偏り 読み方。 「偏り」とは?意味や使い方を解説します!

【占星術】ホロスコープの読み方について初心者にも分かりやすく|FRACTAL

偏り 読み方

この記事の内容• ホロスコープの見方・読み方の基本知識 このページの最後に、ホロスコープの作成について解説をしておりますが、 実際に自分のホロスコープを見てみると、色々な情報が詰め込まれていることが分かるかと思います。 これらの情報は、実はどれも大切で、かつそれらの関係性を見ていくことが肝心です。 そのため、ホロスコープを読み解いていく上においては、 基本となる知識をしっかりと掴んでおくことが必須です。 そこで、まずはじめに、ホロスコープを読んでいくにあたっての、 基本的な知識についておさらいをしておきます。 紹介する知識は以下の通りです。 月・太陽・惑星の天体の見方• サインの見方• ハウスの見方• アスペクトの見方• ASC・MC・バーティクスの見方 です。 ただし、このページでは、初心者向けに表面的な知識をさらっとまとめてご紹介するに留めているので、 さらに詳しい解説を見たい方は、それぞれの解説ページもご参考ください。 天体の見方 ホロスコープにおいて天体は舞台の上で演技をする演者のような立ち位置です。 天体は月・水星・金星・太陽・火星・木星・土星・天王星・海王星・冥王星の10天体があるわけですが、 それぞれの天体に固有の「意識」があり、 これらの意識は人生における役割を意味しているといってもよいでしょう。 これらの天体の意識が、次に述べるサインやハウスといった要素を背景に、 人間のあり方に映し出されるといったイメージです。 こちらの記事ではこれらの天体についての知識をより詳細にまとめておりますのでこちらもご参考ください。 サインの見方 ホロスコープにおけるサインとは、一般的に知られている12星座の名前で表されます。 注意点としては、サインとはあくまでも平面化された天体図(ホロスコープのこと)を12区分してそれぞれに名前を付けただけですので、 別に星座そのものを指しているわけではないので混同しないようにしましょう。 そして、このサインの見方としては、大雑把な括りでの、 その人の性格の傾向とみると良いでしょう。 サインは、赤道の延長線と、太陽の通り道である黄道との交点の、 東側(春分点)を基点に十二区分したものから分かるように、 その瞬間に生まれた場合、地球上のどこにいても同じサインの配置になるため、 より公的な範囲での傾向を示すのです。 サインの二区分・三区分・四元素について また、サインの意味を見ていくにあたっては、 12サインそれぞれの意味を覚えるというよりは、 サインの二区分(奇数・偶数)、三区分(活動・固定・柔軟)、四元素(火・風・水・土)を知って、 それらの知識を背景にサインそれぞれの意味を見ていく方が、 より応用的にホロスコープを読み解いていくことが可能になります。 こちらの記事では、二区分・三区分・四元素の知識をはじめ、12サインの意味をまとめておりますのでこちらも是非ご参考ください。 ハウスの見方 ハウスとは、水平線の延長と黄道(太陽の通り道)の交点の東側(アセンダント)を基点に、 天体図を12区分した、それぞれの領域のことを指します。 サインとの比較でいうと、サインがより広い意味での性格の傾向を指していたのに対して、 ハウスではより具体的・個人的な性格の現れ方や行動の癖などを指します。 イメージとしては、サインが体に付けられたタトゥー(刺青)のようなもので、 他にも同じタトゥーを付けている人が多くいるのに対して、 ハウスはその人が住んでいる家そのものを指し、その人固有であるのです。 このことは、その人が生まれた瞬間の水平線というのは、 生まれた瞬間の時間と場所によって決まることからもイメージはつくかと思います。 アスペクトの見方 アスペクトとは、天体(月・太陽・惑星)、ASC、MCといった感受点同士が作り出す角度のことを言います。 