ネメシス デッキ 遊戯王。 ネメシス デッキ【エレメントセイバー】

遊戯王カードWiki

ネメシス デッキ 遊戯王

テーマ特徴 テーマの特徴を挙げると以下の通りです。 ・異形の人型やドラゴンのテーマである ・属性や種族がバラバラでそのことに意義がある ・下級は除外ゾーンの、上級は墓地のモンスターを利用して展開していく ・属性や種族が偏っている相手に対するメタ性能が高い ・そうだ、私がセイヴィアー、あなたを産み直してあげる。 新しい世界で、新しいセイヴィアーと世界を導くのだわ!いい考えだと思わなくて? そうしたら古いセイヴィアーは、一本ずつ順番に手足をもいで花瓶に飾りましょう。 心配しなくてもいいのよ、毎日抱きしめてあげるわ。 うふふ、あはははは、あはははははははは!! 見た目は下級のネメシスと上級のネメシスで大きく分かれています。 下級のネメシスはケンタウロスや鳥人のような人型からやや離れたような姿をしており また頭部にあたる部分が青い球体となっています。 上級のアークネメシスはドラゴンをやや異形にしたようなデザインですね。 下級ネメシスと11レベルネメシスでそれぞれ違う展開条件 まず下級のネメシスは除外ゾーンのモンスターをデッキに戻す事で特殊召喚が可能になっています。 通常召喚も可能ですが除外されているモンスターがいれば より素早く展開が出来るようになるでしょう。 逆にレベル11のネメシスは墓地かフィールドから プロートスは属性の違う3体のモンスターを、エスカトスは種族の違う3体のモンスターを それぞれ除外する事で手札から特殊召喚が可能になっています。 このためまずはレベル11のネメシスを特殊召喚する為の墓地コストを確保しつつ その除外されたモンスターを逆に下級のネメシスの展開の為に使うという形になってきます。 鍵となってくるのはいかにレベル11のネメシスを特殊召喚する為に 墓地やフィールドにコストとなるモンスターを確保できるかになるでしょう。 下級のネメシスは他のネメシスを手札に加える効果を持っており アドバンテージこそ確保しやすいですが除外されたモンスターが無ければ展開力は高くなく そのあたりをフォローする手段が重要になってきます。 展開力に長けた他のモンスターを出張させたり連続リンクをするなど 素早く墓地を肥やす手段を確保しておくのがいいでしょう。 属性や種族を統一している相手に手痛い罰を このテーマの特筆すべき点は何といっても アークネメシス・プロートスとアークネメシス・エスカトスがそれぞれ持つ 指定した属性、もしくは種族を全て破壊し一定ターンその特殊召喚を封じる効果でしょう。 属性、もしくは種族を統一しているテーマにとってはまさに天敵そのものであり フィールドのモンスターを根こそぎ破壊されてしまうばかりか 1ターンの間、ほとんど展開する事もできなくなります。 もし毎ターン効果を発動する事が出来ればそれだけで大勢が決するといっても過言ではありません。 種族も属性もバラバラというデッキはそう数が多くない為 大抵のデッキにはどちらかはぶっ刺さってくれるでしょう。 これらの効果は自分にも影響が出てしまいますが 特殊召喚封じの方は次の自分ターンには効果が切れてる為そこまで影響はなく 元々属性も種族もバラバラのテーマなため破壊の被害も最小限に抑える事が可能です。 肝心のアークネメシス・プロートスとアークネメシス・エスカトスも効果破壊耐性を持っている為 自分を巻き込むような属性や種族の宣言も問題なく行えます。 展開の仕方こそ少々クセのあるデッキではあるものの ひとたびアークネメシス達を展開して効果を発動する事が出来れば 一気に相手の動きを制限する事ができるでしょう。 刺さる相手には本当に刺さるテーマです。 手札・デッキからレベル2以下の通常モンスター1体を守備表示で特殊召喚する。 デッキからレベル2以下の通常モンスターを特殊召喚できるカードです。 このカードで属性や種族が違う通常モンスターを特殊召喚しつつ 同様のリンクモンスターに繋げる事で アークネメシス・プロートスやアークネメシス・エスカトスの召喚条件をスムーズに満たせます。 デッキからモンスターを特殊召喚出来る効果を持ったカードは多数存在しますが このカードは召喚しただけでOKでかつ属性も種族も違うカードを出しやすいのがポイントです。 同様にネオスペース・コネクターも属性も種族も違うカードをデッキから特殊召喚可能です。 DNA移植手術 永続罠 発動時に1種類の属性を宣言する。 このカードがフィールド上に存在する限り、 フィールド上の全ての表側表示モンスターは自分が宣言した属性になる。 場のモンスター全てを指定した属性に変更する永続罠です。 アークネメシス・プロートスやアークネメシス・エスカトスの効果は フィールドに存在するモンスターの属性や種族しか指定できない為 相手としては特殊召喚を封じられないように 該当するモンスターをフィールドに残さないという戦術を取る事ができますが このカードでアークネメシス・プロートスをその属性に変更してしまう事で 自分自身を指定して問答無用で効果を発動する事が可能となります。 また逆に属性がバラバラのデッキ相手でもこの効果で属性を統一してしまう事で 全てのモンスターを破壊してしまう事が出来るのでこちらの場合も有用です。 同様に種族を変更できるDNA改造手術を使えばアークネメシス・エスカトスで同じことができます。 カードリスト.

