鳥取 県 コロナ ウィルス。 感染・検査・相談動向/新型コロナウイルス感染症特設サイト/とりネット

鳥取市のコロナ感染60代男性はどこの誰でイオンの店員?感染経路や病院の場所は?

鳥取 県 コロナ ウィルス

1-1 移行期間 5月25日~7月31日 における本県の段階的緩和の方針 県境を越える移動、観光、クラスター発生施設、イベント 5月26日掲載、6月30日修正 のページをご覧ください。 1-2 6月19日以降の 県外との往来について 6月30日修正• 政府のに基づき、6月19日以降、 県境を越える移動は全国で可能になりましたが、以下の事項をご確認ください。 を守って、県内外への外出も含め、にあたりましょう。 鳥取県では、県外との往来に注意すべき地域を「」として、また、特に注意すべき地域を「」として県民の皆様に注意喚起しています。 このような地域との往来に当たっては、流行状況や各自治体が出す情報などを確認し、、距離が取れない場合のなど予防に努め、十分に注意してください。 1-3 県内の外出について 5月29日掲載、6月17日修正• を守って、県内外への外出も含め、にあたりましょう。 県内では、 参考:「」 、「」のステッカーも参考にし、みんなで、、、、などを利用し、応援しましょう。 1-4 病気と闘っている患者さんやご家族、し、県外ナンバー車などへの親切心を県民の誇りとしましょう。 5月29日掲載 1-5 ~ 気を緩めずに、みんなで感染拡大防止~ 5月15日掲載• 鳥取県の緊急事態宣言の解除は「終わり」ではなく、新型コロナウイルスとの闘いの第二章の「始まり」です。 気を緩めれば感染拡大を起こしかねません。 みんなでを定着させ、や拡大防止に取り組みましょう。 次の波に備えて、鳥取県としてもなど、さらに進めてまいります。 1-6 新型コロナ克服3カ条 5月29日修正• 3カ条を守って、一人ひとりが、拡大防止、に取り組みましょう。 していきましょう。 出典:NHK 2020年3月30日• 政府の PDF:400KB も参考にしてください。 政府専門家会議「新型コロナウイルス感染症対策の状況分析・提言 2020年5月4日 」 1-8 風邪症状や発熱、味覚・嗅覚に違和感が出たら、 外出は控え、まず、にご相談ください。 5月26日修正• 発熱、風邪の症状がある場合は、行事等に参加せず、無理せず自宅療養しましょう。 発症した時のため、誰とどこで会ったかをメモしておきましょう。 相談センターの連絡先は、チラシ「新型コロナウイルス感染症に注意しましょう!! 」 2020年5月8日時点版 をご覧ください。 、 1-9 医療機関を受診したいと思ったときは、 事前に電話して指示に従うようにしましょう。 取り急ぎかかりつけ医を受診する場合でも、 地域の医療機関を守るために、必ず事前に電話してから受診してください。 突然医療機関を受診され、医師、看護師、来院者が感染した場合、医療機関の閉鎖につながり、日頃の治療が受けられなくなるおそれがあります。 1-10 2020年5月25日の政府の緊急事態解除宣言発出後の、及びにおいて、都道府県をまたぐ移動等の制限が求められています。 この政府の方針を踏まえ、当県では以下の方針としていますので、ご注意ください。 6月19日以降、 県境を越える移動は全国で可能になりましたが、以下の お願い事項をご確認ください。 【終了】 6月 1日~18日 北海道、埼玉県、千葉県、東京都及び神奈川県との間の不要不急の移動は慎重に検討してください。 【終了】 5月25日~31日 不要不急の県をまたぐ移動は避けてください。 現在感染が拡大している地域から鳥取県にお越しの皆様は、 感染している可能性も意識して、「」 密閉空間、密集した場所、密接した会話 を避け、など予防に努め、慎重な行動をお願いします。 【終了】 旧特定警戒都道府県から緊急事態宣言解除前に鳥取県へお越しの皆様は、 来県後14日間、やむを得ない場合を除き居宅・居所からの外出をお控えください。 動画3分 新型コロナウイルスについての正しい情報、予防のための対策を、鳥取大学医学部ウイルス学分野の景山教授がわかりやすく説明します。 東部地区 鳥取市保健所内 の電話番号• 上記の時間以外 0857-22-8111 動画1分30秒 新型コロナウイルスの感染を予防するために、正しい手の洗い方について、動画でわかりやすく紹介しています。 動画3分14秒 新型コロナウイルスに対する、鳥取県内の検査体制、感染した場合の受け入れ体制について、動画でわかりやすく紹介しています。 その他の感染症予防に関する動画 のページをご覧ください。 7月15日、17日 6月22日~7月31日 6月22日 開始 6月19日~ 6月19日 自分と大切な人を守るために、 6月17日 6月17日 、発足 6月15日~7月31日 6月12日~ とっとり券販売:~7月10日、店舗申込:~6月30日 6月10日 鳥取県観光連盟、外部リンク 6月 9日 6月 8日 6月 6日~7月12日 で事業者を応援! 6月 5日 6月 4日 6月 3日 の運用開始 6月 3日 鳥取県新型コロナウイルス感染症対策行動計画改正。 運用開始 6月 3日 6月 3日 6月 3日 6月 3日 6月 2日 を公開 6月 1日 を設置。 5月29日修正 初出:5月7日 チラシ 5月28日 のページを開設。 、県版ガイドライン 、全国組織のガイドライン等をまとめました。 5月28日 を開設 5月20日 5月15日 5月11日 4月22日 2020年4月22日 政府専門家会議提言 4月15日 首相官邸 のためにマスクを着用する機会が増えていますが、気温が上がる季節には、するために、適切な場面・場所でマスクをはずして休憩するなど、マスクを「つける時」と「はずす時」のタイミングを知っておくことが大切です。 マスクを「つける時」• 対面での会話や屋内の人が集まるところ• マスクをつける場合は、負荷のかかる作業や運動を避け、周囲の人との距離を十分にとった上で、適宜マスクをはずして休憩を マスクを「はずす時」• 屋外で人と十分な距離 2m以上 を確保できる場合 【例】 ・田畑での農作業 ・散歩やウォーキング、自転車 ・グラウンド・ゴルフなどの屋外スポーツ ・集落などでの奉仕作業• 2歳未満の子ども 身体への負担や窒息などの危険性がありますので、着用しないでください。 発表 【会見資料抜粋】 参考 Automatic machine translation is used in this site. No responsibility whatsoever is taken concerning the results of using this translation service. Click the language button on top of this page to begin automatic translation.

