インスタ アカウント を 消す 方法。 Instagramのアカウントを「一時停止」または「削除」(退会)する方法

インスタのおすすめに自分を表示させない方法

インスタ アカウント を 消す 方法

トラブルやユーザー同士の付き合いなど、様々な理由からSNS疲れを感じている方が多い昨今。 Instagram(インスタグラム)をやめたいと思ったけど、「アプリにアカウント削除の項目がなくてできない」と困っている方もいるのではないでしょうか。 本記事では Instagramアカウントを削除するやり方を、画像付きでわかりやすく解説します。 アプリをアンインストールしたり、ログアウトしたりするだけでは、データが完全に消えることはありません。 正しい手順で、しっかりと削除することが大切です。 また、 復帰の可能性もある方向けに「一時停止」についてもご紹介。 アカウント削除と同様の状態にでき、再開も可能という機能です。 違いを理解して、インスタを利用しましょう。 注意! アカウントを削除すると復帰できない アカウントを削除するとInstagram上のデータ(投稿した画像・動画、いいね、DMなど)はすべて失われ、復帰できません。 もし少しでも復帰の可能性があるなら、以下に紹介する「一時停止」を使いましょう。 復帰の可能性があるなら「一時停止」を Instagramには投稿した写真や動画、いいね、コメントなどを非表示にして、退会したか時とほぼ同等の状態にする 「一時停止」機能があります。 アカウント削除の場合はInstagram上からデータが完全に失われて復旧できず、ユーザーネームも再利用できません。 一方「一時停止」の場合は、 再ログインするだけで停止前と同じ状態に戻すことができます。 もし復帰する可能性があれば、「一時停止」を利用してください。 「アカウント削除」と「一時停止」の違いをしっかり理解しておきましょう。 「一時停止」の利用手順 こちらも手順は、スマホ(iPhone・Android)・パソコンどちらもほぼ同じ流れです。 ブラウザ版Instagramで自分のプロフィールページへ まずはにアクセス。 自分のプロフィールページを開きます。 「プロフィールを編集」をタップ 「アカウントを停止する理由」を選択して、パスワードを再入力。 「アカウントの一時的な停止」と書かれたボタンをタップすれば、アカウントを停止完了です。 他のユーザーからはアカウントが存在しないかのように見えます。 「一時停止」をやめる・復活する方法 難しい手順は一切なく、一時停止したアカウントでログインするだけでOKです。 ただしこちらはブラウザ版ではなく、アプリの方でログインする必要があります。 停止して間もない場合は復活できないので注意してください。 復旧には停止してから数時間は必要なようです。 やめる前に写真・動画・ストーリーを一括保存する方法 やめるのはいいけど、今までにシェアした画像などがなくなってしまうのは少々さみしいと思う方もいるでしょう。 Instagramには、自分がこれまでシェアしてきた写真・動画・ストーリーやダイレクトメッセージ(DM)などの情報を、まとめて保存する機能があります。

次の

インスタグラムのアカウント削除(退会)方法・一時停止のやり方

インスタ アカウント を 消す 方法

Contents• Instagram(インスタ)のアカウント完全削除方法 まずは インスタのアカウント完全削除(退会)する方法から解説します。 Instagramはアプリからアカウントを削除することが出来ません。 アカウントを削除するために、まずはパソコンなどのウェブブラウザから してください。 アカウントを完全に削除する はこちらです。 アカウントを削除すると 再び同じユーザーネームでInstagramに登録したり、別の既存のアカウントに追加したりできません。 また、Instagram側からも、アカウントを再度有効にすることはできません。 つまり、 完全に削除するとデータは復活できませんし、同じアカウントを使用することも出来なくなります。 ご注意下さい。 アカウントを完全に削除するには、まず 「アカウントを削除する理由」を選択します。 すると、パスワード入力欄と 「アカウントを完全に削除」ボタンが出てきます。 間違いがないことを確認したうえで入力しボタンを押しましょう。 以上で Instagramのアカウントを完全に削除する事ができます。 Instagramのアカウント完全削除は取り返しがつかない 非常に重たい処理です。 同じアカウント名を使うことができなくなるので、気まぐれでアカウントを削除するのはおすすめしません。 とりあえず使うのをやめたいということであれば インスタの一時停止がおすすめです。 アカウントを一時停止するとどうなる? Instagramのアカウントを一時停止するとアカウントは表示されなくなります。 つまり フォロワーから見えなくなります。 インスタを一時停止から再開するまで、アカウントを削除しているのと同じような状態になります。 Instagramのアカウントを一時停止する方法 それでは インスタのアカウントを一時停止する方法を解説します。 Instagramではアカウントの完全削除以外に 「アカウントの利用を一時的に停止」する機能が用意されています。 それはから行えます。 (ログインが必要) アカウントを一時停止するには アカウントを停止する理由を選ぶ必要があります。 アカウントを停止する理由を選ぶと パスワードの入力フォームとアカウントを一時停止するボタンが表示されます。 パスワードを入れ、一時停止しましょう。 一時停止したアカウントはもう一度ログインして利用を再開するまで、 アカウントは表示されなくなります。 こちらは「アカウントの削除」と違って簡単にアカウントを復活できますので 単にInstagramの利用を停止したいのなら「アカウントの一時停止」がおすすめです! 一時停止したインスタを再開するには? 一時的に停止したインスタを再開する方法は 再び「Instagramにログイン」するだけです。 ログインするのはアプリでもWebでも構いません。 アカウントを停止できるのは 1週間に1回までです。 なので、頻繁に一時停止と再開を繰り返したりすることはできません。 また 一時停止の直後数時間はすぐに再開することもできません。 一時停止や再開ができない時は時間を空けてみましょう。

