焼豚 レシピ。 フライパンひとつで作る柔らかい焼豚(チャーシュー)のレシピ

ジューシーな自家製チャーシュー

焼豚 レシピ

5 g — タンパク質 17. 3 g 体重 x 1. 5 g 脂質 23. 2 g — 食物繊維 0. 2 g 20 g 以上 カリウム 326 mg 3500 mg 以上 カルシウム 9. 4 mg 650 mg 以上 マグネシウム 27. 5 mg 350 mg 以上 鉄分 0. 5 mg 7. 5 mg 以上 亜鉛 1. 5 mg 10 mg 以上 《手順》 漬け込み液を作る 鍋に水、しょうゆを入れて火にかけ、みりん、酒、三温糖の順に加える。 続いておろししょうが、おろしにんにく、スライスしたたかのつめを入れる。 最後にねぎを加え、一煮立ちさせる。 (仕上がりは200cc) フリーザーバッグに投入〜寝かせる あら熱を取った漬け込み汁 50cc程度と豚肩ロースをフリーザーバッグに入れ、上からよく揉み込んで馴染ませる。 フリーザーバッグの口を閉じ、冷蔵庫で1日(時間があれば2日間)寝かせる。 焼き色をつける フリーザーバッグから豚肩ロースのみを取り出し、強火に熱したフライパンで表面に焼き色をつける。 (フリーザーバッグと漬け込み汁は捨てずに、そのまま置いておく。 ) BONIQに投入 焼き色をつけた豚肩ロースをフリーザーバッグに戻し、空気を抜いて密封する。 BONIQが設定温度に達したらフリーザーバッグを湯せんに入れ、低温調理をする。 強火で煮詰め過ぎると味が濃くなりすぎるため、3~5分程が目安。 仕上がったら半量ずつに分けておく。 それぞれ分量はお好みで。 仕上げ BONIQの設定時間終了タイマーが鳴ったら豚肩ロースを取り出し、ペーパーで水気を押さえてスライスする。 皿に盛り付け、2種のたれを添えて出来上がり。 《作る際のポイント》 1. 豚肉はロースのブロックを使用してください。 程よく脂身があった方がチャーシューに向いています。 ネットで予め縛られていない場合はタコ糸で格子に巻いてください。 チャーシューは焼き目もポイントです。 そのため、ネットごと焼き付けます。 四隅を転がすように中~強火で焼きましょう。 この焼き目がジューシでチャーシューの味を引き立てます。 焼いた後、フリーザーバッグに戻すときに上手く綺麗に戻せなかったら新しいフリーザーバッグに漬け汁を移して入れ替えてください。 フリーザーバッグの口回りに油が付着すると、しっかり閉じられずに隙間から水が入ってしまう可能性があります。 《作った感想》 冷蔵庫で3~4日は保存可能なので、ぜひ2パターンで味わっていただきたいです。 チャーシューご飯用のソースはバルサミコ酢を入れることで、スッキリとした味わいになります。 いつものチャーシューのこってりさにスッキリとしたソースでご飯がすすみます。 改訂版「」できました!合わせてご参照ください。 チャーシューに使用している豚ロース肉の栄養素の中で、注目すべきはビタミンB1とタンパク質です。 ビタミンB1は体内で糖質をエネルギーに変換する時に必要なビタミンです。 ビタミンB1が不足すると糖質の消費が滞り、脳や体がエネルギー不足を起こす可能性があります。 また、ビタミンB1は疲労回復を促すビタミンでもあり、玉ねぎなどのネギ類と一緒に摂取することでより働きが強まります。 