浅野 温子 緒形 拳。 本当にあった事件の「実録“艶”シーン」大全(1)鑑定士が選ぶ「極旨」の6篇 (2017年11月15日)

浅野温子の現在【今と昔】結婚した夫,子供,ドラマ代表作,若い頃,デビュー当時

浅野 温子 緒形 拳

「薄化粧」緒形拳 緒形拳、藤真利子 浅野温子、緒形拳 今回は五社英雄監督1985年製作「薄化粧」をピックアップする。 本作は実話を基にした西村望氏の原作を映画化したもので、緒形拳さんの抑えた演技が冴えるが、「」に比べ、情念の迫力が足りないと感じた。 これは構成が、時系列を曖昧にして、必死の追跡・逃走という大事な側面を薄めてしまっているのが原因ではないかと思う。 逮捕直前のラストにカタルシスが全くなかった。 しかし俳優陣の演技は、誰を見ても素晴らしく、決して悪い作品ではない。 川谷拓三 大村崑、川谷拓三 【ストリー】 昭和23年、ある山奥の鉱業所。 坂根藤吉 緒形拳 は坑夫として鉱山で働き、妻ふくみ 浅利香津代 、息子と3人で暮らしていた。 そんなある日、鉱山で落盤事故が発生しその補償問題で鉱夫の代表として会社側と掛け合った坂根は、逆に多額の裏金を会社側から掴まされてしまう。 坂根の運命の歯車が狂いだしたのはこのときからであった。 裏金を元に金貸しをはじめた坂根は、事故で夫を亡くした地所テル子 浅野温子 に接近、親密な仲になる。 そして、このことが原因で妻ふくみと一人息子を次々と惨殺。 また、坂根は金を貸しているのをいいことに仙波徳一の妻すゑ 宮下順子 とも肉体関係を結び、すゑの一人娘弘子松本伊代 にまで手を出そうとする。 しかし、弘子は坂根からたくみに金を引き出したあげくに、鉱業所の課長と結婚してしまう。 小娘に翻弄されたことに気づいた坂根は、弘子の婚礼の夜、ダイナマイトを持ち出し、仙波家を木端微塵に吹き飛ばしてしまった。 この爆破容疑で逮捕された坂根は、真壁刑事 川谷拓三 、松井刑事 大村崑 の執拗な追求に合い、ふくみ・喬殺しも発覚。 留置場に入れられた坂根は突然、隠し持っていた剃刃で自殺をはかるが奇跡的に一命はとりとめた。 昭和27年、坂根は刑務所を脱走。 以後、素性を隠しながら各地の飯場を転々と渡り歩く、流浪の旅が続いた。 一方、警察側も坂根逮捕に全力をあげ、真壁刑事が追跡を開始した。 そんな逃亡生活の果てに、坂根は一人の薄幸の女・内藤ちえ 藤真利子 と巡り合う。 坂根にとってちえは、初めて出会った菩薩のような女であった。 ちえも坂根に強く魅かれ、やがてふたりは自然に親密な関係になっていった。 ある日、ちえは照れる坂根に無理矢理、眉墨を引いた。 最初はいやがっていた坂根だが、鏡を見るとそこには全く別人の自分があり、以後、出歩く時には必ず化粧をすることにした。 しかしそんなふたりの仲も、捜査の輪を刻一刻とせばめる警察によって引きさかれてしまった。 ちえは金持ちの旦那のところにかこわれ、坂根はまた旅へ。 彼女は坂根の素性を風呂屋の手配書を見て全て知っていた。 だが、坂根に強く魅かれるちえは別れる時に、彼に住所を教えた。 そして、ちえのことを忘れられない坂根は彼女の元へ。 久し振りにほんのつかの間の逢瀬をたのしんだ坂根はまた旅へ出るため夜のプラットホームへ行き、便所で化粧をすませでてくると、そこには彼のあとを追ってきたちえがいた。 そしてふたりでの逃亡がはじまろうとした時、突然、警察のサーチライトが一斉に点灯した。

