蝗害 2020。 /);`ω´)<国家総動員報 : 中国「疫病!」米国「一揆!」インド「蝗害!」日本「2020年役満!」バッタ4000億匹「インド侵略中」中国「貨物警戒!(上海上陸の事例あり」→

アフリカを揺るがす蝗害(こうがい)。放置すれば深刻度は500倍の規模になる │ ブラックアジア:鈴木傾城

蝗害 2020

中共林業草原局は3月2日、アフリカトビバッタが中国に侵入する可能性があると警告を発しました。 専門家は、蝗害(こうがい)によって 穀物価格が上昇すると、中国では輸入農産品や食品に起因するインフレが起きる可能性があると指摘しています。 サバクトビバッタが東アフリカの農地を襲いながら東進し、インドとパキスタンに入りました。 現地の農産物が壊滅的な被害を被っています。 ケニアの住民 「バッタが飛来したら、草に至るまですべてを食べつくす」 中共林業草原局は3月2日、アフリカトビバッタが中国に侵入する際に通る可能性のある3つのルートを挙げました。 パキスタンとインドを経由した場合はチベットに、ミャンマーを経由した場合は雲南省に、カザフスタンを経由した場合は新疆ウイグル自治区に飛来すると予測し、の防御は「きわめて重要」であると警告を発しました。 国連食糧農業機関(FAO)ケニア代表 Tobias Takavarasha氏 「蝗害は食糧の安定確保に空前の脅威をもたらしている」 1平方キロメートルをカバーするイナゴの群れは一日で3万5千人分の穀物を食べつくすと推定されています。 国連食糧農業機関は、イナゴを制御できない場合、今回の蝗害は今年6月まで続く可能性があり、イナゴの個体数は現在の500倍まで増える可能性があると予測しています。 ケニアの農家 「私が収穫できたのは一袋のアワとフジマメだけで、ほかはすべて食べられてしまった」 蝗害が中国まで広がるかどうかは確定されていませんが、国連食糧農業機関が警鐘を鳴らしたのは確かです。 アフリカのソルガム、インドとパキスタンの小麦と綿花は蝗害によって減産すると予測しています。 中国は2018年に53億元(約815億円)分のソルガムと39億元(約600億円)分の小麦を輸入しています。 よってこれらの国際価格が変動すると、中国も打撃を被ることになります。 米国サウスカロライナ大学エイキン校ビジネススクールの謝田教授 「中国の穀物生産量が被る影響はまだはっきりしないが、世界の穀物価格が上昇すると、少なくとも輸入農産品や食品に起因するインフレが中国で起きる可能性がある。 中国は毎年1億トンもの穀物を輸入する必要があるからだ」 蝗害のほか、中国は昨年初めて発生したツマジロクサヨトウが、2020年に爆発的に広まるリスクも抱えています。 中国のトウモロコシ生産量は3年連続で不足しており、2018年には40億元分ものトウモロコシを輸入に頼っています。 不足がこれ以上深刻化すると、トウモロコシを原料とする家畜の飼料やエタノールの価格も上昇し、食肉価格も上昇する可能性があります。 米国サウスカロライナ大学エイキン校ビジネススクールの謝田教授 「中国の家畜の価格は飼料に影響されるため、この点も非常に重要だ。 これら動物性たんぱく質の価格が上昇し、摂取量が減少すると、食料ニーズがさらに高まり、穀物価格が上昇する。 なぜなら庶民は、肉があまり食べられなくなるとその代わりに穀物などを多く食べるようになるからだ」 蝗害が食糧難を誘発してインフレを加速させる可能性がある中で、はウイルスの蔓延で停滞しています。 この2つの要因が絡み合って、中国経済は「停滞型インフレ」の苦境に立たされる可能性があります。