1日に必要なビタミンB1量は男性で1. 4㎎、女性で1. そのうち、このレシピのチャーシューを1人前食べると0. 6㎎のビタミンB1を摂取することができます。 これは、1日に必要な摂取量の約半分量を満たします。 また、豚肉のタンパク質には体の組織を作る働きがあります。 そのため、ダイエット中の運動で壊れた筋肉の組織を回復させるためにはタンパク質の積極的な摂取が必要です。 タンパク質は体を動 かすエネルギーとしても消費されてしまうので、ハードな運動をするときほど多めにタンパク質を摂取することを心がけましょう。 質問・疑問・要望・作った感想をコメントいただけたら嬉しいです^^ 【注意】 低温調理では高温による殺菌ができないため、食の安全に留意する必要があります。 レシピ記載の温度・時間設定をご参考いただき、例として大きく温度設定を変更するなどはされないようご注意ください。 なお、レシピ記載の設定をお守りいただいた上であっても、食材や調理環境などによっても安全面のリスクが異なるため、最終的には自己責任となりますことご了承ください。 取扱説明書や低温調理ガイドブック、各種の低温調理における情報などをご覧いただいた上で、安全に配慮した調理をお願いいたします。 詳細はこちらのを参照下さいませ。 また食中毒に関して、下記のサイトもご一読ください。 コメントありがとうございます。 63度であれば厚生労働省の加熱基準(芯温:63度30分以上)をクリアしております。 色が気になる場合は、時間よりも温度を上げる事でタンパク質に変化が加わるので効果がございます。 ただ、温度が高くなればその分タンパク質は縮んでしまいますので肉汁の流出によるパサつきとタンパク質硬化による硬さを感じます。 68度でタンパク質が縮み切ってしまいますので、68度以上の加熱は避けた方が柔らかいお肉を食べることができます。 温度を63度のままで時間を伸ばすとタンパク質の熱変性は抑えられますが、加熱時間が長くなるほど肉汁は蒸発していきますのでジューシーさを失って行きます。 上記を踏まえまして、是非お好みの加減を見つけてくださいませ。 この様な高度な加熱調整を簡単にできるのがBONIQの醍醐味ですね^^いつでもご質問くださいませ。 このようなしっとりとして柔らかいチャーシューは、家庭ではなかなか作れるものではありません。 ことであり、簡単に言えば、「美味しく調理でき、かつ冷凍保存ができる」ことだと思います。 BONIQ購入の判断材料は、スタイル・価格・使いやすさ等、色々ありますが、自分の場合、根幹は豊富で分かりやすいレシピにあります。 購入者のレビューを見ても同様の意見が多いように思います。 特に、今後重点を置くべきは、必要なスパイスや調理時間はもちろんですが、「冷凍保存のポイント」にあると思うのです。 多くの人々に、毎日計画的に調理できるだけの時間の余裕はなく、時間があるときに作れて湯煎でテーブルに出せるとすれば、 それはもう、コンビニどころか、大手スーパーやデパートの地下街に匹敵する料理であり冷凍食品と言えます。 「冷凍保存のポイント」をレシピの項目に追加することで、今後のユーザーのスタイルが変わり、低温調理が定着していくものと考えます。 今後、BONIQを手にした数多くのシェフが誕生することでしょう。 ご検討ください。

