加徴収を行います。 毎月の源泉徴収税額には各種控除が反映されていないため、 基本的には還付となることが多くなります。 還付金が発生する具体例 還付が発生する主なケースとしては、 「扶養家族が増えた」「結婚をして配偶者控除の対象となった」「生命保険や地震保険に加入している」などが挙げられます。 具体的には、以下のような事情がある人は還付が発生します。 結婚した、配偶者がパートを辞めた 従業員が結婚したり、配偶者がパートを辞めて収入が減った場合などは、「 配偶者控除」の適用を受けることができるため、還付金が増えるケースが高くなります。 また、子供が16歳になると「 扶養控除」、仕送りをしている両親が70歳になると「 老人扶養控除」を受けることができます。 シングルマザー(ファザー)になった 配偶者と離婚または死別し、再婚していない場合は、要件に当てはまれば「 寡婦・寡夫控除」を受けることができます。 控除が適用されるのは、再婚せずに子供を育てている場合や、年間所得金額が500万円以下の場合などです。 生命保険料や地震保険料を払っている 生命保険や地震保険に加入していて、保険料を支払った場合は、「 生命保険料控除」や「 地震保険料控除」が適用できます。 生命保険料は最大12万円、地震保険料は最大5万円を所得控除することができます。 給与天引き以外で社会保険料を支払っている 中途入社で、入社前に自分で国民年金や国民健康保険料を支払っていた、給与から天引きされていない社会保険料を支払っているといった場合は、その分も含めて「 社会保険料控除」となります。 社会保険料控除は控除額に上限がなく、支払った社会保険料の全額が控除されます。 追加徴収が発生する具体例 一方、追加徴収が発生するケースとしては、 「給料が大幅に増えた」「扶養家族が減った」などが挙げられます。 具体的には、以下のような事情がある人は追加徴収が発生します。 例年よりも年収が増えた 会社の業績が上向きになり、想定していた額よりも多くボーナスの支給をしたり、人事異動などによって、給与が大幅に増額したりなど、年収が大幅に増えると追徴の可能性が高くなります。 子が独立した これまで扶養にいれていた子が独立するなどし、扶養から抜けた場合は、扶養控除の適用がなくなるため、追徴の可能性が高くなります。 還付金の支払い・追加徴収はいつ行う? 還付および追加徴収は、 会社が預かっていて、まだ税務署に納付していない源泉所得税で調整します。 還付および追加徴収は通常 12月または1月の給与支払い時に行うのが一般的です。 年内最後の給与支払日以降に、結婚したり扶養人数が変わったりした場合は、翌年1月に年末調整をやり直すことができます。 還付金があり、もし預かっている源泉所得税から還付しきれない場合は、 その後に支払う給与から源泉徴収する金額と相殺します。 追加徴収は、不足額の全額を徴収すると、その年の1月〜11月の税引手取給与の平均月割額の70%未満になってしまう場合は、 不足額を1月と2月に繰り延べて徴収することができます。 その場合は「年末調整による不足額徴収繰延申請書」を税務署に提出しましょう。 2月末までに還付できない場合 還付の金額が多すぎて、2月末までに還付しきれない場合には、税務署に支払った源泉所得税を返還してもらう「源泉所得税及び復興特別所得税の年末調整過納額の還付請求」という手続きを行いましょう。 ただしこの手続きは、還付の請求書のほか国税還付金支払内訳書、還付を受ける従業員の委任状を作成し、給与所得の源泉徴収簿を添付しなければなりません。 また、税制改正の最新情報をインプットしたりと、年末調整は専門知識が必要な作業ですので、税理士への相談・依頼を検討してもよいでしょう。 還付金・追徴税額の計算方法 還付金・徴収税額の計算をするためには、1年間の所得税額(年調年税額)を算出する必要があります。 給与総額を計算し「給与所得控除後の給与等の金額の表」より、給与所得控除後の金額を求める• 給与所得控除後の金額から所得控除の合計額を差し引き、課税給与所得金額を求める(1000円未満は切り捨て)• 「算出所得税額の速算表」を参照して算出所得税額を求める• 住宅ローン控除がある場合は算出所得税額から差し引く• 3または4で算出した金額に102. 1%をかけて、復興特別所得税額を含めた年調年税額を算出する(100円未満切り捨て) 上記で計算した 年調年税額と源泉所得税額の差額が、還付金または追徴税額となります。 計算シミュレーション 計算方法をより理解するために、以下条件のもと計算をシミュレーションしてみます。 ここでは、社会保険料・住民税は考慮せず簡易的に説明しています。 【還付金を12月の給与と一緒に精算する場合:給与50万円、源泉所得税:2万円、還付金:1万円】 借方 貸方 給与 500,000円 未払金 490,000円 預り金(源泉所得税) 10,000円 預り金(源泉所得税) 20,000円 【追加徴収を12月の給与と一緒に精算する場合:給与50万円、源泉所得税2万円、徴収額1万円】 借方 貸方 給与 500,000円 普通預金 470,000円 預り金(源泉所得税) 30,000円 おわりに 年末調整は業務の負担が大きい作業であり、期限も決められています。 年末調整は税理士へアウトソーシングすることができるため、毎月の給与計算業務もあわせて税理士へ依頼することを検討してみるとよいでしょう。 関連記事•