次の

蝗害

蝗害 2020

イナゴ(サバクトビバッタ)の大群がアフリカ大陸からインドを通過し現在は中国に来襲しています。 その数は4000億とも言われており、大群は幅40km、長さ60km、重量80万トンと過去最悪の規模で世界各地の農作物を食い荒らしながら移動しています。 特に中国は新型肺炎のコロナウイルスで混乱しており、泣きっ面に蜂状態となっています。 中には日本にもやってくるのではと心配している方もいました。 以下動画と飛んでいる巨大イナゴの画像も含まれますので、苦手な方閲覧注意です。 アフリカではヘリコプターからの消毒液を巻いていましたが焼石に水状態でした。 イナゴの大群は東アフリカで発生、ソマリア、エチオピア、ケニア、南スーダン、ウガンダ、中国、インドが主な被害地となっています。 コロナウイルスとのダブルパンチで流通不全と食糧危機も危惧されています。 日本には多分来ない アフリカから欧州ではなくインドから中国に向かったのは偏西風によりでしょうか。 偏西風は日本にも向かっていますが、日本海があるので恐らく日本までは来ないはずです。 (アフリカ大陸からサウジアラビアに移動した際紅海を越えているようなので、サバクトビバッタの飛行能力があれば物理的には日本への来襲は可能ではあるようです。 ) ただし土の中に卵を産む性質があるので、土ごと人の手によって移動すれば、ヒアリのように今後日本で定着し大量発生しないとも言い切れないです。 虫が苦手な私としては何としてもこのイナゴの大群だけは阻止してもらいたいです。 先週「アフリカでイナゴが大発生!」 今朝「イナゴがインドに到達!」 夕方「イナゴが中国で大暴れ!」 無茶苦茶やね。 カラコルム越えられる訳ないね。 — 皿屋敷 sarayashiki ちなみに寿命も1か月から長くても3か月とかなり短いとのこと。 ネットの反応まとめ まずくて食べられないそうです。 しかし硬くて食べられなかった。 大量発生し群体になると、特殊なホルモンにより茶色の硬いイナゴへと変わる。 翅を硬く強固にし、長距離の飛行を可能にし、多くの個体に餌を確保させるための変化です — Herp-about. これを相変化と呼ぶ。 数が減ると、元の緑に戻るんだとか、日本でバッタと言われているのはイナゴの一種で、こういう変化は起こさない。 バッタとイナゴの違いは相変化するかしないか。 とんだ風評被害だなあ」と思っているのだ。

次の

ソマリアが蝗害(こうがい)で「国家非常事態宣言」バッタ大量発生で甚大なダメージ【閲覧注意】

蝗害 2020

豪雨や新型コロナウイルスの流行により同地域はすでに打撃を受けており、さらに 食料供給まで脅かされる事態となっている。 東アフリカでは2019年後半以降、記録的な数のバッタが襲来。 バッタの繁殖に適した気象条件が重なったことで拍車が掛かった。 殺虫剤を用いて一斉に駆除作業が実施されたものの、新たな大群が飛び立とうとしている。 国際救済委員会(International Rescue Committee)は今月、報告書を発表。 「アフリカの角(Horn of Africa)」と呼ばれるアフリカ北東部から東アフリカにかけて、数万ヘクタールの耕地や牧草地がすでに被害を受けたとし、小規模な群れでも1日におよそ3万5000人分に相当する食料を食べ尽くし得ると指摘した。 東アフリカ地域の経済共同体「政府間開発機構(IGAD)」が6月に発表した報告書によると、エチオピアでは今年1~4月、130万ヘクタールの牧草地と20万ヘクタール近い耕地が蝗害に見舞われ、穀物35万トンが失われた。 だが、新型ウイルスの流行が現地調査の妨げとなり、バッタの襲来の第1波と第2波に対応するこの暫定推計には、被害の全体像が十分に捉えられていない。 IGADの気象監視プログラムであるICPACのケネス・ムワンギ(Kenneth Mwangi)氏は、「さらに数字を手に入れるまでは、耕地が最も被害を受けたのは、間違いなくエチオピアだということしか言えない。 次いでソマリアだ」と語った。 ケニアではここ数か月、豪雨と洪水が相次いで多数の死者が出たが、ソマリアでも2月に蝗害が発生し、すでに「国家非常事態」が宣言されている。 これまでのところ、東アフリカ地域に隣接するタンザニアやルワンダ、ブルンジはバッタの被害を免れているものの、バッタは数十億匹から成る巨大な群れを形成し、1日に150キロ移動することができる。 3か月ごとに20倍も数を増加させることができるというバッタを一掃する一助となるべく、2月以降は殺虫剤の散布作戦が展開されている。 国連食糧農業機関(FAO)の専門家であり、ナイロビを拠点とするシリル・フェランド(Cyril Ferrand)氏は、「1月から3月半ばにかけて、同地域の約40万ヘクタールが制御下に置かれた。 われわれは、バッタ4000億匹が駆除されたと推定している」と指摘。 「とりわけソマリアなど、一部地域にはアクセスできないため全体数は推定できないが、その数が大幅に減ったことは分かっている」と語った ソース.

次の