次の

時代の終わりを告げし者「ネメシス」デッキ紹介

ネメシス デッキ 遊戯王

ネメシスデッキレシピ メイン モンスター ネメシス・フラッグ 3 ネメシス・コリドー 3 ネメシス・アンブレラ 3 アークネメシス・エスカトス 2 アークネメシス・プロートス 1 D-HERO ディアボリックガイ 3 V・HERO ヴァイオン 3 E・HERO エアーマン 2 灰流うらら 2 増殖するG 3 ブラック・マジシャン 1 真紅眼の黒竜 1 海亀壊獣ガメシエル 2 エフェクト・ヴェーラー 3 魔法 ヒーローアライブ 2 増援 1 おろかな埋葬 1 真紅眼融合 1 星義の執行者 1 墓穴の指名者 3 エクストラ 超魔導竜騎士-ドラグーン・オブ・レッドアイズ 1 超雷龍-サンダー・ドラゴン 1 ヴァレルエンド・ドラゴン 1 双穹の騎士アストラム 1 ヴァレルソード・ドラゴン 1 召命の神弓-アポロウーサ 1 トロイメア・フェニックス 1 トロイメア・ケルベロス 1 星杯神楽イヴ 1 セキュリティ・ドラゴン 1 リプロドクス 3 I:Pマスカレーナ 1 捕食植物ヴェルテ・アナコンダ 1 簡単なデッキ紹介 基本的な動きはD-HEROディアボリックガイとネメシス下級モンスターで展開していき、大型リンクモンスターや融合モンスターにアークネメシスモンスターで盤面を制圧していきます デッキの展開・回し方 ディアボリックガイを落としてから展開開始 ネメシスデッキの展開の要となる下級ネメシスモンスターの1の効果による特殊召喚には除外されているモンスターが必要となります。 その除外されているモンスターに最適なのがD-HEROディアボリックガイです。 ディアボリックガイは墓地にいる際、除外することでデッキから同名カードをリクルートできリンク素材として優秀です。 ディアボリックガイを落とす手段も召喚時にHEROモンスアーをデッキから落とせるV・HERO ヴァイオンを採用しています。 そのヴァイオンをサーチする手段としてライフコストを必要としますがヒーローアライブからのE・HEROエアーマンをリクルートし、エアーマンの効果でヴァイオンをサーチできます。 また下級ネメシスモンスターは1の効果での特殊召喚時に、除外しているモンスターをデッキに戻すのでディアボリックガイの弾切れを防いでくれます。 1 :「ネメシス・コリドー」以外の除外されている自分のモンスター1体を対象として発動できる。 このカードを手札から特殊召喚し、対象のモンスターをデッキに戻す。 2 :「ネメシス・コリドー」以外の除外されている 自分の「ネメシス」モンスター1体を対象として発動できる。 そのモンスターを手札に加える。 ネメシス・コリドー1枚で超雷龍-サンダー・ドラゴンを召喚 超雷龍-サンダー・ドラゴンは雷族モンスターの効果が手札で発動したターンに融合モンスター以外の雷族をリリースすることでエクストラデッキから特殊召喚できます。 相手のサーチを妨害し場持ちの良いモンスターです。 その超雷龍-サンダー・ドラゴンをネメシス・コリドー1枚で特殊召喚できます。 ネメシス・コリドーの1の効果は手札で発動しており、当たり前ですが雷族であるため、リリース対象です。 