ほうれん草 プランター。 ホウレンソウの育て方と栽培のコツ

ホウレンソウの育て方!プランターで種から初心者が栽培できる方法

ほうれん草 プランター

基本情報 種類 科目 適正土壌pH 連作障害 栽培難易度 ほうれん草 ヒユ科 6. 5~7. 高温下では生殖生長に傾きやすくなるため、冷涼な地域もしくは冷涼な季節に栽培されることが多い野菜です。 冷え込むと軟らかくなり、霜があたると、甘みが出て味がよりよくなります。 科目 ヒユ科 ほうれん草ヒユ科の一年草で葉と短い茎のような部分を食する野菜です。 最近まではアカザ科と呼ばれていましたがアカザ科がなくなったため、ヒユ科に分類されるようになりました。 根の付け根の部分が赤くなっているのがほうれん草の特徴です。 科名属名:ヒユ科ホウレンソウ属• 原産地:中央アジアから西アジア、カスピ海南西部近辺• 分類:耐寒性の一年草• 日照条件:日なた• 水やり:乾燥が激しいときはたっぷり水やり• 特徴:酸性土にとても弱いので苦土石灰を多めによく中和させる• 樹高:草丈(15~25㎝)• 種まき期:3月中旬~5月、9~10月• 収穫期 5月下旬~6月、10月中旬~2月• 植えつけから収穫までの期間 タネまきから30日~60日。 夏まきでは30日~120。 ほうれん草の育て方 栽培のコツ 栽培期間や適正気温 ほうれん草の栽培期間は品種や季節によりますが春まきで、通常種まきから30日から60日で収穫できます。 夏まきは30日から120日くらいです。 気温が25度お超えると発芽が悪くなります。 比較的低温を好み霜をかぶるとおいしくなります。 連作障害 ほうれん草は1年以上はあけましょう。 他に同じ科の野菜がないので比較的輪作しやすい野菜です。 栽培スケジュール 畑の準備 土つくり• 種まきの2週間ぐらい前に畑に苦度石灰をまき土壌を中和し、よく耕します。 適正土壌pHは6. 5~7. 0と酸性を嫌う野菜です。 さらに7日から10日前までに、元肥を施し深く耕します。 元肥の目安は1㎡あたり約2kgの完熟たい肥です。 同時に化成肥料を施肥しておくといいでしょう。 畑の石や木片など根の障害になるようなものは取り除いておきましょう。 畝立て• 水はけを良くするために、幅60cm高さ10cmほどの畝を立てマルチを張ります。 マルチを張ることで土の跳ね返りによる病気を防ぎ、土を保温し生育を促進んしてくれます。 栽培管理 種まき、植え付けと株間• 畑に条間15cm~20cmくらいで軽く溝を作って直接、条播きします。 条播きの間隔は5cmから10㎝くらいです。 たっぷり水をやり、2から3回にわけて段階的に間引きを行い株間10㎝~20cmで1本立させます。 苗からの植え付けの際は、株間を10cm~20cmぐらい確保して、マルチに穴をあけて植えつけます。 トンネル• 害虫から守るためにネットや不織布でトンネルを作っておくと、冷間対策や鳥よけ害虫対策にもなります。 追肥 ほうれん草は、草の高さが10㎝を超えたぐらいで1回条間に追肥し、除草もかねて軽く土寄せしておきます。 その後は生育を見て2週間後くらいに再度施肥します。 連作障害 ほうれん草は連作障害があります。 輪作期間は短く1年で、ほかにヒユ科の野菜がないのでm輪作は簡単です。 20㎝くらいに成長してきたら、根元からはさみを使って収穫していきます。 コンパニオンプランツ 〇 混植に適している植物 good 野菜類• ネギ類一般(夏場高温栽培で発生する連作障害を防止する)• 葉ネギ(硝酸態窒素・しょうさんたいちっそが必要以上に多くなることを防いでくれる) 花類 ハーブ類• マリーゴールド(虫よけ)• サルビア(虫よけ)• カモミール(虫よけ 野菜を元気にする)• ミント(虫よけ) 〇 前作に植えるとよい植物 good• トウモロコシ•