次の

フリーランス、個人事業主の新型コロナウイルス関連助成金、補助金について

鳥取 県 コロナ ウィルス

支援内容についてまとめています 78ページあり、資金繰り・設備投資・販路拡大・経営環境の整備について各省庁などの情報をまとめています 内容ごとの連絡先も書かれています• 新型コロナウイルス感染症の影響により、売上が前年同月比で50%以上減少している者。 資本金10億円以上の大企業を除き、中堅企業、中小企業、小規模事業者、フリーランスを含む個人事業者を広く対象とします。 また、医療法人、農業法人、NPO法人、社会福祉法人など、会社以外の法人についても幅広く対象となります。 給付対象者• いずれか1カ月の売上高が前年同月比で50%以上減少• 連続する3ヶ月の売上高が前年同期比で30%以上減少 中堅企業、中小企業、小規模事業者、個人事業者等であって、5月~12月において以下のいずれかに該当する者に、給付金を支給。 給付額 申請時の直近の支払家賃(月額)に基づき算出される給付額(月額)の 6倍(6カ月分)を支給。 対象業種• 新型コロナウイルス感染症の影響を受ける事業主(全業種)• 最近1か月間の売り上げや生産量が1年前の同じ月に比べ5%以上減少• 助成率• 短期間休業• 部署や部門ごとの短時間休業が可能• 職種や仕事の種類に応じた短時間休業が可能• 教育訓練を実施したときの加算• 大企業1800円、中小企業2400円• 2月27日~9月30日(日額8,330円上限)• ただし4月1日以降に取得した休暇等においては、日額上限額を15,000円に引き上げます• 新型コロナウイルス感染症に関する対応として、ガイドラインなどに基づき、臨時休業などをした小学校などに通う子ども• 妊娠中の女性労働者が取得できる有給の休暇制度を助成• 有給休暇計5日以上20日未満:25万円、以降20日ごとに15万円加算(上限100万円)• 対象資金:経営安定資金• 保証割合:100%保証• 普通保証2億円 無担保保証8,000万円 「経営安定関連保証(セーフティネット保証)」や「危機関連保証」が適用されるのは、各要件に該当する中小企業・小規模事業者です(新型コロナウイルス感染症により影響を受けている方も含む)。 民間金融機関での実質無利子・無担保・据置最大5年・保証料減免の融資の開始• セーフティネット保証・危機関連保証の認定書に係る有効期限の延長• 本制度に基づく融資に関しては、金融機関を一元的窓口としてワンストップで効率的、迅速に各種手続きを行うことで、迅速な融資実行を推進します。 本制度は、5月1日より順次各都道府県等にて開始• 最近1ヵ月の売上高が前年または前々年の同期と比較して5%以上減少している方• 業歴3ヵ月以上1年1ヵ月未満の場合等は、最近1ヵ月の売上高が次のいずれかと比較して5%以上減少している方 (1)過去3ヵ月(最近1ヵ月を含みます。 )の平均売上高 (2)令和元年12月の売上高 (3)令和元年10月から12月の平均売上高• 新型コロナウイルス感染症の影響に伴う社会的要因等により必要とする設備資金および運転資金• 融資限度額 6,000万円(別枠)• 利率(年):基準利率 ただし、3,000万円を限度として融資後3年目までは基準利率-0. 9% 注 、4年目以降は基準利率• ご返済期間 設備資金:20年以内(うち据置期間5年以内) 運転資金:15年以内(うち据置期間5年以内)• 最近1ヵ月の売上高が前年または前々年同期に比し5%以上減少していることまたはこれと同様の状況にあること• 中長期的にみて、業況が回復し、かつ、発展することが見込まれること• 資金のお使いみち 新型コロナウイルス感染症の影響に伴う社会的要因等により必要とする設備資金および長期運転資金• 融資限度額:直接貸付 3億円(別枠)• 利率(年):基準利率 ただし、1億円を限度として融資後3年目までは基準利率-0. 9% 注2 、4年目以降は基準利率• ご返済期間 設備資金 20年以内(うち据置期間5年以内) 運転資金 15年以内(うち据置期間5年以内)• 担保等:無担保 5年経過ごと金利見直し制度を選択できます。 融資限度額 2,000万円+ 別枠1,000万円• 利率 【当初3年間】 特別利率F - 0. 9%(別枠の1,000万円以内) 【4年目以降】 特別利率F• 最近1ヵ月の売上高が前年または前々年の同期と比較して 5%以上減少している方• 業歴3ヵ月以上1年1ヵ月未満の場合は、最近1ヵ月の売上高が次のいずれかと比較して 5%以上減少している方 (1)過去3ヵ月(最近1ヵ月を含みます。 )の平均売上高 (2)令和元年12月の売上高 (3)令和元年10月から12月の平均売上高• 資金のお使いみち:新型コロナウイルス感染症の影響に伴う社会的要因等により必要とする設備資金および運転資金• 融資限度額:6,000万円(別枠)• 利率(年):基準利率 ただし、3,000万円を限度として融資後3年目までは基準利率-0. 9%(注)、4年目以降は基準利率• ご返済期間: 設備資金 20年以内(うち据置期間5年以内) 運転資金 15年以内(うち据置期間5年以内)• 担保:無担保• 一部の対象者については、基準利率-0. 9%の部分に対して別途決定される実施機関から利子補給され、当初3年間が実質無利子となります• 振興計画認定組合の組合員の方は、振興計画認定組合の長(組合の長から委任を受けた支部長および理事を含みます。 )が発行する「振興事業に係る資金証明書」、組合員以外の方で設備資金をご利用の場合は都道府県知事の「推せん書」(借入申込金額が500万円以下の場合は不要)が必要• 融資限度額:2,000万円+別枠1,000万円• 利率: 【当初3年間】特別利率F-0. 9%(別枠の1,000万円以内) 【4年目以降】特別利率F 詳しくはHPをご覧ください 2 一部の対象者については、特別利率F-0. 9%の部分に対して別途決定される実施機関から利子補給され、当初3年間が実質無利子となります。 次のいずれかに該当し、かつ、今後も売上高減少が見込まれること (1)最近1ヵ月の売上高が前年または前々年の同期に比較して 10%以上減少していること (2)業歴3ヵ月以上1年未満の場合は、最近1ヵ月の売上高が過去3ヵ月(最近1ヵ月を含みます。 )の売上高の平均額に比較して 10%以上減少していること• 中長期的に業況が回復し発展することが見込まれること• 資金のお使いみち:一時的な業況悪化により支障を来している生活衛生関係営業者の経営を安定させるために必要な運転資金• 融資限度額: 【旅館業】別枠3,000万円 【飲食店営業および喫茶店営業】別枠1,000万円• ご返済期間: 7年以内<うち据置期間2年以内>• 利率(年):[基準利率] ただし、振興計画の認定を受けた生活衛生同業組合の組合員の方は、[特別利率C] (HPを参照ください)• お取扱期間:令和2年2月21日から令和2年8月31日まで• お申込みに必要な書類 ご利用にあたっては、「新型コロナウイルス感染症の発生による影響に関する確認資料」のほかに、振興計画の認定を受けた生活衛生同業組合の組合員の方については、生活衛生同業組合の長(注)が発行する「振興事業に係る資金証明書」が必要 その他新創業融資制度および振興事業促進支援融資制度は適用できません。 融資限度額 :4,800万円• 利率(年):[基準利率参照]• ご返済期間:設備資金 15年以内(うち据置期間3年以内)• 資金のお使いみち:社会的な要因などにより企業維持上緊急に必要な設備資金及び経営基盤の強化を図るために必要な長期運転資金• 融資限度額 :直接貸付 7億2千万円• <ご返済期間>• 設備資金 15年以内(うち据置期間3年以内)• 資本性劣後ローン (7月1日から事前相談開始。 システム構築後の8月上旬制度開始予定。 ) 日本公庫及び商工中金等において、新型コロナウイルス感染症の影響により、キャッシュフローが不足するスタートアップ企業や一時的に財務状況が悪化し企業再建に取り組む持続可能な企業に対して、長期間元本返済がなく、民間金融機関が自己資本とみなすことができる資本性劣後ローンを供給することで、民間金融機関や投資家からの円滑な金融支援を促しつつ、事業の成長・継続を支援• 中小企業経営力強化支援ファンド(再掲) 地域の核となる事業者が倒産・廃業することがないよう、官民連携のファンドを通じた出資・経営改善等により、事業の再生とその後の企業価値の向上をサポートするなど、成長を全面的に後押し• 商工中金所定の利率が日本公庫の基準金利を上回る場合は、残高3億円までの全額について、お借入期間中にわたり、日本公庫の基準利率までの利子補給があります。 残高1億円まで、当初3年間は0. 9%の利子補給があり、0. (4年目以降はこの利子補給はありません。 ) 貸出限度 元高:20億円以内 残高:3億円以内 利子補給の残高限度は、日本政策投資銀行等との合算運用となります 元高とは貸出額の累計です。 貸出限度額は日本政策投資銀行等との合算運用となります。 (4年目以降はこの利子補給はありません。 このたび新型コロナウイルス感染症の影響を受けている契約者の皆様に、以下の特例措置を講じています。 共済金の償還(返済)期日の繰下げ• 一時貸付金の返済猶予• 特例緊急経営安定貸付けの実施• 契約者貸付けの延滞利子の免除• 掛金の納付期限の延長等• 詳しくは、こちらをご覧ください。 新型コロナウイルスの影響により、令和2年2月以降の任意の期間(1か月以上)において、事業等に係る収入が前年同期に比べて概ね20%以上減少していること• 補助対象者 1. 小規模事業者であること。 商業・サービス業(宿泊業・娯楽業除く) 常時使用する従業員の数 5人以下 サービス業のうち宿泊業・娯楽業 常時使用する従業員の数 20人以下 製造業その他 常時使用する従業員の数 20人以下 2. 小規模事業者等であり、補助対象経費の6分の1以上が、下記要件 A〜C いずれかに合致する投資であること。 テレワーク用通信機器の導入・運用• 就業規則・労使協定等の作成・変更• 労務管理担当者に対する研修• 労働者に対する研修、周知・啓発• 外部専門家(社会保険労務士など)によるコンサルティング 対象経費: 謝金、旅費、借損料、会議費、雑役務費、印刷製本費、 備品費、機械装置等購入費、 委託費 支給対象となる取組の実施に要した経費の一部を、目標達成状況に応じて支給 成果目標の達成状況• 達成 補助率 3/4 1人当たりの上限額 40万円 1企業当たりの上限額 300万円• 新型コロナウイルス感染症対策のため、当面の間は、Web会議・電話での相談を実施• 相談実施期間:2020年4月1日~2021年3月31日• 費用:コンサルティング費用は無料、通信料は利用者負担• 対象 :大企業・中小企業等• 補助対象経費:建物・設備の導入費 等• サプライチェーンの分断リスクを低減し、持続可能で責任ある供給体制を確立するとともに、日ASEAN経済産業協力関係を強化することを目的とする• 具体的には• 海外サプライチェーン多元化等に資する設備導入補助事業• 海外サプライチェーン多元化等に資する実証事業• 海外サプライチェーン多元化等に資する実現可能性調査• 補助対象:企業によるASEAN諸国等への設備投資・実証事業・事業実施可能性調査• 事業型 中小企業が、地域産品・サービスの磨き上げによる海外展開や全国展開、新たな観光需要の獲得に関する取組(新商品・サービス開発・ブランディング等)を行うとき、その経費の一部を補助• サプライチェーンの分断リスクを低減し、持続可能で責任ある供給体制を確立するとともに、日ASEAN経済産業協力関係を強化することを目的とする• 支援型 民間支援事業者や地域の支援機関などが、複数の中小企業者に対して、地域の産品・サービスの磨き上げによる海外展開や全国展開、新たな観光需要の獲得に関する支援を行うとき、その経費の一部を補助• 申請方法 電子申請(Jグランツ)または郵送にて受付を行います。 「在留資格認定証明書」の有効期間延長 日本に入国することができない場合、「在留資格認定証明書」の有効期間について、通常は「3か月間」有効であるところ、当面の間、「6か月間」有効なものとしています。 この変更により、在留資格認定証明書に記載の日から6か月が過ぎるまで、ビザや上陸の申請に使うことができるようになります。 技能実習生の在留資格変更手続き• 本国への帰国が困難な場合、「特定活動(6か月・就労可)」又は「特定活動(6か月)・就労不可」への在留資格変更が可能です。 