なのでネメシス・コリドーを自身の効果で特殊召喚し、そのまま超雷龍-サンダー・ドラゴンの素材としてリリースして超雷龍-サンダー・ドラゴンを特殊召喚できます。 アークネメシスモンスターで場を制圧 アークネメシスモンスターはエスカトスが種族、プロートスが属性に対応した効果を持っており。 それぞれ特定の種族もしくは属性を宣言し、宣言した種族もしくは属性を持ったモンスターを破壊し、次の相手のターンまで宣言した種族もしくは属性を持ったモンスターの特殊召喚封じます。 このように強力な効果を持っていますが、エスカトスは墓地から種族の異なるモンスターを3体除外、プロートスは異なる属性のモンスターを除外することで特殊召喚できます。 これらの条件は一見厳しそうに見えますが、このデッキだと展開した後だと墓地にモンスターが溜まっているため、条件を容易に満たせます。 またアークネメシスモンスターの2の効果を達成しやすくするために、リプロドクスを採用しています。 リプロドクスはリンク先のモンスターの属性か種族を好きなものに変えることが出来ます。 リンク先も相手に向いているので、相手の場に異なる属性のモンスターが並んでいてもリプロドクスがいれば破壊できる可能性があります。 自分の墓地及び自分フィールドの表側表示モンスターの中から、 属性が異なるモンスター3体を除外した場合に特殊召喚できる。 このカード名の 2 の効果は1ターンに1度しか使用できない。 1 :フィールドのこのカードは効果では破壊されない。 2 :フィールドのモンスターの属性を1つ宣言して発動できる。 フィールドの宣言した属性のモンスターを全て破壊する。 次のターンの終了時まで、お互いに宣言した属性のモンスターを特殊召喚できない。 1 :以下の効果から1つを選択して発動できる。 このカードのリンク先の全ての表側表示モンスターの種族はターン終了時まで宣言した種族になる。 このカードのリンク先の全ての表側表示モンスターの属性はターン終了時まで宣言した属性になる。 手札2枚からリンク4と超雷龍を並べる 手札にネメシス・フラッグとV・HEROヴァイオンがあれば、リンク4と超雷龍-サン ダー・ドラゴンを簡単に並べることが出来ます。 展開例 最終盤面 リンク4(今回はヴァレルソード・ドラゴン)、超雷龍-サン ダー・ドラゴン 条件 手札にネメシス・フラッグとV・HEROヴァイオン各1枚 展開 ヴァイオンを召喚 ヴァイオンの効果でディアボリックガイをデッキから墓地に送る 墓地のディアボリックガイ自身の効果で自身を除外し、デッキからディアボリックガイをリクルート ネメシス・フラッグの効果で除外しているディヴボリックガイをデッキに戻し、ネメシス・フラッグを特殊召喚 ネメシス・フラッグの効果でデッキからネメシス・コリドーをサーチ ヴァイオンとディアボリックガイを素材にI:Pマスカレーナをリンク召喚 墓地のディアボリックガイ自身の効果で自身を除外し、デッキからディアボリックガイをリクルート ネメシス・コリドーの効果で除外しているディヴボリックガイをデッキに戻し、ネメシス・コリドーを特殊召喚 ディアボリックガイとI:Pマスカレーナとネメシス・フラッグを素材にヴァレルソード・ドラゴンをリンク召喚 ネメシス・コリドーをリリースし超雷龍-サン ダー・ドラゴンをエクストラデッキから特殊召喚.

