三井住友visaデビュープラス 評判。 【ETCカード】 三井住友VISAデビュープラスの特徴と評判

三井住友VISAカードに申込む前に! 注意点と評判をチェック! | 超節約術

三井住友visaデビュープラス 評判

三井住友VISAデビュープラスは、 三井住友カード株式会社が発行している18歳から25歳以下限定で持つことができる若者向けクレジットカードです。 世界中で使えるVISAブランドの代表カードの一つです。 ポイント還元率の優遇を受けることができるのが大きな魅力となっています。 三井住友VISAカードは、ステータス性が高く審査の難易度が高いクレジットカードとなっています。 その中でこの三井住友VISAデビュープラスは、将来的な優良顧客を囲い込むために比較的柔軟な審査が行われます。 デザインも落ち着いていて社会人になってからも自信を持って使い続けることができますね。 中国への出張や留学に行く方向けに三井住友銀聯カードを発行することもできます。 50秒で理解、カードの概要! 発行期間 審査の甘さ 年会費 ポイント還元率 付帯サービス 3営業日 甘い 1,350円 1. 三井住友カードを知らない方はほとんどいないでしょう。 信頼性が高くはじめてのカードでも使いやすいです。 私が三井住友VISAクラシックカードAを作成した当時デビュープラスがなかったので今作ることができる方が羨ましいですね。 このカードは若者向けのカードでポイントの優遇があります。 旅行保険などを付帯しないことでこの高還元率を実現しています。 今は高還元のカードが増えてきていますので、珍しくありませんが三井住友のような銀行系カードでは異例です。 シンプルな券面で社会人になってからも使えますね。 属性別おすすめ度• 高校生の方は年齢を満たしていても申し込みをすることはできません。 年齢制限があるため誰でも作れるというわけではありません。 最もおすすめの属性は学生と新社会人の方です。 将来性も高く、非常にメリットの多いカードの一つです。 メインカードとして長く使用することができます。 オトクなキャンペーン情報 2018年9月28日までの期間限定で新規入会キャンペーン実施中です。 最大10,000円のキャッシュバックを受けることができます。 詳細は下記の通りです。 キャンペーン詳細• 新規入会及び1ヶ月後までに6万円利用で1,000円キャッシュバック• 新規入会及び2ヶ月後までに12万円以上利用で2,000円キャッシュバック• マイ・ペイすリボ同時設定及び6万円以上利用で6,000円キャッシュバック• iD同時入会及び6万円以上利用で1,000円キャッシュバック 三井住友VISAデビュープラスの基本スペック 年会費 年会費は税込み1,350円となっています。 初年度は無料です。 2年目以降も年に1度以上カードを使えば無料になりますので、実質無料のカードと考えて良いですね。 三井住友VISAクラシックカードAは、年会費が同額ですが無料にするにはマイペイすリボ(リボ払い専用サービス)に登録する必要があります。 若者向けということで優遇されていると言えます。 ポイント還元率 ポイント付与についてもデビュープラスならではのポイント優遇制度があります。 クレジットカード決済を増やしてお得なカードライフを過ごしましょう。 デビュープラスは他の三井住友VISAカードに比べてポイントが貯まりやすくなっています。 基本のポイント還元率は1. 銀行系カードでは異例の数字だと言えます。 カード利用1,000円ごとに2P(10円相当)のワールドプレゼントポイントを獲得できます。 入会後3ヶ月はポイント5倍(還元率2. 直近で買い物をする予定のある方必見です。 また、インターネットショッピングでお得です。 ポイントUPモール経由でのショッピングでポイントが最大21倍となります。 大手通販サイトが目白押しとなっているので、ネット通販が好きな方におすすめです。 限度額 カードの利用額は社会人か学生かで異なります。 社会人の方は10万円~80万円で、キャッシング枠は0~50万円です。 学生の方は10万円~30万円で、キャッシング枠は0~5万円です。 三井住友VISAデビュープラスの特徴 信頼性の高いクレジットカード 三井住友カード株式会社は、歴史が長く信頼できるクレジットカードです。 VISAブランドを日本で初めて導入した会社です。 これまでクレジットカードを作ったことがないという方にもぴったりだと思います。 ICカード搭載なので不正利用対策として効果的です。 また、VISAブランドを冠してしますので、世界中のお店で利用することができるのも嬉しいですね。 三井住友VISAプライムゴールドへの自動更新 三井住友VISAデビュープラスを持っていて満26歳になった後の初めのカード更新で三井住友VISAプライムゴールドカードに更新されます。 若者向けゴールドカードで、年会費が抑えられています。 それでも海外旅行保険付帯や空港ラウンジ利用等ゴールドカードと同等以上のサービスを享受できるクレジットカードです。 なお、プライムゴールドカードへの更新を希望しないという方は、三井住友VISAクラシックカードAに更新することも可能です。 一般カードなので年会費を抑えることができます。 海外利用で心強いサービスあり 海外に強いのも三井住友VISAカードの魅力となっています。 海外に旅行や出張などで行く予定があるのであれば利用したいですね。 