次の

年末調整|還付や追加徴収はいつ行う?過不足額の計算方法や会計処理【担当者向け】

年末調整 9000円以下

年収890万円以上ないと社会のお荷物?林先生の発言が物議を醸す 今年の始めでしょうか、林先生が高学歴ニートとガチでやり合うような授業形式の番組がありました。 その番組内で林先生が発言した1部分がすごく過大解釈されたうえに、物議を醸しているわけでございます。 ニートと話をしている流れで、「年収で890万円〜920万円ないと社会のお荷物という説がある」と林先生が発言されたんですが、これが「金を稼いでいない人間は公共サービスを使いまくっているけれど、それに対する対価を支払っていない」という捉え方をされてしまったんですね。 テレビではデカいテロップでこの発言だけ抜き出されていました。 番組の内容は非常に良くて、ちゃんとお前らニートも働いて税金払えよ、って言うだけの話なんです。 ちゃんと社会サービスを受けてるんだったら、納税という形で返すことも大事でしょと、ごくごく当たり前の話をしているんですが、「年収で890万円〜920万円ないと社会のお荷物という説がある」という部分だけ抜き出されているんです。 林先生にしてみると、やられたなーという感じなんじゃないでしょうか。 ちなみに、「年収で890万〜920万円ないと社会のお荷物と言われる説がある」、もともと誰が言ったかというと、ブロガーであり投資家である山本一郎さんが、メディアにそう解釈したという記事を掲載されたんですね。 参照: ネタ元はもともとは内閣府の資料です。 私もその内閣府の資料を実際に見てみました。 つまり、山本一郎さんも何かしら勘違いしたんじゃないかと思ったんですよ。 人間て勘違いすることやっぱりありますから。 そして、その記事を引き合いに出した林先生がもらい事故を起こしたと。 資本家階級• 新中間階級• 旧中間階級• 労働者階級 です。 構成としては、資本家階級が254万人に対して、エリートサラリーマンとルーチンワークをやっているような労働者階級のサラリーマンを合わせると3,500万人もいます。 その下は、アンダークラスという所得が186万円くらいしかない人、主婦のパートに出ている人がいて、併せて大体1700万人くらいいるんですよ。 雇われ人が5,000万人強に対して資本家が254万人ですから、雇われ人20:資本家(経営者)1くらいの構成比率ですね。 所得を見ると、資本家階級は全部で均すと個人所得が604万円で、従業員30人以上の会社を経営している側になると861万円です。 対して、エリートサラリーマンは一応500万円もらっています。 ここで?と気が付いた方は勘が鋭いです。 経営者や役員の平均所得が600万円に対して、エリートサラリーマンも平均で500万円もらっている。 つまり、階級が違っても100万円しか年収が違わないんです。 労働者階級から搾取する悪しき社会保険という制度 次に、恐ろしい「税金」を解説していこうと思います。 この平均年収370万円の層に焦点を当てて、税負担について考えてみましょう。 そうすると、真っ先に考えるべきは社会保険です。 「えっ?社会保険って税金なの?」と思われる方もいるかもしれませんが、社会保険の正体、これ「社会保障」と言う大義名分の元に課される税金なんですよ。 税金を社会保険という言葉に置き換えているだけなんですね。 厚生年金と社会保険(健康保険ともいいます)、それに介護保険と雇用保険と労災保険があるんですけども、労災保険以外のものは労使折半が原則です。 雇用保険は会社の方が実際は負担が大きんですけど、労災保険は会社負担のみです。 労働者の皆さんにわからない形で国から会社も徴収されています。 「労働者に分からないように」してです。 社会保険と税金併せりゃ五公五民以上~江戸時代より酷い税金搾取 なおかつ、正社員の皆さんは社会保障の税金を引かれた上で、普通の税金が徴収されます。 