牛 かつ 専門 てん 詳細 京都 勝 牛。 京都勝牛~~

「吉祥寺ランチ」で食べ歩きした店名一覧(五十音順)

牛 かつ 専門 てん 詳細 京都 勝 牛

new• new• new• 「ガッツリしているのにアッサリ」、 焼肉ではなく、ステーキでもない。 牛肉の新しい価値が人気の秘訣となっています。 肉厚な牛カツをミディアムレアで提供。 柔らかくサクッと 揚がったカツはたっぷりのわさびと醤油で食べるのが『勝牛』流。 京素材・国産素材にこだわったバリエーション豊富なメニュー を取り揃えております。 京素材・国産素材にこだわった牛カツ御膳のバリエーションや一食に対する食べ方の楽しみ方・ストーリーが魅力です。 平均客単価1200円から1400円 男女比率75%:25%です。 お待たせする事なく、お客様へご提供可能です。 ランチ需要の高い立地・高回転のできる立地を得意とする作業の流れとなっています。 居抜き物件なら1年半、新規OPENでも2年半の回収も可能に。 部位毎に揚げる秒数まで決まっており、飲食業未経験の方でも簡単に取り組む事が可能です。 誰もがスピーディーに、そして安定した料理が提供できるノウハウのによって、高回転率=高い収益へとつなげています。 開発ミーティングから試作、そしてネーミングに至るまで、徹底的に拘り抜いたメニューによって、「お客様が満足の出来るメニュー作り」の充実を日々行っています。 」 飲食を知り尽くした設計チームが、魅力ある店舗設計を全国どこでもサポートします。 ブランドイメージの確立や立地条件に応じたお店づくりをしながらも、「お客様が、居心地のいい店舗作り」を大切にしています。 路面店のみならずフードコートなど多種多様な場所に対応可能です。 牛カツ専門店『京都 勝牛』フランチャイズについて•

次の

牛カツ京都勝牛 秋葉原店

牛 かつ 専門 てん 詳細 京都 勝 牛

大きな牛カツの写真が目印 お店で提供されるお肉は全て北海道産の生の牛肉を使用している【牛かついち華】。 北海道では珍しい牛カツが食べられるお店です。 【牛かついち華】では揚げ時間60秒という素材を活かした調理法をとっているそう。 中でも一番の自慢は『牛フィレカツ』。 黒毛和牛のフィレ肉を使い、北海道で獲れた山わさびを添えて提供しています。 サクッとした食感に柔らかい牛肉の甘み、ピリッと香り豊かな山わさびのコラボレーションがなんとも言えない美味しさです。 また、店内は和を基調としたとても落ち着きのある空間。 カウンター席もあるため、女性一人で来店されるお客様も多いんだとか。 最寄駅 JR学園都市線 新琴似駅 徒歩3分 市営地下鉄南北線 麻生駅 徒歩5分 アクセス 麻生駅1番出口より徒歩5分。 出口左手に直進、横断歩道を1つ渡った左手にあります。 麻生タウンハウス1階。 住所 北海道札幌市北区新琴似八条1-1-46 営業時間 11:00~21:00 定休日 不定休 お支払い情報 平均予算 【通常】 1350円 設備情報 キャパシティ 30人 宴会・パーティー時 着席:30人 駐車場 あり 詳細情報 こだわり•

次の

京都勝牛 奈良柏木

牛 かつ 専門 てん 詳細 京都 勝 牛

new• new• new• 「ガッツリしているのにアッサリ」、 焼肉ではなく、ステーキでもない。 牛肉の新しい価値が人気の秘訣となっています。 肉厚な牛カツをミディアムレアで提供。 柔らかくサクッと 揚がったカツはたっぷりのわさびと醤油で食べるのが『勝牛』流。 京素材・国産素材にこだわったバリエーション豊富なメニュー を取り揃えております。 京素材・国産素材にこだわった牛カツ御膳のバリエーションや一食に対する食べ方の楽しみ方・ストーリーが魅力です。 平均客単価1200円から1400円 男女比率75%:25%です。 お待たせする事なく、お客様へご提供可能です。 ランチ需要の高い立地・高回転のできる立地を得意とする作業の流れとなっています。 居抜き物件なら1年半、新規OPENでも2年半の回収も可能に。 部位毎に揚げる秒数まで決まっており、飲食業未経験の方でも簡単に取り組む事が可能です。 誰もがスピーディーに、そして安定した料理が提供できるノウハウのによって、高回転率=高い収益へとつなげています。 開発ミーティングから試作、そしてネーミングに至るまで、徹底的に拘り抜いたメニューによって、「お客様が満足の出来るメニュー作り」の充実を日々行っています。 」 飲食を知り尽くした設計チームが、魅力ある店舗設計を全国どこでもサポートします。 ブランドイメージの確立や立地条件に応じたお店づくりをしながらも、「お客様が、居心地のいい店舗作り」を大切にしています。 路面店のみならずフードコートなど多種多様な場所に対応可能です。 牛カツ専門店『京都 勝牛』フランチャイズについて•

次の