次の

【遊戯王】デッキ紹介:テクニック編 ネメシスのために除外を作ろう!

ネメシス デッキ 遊戯王

自分の墓地及び自分フィールドの表側表示モンスターの中から、 属性が異なるモンスター3体を除外した場合に特殊召喚できる。 このカード名の 2 の効果は1ターンに1度しか使用できない。 1 :フィールドのこのカードは効果では破壊されない。 2 :フィールドのモンスターの属性を1つ宣言して発動できる。 フィールドの宣言した属性のモンスターを全て破壊する。 次のターン終了時まで、お互いに宣言した属性のモンスターを特殊召喚できない。 自分の墓地及び自分フィールドの表側表示モンスターの中から、 種族が異なるモンスター3体を除外した場合に特殊召喚できる。 このカード名の 2 の効果は1ターンに1度しか使用できない。 1 :フィールドのこのカードは効果では破壊されない。 2 :フィールドのモンスターの種族を1つ宣言して発動できる。 フィールドの宣言した種族のモンスターを全て破壊する。 次のターン終了時まで、お互いに宣言した種族のモンスターを特殊召喚できない。 1 :「ネメシス・フラッグ」以外の除外されている自分のモンスター1体を対象として発動できる。 このカードを手札から特殊召喚し、対象のモンスターをデッキに戻す。 2 :自分メインフェイズに発動できる。 デッキから「ネメシス・フラッグ」以外の「ネメシス」モンスター1体を手札に加える。 1 :「ネメシス・アンブレラ」以外の除外されている自分のモンスター1体を対象として発動できる。 このカードを手札から特殊召喚し、対象のモンスターをデッキに戻す。 2 :「ネメシス・アンブレラ」以外の自分の墓地の「ネメシス」モンスター1体を対象として発動できる。 そのモンスターを手札に加える。 1 :「ネメシス・コリドー」以外の除外されている自分のモンスター1体を対象として発動できる。 このカードを手札から特殊召喚し、対象のモンスターをデッキに戻す。 2 :「ネメシス・コリドー」以外の除外されている自分の「ネメシス」モンスター1体を対象として発動できる。 そのモンスターを手札に加える。 《星義の執行者》 速攻魔法 このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。 1 :自分の墓地のモンスター及び除外されている自分のモンスターの中から、「ネメシス」モンスター1体を対象として発動できる。 そのモンスターを特殊召喚する。 この効果で特殊召喚した元々のレベルが11以上のモンスターは、このターン効果を発動できない。 人間が神に働く無礼(ヒュブリス)に対する、神の憤りと罰の擬人化である。 ネメシスの語は元来は「義憤」の意であるが、よく「復讐」と間違えられる プロートスならこいつ単体でドラグーンのSS制限できるな プロートスで闇指定すれば自身と超雷とドラグーンは耐えてアナコンダは上手いこと処分できて相手のドラグーンに蓋できるね 悪夢みてえな布陣だ プロートス脚が立派でキモいな すごく好みだけどこれ単体で組むの難しそうだな ネメシスは何と組んだら相性いいだろ 種族属性バラけたテーマというとプランキッズとか空牙かな? 別に種族属性バラバラなテーマじゃなくても 手札誘発とかEXの汎用含めればどんなデッキでも出そうと思えば出せそう ネメシスはジェムナイトと混ぜてみたい 除外カードは滅茶苦茶貯まるし下級ネメシスが全部融合素材にできるし ジェムナイトの種族と同じだしなにか関係あるんかねネメシス.

次の