次の

ジューシーな自家製チャーシュー

焼豚 レシピ

チャーシューのレシピを検索すると、星の数ほど作り方があるんじゃないかと思うほど、さまざまなレシピがヒットします。 チャーシュ作りたい。 でもどのレシピで作ればいいのやら。。。 ここはやはり、料理に対する情熱や腕前や装備(調理道具)がきわめて「並」なレベルに合ったレシピにすべきでしょう。 条件としてはこの3つ。 オーブン・圧力鍋は使わない(誰もが持っているわけじゃない)• 肉をタコ糸でしばらない(めんどくさい)• 作業工程がシンプル この3つを絶対条件としてあれこれ調べ、最終的にいろんなレシピのおいしいトコどりをして作ってみました。 いいとこどりすると凡庸なものができそうな不安はなきにしもあらずですが、チャーシュー初挑戦なもので、そもそも最初からハイリスクですから。 まずはチャーシューの材料 肉は国産とアメリカ産の両方を用意しました。 柔らかさにどれくらい差が出るか確かめたかったのです。 写真手前の細長い方が国産豚バラ肉約350g、奥の台形っぽいのがアメリカ産肩ロース肉約300g。 アメリカ産は国産の約半額でした。 バラ肉、肩ロース、どちらのレシピもありましたが、どちらかといえば脂身の少ない肩ロースを使うレシピのほうが多かったです。 また、チャーシュー・焼豚だけに「焼く」のは当たり前ですが、オーブンを使わないとなると、焼くだけでは完成させられません。 生焼け、ダメ、絶対。 巷にはこれまたさまざまな手段がありましたが、その中でも最も多数派の「焼く+煮る」コースを選択します。 材料(2〜3人分)• 豚肉 合わせて650g• 長ねぎの青い部分 あったら適量 (なかったら不要)• 水 400cc• しょうゆ 100cc• めんつゆ 100cc (濃い味が好みの人はめんつゆなしで「しょうゆ 200cc」)• 日本酒 100cc• そしてフライパンで表面に焼き色を付けます。 油がじゃばじゃば出るので、ふき取りながら焼きましょう。 こんな感じに焼けたら取り出します。 次に鍋に肉以外の材料を入れ、沸騰したら弱火にして肉を入れます。 この日はたまたま家に長ねぎが豊富にあったので、たっぷり入れてます。 ふたをして弱火で45分~1時間くらい煮込むと、こんな色に。 さあ、取り出します! どきどきしてきました。 いよいよチャーシューが完成! チャーシューの完成です。 冷ました方が薄く切れますが、待てません! 肝心の味のほうは……、 うんまっ! やわらかっっ! 不特定多数レシピのミックス、やってくれました! これ、左側の脂身少なめがアメリカ産、右側が国産です。 同じ鍋で同じ時間調理した肉に、差はあるでしょうか。 ない!! 衝撃です。 ローストビーフのときは国産と外国産で肉のうま味に明らかな差があったのに(火を通し過ぎたという大きな原因はありますが)、豚肉だと驚くほど差が感じられません。 チャーシューは安い肉でもおいしくやわらかく作れることが証明されました! やるね外国産豚肉! そして作ってわかったこと。 バラ肉よりも肩ロースのレシピの方が多いのは、 肩ロースのほうがチャーシューに適しているからなんですね。 チャーシューって常にアツアツで食べるとは限りません。 中華では冷菜として出されるし、チャーシューつまみに一杯、なんてときのチャーシューも冷えています。 だから脂身が固まってしまうバラ肉よりは肩ロースのほうがシーンを選ばず食べられるのです。 しかもバラ肉は、このまま煮詰めたら「豚の角煮」という別メニューになってしまうことが判明! それからタコ糸で形を整える点ですが、ちゃんとやればでき上がりのビジュアルがきれいなうえ、火が均等に入るという利点もあるのでしょう。 今回は煮たので火が均等というのは該当しませんが、見た目は間違いなくタコ糸を使ったほうがよかったはずです。 でも考えただけでも面倒ですよ……この一手間をしなければならないと考えると、急にチャーシューづくりのハードルが高くなってしまいます。 なので、今回は「 タコ糸はしなくてもOK、味に影響なし」という結論にいたりました。 ちなみに「焼き豚用」と称してタコ糸でしばった状態の豚肉を売っているところもあります。 そういうのを利用するのはありですね! 肩ロースにしてもタコ糸にしても、こうやって実際に作ってみると納得できました。 なるほどそうだったのか。 今回うれしいのは、味が本当においしいこと。 ゆで汁は煮る時に肉がひたひたになる程度の分量で調節してください。 お約束はこれですね、やっぱり。 チャーシュー丼! 丼といっても、これはお茶碗サイズの器に盛ってみました。 ご飯が見えなくなってしまうほどチャーシューを乗せて、温泉卵も添えて。 写真ではわかりませんがゆで汁もご飯にかかっているのです。 うまいのなんの。 ラーメンに入れるもよし、角切りにしてチャーハンの具にするのもよし。 チャーシュー、「自分にも作れる料理」にぜひ追加してください。