まず個人には所得税が課されています。 これだけ聞くと低く感じるかもしれません。 江戸時代の租税公課は五公五民と言われていて、庶民からは鬼畜の所業だって言われていましたけれど、今の人たちは当時と全く同じ状況なのに文句を言いません。 会社は社会保険料を考慮して人件費を決める 「会社が負担している保険代っていうのは俺たちには関係ないんじゃないの?」 こんな具合ですね。 ところが、会社経営というのは、会社負担の保険費用も考えて人件費の枠組みを計算します。 社会保険の会社負担も人件費として当然予算を組むわけでございます。 労働者側はそれをわからないわけですですから、どうなるかって言うと「うちの会社は給料が安い」となってしまうんです。 経営者側は実は労働者から搾取していない でも、冷静に見てください。 誰が搾取しているかというと、税金で飯食ってる人たちが搾取しているんです。 もうわかりますよね? はっきり言うと社会に対する労働者側の負担って凄く大きいです。 社会サービスを支払っている以上に享受できていないんです。 搾取する側に騙されるな!労働者はお荷物などではない。 もっと怖いのは、親の階級が子供の階級にそのまま乗り移ってしまうということです。 世の中の仕組みがわかっている資本家階級 資本家階級というのは世の中の仕組みがわかっているわけです。 「資本家にならないと、自分たちがどんどん搾取される方になるぞ!国に搾取されるぞ!」って、ちゃんと子供たちにも教育するんですね。 ですから、資本家階級の子どもは、やっぱり40%が資本家階級になるんです。 ところが労働者側を見てみると、エリートサラリーマンと言えど、子供たちは40人に1人しか資本家階級にはなっていません。 なぜでしょうか? 親が世の中の仕組みをわかっていないので、子供たちに資本家階級になるよう教育を施していないからです。 たとえば、正規雇用者と非正規雇用者では業務内容がほぼ同じなのに、待遇(給料)が全く違いますよね。 先ほどの橋本先生の表を見ても、アンダークラスと同じような業務をやっている正社員は2倍の年収をもらえます。 教育は本当に大切 待遇が違うと言うなら、それは階級格差そのものであり、そしてまたその階級が遺伝していきます。 カーストみたいなものです。 そういう現実を子供たちにもちゃんと教えなければいけないのですが、親が教えられないんですね。 こうやって考えると正社員側も結局は搾取されているんです。 アンダークラスの人たちや主婦のパートさん達がもらえる分は正社員側に行くんですけど、正社員側もガッポリ搾取されている。 この構造において、経営者の搾取は全く存在しない、ということを皆さんにわかってほしいんです。 年収が890万~920万円無くても、その方達がお荷物なんてことはありません。 3500万人の正社員はどんなに給料が安くても、これだけ税金を負担していることを搾取している人間はひた隠しにする。 搾取している人間の正体が誰かというと、それは税金で飯を食べている人達なんですよ。 悲しいかなこれが世の中の現実です。 売らない営業マン タナカキミアキ YouTubeチャンネル「キミアキ先生の起業酔話」で、 中小企業経営のこと、起業のこと、経理のことを、 顧問先法人100社・個人事業者50名を抱える現場目線で お話しています。 18歳の時に簿記1級のクラスで出会って、 15年後になぜか結婚しました。 中小零細企業の経営に関しては夫婦揃ってめっぽう詳しいので、 ガンガン講義やっていきます! 田中でよか人用 直通電話:03-5942-8225 E-Mail:kimi kimi3. com 野方事務所 中野区野方3-30-5-1階 03-5942-9982 沼袋管理部 中野区沼袋3-2-12-1階 03-5942-8225.