次の

Instagram(インスタグラム)でビジネスプロフィールを設定&解除する方法!インサイトから保存数がわかる!

インスタ アカウント を 消す 方法

Instagramにおけるアカウントの削除と一時停止の違い アカウント復活の可否 各種データの扱い 同じユーザーネームの再取得 削除 二度と復旧できない 完全に消える 同じユーザーネームは二度と使えない 一時停止 再ログインで復旧できる Instagram上に残る 再ログインすれば同じユーザーネーム アカウントの「削除」では、これまでのプロフィールや写真、動画、コメント、いいね! 、フォロワーがInstagram上からすべて削除され、二度と見られなくなります。 また、再び同じユーザーネーム(半角英数字のID)で登録したり、アカウントを復活させたりすることはできません。 いわゆる退会です。 他方、アカウントの「一時停止」では利用データは削除されないため、好きなタイミングで元のアカウントを復活させられるというメリットがあります。 アカウントの一時停止については、下記記事で詳しく解説しています。 アカウント削除前に過去の利用データをバックアップ インスタアカウントの完全削除後は、復活のための猶予期間がありません。 削除を実行する場合は、これまでに投稿した写真や動画、ダイレクト(DM)、プロフィールなどの過去データを保存しておくことをおすすめします。 この点、インスタグラムのバックアップ機能を利用すれば、事情があってInstagramを退会するにしても、手元に残しておきたい写真など各種データ(思い出)をとっておくことが可能です。 詳しい手順は下記記事で解説しています。 appllio. com Instagramのアカウントを削除して完全に退会する手順 インスタグラムの「アプリ」からは、iPhone・Androidともにアカウントを完全に削除することができません。 そこで、SafariやChromeなどのブラウザでウェブ版Instagamの専用ページにアクセスし、アカウント削除操作をする必要があります。 PC(パソコン)からも、ほとんど同じ手順で退会できます。 1 ブラウザでInstagramのアカウント削除ページにログイン Instagramにブラウザからログインする ChromeやSafariなどのブラウザで、下記の削除専用ページにアクセスします。 削除したいアカウントのユーザーネーム(またはメールアドレスや電話番号)とパスワードを入力し、Instagramにログインしましょう。 ブラウザの保存設定によっては、すでにログインできていることもあります。 その場合、削除したいアカウントでログインできているか(おもにでインスタグラムを利用していた場合)を確認しましょう。 2段階認証の画面 2段階認証を設定しているユーザーは、ログイン時に電話番号などでセキュリティコードを取得し、2段階認証をおこなってログインします。 なお、パスワードなどを忘れてログインがうまくできない場合は、下記記事を参考にしてみてください。 2 「アカウントを削除」画面で退会する理由を選択 「アカウントを削除」の画面で退会理由を選ぶ ログイン後すぐに「アカウントを削除」という画面が表示されます。 「アカウントを削除する理由」のフォームをタップすると、アカウント削除の理由の選択肢が表示されます。 いずれかを選択してください(退会したい理由が当てはまらない場合は[その他]を選んでおけばよいでしょう)。 3 パスワードを再入力してアカウントを削除する パスワードを再度入力する 理由を選ぶと、下部にパスワードを再入力するフォームが表示されます。 ここに、もう一度パスワードを入力した上で[アカウントを完全に削除]のボタンをタップします。 最終確認メッセージで[OK]をタップするとすぐにアカウントが削除される 「アカウントを削除しますか?」という最終確認メッセージが表示されます。 本当にアカウントを完全削除して問題なければ、[OK]をタップします。 これで、Instagramからの退会が完了です。 アカウント削除後、他ユーザーからあなたのアカウントがどう見えるかなどの詳細は、下記記事を参考にしてください。 appllio. com アカウント削除(退会)できていないケースとは インスタのアカウント削除を試みたものの、うまく退会ができていないようであれば、以下に挙げるケースに該当していないか確認してください。 アカウントを一時停止している インスタのアカウントを一時停止している期間中は、アカウントが削除されたのとほぼ同じ状態になります。 ユーザー名の検索でヒットしなくなるのはもちろん、プロフィールを表示させようとしても、投稿や紹介文などがすべて消えています。 ただし、 一時停止中のアカウントにもう一度ログインすると、元通りに復活します。 削除したはずなのに元のアカウントにログインできてしまう場合は、削除ではなく、アカウントの「一時停止」を設定してしまった可能性があります。

次の