次の

ラーメン屋さんのとろとろチャーシューのレシピ

焼豚 レシピ

ラーメン屋のようなとろとろチャーシューのレシピを紹介しています。 じっくりとお肉を煮こむことでお肉が柔らかいとろとろチャーシューが自宅でも簡単に作れるレシピです。 作る際のコツなどもあわせて紹介しています。 レシピ・作り方 自宅でも簡単に作れるラーメン屋顔負けのチャーシューレシピがあります。 作るのに時間はかかりますが、ひたすら煮込んで作るだけの簡単レシピです。 家で食べるラーメンも、とろとろチャーシューを加えるだけで、一気においしくなります。 もちろんラーメンだけじゃなく、チャーハンに入れたりおかずにして食べたり、アイデア次第で美味しい食べかたが広がります。 そんなラーメン屋のようなとろとろチャーシューレシピをご紹介します。 まずは材料から。 これに加えて、あれば人参の皮や玉ネギの皮など、野菜クズがあるとより良いです。 それでは作り方です。 用意した豚肉は脂身を外側にして、たこ糸で巻いてください。 スーパーによっては肉売り場に無料のネットが置いてあるので、それを使うと簡単です。 お肉を縛るのは煮崩れ防止のためです。 お肉は大きなお鍋があれば、500gでなくもっと大きな塊のままでも構いません。 お肉の量は目安として考えてください。 次に皮をむいたにんにくと生姜を大体5㎜幅にスライス、長ネギは10cm程に切ります。 生姜の皮は剥かないままで構いません。 お肉のくさみ取りと野菜の出汁を取るために、これらを鍋に入れます。 ここに人参の皮や玉ネギの皮といった野菜クズがあれば一緒に入れてください。 同じ鍋に縛ったお肉を入れ、お肉がひたひたに隠れるほどの水を入れ、強火にかけます。 沸々としてきたら少し強めの弱火にし、最低3時間煮ます。 アクが出たら取ってください。 煮る時間は長いほどお肉が柔らかくなるので、時間があれば3時間以上煮ると良いです。 煮ていると水が少なくなるので、途中で水を足してひたひたにしてください。 お肉を3時間以上煮たら、お肉を煮ているのとは別の鍋に、醤油・酒・みりん・昆布を入れて中火にかけます。 煮立ったら昆布を取り出してかつお節を加え、2~3分ほど煮たらかつお節も取り出します。 これが味付け用の煮汁になります。 煮汁の入った鍋にお肉を移して弱火で煮込みます。 全体に味が行き渡るように途中で裏表を返してください。 大体片面10分ずつが目安です。 煮込んだら火を止め、そのまましばらくおいて冷まします。 このままでも食べられますが、味をしっかり馴染ませるために一晩寝かせます。 冷めたら煮汁ごと密閉袋に入れ、全体がしっかり浸かるように空気を抜きます。 それを冷蔵庫に入れ、一晩寝かせたらとろとろチャーシューの完成です。 煮込む時間はかかりますが、アクを取る以外は放置しておけばよいので、ほかの作業をしながらでも作ることが出来る簡単レシピです。 調味料も特別なものは必要なく、家庭にあるもので作れます。 自宅でもラーメン屋のようなとろとろチャーシューが食べたいと思ったら、ぜひ試しに作ってみてください。 レシピのアドバイスとミニ情報 自宅で作れるとろとろチャーシューレシピをご紹介しましたが、作り方のコツやアレンジ方法などもあわせてご紹介します。 まずは使うお肉について。 レシピでは豚バラブロックを使っています。 豚肉の部位については好みもありますが、脂身の多い部位のほうが柔らかい仕上がりになります。 そのためとろとろチャーシューを作るなら豚バラがおススメです。 脂身が多すぎるのが苦手なら肩ロースでも、お肉の食感と柔らかさの味わえるチャーシューになります。 ヒレ肉は崩れやすく、ロース肉は煮込むと硬くなるのでとろとろチャーシューの材料としては不向きです。 また、アレンジとして豚肉ではなく、鶏モモ肉を使って作るのもおススメです。 お肉を煮こんだ後の煮汁はそのまま捨てずに再利用できます。 お肉と野菜から出た出汁が詰まっているので、野菜クズなどをこして新たに具材となる野菜を加え、調味料やスープの素などで味を調節すれば簡単においしい野菜スープが完成です。 味付けに使用した煮汁を調味料の代わりに味付けても良いですよ。 さらに煮汁は調味料の代わり以外にも再利用できます。 倍量に水で薄めたものにゆで卵を漬け込めば味付け卵が作れます。 チャーシューとの相性も抜群ですし、ぜひ併せて作りたいところです。 お肉を煮こむ時間は長ければ長いほど良いです。 じっくり作ろうという時は1日~3日くらいかけて作ると柔らかいとろとろチャーシューになります。 火のそばを離れる時はいったん火を止めても問題ありません。 ガス代が気になる、時間をあまりかけないで作りたいという人は圧力鍋を使っても良いです。 圧力鍋を使う時でも最初は調味料を入れずに肉が柔らかくなるまで煮て、あとから味を付けてください。 最初からすべての調味料を入れて作ると肉が硬くなってしまいます。 ちなみに、煮汁で煮込むのは10分ずつくらいとレシピにありますが、味付けを濃くしたかったら20分ずつくらいがおススメです。 このお肉を煮汁で煮込む行程で、お肉を放置して冷ますのもポイントです。 お肉が冷めていく段階で味が良く染み込むので、しっかり冷まして寝かせておくことで味がなじんだおいしいチャーシューになります。 食べる時は、チャーシューが熱い状態だとうまく切れないので、冷めた状態で切ってください。 お好みの厚さに切った後に電子レンジで温めるか、炙って温めて食べるとおいしいです。 お好みでラーメンに入れたり、たっぷりのネギとごま油をかけてアレンジしたり、細かく切ってチャーハンの具材にしたりと、いろいろな食べ方ができます。 いかがでしょうか。 自宅でラーメン屋のとろとろチャーシューを作りたいと思った人は、コツやポイントをしっかり押さえて作ってみてください。 よりおいしいチャーシューが作れます。

次の