お盆 なすび。 迎え盆/送り盆とは|意味や迎え火や送り火をする時間などを解説

お盆のお供えと飾り方を確認!「きゅうり・なす」の意味とは

お盆 なすび

お盆に飾るものは、何? まずは、お盆の時にどのような物を飾るのか、チェックしてみましょう。 最初にお盆提灯を飾ります。 それから、仏壇の前などに小さな机などを置き、その上に敷物を敷いて、季節の野菜や果物、故人の好物、きゅうりの馬、なすの牛などを置きます。 その横に生花を飾りますが、その中にほおずきを加えることもあります。 では、それぞれについて、その意味を見てみましょう。 盆提灯(ぼんちょうちん) 盆提灯は、お盆に里帰りしてくるご先祖様が、迷わずに帰って来られるための目印の役目を果たしています。 一般的にはふたつ一組となっていますが、ひとつでも差し障りはありません。 天井から吊るすタイプのものや、仏壇の脇に置いて、提灯の中の回転灯が回転して、きれいな絵柄が浮かび上がるものもあります。 迎えのための目印ですから、お盆初日の13日の夕方から点灯し、16日にご先祖様が帰られた、ということで消灯します。 精霊馬 しょうりょううま お供え物の中で、きゅうりやなすを使って作る置物のことを言います。 きょうりで作った物は「馬」を意味し、ご先祖様が里帰りをされる際に少しでも早く着くように、との意味が込められています。 また、なすで作った物は「牛」を意味して、ご先祖様があの世に帰られる際にはゆっくりと無事にお帰りいただくように、との意味が込められています。 これらは、家庭にあるきゅうりとなすに、割り箸などで脚を4本付けて作ります。 へたのある部分が頭になりますので、お迎え用のきゅうりは仏壇に向けて、お帰り用のなすは仏壇側にお尻を向けて置きます。 お盆が過ぎた後の精霊馬の処分の仕方は、海や川に流したり、土に埋めたりして処分します。 ほおずき ほおずきを漢字で書くと「鬼灯」となります。 この字の如く、「灯り(あかり)」を意味していて、 ほおずきを飾ることで、盆提灯と同じようご先祖様が迷わず帰って来れるように目印の役目を果たします。 また、ほおずきの赤い色には「邪気払い」の意味合いもあり、仏壇の周りを神聖にしてくれるとも言われています。 お盆の時期に先祖元へ訪ねた時には、このような物が仏壇の前に所狭しと飾られていましたが、その意味がわかりました。 今年のお盆は心を込めながら、お盆飾りを飾りたいと思います。 関連: 関連: - , ,.

次の

お盆[村のイベント]

お盆 なすび

なすびのソテー こんにちは、しゅりです。 職場のおばちゃんからお野菜を頂きました。 なすび3本、完熟トマトひとつ、キュウリ6本、シソ4枚。 なすびは全部ソテーしましたよ. ゚ たっぷり入れたごま油をみるみる吸い取って、焼き色がついたら出来上がり。 味付けはしませんので、生姜醤油に浸しながら頂きます。 家に帰って来るときは、きゅうりの馬に乗って出来るだけ早く。 でも黄泉の国に戻るときは、なすびの牛に乗って、のんびりゆっくり、だそうな。 なかなか素敵なお話だな、と思います。 地獄では大掃除をする時期だから(地獄の釜)、なんですって。 だから、のんびりゆっくり戻るんですね。 大掃除とは、なかなか予定通りに終わらず、時間がかかってしまうのはどこでも同じなんでしょう。 なんて、もちろん諸説あり、ですよ。 お盆が過ぎれば、北海道ではもう秋の気配です。 毎年感じることですが、今年も、あっという間でした。

次の

お盆にきゅうりの馬となすの牛はなぜ?精霊馬の作り方と向き処分の仕方

お盆 なすび

この間、日本の企業の夏休みが世界各国と比べ、だいぶ少ないということを書きました。 欧米諸国が1ヶ月ほど夏休みをとるのに対し、日本の夏休みの日数はおよそ5日間。 で、その 夏休みをお盆の時期にとる人がほとんどです。 だから、夏休みというより「お盆休み」と言う人のほうが多い気がします。 そもそも、お盆休みはなんためにあるのでしょうか? そして、 お盆になると、道ばたに割り箸が刺さったきゅうりやなすが置いてあります。 あれには、なんの意味があるのでしょうか? 気になったので、それらのことについて書いていきます。 参考: お盆に欠かすことができない墓参り 日本の夏休みというと、 帰省という言葉があるように故郷に帰るイメージがあります。 でも、 近年は家族で海外旅行に出かけることも多くなりましたね。 夏休みは、帰省というより バカンスという意味合いが強くなったと思います。 僕が小さい頃のお盆といえば、家族で田舎に行って お墓参りをするのが定番でした。 その頃から、道ばたに置いてある割り箸が刺さったきゅうりやなすが気になっていました。 田舎には、たくさん置いてあったんですよねえ。 そんな思い出があります。 お墓参りは、お盆に欠かすことができない行事でしたが、 時代の変化によってお盆に対する考え方も変わってきているようです。 だから、きゅうりやなすに割り箸を刺す意味を知らない人も必然的に減ってくるのだと思います。 きゅうりやなすに割り箸を刺す意味 お盆には、それぞれの地域に特性があります。 地域によっては、 お盆の期間中に故人の霊がこの世とあの世を行き来するための乗り物として、精霊馬と呼ばれるものを用意することがあります。 これは精霊馬というのですね。 キュウリやナスに足に見たてる割り箸やマッチ棒、串、爪楊枝などを刺して、馬や牛を作ります。 きゅうりは足が速い馬であの世から早く戻って来られるようにという意味があります。 なすは歩みが遅い牛でこの世からあの世に帰るのが少しでも遅くなるようにという願いが込められています。 きゅうりが馬、細いので確かに速そう。 なすは、ずっしりして重たそうなので牛っぽいですねえ。 いやー、まったく知りませんでした。 他には、提灯を小舟に乗せて川などに流す 精霊流しや木組みに和紙を貼り付けた灯篭を流す 灯籠流しが有名です。 このように、地域によってお盆の特性が違うので、割り箸が刺さっているきゅうりやなすを見たことがないという人もいるのかもしれませんね。 終わりに 精霊馬は作り方は簡単です。 買ってきたきゅうりとなすにそれぞれ4本ずつ割り箸や爪楊枝などを刺すだけです。 爪楊枝がそのまま刺すだけなので一番簡単だと思います。 鐘楼馬には、飾り方があって道ばたに置くではなく精霊棚に置くのが一般的なんだそうです。 今年の夏は「きゅうりの馬」と「なすの牛」を作って飾ってみませんか?ご先祖様とのつながりを意識するいい機会になりそうです。

次の