試験の取りやめなどで、技能実習の次の段階 2号又は3号 へ移行できない場合、「特定活動 4か月・就労可 」への在留資格変更が可能です。 技能実習2号を修了後、特定技能1号への移行に時間がかかる場合、「特定活動 4か月・就労可 」への在留資格変更が可能です No. イベントの開催に必要な経費• イベントの開催に係る広告宣伝に必要な経費• PRキャラバンの実施に必要な経費• 新聞、雑誌等の広告に必要な経費• その他、補助事業を実施するために必要と県が認める経費• 補助率:4分の3• テイクアウト、デリバリー、移動販売、配達請負い などの業態導入• 商品やメニュー、サービス等のPR• 経済回復後に向けたメニューやサービスの開発や研究• 従業員研修実施(おもてなし、外国語研修等)• 感染対策のための店舗洗浄・改装• 交付は1事業者1回とし、複数店舗ある場合は、運営する事業者への交付とします。 本支援事業と緊急応援補助金(経営危機克服型)を併用する場合は、両支援事業による支援額は上限 50万円となります。 事業の新規性、確実性、計画の妥当性• 食のみやこ鳥取県のPR効果、地域への波及効果• 新型コロナウイルス感染症への感染対策を講じているか• 県内飲食店等の需要回復、県産品の消費拡大につながるか 食のみやこ鳥取県づくり支援交付金• 一般枠・コンベンションPR枠・直売所連携魅力アップ枠(交付率1/2・上限200万円) 食のみやこ鳥取県のイメージアップのための情報発信やブランド化の推進、特産品開発、名物料理づくり等、食を切り口にした産業振興、地域振興に資する取組み• 通信環境整備費 (インターネット会議用カメラ・マイクの整備、インターネット回線の開設工事、無線ルーター開設等)• ホームページ等における販売サイトでの販売に係る経費• 商品サンプル・試供品製造に係る消耗品費、製造委託費• 商品サンプル・試供品用ラベル作成費、送料• 試供品製造に係る備品費• 商品チラシ作成費• 食品衛生管理に必要な消耗品及び備品費• 申請者:農林水産業者、農協、森林組合、漁協等• 仕切り用のアクリル板、シート、フィルム• その他衛生用品以外の物品を購入する経費 《衛生用品購入費》• 衛生用品(マスク、消毒液、ウェットティッシュ、除菌スプレー、ガーゼ、手洗い用洗剤、ゴム手袋)を購入する経費 《設置費》• 仕切板等を設置するために必要な経費 《その他、真に必要な経費》 <発生時拡大防止事業> 事業所内等で感染者が発生した場合の感染拡大防止に要する以下の経費 《委託費》• 事業所内等の消毒作業を外部業者に依頼して行うための経費 《消耗品費》• 自らが消毒作業を行う場合に必要な消耗品を購入する経費(消毒液、防護服、手袋等) 《その他、真に必要な経費》 補助率:4分の3 補助上限額:20万円 補助下限額 :10万円 利用回数 :対象者につき1回を限度とする 企業内感染症防止対策補助金 (体制整備型) <感染症体制整備事業> 感染症対策を目的としたシステム導入や売り方転換に必要なハード及びソフト整備等にかかる以下の経費 《システム導入費》• テレビ会議システム、eラーニングシステム、ネット通販システム等の導入(購入、設営、設定等の名称にかかわらずシステムの利用開始当初に必要な事項)に要する経費 《機器導入費》• 機械器具の導入(購入、設営、改修等)にかかる経費 《改修費》• 対象となる事業者 県内に以下のいずれかの店舗を有し、店舗の感染予防対策を実施する事業者 飲食店、宿泊施設、観光関係(旅行業、運輸業、お土産製造・販売など) 新型コロナウイルス感染症の感染拡大に伴う外出自粛等により、売上が前年同月比でおおむね3割減少した接客を伴う営業店舗• 補助の対象となる経費• 衛生用品購入費 マスク、フェイスシールド、ゴム手袋、消毒液、手洗い用洗剤等の衛生消耗品を購入する経費• 物品購入費、機器導入費 仕切り用のアクリル板、透明ビニールカーテン・シート、非接触型体温計の購入や、カード決済・電子マネー導入にかかる経費、その他衛生用品以外の物品購入、機器導入にかかる経費• 改修・修繕工事、委託費 パーテーション設置、換気設備設置(点検・クリーニング含む)、手洗い場設置・修繕、その他感染予防対策を実施するために必要な施設の改修、修繕にかかる経費• その他施設の感染予防対策に必要と認められる経費 令和2年4月1日以降に支払った以下の経費• 補助金額• 補助率:補助対象経費の9/10• 上限額:1事業者につき 20万円• 下限額なし• 複数店舗を有する事業者の場合、店舗数に関わらず40万円を上限とする• 補助金の利用は1事業者につき、1回まで• 補助対象経費: 本補助金の補助対象経費は、教育訓練の実施にかかるものであって、次に掲げる経費の合計額から支給を受けた雇用調整助成金の訓練費を控除した金額とする。 1 講師謝金 2 講師旅費 3 受講料 4 従業員旅費(外部機関が実施する教育訓練に参加する場合に限る。 ) 5 教材費 6 会場使用料 7 機器等使用料 8 オンラインによる教育訓練の実施に必要となるシステム導入費 9 パソコンその他備品の購入費 (注)(8)及び(9)の合計額は、75 万円を補助対象経費の上限とする。 補助率:3分の2以内• 補助金の限度額:1事業者あたり 100 万円• 新型コロナウイルス感染症の影響に伴う休業等により提出した雇用調整助成金の休業届実施計画に基づき実施される教育訓練であって、その支給決定を受けたものであること。 鳥取県内に有する事務所、事業所、工場、その他の事業用施設に従事する従業員に対し行う教育訓練であること。 従業員の知識、技能、技術の習得や向上を目的とした教育訓練であること。 令和2年度中に実施される教育訓練であること。 融資期間:10年以内(据置5年以内含む)• 融資利率:当初5年間0. 