あり ふた 職業 で 世界 最強。 【ありふれた職業で世界最強】アニメ無料動画の全話フル視聴まとめ

ありふれた職業で世界最強第13話 無能の無双

あり ふた 職業 で 世界 最強

keyword• トータス 人間族、魔人族、亜人族の三種族が住む世界。 人間族と魔人族は何百年も戦争を続けており、最近では魔人族が凶悪な魔物を使役しはじめた。 その劣勢を覆し、魔人族を打倒するため、勇者を求めてハジメたちを召喚した。 アーティファクト 現在のトータスでは再現できない強力な能力を持った魔法道具のこと。 神やその眷属達が地上にいた神代に創られたと言われている。 ハジメたちの能力を表示するステータスプレートもその一つに数えられている。 戦闘系天職と非戦系天職に分類され、戦闘系の天職はものによっては万人に一人の割合でしか発現しない。 非戦系の天職の割合は百人に一人から十人に一人までとさまざま。 七大迷宮 この世界における有数の危険地帯。 【グリューエン大火山】、【オルクス大迷宮】、【ハルツィナ樹海】の三ヵ所が判明しており、他の地帯も古い文献などからその存在は信じられているものの、詳細な場所は不明。 【オルクス大迷宮】 全百階層からなると言われている大迷宮。 七大迷宮の一つで、階層が深くなるほど強力な魔物が出現する。 階層による魔物の強さが測りやすく、出現する魔物が地上の魔物に比べて遥かに良質の魔石(ませき)を体内に抱えているため、冒険者や傭兵、新兵の訓練で非常に人気がある。 ブックリスト• ありふれた職業で世界最強 11 ISBN:978-4-86554-698-9 2020年7月25日発売 825円(税込)• ありふれた職業で世界最強 6 ISBN:978-4-86554-652-1 2020年4月25日発売 682円(税込)• ありふれた日常で世界最強 4 ISBN:978-4-86554-653-8 2020年4月25日発売 638円(税込)• ありふれた職業で世界最強 零 4 ISBN:978-4-86554-654-5 2020年4月25日発売 682円(税込)• ありふれた職業で世界最強 零 4 ISBN:978-4-86554-543-2 2019年12月25日発売 825円(税込)• たかやKi画集 BRILLIANT ありふれた職業で世界最強 ISBN:978-4-86554-541-8 2019年9月25日発売 3080円(税込)• ありふれた職業で世界最強 小篇集 ISBN:978-4-86554-542-5 2019年9月25日発売 759円(税込).