次の

浅野温子出演歴 | ドラマ・テレビ・映画・舞台・よみ語り Atsuko Asano's Profile

浅野 温子 緒形 拳

解説 妻子を殺した上に刑務所を脱走した男の生きんがための逃亡生活を描く。 西村望原作の同名小説の映画化で、脚本は「危険な女たち」の古田求、監督は「櫂」の五社英雄、撮影も同作の森田富士郎がそれぞれ担当。 1985年製作/124分/日本 原題:Tracked 配給:松竹 ストーリー 昭和23年、ある山奥の鉱業所。 坂根藤吉は坑夫として鉱山で働き、妻ふくみ、息子喬と3人で暮らしていた。 そんなある日、鉱山で落盤事故が発生しその補償問題で鉱夫の代表として会社側と掛け合った坂根は、逆に多額の裏金を会社側から掴まされてしまう。 坂根の運命の歯車が狂いだしたのはこのときからであった。 裏金を元に金貸しをはじめた坂根は、事故で夫を亡くした地所テル子に接近、親密な仲になる。 そして、このことが原因で妻ふくみと一人息子喬を次々と惨殺。 また、坂根は金を貸しているのをいいことに仙波徳一の妻すゑとも肉体関係を結び、すゑの一人娘弘子にまで手を出そうとする。 しかし、弘子は坂根からたくみに金を引き出したあげくに、鉱業所の課長と結婚してしまう。 小娘に翻弄されたことに気づいた坂根は、弘子の婚礼の夜、ダイナマイトを持ち出し、仙波家を木端微塵に吹き飛ばしてしまった。 この爆破容疑で逮捕された坂根は、真壁刑事、松井刑事の執拗な追求に合い、ふくみ・喬殺しも発覚。 留置場に入れられた坂根は突然、隠し持っていた剃刃で自殺をはかるが奇跡的に一命はとりとめた。 昭和27年、坂根は刑務所を脱走。 以後、素性を隠しながら各地の飯場を転々と渡り歩く、流浪の旅が続いた。 一方、警察側も坂根逮捕に全力をあげ、真壁刑事が追跡を開始した。 そんな逃亡生活の果てに、坂根は一人の薄幸の女・内藤ちえと巡り合う。 坂根にとってちえは、初めて出会った菩薩のような女であった。 ちえも坂根に強く魅かれ、やがてふたりは自然に親密な関係になっていった。 ある日、ちえは照れる坂根に無理矢理、眉墨を引いた。 最初はいやがっていた坂根だが、鏡を見るとそこには全く別人の自分があり、以後、出歩く時には必ず化粧をすることにした。 しかしそんなふたりの仲も、捜査の輪を刻一刻とせばめる警察によって引きさかれてしまった。 ちえは金持ちの旦那のところにかこわれ、坂根はまた旅へ。 彼女は坂根の素性を風呂屋の手配書を見て全て知っていた。 だが、坂根に強く魅かれるちえは別れる時に、彼に住所を教えた。 そして、ちえのことを忘れられない坂根は彼女の元へ。 久し振りにほんのつかの間の逢瀬をたのしんだ坂根はまた旅へ出るため夜のプラットホームへ行き、便所で化粧をすませでてくると、そこには彼のあとを追ってきたちえがいた。 そしてふたりでの逃亡がはじまろうとした時、突然、警察のサーチライトが一斉に点灯した。 圧巻でした!!! 結局?女性を撮るのが上手い監督って、それだけで一つの鬼才!となるんやな、って。 浅野温子/藤真利子、そして松本伊代。 見てるだけでこっちが我慢出来なくなる位、水水しい。 そう、女性が水水しく描かれてる。 蘇る金狼の風吹ジュンさんも綺麗だったけど、本作の女性陣も圧巻! 素晴らしいです。 タランティーノよろしく、今で言うぶつ切りのチャプター繋げもお見事! 名作です!!! 一人の男が獄中で自殺未遂を謀る。

次の

全46作品。緒形拳が出演した映画ランキング

浅野 温子 緒形 拳

ストーリー [ ] 坂根藤吉は真壁、松井刑事の執拗な追及に遭う。 で隠し持っていたでを図るが奇跡的に一命はとりとめる。 妻のふくみ・長男・喬殺しも発覚する。 、坂根はのように穴を掘って。 以後、素性を隠しながら各地の飯場を転々と渡り歩く。 真壁刑事が坂根逮捕に全力をあげる。 逃亡生活の果てに、坂根は薄幸の女・内藤ちえと巡り合う。 、山奥の鉱業所。 鉱夫の坂根は妻と息子の3人で暮らしていた。 鉱山で落盤事故が発生し補償問題で鉱夫の代表として会社側と掛け合った坂根は、逆に多額のを会社側から掴まされる。 を元にをはじめた坂根は、事故で夫を亡くした地所テル子に接近、親密な仲になる。 逆上した妻ふくみが斧でを壊そうとして逆襲。 テル子と同棲を始めるが、息子をお母さんに会わせると連れ出し、惨殺…。 飲み屋のちえは坂根にとって初めて出会った菩薩のような女であった。 真壁が訪ね、風呂屋のを見て坂根の素性を知るが、二人は自然に親密な関係になる。 ある日、ちえは照れる坂根に無理矢理、を引いた。 最初は嫌がっていた坂根だが、鏡の中に全く別人の自分があり、出歩く時には必ず化粧をすることに。 坂根がなぜ逃げ回っているか?坂根は金を貸しているのをいいことに炭鉱事故で働けない仙波徳一の妻すゑとも肉体関係を結び、すゑの一人娘弘子にまで手を出そうとする。 しかし、弘子は坂根からたくみに金を引き出したあげくに、鉱業所の課長と結婚してしまう。 小娘に翻弄されたことに気づいた坂根は、弘子の婚礼の夜、を持ち出し、仙波家を木端微塵に吹き飛ばす。 この爆破容疑で追われる。 ちえのことを忘れられない坂根は彼女の元へ。 ちえは妾になっていた。 つかの間の逢瀬を楽しんだ坂根はまた旅へ出るため駅の便所で化粧をすませ出てくると、向かいのには彼のあとを追ってきた薄化粧をすませたちえがいた。 二人の逃亡がはじまろうとした時、突然、のが一斉に点灯する。 「この話は実話である 昭和二十四年 夏———事件はここで この場所でおこった」…「終」 キャスト [ ]• (坂根藤吉役)• (坂根ふくみ役)• (真壁一郎) - 優秀助演男優賞ノミネート• (松井捨蔵役)• (地所テル子役)• (仙波すゑ役)• (仙波弘子役)• (内藤ちえ役)- 女優助演賞 助演女優賞• (氏家正肋役)• (渡辺鉄治役)• (明賀英之役)• (森谷役)• (とよ役)• (立石役)• (上瀧役) スタッフ [ ]• 監督:• 助監督:南野梅雄• 脚本:• 製作:升本喜年、遠藤武志、、• プロデューサー:徳田良雄、高橋泰• 撮影:• 音楽:• 美術:西岡善信• 編集:• 録音:大谷巖• スチル:小山田幸生• 照明:美間博 外部リンク [ ]• - (英語)• - (英語).

次の