次の

小さなプランターを使用した「ほうれん草」の育て方

ほうれん草 プランター

知っておきたいほうれん草の基礎知識 ほうれん草は、中央アジアを原産地とするアカザ科ホウレンソウ属の植物です。 栄養価が高い野菜としても知られており、ビタミンAやビタミンC、カロテン、鉄、カルシウム、マグネシウムなどを含んでいます。 また、ほうれん草は、東洋種と西洋種の2種類があります。 現在は、両方の特性を活かした交雑種が多く販売されており、耐病性があって栽培しやすいのが特徴です。 東洋種の特徴 ・葉の先がとがっている ・根が赤い ・葉肉が薄い ・味が淡白なので和食向き 西洋種の特徴 ・葉の先が丸い ・根元の赤味が淡い ・葉肉が厚い ・味が濃いので炒め物向き ほうれん草の栽培時期 ほうれん草は冷涼な気候を好むため、寒さが増して霜に当たることで甘みが増します。 ほうれん草の種まきは、春まき・夏まき・秋まきと時期をずらして何度も栽培する方法がとられています。 寒冷地や冷涼地では4~5月・6~9月・9~10月、一般地では3~5月・7~9月・9~11月、暖地では2~4月・8~9月・9~1月に種まきが行われます。 時期によって変動がありますが、種まきから1~2カ月ほどで収穫が可能です。 夏まきできるほうれん草の品種 ここでは、特に夏まきに適している「アクティブ」「ジャスティス」「ミラージュ」という三つの品種について紹介します。 アクティブ アクティブは、葉が黄色く変色し、しおれてしまう「萎凋病(いちょうびょう)」に対して強い耐性があります。 生育スピードは遅めで、低温期は特にゆっくり育ちますが、春から夏には、25~28日ほどで収穫できます。 葉は浅い切り込みがある広葉で、味が良いことでも知られています。 ジャスティス ジャスティスは、アクティブ以上に萎凋病に強い耐性を持ち、白や黄色の斑点ができる「べと病R-1~9、R11~16」にも抵抗性があります。 葉は、色が濃く滑らかな剣葉で、とがった葉先には浅い切り込みがあります。 夜間の高温期が続いても、生育遅延などが起きにくい耐暑性を持ちます。 種まきから収穫までの期間も短とされ、収量性にも優れています。 ミラージュ ミラージュは、耐暑性に優れているため、暖地では7月中旬~8月下旬、寒冷地では7月中旬~8月中旬の種まきが適しています。 アクティブ以上に萎凋病に強く、べと病R-1~7に抵抗性を持っています。 葉は濃い緑色で、滑らかな剣葉をしていて、葉先がとがっています。 アクティブやジャスティスと違い、はっきりと切り込みが入っているのが特徴です。 耐暑性があるので、高温期でも生育遅延などの障害が起きにくく、夏場でも安定的に収穫ができるでしょう。 プランターでの栽培方法 ほうれん草はプランター栽培が可能なため、日当たりのあまり良くないベランダなどでも丈夫に育ちます。 ここでは、プランターで栽培するために知っておきたいポイントを紹介します。 プランター選び ほうれん草は根が深く伸びるため、根がプランターの底に当たって生育不良を起こしてしまわないように、深さ20~25センチの物を選びましょう。 10リットル以上の容量があるプランターは、水持ちが良いため育てやすいのでおすすめです。 土づくり 土づくりの手間を軽減するためにも、市販の培養土を利用すると便利です。 軽石をプランターの底に敷き、1~2センチの「ウォータースペース」(プランターの上縁から土の表面までの空間)と呼ばれる空間を設けて、培養土を入れます。 ウォータースペースをとることで、水やりの際に土の流出を防げます。 管理方法 発芽するまでは土の表面が乾かないように水やりを行い、発芽後は乾いたら水やりをしっかりするようにしましょう。 湿気に弱い性質があるため、本葉が5枚くらいまでは、水やりは控えめにすると根がよく伸びます。 最初の間引きは、双葉が完全に開いてから株間が3~4センチ間隔になるように行い、より大きく育てたいときには、6センチ間隔で2回目の間引きを行います。 ほうれん草は光の影響を大きく受けるため、街灯や室内の照明などの影響も考えて置き場も考えるようにしましょう。 収穫 品種にもよりますが、夏まきと秋まきは、種まきから約30~40日で収穫できるまで成長します。 収穫のタイミングは、草の丈が25センチ程度に育った頃が目安です。 葉が折れないように株元の土を押さえながら引き抜くか、株元から切って収穫します。 自宅で栄養たっぷりのほうれん草を育てよう ほうれん草は、春・夏・秋と、種まきの時期が複数回ありますので、家庭菜園を始めやすい野菜の一つです。 また、種まきや収穫したい時期に合わせて品種を選ぶことで、一年中、自宅で育てたほうれん草を楽しむことができるでしょう。 サラダや煮浸し、炒め物など、調理方法も簡単なので、手軽に栄養をとることができます。 調理前にアク抜きをすることで、カルシウムの吸収を妨げるシュウ酸を取り除くことができるので、必ず行うようにしましょう。 【プランター栽培について読むならこちら!】.

次の

ホウレンソウの育て方!プランターで種から初心者が栽培できる方法

ほうれん草 プランター

北海道:1• 東北:1• 関東:19• 中部:9• 関西:3• 中国四国:3• 九州沖縄:1• 閉じる• 青森:0• 岩手:0• 宮城:0• 秋田:0• 福島:0• 閉じる• 茨城:0• 栃木:0• 閉じる• 富山:0• 福井:0• 山梨:0• 岐阜:0• 静岡:0• 閉じる• 三重:0• 滋賀:0• 京都:0• 兵庫:0• 和歌山:0• 閉じる• 鳥取:0• 島根:0• 岡山:0• 徳島:0• 香川:0• 高知:0• 閉じる• 佐賀:0• 長崎:0• 熊本:0• 大分:0• 宮崎:0• 鹿児島:0• 沖縄:0• 閉じる.

次の