保証料率: 借入後10年間無料• 複数店舗合同のプレミアム商品券の発行• 複数店舗で使える特典クーポンの発行• 共同での新名物開発・統一ブランド作成発信• テイクアウトの受注システムの共同開発• スタンプラリー等店舗周遊の仕掛けづくり• 異業種店舗コラボによるキャンペーン• 中心市街地や商店街等での集客イベント• ドライブスルーでの商品販売フェア• 複数のライブハウスの連携イベント など• 支援者に、コロナ問題収束後に使ってもらえる「とっとり券」(利用券)を購入してもらう形式• 支援のお礼として、支援額の20%をプレミアムとして上乗せ(20%は鳥取県が負担)• 対象となる事業者 県内中小企業等の皆様(個人事業者の皆様を含む) 飲食業、宿泊業、観光業、小売業、運輸業、健康・美容サービス業など新型コロナウイルス感染症の拡大により経営上の影響を受けた業種を幅広く対象 個人で事業を行い、以下の条件を満たしていること。 県内を主たる拠点として個人事業を行い、令和元年確定申告を行っていること• 個人で行っている事業が申請者の主たる事業であること• 風俗営業法に規定する業種の事業でないこと• 雇用者保険被保険者でないこと• 県内を主たる拠点として個人事業を行い、令和元年確定申告を行っていること• 個人で行っている事業が申請者の主たる事業であること• 風俗営業法に規定する業種の事業でないこと• 雇用者保険被保険者でないこと• 対象となる事業者 県内中小企業等の皆様(個人事業者の皆様を含む) 飲食業、宿泊業、観光業、小売業、運輸業、健康・美容サービス業など新型コロナウイルス感染症の拡大により経営上の影響を受けた業種を幅広く対象• 応援金支給額 一事業者あたり10万円(鳥取県内に複数店舗を経営する場合は20万円)• 対象となる要件• 令和2年1月以降、新型コロナウイルス感染拡大等の影響により、事業収入(売上)が前年同月比で30%以上減少した月がある• 鳥取県内に事業所を持つ県内中小企業又は個人事業主である• 今後も事業を継続する意思がある• 補助金名:鳥取県産業成長応援補助金(一般投資支援)• 加算対象: ア 県内本社企業が新たに行う土地・建物の同時取得 【現行要件】 又は イ 地域経済に特に大きな影響を及ぼすものとして商工労働部長が指定する事象に対応する事業計画に基づく、商工労働部長が指定する資産の取得 【追加】• 補助率:15%(基本10%+加算5%)• 補助限度額:5億円• 雇用等要件 「雇用3名増」 又は 「付加価値増4%/年」のいずれかを満たすこと• その他 県内に拠点がある製造業が対象 固定資産 土地・建物・設備等 への投資額が3,000万円超であること 事業開始前に事業計画を県に提出し、認定を受けること 補助金は事業完了後、補助要件達成を確認してから支払うものであること• 指定事象:新型コロナウイルス感染症• 指定資産(投資内容) 自社で代替生産するための設備投資(国内回帰、内製化等) 他社から代替生産を要請され増産するための設備投資• 機材賃借型 補助率:10分の10 上限額:50万円 鳥取県内において芸術団体等が無観客公演等を行い、機材賃借や外部委託等により映像配信を行う事業• 機材導入型 補助率:10分の10 上限額:50万円 鳥取県内の施設等において無観客公演等を行い、映像配信をするために必要な機材等を購入し、その機材を使用して令和2年度中に県民に広く公開した形での映像配信を3回以上行う事業.

次の

鳥取)新型コロナ、高まる地方移住への機運 [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル

鳥取 県 コロナ ウィルス

支援内容についてまとめています 78ページあり、資金繰り・設備投資・販路拡大・経営環境の整備について各省庁などの情報をまとめています 内容ごとの連絡先も書かれています• 新型コロナウイルス感染症の影響により、売上が前年同月比で50%以上減少している者。 資本金10億円以上の大企業を除き、中堅企業、中小企業、小規模事業者、フリーランスを含む個人事業者を広く対象とします。 また、医療法人、農業法人、NPO法人、社会福祉法人など、会社以外の法人についても幅広く対象となります。 給付対象者• いずれか1カ月の売上高が前年同月比で50%以上減少• 連続する3ヶ月の売上高が前年同期比で30%以上減少 中堅企業、中小企業、小規模事業者、個人事業者等であって、5月~12月において以下のいずれかに該当する者に、給付金を支給。 給付額 申請時の直近の支払家賃(月額)に基づき算出される給付額(月額)の 6倍(6カ月分)を支給。 対象業種• 新型コロナウイルス感染症の影響を受ける事業主(全業種)• 最近1か月間の売り上げや生産量が1年前の同じ月に比べ5%以上減少• 助成率• 短期間休業• 部署や部門ごとの短時間休業が可能• 職種や仕事の種類に応じた短時間休業が可能• 教育訓練を実施したときの加算• 大企業1800円、中小企業2400円• 2月27日~9月30日(日額8,330円上限)• ただし4月1日以降に取得した休暇等においては、日額上限額を15,000円に引き上げます• 新型コロナウイルス感染症に関する対応として、ガイドラインなどに基づき、臨時休業などをした小学校などに通う子ども• 妊娠中の女性労働者が取得できる有給の休暇制度を助成• 有給休暇計5日以上20日未満:25万円、以降20日ごとに15万円加算(上限100万円)• 対象資金:経営安定資金• 保証割合:100%保証• 普通保証2億円 無担保保証8,000万円 「経営安定関連保証(セーフティネット保証)」や「危機関連保証」が適用されるのは、各要件に該当する中小企業・小規模事業者です(新型コロナウイルス感染症により影響を受けている方も含む)。 民間金融機関での実質無利子・無担保・据置最大5年・保証料減免の融資の開始• セーフティネット保証・危機関連保証の認定書に係る有効期限の延長• 本制度に基づく融資に関しては、金融機関を一元的窓口としてワンストップで効率的、迅速に各種手続きを行うことで、迅速な融資実行を推進します。 本制度は、5月1日より順次各都道府県等にて開始• 最近1ヵ月の売上高が前年または前々年の同期と比較して5%以上減少している方• 業歴3ヵ月以上1年1ヵ月未満の場合等は、最近1ヵ月の売上高が次のいずれかと比較して5%以上減少している方 (1)過去3ヵ月(最近1ヵ月を含みます。 )の平均売上高 (2)令和元年12月の売上高 (3)令和元年10月から12月の平均売上高• 新型コロナウイルス感染症の影響に伴う社会的要因等により必要とする設備資金および運転資金• 融資限度額 6,000万円(別枠)• 利率(年):基準利率 ただし、3,000万円を限度として融資後3年目までは基準利率-0. 