次の

月払団体生命保険料控除証明リスト(年末調整資料)からの記入方法について

年末調整 9000円以下

出典: 保険料控除証明書の主な記載項目• 証券番号• 保険料払込期間• 保険種類/年金種類• 適用制度(旧契約・新契約)• 払込方法• 契約日• 保険期間/年金支払期間• 保険金(年金)受取人名• (年金契約の場合)年金支払開始日• 証明書作成時点までの保険料払込額(証明額)• その年の12月まで払い込んだ場合の保険料払込額の見込み額(申告額) 生命保険料控除対象となるか分かりにくい契約 保険期間5年未満の貯蓄保険や財形貯蓄などは対象外 貯蓄性を重視した保険期間が5年未満の保険契約は控除対象とはなりません。 そのほか 保険型の「財形貯蓄」商品や ケガのみを補償する傷害保険、外国保険会社と国外で契約した保険契約なども控除対象外です。 変額個人年金保険は一般生命保険料控除の対象 運用成果によって受取額などが変動する変額個人年金保険は、 一般の生命保険料控除の対象となります( 個人年金保険料控除の対象ではない)。 離婚後に元妻が保険金受取人となっている契約の保険料を支払っても控除対象外 生命保険料控除の対象となるには、保険金等の受取人のすべてが保険料支払者、またはその配偶者その他親族であるという要件があります。 妻が保険金受取人となっている契約の保険料を納税者が支払っており、離婚後も引き続き保険料の支払いを継続する場合、離婚成立以降に支払われる保険料は控除対象となりません。 子どものために加入している死亡保険などであれば、保険金の受取人を元妻から子どもに変更すれば引き続き控除を受けられます。 一時払い保険料と全期前納保険料の取り扱い 保険料の支払い方法には月払いや年払いのほか、契約時にすべての保険料を支払う一時払いや全期前納払いという方法があります。 生命保険料控除の対象となる契約の保険料を一時払いあるいは全期前納払いした場合、控除における取り扱いに次のような違いがあります。 一時払い… 保険料を支払った年のみ控除対象となる• 全期前納払い…支払った保険料を保険料払込期間で按分し、 保険料払込期間中は毎年控除を受けられる 一時払い保険料100万円の契約と全期前納保険料100万円(保険料払込期間10年)の契約であれば、どちらも契約時に支払う保険料は100万円です。 一時払い契約では控除を受けられるのは契約した年の一度のみ(控除対象額は100万円)であるのに対し、全期前納払いでは契約後10年間にわたって毎年10万円ずつ控除を受けられます。 生命保険料控除には後述のように控除限度額があり、控除対象額が限度額を超えればそれ以上は控除されません。 そのため生命保険料控除については、通常一時払いよりも全期前納払いのほうが有利といえます。 保険料控除申告書の記入法・注意点 年末調整による生命保険料控除の適用は、 勤務先に「給与所得者の保険料控除申告書」を提出 出典:(筆者により加筆) 生命保険料控除の記入欄には、 生命保険料控除欄に保険料控除証明書に記載された内容から必要項目を転記し、前述の計算式を使って計算した控除額を記載します。 保険料控除証明書から必要項目を転記する• 控除額を計算して記入• 保険金等の受取人については証明書に記載がないため、保険証券や契約内容のお知らせ(通知書)、保険会社の契約者サイトなどによる確認が必要です。 〈記入例(見本)〉 出典:(筆者により加筆)• 保険会社等の名称• 保険等の種類• 保険期間又は年金支払期間• 保険等の契約者の氏名• 保険金等の受取人氏名・続柄• 新・旧の区分• あなたが本年中に支払った保険料等の金額 (1)保険会社等の名称 契約している保険会社の名称を記入します。 (2)保険等の種類 控除証明書に記載された「保険種類」または「年金種類」に記載されている保険(・年金)種類を転記します。 (3)保険期間又は年金支払期間 控除証明書に記載された「保険期間」または「年金支払期間」に記載されている期間を転記します。 (4)保険等の契約者の氏名 控除証明書に記載された「契約者名」を転記します。 (5)保険金等の受取人氏名・続柄 受取人の氏名は保険証券や契約内容のお知らせ(通知書)、保険会社の契約者サイトなどで確認し、納税者との続柄を記入します。 年金契約であれば控除証明書に記載された「年金受取人名」と「年金支払開始日」を転記します。 (7)あなたが本年中に支払った保険料等の金額 支払った保険料等の金額には、 控除証明書の「申告額」(12月まで保険料を払い込んだ場合の見込額)に記載された金額を転記します(年内にその契約を解約した場合を除く)。 控除証明書発行後、年内に保険を解約した場合 控除証明書が届いた後、年内に保険契約を解約した場合、保険料控除申告書には実際にその年に支払った保険料の金額を記入します。 申告の際には控除証明書の原則添付が必要ですが、このケースでは証明書に記載された申告額(証明額)と実際の支払額が異なってしまいます。 この場合、保険会社に控除証明書の再発行を依頼するか、手元にある控除証明書にその旨を付記して対応します。 