なぜこのアスペクトが大切なのかというと、 天体はそれ自体では意味を持たず、他の天体同士の関係の中で初めて影響力を発揮するからです。 イメージは、車のエンジンとタイヤの役割を思い浮かべると分かりやすく、 エンジンだけが一生懸命動いても車は動かず、一方でタイヤだけがあっても車は動きません。 エンジンとタイヤがお互いに影響しあって車は動くのです。 ここでいう「エンジン」「タイヤ」がホロスコープで言うところの天体(もしくは感受点)であり、「車が動く」という結果が、天体同士のアスペクトが作り出す人生に現れる影響であるのです。 また、こちらの記事ではアスペクトについて詳しく解説しておりますので、こちらの記事もご参考ください。 その他の知識について 実はまだ必要な知識はありますのでもう少しお付き合いください。 アセンダント(ASC)・ディセンダント(DSC)の見方 アセンダント(ASC)とは、生まれた瞬間の時間と場所から分かる水平線と黄道との交点のことです。 日の出の場所と覚えると良いでしょう。 そして、ディセンダントとはその180度逆側で日の入りの場所と覚えると良いでしょう。 そして、これらアセンダント・ディセンダントは、その人の人生における個人的な傾向を見るために使います。 アセンダントは、母親の胎内から飛び出す時の勢いをそのまま示しており、 人生を通じてこの勢いの方向性は継続します。 そのため、アセンダントからは、その人が生まれつきどのような資質を持っていて、その資質をどのような方向性で発揮しようとしているのかというのが見て取れるのです。 そしてディセンダントからは、その人の存在を映し出す環境や対人関係のあり方を見て取ることができます。 MCとICの見方 MC(Medium Coeli)とは、先ほどのアセンダントの導き方の画像での、 太陽が一番高い場所に登った地点を指します。 IC(Imum Coeli)はその180度逆側に位置しています。 先ほどのアセンダント(ASC)が、人生レベルでの個人的な傾向であったのと比較すると、MCは社会的な自分の人格や役割を示しています。 そして、ICは、その人が他の人と共存する中で獲得していく心理的な満足感のあり方を示しています。 一般的に、このMCからその人に向いている仕事などを見ていくことができます。 アンチバーティクス(AV)・バーティクス(Vt)の見方 また、一般的な占星術の本などでは取り上げることはあまりないのですが、 アンチバーティクス(AV)とバーティクス(Vt)も実はとても大切です。 これらは、PV(Prime Vertical)という子午線(生まれた地点を北と南で結ぶ線)と垂直に交わる天球上の円と、 黄道(太陽の通り道)が交わる点のことを指します。 なぜAVとVtが大切なのかというと、 これらはその人にとって、より社会的な宿命を示すからなのです。 先ほど取り上げた、アセンダント、MCが個人の人生からの視点での話であるならば、 このアンチバーティクスとバーティクスは、社会から運命付けられている影響と見て取ることができるのです。 ホロスコープの読み方の流れ さて、それではここからは実際にこれまでの知識を用いて、 どのようにホロスコープを読みでいけば良いのか、 その読み方について一連の流れをご紹介します。 そして、この集計結果からその人のだいたいの性格の傾向を見ます。 具体的には、バランス的な偏りがどこかで生まれていないかを見ると良いでしょう。 例えば、三区分で言うところの「固定」のサインに偏りがある人は、 継続力がある人ですが、一方で頑固な傾向があるでしょう。 また四元素で言うところの「火」のサインが豊富な人は、 より直感的でインスピレーションを大切にしますが、 一方で理念的すぎて対人関係においては馴染みづらい性格でしょう。 