9% 注 、4年目以降は基準利率• ご返済期間 設備資金:20年以内(うち据置期間5年以内) 運転資金:15年以内(うち据置期間5年以内)• 最近1ヵ月の売上高が前年または前々年同期に比し5%以上減少していることまたはこれと同様の状況にあること• 中長期的にみて、業況が回復し、かつ、発展することが見込まれること• 資金のお使いみち 新型コロナウイルス感染症の影響に伴う社会的要因等により必要とする設備資金および長期運転資金• 融資限度額:直接貸付 3億円(別枠)• 利率(年):基準利率 ただし、1億円を限度として融資後3年目までは基準利率-0. 9% 注2 、4年目以降は基準利率• ご返済期間 設備資金 20年以内(うち据置期間5年以内) 運転資金 15年以内(うち据置期間5年以内)• 担保等:無担保 5年経過ごと金利見直し制度を選択できます。 融資限度額 2,000万円+ 別枠1,000万円• 利率 【当初3年間】 特別利率F - 0. 9%(別枠の1,000万円以内) 【4年目以降】 特別利率F• 最近1ヵ月の売上高が前年または前々年の同期と比較して 5%以上減少している方• 業歴3ヵ月以上1年1ヵ月未満の場合は、最近1ヵ月の売上高が次のいずれかと比較して 5%以上減少している方 (1)過去3ヵ月(最近1ヵ月を含みます。 )の平均売上高 (2)令和元年12月の売上高 (3)令和元年10月から12月の平均売上高• 資金のお使いみち:新型コロナウイルス感染症の影響に伴う社会的要因等により必要とする設備資金および運転資金• 融資限度額:6,000万円(別枠)• 利率(年):基準利率 ただし、3,000万円を限度として融資後3年目までは基準利率-0. 9%(注)、4年目以降は基準利率• ご返済期間: 設備資金 20年以内(うち据置期間5年以内) 運転資金 15年以内(うち据置期間5年以内)• 担保:無担保• 一部の対象者については、基準利率-0. 9%の部分に対して別途決定される実施機関から利子補給され、当初3年間が実質無利子となります• 振興計画認定組合の組合員の方は、振興計画認定組合の長(組合の長から委任を受けた支部長および理事を含みます。 )が発行する「振興事業に係る資金証明書」、組合員以外の方で設備資金をご利用の場合は都道府県知事の「推せん書」(借入申込金額が500万円以下の場合は不要)が必要• 融資限度額:2,000万円+別枠1,000万円• 利率: 【当初3年間】特別利率F-0. 9%(別枠の1,000万円以内) 【4年目以降】特別利率F 詳しくはHPをご覧ください 2 一部の対象者については、特別利率F-0. 9%の部分に対して別途決定される実施機関から利子補給され、当初3年間が実質無利子となります。 次のいずれかに該当し、かつ、今後も売上高減少が見込まれること (1)最近1ヵ月の売上高が前年または前々年の同期に比較して 10%以上減少していること (2)業歴3ヵ月以上1年未満の場合は、最近1ヵ月の売上高が過去3ヵ月(最近1ヵ月を含みます。 )の売上高の平均額に比較して 10%以上減少していること• 中長期的に業況が回復し発展することが見込まれること• 資金のお使いみち:一時的な業況悪化により支障を来している生活衛生関係営業者の経営を安定させるために必要な運転資金• 融資限度額: 【旅館業】別枠3,000万円 【飲食店営業および喫茶店営業】別枠1,000万円• ご返済期間: 7年以内<うち据置期間2年以内>• 利率(年):[基準利率] ただし、振興計画の認定を受けた生活衛生同業組合の組合員の方は、[特別利率C] (HPを参照ください)• お取扱期間:令和2年2月21日から令和2年8月31日まで• お申込みに必要な書類 ご利用にあたっては、「新型コロナウイルス感染症の発生による影響に関する確認資料」のほかに、振興計画の認定を受けた生活衛生同業組合の組合員の方については、生活衛生同業組合の長(注)が発行する「振興事業に係る資金証明書」が必要 その他新創業融資制度および振興事業促進支援融資制度は適用できません。 融資限度額 :4,800万円• 利率(年):[基準利率参照]• ご返済期間:設備資金 15年以内(うち据置期間3年以内)• 資金のお使いみち:社会的な要因などにより企業維持上緊急に必要な設備資金及び経営基盤の強化を図るために必要な長期運転資金• 融資限度額 :直接貸付 7億2千万円• <ご返済期間>• 設備資金 15年以内(うち据置期間3年以内)• 資本性劣後ローン (7月1日から事前相談開始。 システム構築後の8月上旬制度開始予定。 ) 日本公庫及び商工中金等において、新型コロナウイルス感染症の影響により、キャッシュフローが不足するスタートアップ企業や一時的に財務状況が悪化し企業再建に取り組む持続可能な企業に対して、長期間元本返済がなく、民間金融機関が自己資本とみなすことができる資本性劣後ローンを供給することで、民間金融機関や投資家からの円滑な金融支援を促しつつ、事業の成長・継続を支援• 中小企業経営力強化支援ファンド(再掲) 地域の核となる事業者が倒産・廃業することがないよう、官民連携のファンドを通じた出資・経営改善等により、事業の再生とその後の企業価値の向上をサポートするなど、成長を全面的に後押し• 商工中金所定の利率が日本公庫の基準金利を上回る場合は、残高3億円までの全額について、お借入期間中にわたり、日本公庫の基準利率までの利子補給があります。 残高1億円まで、当初3年間は0. 9%の利子補給があり、0. (4年目以降はこの利子補給はありません。 ) 貸出限度 元高:20億円以内 残高:3億円以内 利子補給の残高限度は、日本政策投資銀行等との合算運用となります 元高とは貸出額の累計です。 貸出限度額は日本政策投資銀行等との合算運用となります。 (4年目以降はこの利子補給はありません。 このたび新型コロナウイルス感染症の影響を受けている契約者の皆様に、以下の特例措置を講じています。 共済金の償還(返済)期日の繰下げ• 一時貸付金の返済猶予• 特例緊急経営安定貸付けの実施• 契約者貸付けの延滞利子の免除• 掛金の納付期限の延長等• 詳しくは、こちらをご覧ください。 