次の

ありふれた職業で世界最強第13話 無能の無双

あり ふた 職業 で 世界 最強

ドンナー 11話「兵器誕生」から登場。 大型のリボルバー式拳銃。 音速を超える速度で最短距離を突き進み、絶大な威力で目標を撃破する現代兵器。 全長は約三十五センチ、【オルクス大迷宮】辺りでは最高の硬度を持つを使った六連の回転式弾倉。 長方形型のバレル。 弾丸もタウル鉱石製で、中には粉末状のが圧縮して入れてある。 その威力は最大で対物ライフルの十倍である。 ハジメが寝食を忘れてひたすら錬成の熟達に時間を費やした上、何千回という失敗の果てに、作成に成功した。 ハジメが何となく相棒には名が必要と思い、ドンナーと名付けた。 シュラーゲン 18話「ゆっくり語らい」から登場。 対物ライフル:レールガンバージョン。 ドンナーの強力版。 弾丸も特製。 全長一・五メートル程。 装弾数は一発と少なく、持ち運びが大変だが、理屈上の威力は絶大。 普通の人間なら撃った瞬間、撃ち手の方が半身を粉砕されるだろう反動を持つ化け物銃。 理屈上、最大威力でドンナーの更に十倍の威力が出る……はず。 素材はサソリモドキ、恐らく。 赤い弾丸にもこだわられており、タウル鉱石の弾丸をシュタル鉱石でコーティングした、いわゆる、フルメタルジャケット……モドキ。 燃焼粉も最適な割合で圧縮して薬莢に詰められている。 ハジメがドンナーの威力不足を補うために開発した新たな切り札となる兵器。 炸薬量や電磁加速は限界値にあるドンナーでは、これ以上の大幅な威力上昇は望めないと結論し、作られた。 威力を上げるには口径を大きくし、加速領域を長くしてやる必要があるという発想のもと、考えられた。 メツェライ 25話「旅立ち」から登場。 電磁加速式機関砲。 口径三十ミリ、回転式六砲身で毎分一万二千発。 銃身の素材には生成魔法で創作した冷却効果のある鉱石を使っているが、それでも連続で五分しか使用できない。 再度使うには十分の冷却期間が必要になる。 ラプトルの大群に追われた際、手数の足りなさに苦戦したことを思い出し、開発した。 オルカン 25話「旅立ち」から登場。 長方形の砲身を持ち、後方に十二連式回転弾倉が付いており連射可能。 ロケット弾にも様々な種類がある。 面制圧とハジメの純粋な趣味から開発した。 シュラーク 25話「旅立ち」から登場。 ドンナーの対となるリボルバー式電磁加速銃。 ハジメに義手ができたことで両手が使えるようになったので開発された。 ドンナー・シュラークの二丁の電磁加速銃によるガン=カタ(銃による近接格闘術のようなもの)がハジメの基本戦術。 パイルバンカー 49話「ライセン大迷宮と最後の試練」から登場。 凶悪なフォルムの、義手の外付け兵器。 全長二メートル半程の縦長の大筒。 外部には幾つものゴツゴツした機械が取り付けられており、中には直径二十センチはある漆黒の杭が装填されている。 下方は四本の頑丈そうなアームがつけられている。 筒の外部に取り付けられたアンカーを射出し、合計六本のアームは周囲の地面に深々と突き刺さると大筒をしっかりと固定する。 魔力を注ぎ込むと、大筒が紅いスパークを放ち、中に装填されている漆黒の杭が高速回転する。 それを大筒の上方に設置した大量の圧縮燃焼粉と電磁加速で射出する。 クロスビット 63話「ウルの町の蹂躙劇」から登場。 浮遊する金属製の十字架。 縦六十センチ横四十センチ、中心部分にラウンドシールドの様なものが取り付けられている。 無人偵察機と同じ原理で動く攻撃特化タイプ。 内部にライフル弾や散弾が装填されている。 轟音と共に弾丸を吐き出す。 薄く紅色に発光する。 感応石が七つ取り付けられた腕輪で操作する。 闇系魔法の中でも超高難度魔法で、死者の残留思念に作用する魔法。 聖教教会の司祭の中にも幾人かの使い手がおり、死者の残留思念を汲み取り遺族等に伝えるという何とも聖職者らしい使用方法がなされている。 もっとも、この魔法の真髄は其処ではない。 この魔法の本当の使い方は、遺体の残留思念を魔法で包み実態化の能力を与えて使役したり、遺体に憑依させて傀儡化するというものだ。 つまり、生前の技能や実力を劣化してはいるが発揮できる死人、それを使役できるのである。 また、生身の人間に憑依させることでその技術や能力をある程度トレースすることもできる。 しかし、ある程度の受け答えは出来るものの、その見た目は青白い顔をした生気のない、まさに幽霊という感じであり、また死者を使役するということに倫理的な嫌悪感を覚えてしまうので、恵里はこの術の才能があってもまるで使えていなかった。 思考能力など持たないので術者が指示しないと動かない。 ネタバレ 16話「奈落の底の封印部屋」から登場。 長い金髪。 低高度の月を思わせる紅眼の瞳。 見た目、年の頃は十二、三歳くらい。 それなりに膨らんだ胸部。 やせ衰えていても、どこか神秘性を感じさせるほど美しい。 身長は百四十センチ位。 先祖返りの吸血鬼。 言葉の少ない無表情娘。 怪我しても直ぐ治る。 首落とされてもその内に治る。 魔力が枯渇した状態で受けた傷は治らない。 魔力、直接操れる……陣もいらない。 魔法適性がある。 周りがチンタラと詠唱やら魔方陣やら準備している間にバカスカ魔法を撃てる。 全属性に適性がある。 接近戦は苦手。 魔法が強力無比。 無詠唱で魔法を発動できるが、癖で魔法名だけは呟いてしまう。 どっかの国の王族。 普通の吸血鬼族も血を吸うことで他の種族より長く生きるが、それでも二百年くらいが限度。 先祖返りで力に目覚めてから僅か数年で当時最強の一角に数えられていた。 十七歳の時に吸血鬼族の王位に就いた。 二十歳の時、封印された。 三百歳ちょい。 28話「ライセン大峡谷と残念なウサギ」から登場。 亜人・兎人族の一部族であるハウリアの族長の一人娘。 容姿もスタイルも抜群で、良くも悪くも周りから注目されるほど。 本来亜人が持つはずがない魔力を持って生まれ、他の亜人族に知られると処刑されるため一族によって隠されていた。 バレて一族を連れてフェアベルゲンから離れたところを帝国軍に見つかり、追われて峡谷に身を潜めていた所をハジメに救われた。 生まれた時から"魔力操作"と"未来視"の固有魔法を持っており、その影響でハウリア族の特徴である濃紺の髪が、青みがかった白髪になっている。 戦闘においては属性魔法の適性は無かったものの、ユエに稽古を付けられたことで身体強化による卓越した身のこなしとパワーファイトができるようになった。 ハジメが作成した大槌型アーティファクト「ドリュッケン」を振り回し戦う.

次の

【悲報】来期アニメ「ありふれた職業で世界最強」4月から2019年に放送延期

あり ふた 職業 で 世界 最強

ネタバレ 購入済み 「最強」ってそれかあ・・・ 雪猫 2018年05月15日 序盤から中盤まではWeb系小説としては結構丁寧に描かれていて好感が持てました。 各キャラがスタンダードながらキャラ立ちしていて分かりやすく、主人公も好ましい人柄で、弱いなりに知識を得る努力をし、戦闘でもなんとか工夫をして頑張る様が応援したくなります。 特に前半ラストでの大物相手の戦闘では、戦闘用 ではない錬成というスキルを駆使して必死で仲間を守ろうとする姿にハラハラしました。 中盤までは十分に面白く、先が気になるいい小説だったと思います。 ただ中盤で事件が起きて、それによってタイトルの「最強」要素が手に入るのですがそれが・・・ 以下ネタバレです 銃でした。 鉱物を錬成して銃やグレネードなどの近代兵器を作って無双、と。 はあ・・・ 正直すさまじくがっかりです。 剣と魔法の世界で近代兵器持ち出してバンバン撃って俺最強って本当につまらない。 純粋に錬成のスキルを磨いて、ベヒモス戦みたいに錬成を駆使して戦うで全然よかったのに。 上述の通り中盤まで丁寧に描かれていて面白かっただけにより一層がっかりです。 とりあえずキャンペーンで3巻までは買ってしまっているので、そこまでにこのがっかりを吹き飛ばすくらい面白くなることを期待します。

次の