アセンダントに関しては、第1ハウスにある天体と、その天体のアスペクト、またアセンダントのサインの支配星(ルーラー)の位置とアスペクトから、 そしてMCに関しては、第10ハウスにある天体と、その天体のアスペクト、またMCが位置するサインの支配星の位置とアスペクトから、 読み取っていきます。 一般的には、アセンダントとMCはアスペクトではスクエア(90度)を作るため、アセンダント的な好みとは異なる領域でMC的な社会での立場を示します。 これは、得意であったり慣れた領域とは異なる領域での修行を通じて魂レベルで進化しようとするより高次元の意識の現れであるからだと思うのですが、 いずれにしてもアセンダントやMCが示すのはあくまでもその人の姿勢であって、 実際の現れ方は天体とその天体のサイン・ハウス・アスペクトから読み取っていくのです。 これは、地球を中心に考える天動説においては、 地球の一番近くにいて公転周期の一番短い月から、 個人の意志の向かう先である太陽への流れの中で、 成長の方向性が決まるからです。 具体的には、月のサイン・ハウス・アスペクトから、個人的なライフスタイルの傾向を読み取り、 次に太陽のサイン・ハウス・アスペクトから個人がより大きな方向に進化していく時の姿勢を読み取ります。 具体的には、土星のサイン・ハウス・アスペクトから、 その人の社会的な役割や、社会の中で最終的にどのような達成をしようとしているのかという意識を見ます。 そして、冥王星のサイン・ハウス・アスペクトから、 その人が高次元のレベルでの集団無意識の海の中で、 一体どのようなポジションから地球に生まれてきたのかということを見るのです。 このように、地球における個人的な資質や傾向と、 もっと広い視野からの意図との中間地点をうまく見出していくことで、 結果として自分らしい人生を生きていると実感できるのです。 これは、このページの最初で述べたアンチバーティクス・バーティクスの説明からも分かるように、 子午線という社会的な意識の現れである線によってその場所が左右されるのがこのAV・Vtであるからです。 このAV・Vtからは、その人の個人的な意志とは全く別のところからくる影響で、ある種強制された宿命的な立場や役割を示しています。 一般的な読み方としては、最後の考慮点として紹介しますが、 その人にとってより関心度が高い領域の話出会ったりする場合は、 これらの小惑星やドランゴヘッドの影響を深くホロスコープから読み取っていくことが必要になってきます。 ホロスコープの作成方法 最後に、ホロスコープの作成方法についてご紹介をしておきます。 ホロスコープは、自分で作るとなるとかなり大変です。 そのため、以下にご紹介するサイトから簡単に自分のホロスコープを作ることができます。 (リンク先の、Chart drawing, Ascendant、の先から作ることができます。 ) 【自分のホロスコープの作成に必要な情報】 自分のホロスコープを作るにあたっては、 生年月日の他に、生まれた場所(病院など)の緯度・経度と、 生まれた時間です。 (何時何分だったか) 場所や時間に関しては分からないという方が多いかと思いますが、 親が持っている母子手帳にその情報が書いてあります。 母子手帳がないと言う場合も、戸籍と紐づいている可能性があるので役所にいって聞いてみるという手段があります。 それでも見つからない場合は、生まれた病院をなんとか知って、その病院に自分が生まれた時間の情報が残っていないかを問い合わせてみるという方法があります。 まとめ 以上いかがでしたでしょうか。 このページでは、ホロスコープの読み方・見方について、 なるべく初心者にとっても分かりやすくなるように努力して解説をして参りました。 このページでは表面的な知識をさらっと述べるに止まっている箇所も多くあるので、 もっと細かい情報に関しては、別のページで解説をしているので、 是非そちらもご参考ください。