新型コロナウイルスの影響により、令和2年2月以降の任意の期間(1か月以上)において、事業等に係る収入が前年同期に比べて概ね20%以上減少していること• 補助対象者 1. 小規模事業者であること。 商業・サービス業(宿泊業・娯楽業除く) 常時使用する従業員の数 5人以下 サービス業のうち宿泊業・娯楽業 常時使用する従業員の数 20人以下 製造業その他 常時使用する従業員の数 20人以下 2. 小規模事業者等であり、補助対象経費の6分の1以上が、下記要件 A〜C いずれかに合致する投資であること。 テレワーク用通信機器の導入・運用• 就業規則・労使協定等の作成・変更• 労務管理担当者に対する研修• 労働者に対する研修、周知・啓発• 外部専門家(社会保険労務士など)によるコンサルティング 対象経費: 謝金、旅費、借損料、会議費、雑役務費、印刷製本費、 備品費、機械装置等購入費、 委託費 支給対象となる取組の実施に要した経費の一部を、目標達成状況に応じて支給 成果目標の達成状況• 達成 補助率 3/4 1人当たりの上限額 40万円 1企業当たりの上限額 300万円• 新型コロナウイルス感染症対策のため、当面の間は、Web会議・電話での相談を実施• 相談実施期間:2020年4月1日~2021年3月31日• 費用:コンサルティング費用は無料、通信料は利用者負担• 対象 :大企業・中小企業等• 補助対象経費:建物・設備の導入費 等• サプライチェーンの分断リスクを低減し、持続可能で責任ある供給体制を確立するとともに、日ASEAN経済産業協力関係を強化することを目的とする• 具体的には• 海外サプライチェーン多元化等に資する設備導入補助事業• 海外サプライチェーン多元化等に資する実証事業• 海外サプライチェーン多元化等に資する実現可能性調査• 補助対象:企業によるASEAN諸国等への設備投資・実証事業・事業実施可能性調査• 事業型 中小企業が、地域産品・サービスの磨き上げによる海外展開や全国展開、新たな観光需要の獲得に関する取組(新商品・サービス開発・ブランディング等)を行うとき、その経費の一部を補助• サプライチェーンの分断リスクを低減し、持続可能で責任ある供給体制を確立するとともに、日ASEAN経済産業協力関係を強化することを目的とする• 支援型 民間支援事業者や地域の支援機関などが、複数の中小企業者に対して、地域の産品・サービスの磨き上げによる海外展開や全国展開、新たな観光需要の獲得に関する支援を行うとき、その経費の一部を補助• 申請方法 電子申請(Jグランツ)または郵送にて受付を行います。 「在留資格認定証明書」の有効期間延長 日本に入国することができない場合、「在留資格認定証明書」の有効期間について、通常は「3か月間」有効であるところ、当面の間、「6か月間」有効なものとしています。 この変更により、在留資格認定証明書に記載の日から6か月が過ぎるまで、ビザや上陸の申請に使うことができるようになります。 技能実習生の在留資格変更手続き• 本国への帰国が困難な場合、「特定活動(6か月・就労可)」又は「特定活動(6か月)・就労不可」への在留資格変更が可能です。 試験の取りやめなどで、技能実習の次の段階 2号又は3号 へ移行できない場合、「特定活動 4か月・就労可 」への在留資格変更が可能です。 技能実習2号を修了後、特定技能1号への移行に時間がかかる場合、「特定活動 4か月・就労可 」への在留資格変更が可能です No. イベントの開催に必要な経費• イベントの開催に係る広告宣伝に必要な経費• PRキャラバンの実施に必要な経費• 新聞、雑誌等の広告に必要な経費• その他、補助事業を実施するために必要と県が認める経費• 補助率:4分の3• テイクアウト、デリバリー、移動販売、配達請負い などの業態導入• 商品やメニュー、サービス等のPR• 経済回復後に向けたメニューやサービスの開発や研究• 従業員研修実施(おもてなし、外国語研修等)• 感染対策のための店舗洗浄・改装• 交付は1事業者1回とし、複数店舗ある場合は、運営する事業者への交付とします。 本支援事業と緊急応援補助金(経営危機克服型)を併用する場合は、両支援事業による支援額は上限 50万円となります。 事業の新規性、確実性、計画の妥当性• 食のみやこ鳥取県のPR効果、地域への波及効果• 新型コロナウイルス感染症への感染対策を講じているか• 県内飲食店等の需要回復、県産品の消費拡大につながるか 食のみやこ鳥取県づくり支援交付金• 一般枠・コンベンションPR枠・直売所連携魅力アップ枠(交付率1/2・上限200万円) 食のみやこ鳥取県のイメージアップのための情報発信やブランド化の推進、特産品開発、名物料理づくり等、食を切り口にした産業振興、地域振興に資する取組み• 通信環境整備費 (インターネット会議用カメラ・マイクの整備、インターネット回線の開設工事、無線ルーター開設等)• ホームページ等における販売サイトでの販売に係る経費• 商品サンプル・試供品製造に係る消耗品費、製造委託費• 商品サンプル・試供品用ラベル作成費、送料• 試供品製造に係る備品費• 商品チラシ作成費• 食品衛生管理に必要な消耗品及び備品費• 申請者:農林水産業者、農協、森林組合、漁協等• 仕切り用のアクリル板、シート、フィルム• その他衛生用品以外の物品を購入する経費 《衛生用品購入費》• 衛生用品(マスク、消毒液、ウェットティッシュ、除菌スプレー、ガーゼ、手洗い用洗剤、ゴム手袋)を購入する経費 《設置費》• 仕切板等を設置するために必要な経費 《その他、真に必要な経費》 <発生時拡大防止事業> 事業所内等で感染者が発生した場合の感染拡大防止に要する以下の経費 《委託費》• 事業所内等の消毒作業を外部業者に依頼して行うための経費 《消耗品費》• 自らが消毒作業を行う場合に必要な消耗品を購入する経費(消毒液、防護服、手袋等) 《その他、真に必要な経費》 補助率:4分の3 補助上限額:20万円 補助下限額 :10万円 利用回数 :対象者につき1回を限度とする 企業内感染症防止対策補助金 (体制整備型) <感染症体制整備事業> 