アメイジング グレイス 和訳。 オバマ大統領が「アメイジング・グレイス」 教会銃乱射事件の犠牲者に捧げる(動画)

「アメイジング(アメージング)」とは?意味や使い方を解説!

アメイジング グレイス 和訳

驚嘆すべき恩赦 作詞者はジョン・ニュートン John Newton,1725—1807。 作曲者は不詳。 アイルランドかスコットランドの民謡を掛け合わせて作られたとしたり、19世紀に南部アメリカで作られたとするなど、諸説がある。 ジョン・ニュートンは1725年、イギリスに生まれた。 母親は幼いニュートンに聖書を読んで聞かせるなど敬虔なクリスチャンだったが、ニュートンが7歳の時に亡くなった。 成長したニュートンは、商船の指揮官であった父に付いて船乗りとなったが、さまざまな船を渡り歩くうちに黒人奴隷を輸送するいわゆる「奴隷貿易」に携わり富を得るようになった。 当時奴隷として拉致された黒人への扱いは家畜以下であり、輸送に用いられる船内の衛生環境は劣悪であった。 このため多くの者が輸送先に到着する前に感染症や脱水症状、栄養失調などの原因で死亡したといわれる。 ニュートンもまたこのような扱いを拉致してきた黒人に対して当然のように行っていたが、1748年5月10日、彼が22歳の時に転機は訪れた。 イングランドへ蜜蠟を輸送中、船が嵐に遭い浸水、転覆の危険に陥ったのである。 今にも海に呑まれそうな船の中で、彼は必死に神に祈った。 敬虔なクリスチャンの母を持ちながら、彼が心の底から神に祈ったのはこの時が初めてだったという。 すると流出していた貨物が船倉の穴を塞いで浸水が弱まり、船は運よく難を逃れたのである。 ニュートンはこの日を精神的転機とし、それ以降、酒や賭け事、不謹慎な行いを控え、聖書や宗教的書物を読むようになった。 また、彼は奴隷に対しそれまでになかった同情を感じるようにもなったが、その後の6年間も依然として奴隷貿易に従事し続けた。 のちに、真の改悛を迎えるにはさらに多くの時間と出来事が必要だったと彼は語っている。 1755年、ニュートンは病気を理由に船を降り、勉学と多額の献金を重ねて牧師となった。 そして1772年、「アメイジング・グレイス」が作詞された。 歌詞中では、【黒人奴隷貿易に関わったことに対する悔恨と、それにも拘らず赦しを与えた神の愛に対する感謝】が歌われている。

次の

【ポールスター1年】Lesson5/The Story of Amazing Grace【和訳】|WEB高

アメイジング グレイス 和訳

Amazing Grace, how sweet the sound, 驚くばかりの恵み、なんてやさしい響き、 That saved a wretch like me. 私のような惨めな者を救って下さった。 I once was lost but now am found, かつてはさまよっていた、しかし、今は見つけられた、 Was blind, but now I see. かつては見えなかった、しかし、今は見える。 T'was Grace that taught my heart to fear. それは、私に恐れることを教えた恵み。 And Grace, my fears relieved. そして、恐れを癒してくれた恵み。 How precious did that Grace appear その恵みの訪れは、なんという奇跡か The hour I first believed. 私が初めて信じたその時。 Through many dangers, toils and snares 数々の危険、困難、誘惑を経て I have already come; 私はここに到達した。 'Tis Grace that brought me safe thus far この恵みこそ、私を守り and Grace will lead me home. そして、我が家まで導いて下さる。 The Lord has promised good to me. 主は、私に約束して下さった。 His word my hope secures. 主のみことばは、私の望みをかなえて下さる。 He will my shield and portion be, 主は私の盾となり、一部となる As long as life endures. 私の命の続く限り。 Yea, when this flesh and heart shall fail, そう、私の肉と心が朽ちるとき、 And mortal life shall cease, 私の命は終わりを迎え、 I shall possess within the veil, ベールにつつまれた A life of joy and peace. 喜びと平和の、新しい命を得る。 When we've been here ten thousand years 人類は地上に何年も存在したが、 Bright shining as the sun. いつも太陽のように光輝いていた。 We've no less days to sing God's praise その歴史のはじまりより、 Than when we've first begun. 賛美を歌う日に乏しいことはない。 Amazing Grace, how sweet the sound, 驚くばかりの恵み、なんてやさしい響き、 That saved a wretch like me. 私のような惨めな者も救って下さった。 I once was lost but now am found, さまよっていた私、しかし、今は見つけられた、 Was blind, but now I see. かつては見えなかった、しかし、今は見える。 (拙訳).

次の

アメイジンググレイスの歌詞の全てのカタカナ読みを教えてくださ...

アメイジング グレイス 和訳

驚嘆すべき恩赦 作詞者はジョン・ニュートン John Newton,1725—1807。 作曲者は不詳。 アイルランドかスコットランドの民謡を掛け合わせて作られたとしたり、19世紀に南部アメリカで作られたとするなど、諸説がある。 ジョン・ニュートンは1725年、イギリスに生まれた。 母親は幼いニュートンに聖書を読んで聞かせるなど敬虔なクリスチャンだったが、ニュートンが7歳の時に亡くなった。 成長したニュートンは、商船の指揮官であった父に付いて船乗りとなったが、さまざまな船を渡り歩くうちに黒人奴隷を輸送するいわゆる「奴隷貿易」に携わり富を得るようになった。 当時奴隷として拉致された黒人への扱いは家畜以下であり、輸送に用いられる船内の衛生環境は劣悪であった。 このため多くの者が輸送先に到着する前に感染症や脱水症状、栄養失調などの原因で死亡したといわれる。 ニュートンもまたこのような扱いを拉致してきた黒人に対して当然のように行っていたが、1748年5月10日、彼が22歳の時に転機は訪れた。 イングランドへ蜜蠟を輸送中、船が嵐に遭い浸水、転覆の危険に陥ったのである。 今にも海に呑まれそうな船の中で、彼は必死に神に祈った。 敬虔なクリスチャンの母を持ちながら、彼が心の底から神に祈ったのはこの時が初めてだったという。 すると流出していた貨物が船倉の穴を塞いで浸水が弱まり、船は運よく難を逃れたのである。 ニュートンはこの日を精神的転機とし、それ以降、酒や賭け事、不謹慎な行いを控え、聖書や宗教的書物を読むようになった。 また、彼は奴隷に対しそれまでになかった同情を感じるようにもなったが、その後の6年間も依然として奴隷貿易に従事し続けた。 のちに、真の改悛を迎えるにはさらに多くの時間と出来事が必要だったと彼は語っている。 1755年、ニュートンは病気を理由に船を降り、勉学と多額の献金を重ねて牧師となった。 そして1772年、「アメイジング・グレイス」が作詞された。 歌詞中では、【黒人奴隷貿易に関わったことに対する悔恨と、それにも拘らず赦しを与えた神の愛に対する感謝】が歌われている。

次の