次の

西洋占星術 ホロスコープ上の惑星を読む➀ ~惑星の在住と支配~

偏り 読み方

偏り(かたより)または バイアス(: bias)とは、で2つの異なる意味に用いられる。 の偏りとは、の要素が標本として平等に選ばれていないと考えられる場合をいう。 の偏りとは、推定すべき量を何らかの理由で高く、または低く推定しすぎている場合をいう。 偏りという用語は悪い意味に聞こえるが、必ずしもそうではない。 偏った標本は悪いものだが、偏った推定量のよしあしは状況による。 偏りがないことを 不偏(ふへん、: unbiased)と言う。 標本の偏り [ ] 母集団の一部の要素が他よりもとして選ばれやすい場合に、標本に偏りがあるという。 偏った標本は一般に誤った推定量を与える。 推定する量が高い、または低いような要素が標本に多く含まれていれば結果は本当の値とは違ってしまう。 有名な例にのアメリカ大統領選の予想がある。 Literary Digestは、標本のサイズが莫大だったにもかかわらず、電話や自動車の保有者リストを元に標本を抽出したために、これらを購入できる富裕層に偏ってしまったのである。 この種の偏りは通常、統計学的なよりも悪いものと考えられる。 ノイズの問題は標本を大きくすることで軽くすることができるが、偏った標本ではそのように簡単に解決できない。 (複数の統計調査結果をまとめてさらに解析すること)はうまく用いれば、単独ではノイズを含む調査からよりよいデータを引き出すことができるが、偏りのある調査ばかり用いてメタアナリシスをしても偏りは減らせない。 このような偏りを減らすには、適切なの手法を、個別分野の知識に基づいて利用する必要がある。 推定量の偏り [ ] これは、実際に推定しようとしている量とは違うような値をもつをとして使ってしまうことをいう。 逆にこの平均値が推定しようとしている量に等しい場合には、 不偏推定量という。 例えば X 1,... それでも母分散の不偏推定量の平方根は母標準偏差の不偏推定量ではない。 非線形 f と母数 p の不偏推定量 U に対しては f U は普通 f p の不偏推定量ではないからである。 偏りのある推定量が不偏推定量よりもよいという極端な例に、次のようなものがある。 X の観察値が100とすると、推定量は1となるが、推定する本当の量は明らかに0に近く、これは反対の極端である。 さらにXの観察値が101とすると推定量は-1となってしまうが、推定する量は正でなければならないはずである。 最尤推定量の偏りはかなり大きくなるおそれがある。 例えば、1 から n まで番号を打った n 枚のカードを箱に入れた場合を考える。 ランダムに1枚を取り出したところ、番号は X だったとしよう。 この場合、自然な不偏推定量は 2 X-1 である。 関連項目 [ ]•

次の

偏り

偏り 読み方

偏り(かたより)または バイアス(: bias)とは、で2つの異なる意味に用いられる。 の偏りとは、の要素が標本として平等に選ばれていないと考えられる場合をいう。 の偏りとは、推定すべき量を何らかの理由で高く、または低く推定しすぎている場合をいう。 偏りという用語は悪い意味に聞こえるが、必ずしもそうではない。 偏った標本は悪いものだが、偏った推定量のよしあしは状況による。 偏りがないことを 不偏(ふへん、: unbiased)と言う。 標本の偏り [ ] 母集団の一部の要素が他よりもとして選ばれやすい場合に、標本に偏りがあるという。 偏った標本は一般に誤った推定量を与える。 推定する量が高い、または低いような要素が標本に多く含まれていれば結果は本当の値とは違ってしまう。 有名な例にのアメリカ大統領選の予想がある。 Literary Digestは、標本のサイズが莫大だったにもかかわらず、電話や自動車の保有者リストを元に標本を抽出したために、これらを購入できる富裕層に偏ってしまったのである。 この種の偏りは通常、統計学的なよりも悪いものと考えられる。 ノイズの問題は標本を大きくすることで軽くすることができるが、偏った標本ではそのように簡単に解決できない。 (複数の統計調査結果をまとめてさらに解析すること)はうまく用いれば、単独ではノイズを含む調査からよりよいデータを引き出すことができるが、偏りのある調査ばかり用いてメタアナリシスをしても偏りは減らせない。 このような偏りを減らすには、適切なの手法を、個別分野の知識に基づいて利用する必要がある。 推定量の偏り [ ] これは、実際に推定しようとしている量とは違うような値をもつをとして使ってしまうことをいう。 逆にこの平均値が推定しようとしている量に等しい場合には、 不偏推定量という。 例えば X 1,... それでも母分散の不偏推定量の平方根は母標準偏差の不偏推定量ではない。 非線形 f と母数 p の不偏推定量 U に対しては f U は普通 f p の不偏推定量ではないからである。 偏りのある推定量が不偏推定量よりもよいという極端な例に、次のようなものがある。 X の観察値が100とすると、推定量は1となるが、推定する本当の量は明らかに0に近く、これは反対の極端である。 さらにXの観察値が101とすると推定量は-1となってしまうが、推定する量は正でなければならないはずである。 最尤推定量の偏りはかなり大きくなるおそれがある。 例えば、1 から n まで番号を打った n 枚のカードを箱に入れた場合を考える。 ランダムに1枚を取り出したところ、番号は X だったとしよう。 この場合、自然な不偏推定量は 2 X-1 である。 関連項目 [ ]•

次の