感染症対策を目的としたシステム導入や売り方転換に必要なハード及びソフト整備等にかかる以下の経費 《システム導入費》• テレビ会議システム、eラーニングシステム、ネット通販システム等の導入(購入、設営、設定等の名称にかかわらずシステムの利用開始当初に必要な事項)に要する経費 《機器導入費》• 機械器具の導入(購入、設営、改修等)にかかる経費 《改修費》• 対象となる事業者 県内に以下のいずれかの店舗を有し、店舗の感染予防対策を実施する事業者 飲食店、宿泊施設、観光関係(旅行業、運輸業、お土産製造・販売など) 新型コロナウイルス感染症の感染拡大に伴う外出自粛等により、売上が前年同月比でおおむね3割減少した接客を伴う営業店舗• 補助の対象となる経費• 衛生用品購入費 マスク、フェイスシールド、ゴム手袋、消毒液、手洗い用洗剤等の衛生消耗品を購入する経費• 物品購入費、機器導入費 仕切り用のアクリル板、透明ビニールカーテン・シート、非接触型体温計の購入や、カード決済・電子マネー導入にかかる経費、その他衛生用品以外の物品購入、機器導入にかかる経費• 改修・修繕工事、委託費 パーテーション設置、換気設備設置(点検・クリーニング含む)、手洗い場設置・修繕、その他感染予防対策を実施するために必要な施設の改修、修繕にかかる経費• その他施設の感染予防対策に必要と認められる経費 令和2年4月1日以降に支払った以下の経費• 補助金額• 補助率:補助対象経費の9/10• 上限額:1事業者につき 20万円• 下限額なし• 複数店舗を有する事業者の場合、店舗数に関わらず40万円を上限とする• 補助金の利用は1事業者につき、1回まで• 補助対象経費: 本補助金の補助対象経費は、教育訓練の実施にかかるものであって、次に掲げる経費の合計額から支給を受けた雇用調整助成金の訓練費を控除した金額とする。 1 講師謝金 2 講師旅費 3 受講料 4 従業員旅費(外部機関が実施する教育訓練に参加する場合に限る。 ) 5 教材費 6 会場使用料 7 機器等使用料 8 オンラインによる教育訓練の実施に必要となるシステム導入費 9 パソコンその他備品の購入費 (注)(8)及び(9)の合計額は、75 万円を補助対象経費の上限とする。 補助率:3分の2以内• 補助金の限度額:1事業者あたり 100 万円• 新型コロナウイルス感染症の影響に伴う休業等により提出した雇用調整助成金の休業届実施計画に基づき実施される教育訓練であって、その支給決定を受けたものであること。 鳥取県内に有する事務所、事業所、工場、その他の事業用施設に従事する従業員に対し行う教育訓練であること。 従業員の知識、技能、技術の習得や向上を目的とした教育訓練であること。 令和2年度中に実施される教育訓練であること。 融資期間:10年以内(据置5年以内含む)• 融資利率:当初5年間0. 保証料率: 借入後10年間無料• 複数店舗合同のプレミアム商品券の発行• 複数店舗で使える特典クーポンの発行• 共同での新名物開発・統一ブランド作成発信• テイクアウトの受注システムの共同開発• スタンプラリー等店舗周遊の仕掛けづくり• 異業種店舗コラボによるキャンペーン• 中心市街地や商店街等での集客イベント• ドライブスルーでの商品販売フェア• 複数のライブハウスの連携イベント など• 支援者に、コロナ問題収束後に使ってもらえる「とっとり券」(利用券)を購入してもらう形式• 支援のお礼として、支援額の20%をプレミアムとして上乗せ(20%は鳥取県が負担)• 対象となる事業者 県内中小企業等の皆様(個人事業者の皆様を含む) 飲食業、宿泊業、観光業、小売業、運輸業、健康・美容サービス業など新型コロナウイルス感染症の拡大により経営上の影響を受けた業種を幅広く対象 個人で事業を行い、以下の条件を満たしていること。 県内を主たる拠点として個人事業を行い、令和元年確定申告を行っていること• 個人で行っている事業が申請者の主たる事業であること• 風俗営業法に規定する業種の事業でないこと• 雇用者保険被保険者でないこと• 県内を主たる拠点として個人事業を行い、令和元年確定申告を行っていること• 個人で行っている事業が申請者の主たる事業であること• 風俗営業法に規定する業種の事業でないこと• 雇用者保険被保険者でないこと• 対象となる事業者 県内中小企業等の皆様(個人事業者の皆様を含む) 飲食業、宿泊業、観光業、小売業、運輸業、健康・美容サービス業など新型コロナウイルス感染症の拡大により経営上の影響を受けた業種を幅広く対象• 応援金支給額 一事業者あたり10万円(鳥取県内に複数店舗を経営する場合は20万円)• 対象となる要件• 令和2年1月以降、新型コロナウイルス感染拡大等の影響により、事業収入(売上)が前年同月比で30%以上減少した月がある• 鳥取県内に事業所を持つ県内中小企業又は個人事業主である• 今後も事業を継続する意思がある• 補助金名:鳥取県産業成長応援補助金(一般投資支援)• 加算対象: ア 県内本社企業が新たに行う土地・建物の同時取得 【現行要件】 又は イ 地域経済に特に大きな影響を及ぼすものとして商工労働部長が指定する事象に対応する事業計画に基づく、商工労働部長が指定する資産の取得 【追加】• 補助率:15%(基本10%+加算5%)• 補助限度額:5億円• 雇用等要件 「雇用3名増」 又は 「付加価値増4%/年」のいずれかを満たすこと• その他 県内に拠点がある製造業が対象 固定資産 土地・建物・設備等 への投資額が3,000万円超であること 事業開始前に事業計画を県に提出し、認定を受けること 補助金は事業完了後、補助要件達成を確認してから支払うものであること• 指定事象:新型コロナウイルス感染症• 指定資産(投資内容) 自社で代替生産するための設備投資(国内回帰、内製化等) 他社から代替生産を要請され増産するための設備投資• 機材賃借型 補助率:10分の10 上限額:50万円 鳥取県内において芸術団体等が無観客公演等を行い、機材賃借や外部委託等により映像配信を行う事業• 機材導入型 補助率:10分の10 上限額:50万円 鳥取県内の施設等において無観客公演等を行い、映像配信をするために必要な機材等を購入し、その機材を使用して令和2年度中に県民に広く公開した形での映像配信を3回以上行う事業.

次の