手元にある控除証明書に付記して対応する場合、まずは保険会社の問い合わせ窓口などに連絡して、何月分までの保険料が支払い済みであるかを確認します。 勤務先によってはこの対応が認められない場合もあるため、担当部署に確認した上で行うようにしましょう。 出典:(筆者により加筆) 一般生命保険料区分の計算 上図の例では、一般生命保険料区分に新契約に該当する契約が2本と旧契約に該当する契約が1本あります。 新契約の控除額 新契約に該当する契約に支払った保険料の合計額は9万円。 8万円以上であるため、控除額は上限額の4万円となります。 旧契約の控除額 旧契約に該当する契約に支払った保険料は12万円。 10万円以上であるため、控除額は上限額の5万円となります。 旧契約のみで控除を受ける場合の5万円のほうが、新旧契約を併用する場合の4万円より大きいため、一般生命保険料区分の控除額は5万円となります。 介護医療保険料区分の計算 介護医療保険区分に該当する契約の保険料は3万円。 新契約(新保険料)の控除額計算式位にあてはめて計算し、控除額は2万5,000円となります。 個人年金保険料区分の計算 個人年金保険料区分には、新契約と旧契約に該当する契約がそれぞれ1本あります。 新契約の控除額 新契約に該当する契約に支払った保険料は12万円。 8万円以上であるため、控除額は上限額の4万円となります。 旧契約の控除額 旧契約に該当する契約に支払った保険料は4万円。 旧契約(旧保険料)の控除額計算式にあてはめて計算すると、控除額は3万2,500円となります。 旧契約のみで控除を受ける場合の3万2,500円よりも新旧契約を併用した場合の4万円のほうが大きく、個人年金保険料区分の控除額は4万円となります。 3つの保険料区分の控除額を合計 それぞれの保険料区分ごとに控除額を計算したら、それらを合計して最終的な控除額を求めます。 3つの 保険料区分をあわせた控除額の上限は12万円です。 例の場合、• 5万円(一般)+2万5,000円(介護医療)+4万円(個人年金)=11万5,000円 各保険料区分の控除額の合計は上限額12万円以下であり、最終的な生命保険料控除額は11万5,000円となります。 この金額は源泉徴収票にも記載されます。 しかし次のような契約の控除証明書は添付を省略できます。 勤務先で加入している 団体保険などで、勤務先が契約内容・支払保険料などを把握している契約• 旧契約(契約日が2011年12月31日以前)かつ 年間保険料が9,000円以下の契約• (確定申告を行う場合) 年末調整で控除の適用を受けた契約 年末調整に証明書を提出できなかった場合 契約した時期や再発行によって控除証明書の発行が間に合わず、年末調整の際に証明書を提出できないこともあります。 この場合、 翌年の1月末日までに証明書を提出することを条件に、年末調整で生命保険料控除を受けることができます。 後日提出する旨は勤務先に伝えておきましょう。 控除限度額に達するまでの契約だけ申告すればOK 同じ保険料区分内で控除限度額(旧契約であれば年間保険料10万円以上、新契約であれば年間保険料8万円以上)に達すると、それ以上はいくら申告する契約を増やしても控除額は増えません。 生命保険料控除の申告自体が任意なので、 申告書には控除限度額に達するまでの契約だけ記入すれば問題ありません。 記入しない契約については証明書の添付も不要です。 たとえば上記の一般保険料区分の場合、旧契約1本(年間保険料12万円)の内容だけ記入すれば、満額の控除を受けられます。 一度下書きしてから申告書に記入するのがおすすめ 申告漏れや書き間違いなどを防ぐため、 一旦すべての契約を別の紙に書き出し、控除額を計算した上で申告が必要な契約だけ申告書に記載するとよいでしょう。 生命保険料控除申告書の書き方に関するまとめ 生命保険料控除の仕組みや申告書の書き方を理解していれば、年末調整で迷わないだけでなく、どの契約まで記入すれば控除を上限まで受けられるか判断できるようになり、記入の手間を減らすことができます。 生命保険料控除の手続きは年に1回とはいえ毎年必要な手続きです。 しっかりと理解しておきましょう。 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。 アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。 Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。 iPhone は Apple Inc. の商標です。 iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。 Copyright C 2017 Apple Inc. All rights reserved. Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。

次の