VJデスクの利用 世界50箇所以上にある日本語のトラベルサービスを利用することができます。 カードの紛失や盗難などで困ったことがあれば日本語で相談をすることができます。 Globe Passの利用 主にアジア(韓国、インドネシア、香港、台湾、フィリピン、シンガポール、マレーシア、ベトナム等)での免税店やレストランで割引優待を受けることができます。 yasui-archi. できる限り指定口座にした方がお得ですね。 支払い方法の変更可能 あとからリボやあとから分割への変更やその他支払額増額変更等が支払日の2営業日まで利用することができます。 通常は5営業日までとなっているのでこの違いは大きいですね。 ATM時間外手数料及び振込み手数料優遇 ATM時間外手数料とコンビニATM利用手数料が無料となります。 さらに、三井住友銀行本支店宛の振込みが全て無料となります。 JR東海プラスEXサービス利用可能 東京・大阪間の新幹線利用が多い方におすすめのサービスとなっています。 年会費500円が必要となります。 プラスEXを利用すれば利便性が格段に上がります。 新幹線代割引• チケットレスで乗車• ネットでいつでも予約可能• 座席の指定も可能 三井住友VISAデビュープラスは、PASMO以外全ての電子マネーにチャージすることができますが、ポイントを獲得することはできません。 プリペイド型の電子マネーとの相性はポイント付与という観点からは高くないと言えます。 後払い型電子マネーのiDを搭載することもできます。 三井住友カードを指定カードにすれば自動的に引き落としが行われます。 チャージが必要ないのでとても利便性が高い電子マネーです。 ここはマイナス 旅行傷害保険の付帯はなし 三井住友VISAデビュープラスカードは海外及び国内旅行傷害保険の付帯がありません。 ポイント優遇がある代わりに、旅行保険をなくしています。 もし旅行保険が必要であれば他のクレジットカードとの2枚持ちがおすすめです。 年会費無料のカードを持てば金銭的な負担は0で、メリットだけをうまく享受できます。 比較対象のクレジットカード 銀行系のカードの中で若者向けのクレジットカードを比較対象としてピックアップしました。 三井住友VISAカードと比較されやすいのはJCBカードです。 海外に行かない方であれば十分選択肢に入ります。 JCBの若者向けプロパーカードとなっています。 最短当日発送に対応していますので、うまくいけば翌日に自宅で受け取ることができます。 スピード発行も嬉しい一枚だと言えます。 5年間年会費無料で所有することができます。 ポイント還元率も一般カードに比べて優れていて、入会後3ヶ月間は1. JCBが2017年末に新しく発行を開始した注目のカードです。 最短3営業日での発行に対応しています。 このカード最大の特徴はポイント還元率が常時1. さらに、海外旅行保険も付帯されている高スペックカードです。 さすが後発のカードだけありユーザーの期待に応えてくれる一枚だと言えますね。 三菱UFJニコス発行の若者向けカードです。 29歳以下の方が申し込みをすることができます。 特徴としては、翌営業日発行に対応していること(VISA、MasterCardのみ)、JCBやAmerican Expressブランドも選択することができることです。 銀行系のカードなので三井住友カード同様将来性が高くなっています。 サブカードにおすすめのクレジットカード 最短3営業日での発行に対応しています。 楽天カードは、発行当初から還元率の高さから注目されていて多くのユーザーが所有しています。 楽天市場で買い物をしないから不要だというのはもったいないですよ。 常時1. さらに、ENEOSなどの優待店舗でもポイントの優遇を受けられます。 付帯サービスの充実度は無料カードとは思えません。 最短1週間での発行に対応しているクレジットカードです。 基本ポイント還元率1. メインカードとしても魅力的ですね。 ヤフーグループとの相性がよく、ヤフーショッピングやヤフオクを利用する方必見です。 ブラックのデザインもかっこよく所有欲を満たしてくれます。 家族カード 設定なし。 海外旅行傷害保険 死亡・後遺傷害 設定なし。 国内旅行傷害保険 死亡・後遺傷害 設定なし。 盗難保険 盗難保険あり。 様々なカードの特長を比較する 属性と地域でカードを選ぶ TOPページに戻る• 当サイトで紹介している200券種以上の中からおすすめのクレジットカードを紹介しています。 即日発行にこだわりがない方向けです。• 即日発行対応のクレジットカードの中からおすすめのカードを紹介しています。 今すぐカードが欲しいという方は是非参考にしてくださいね。

次の

18歳~25歳限定クレジットカード【三井住友VISAデビュープラスカード】

三井住友visaデビュープラス 評判

お得と感じたのは、年会費が実質0円だという点です。 年に1回はクレジットカードで決済をしなければならないという条件ではありますが、実際に年1回はカードを利用しているので年会費がタダというのはお得でした。 もう一点は貯めたポイントをカード利用代金に充当できるサービスがありましたので、ポイント5倍、2倍キャンペーンを上手に利用しながらお買い物出来たのがお得と感じました。 不便と感じた点は、海外旅行傷害保険が付いてない点です。 大学の卒業旅行で海外に行きましたが、友人の所有していたクレジットカードは海外旅行の傷害保険がありましたがこのカードは付いてませんので別途自分で傷害保険に加入する必要があったので、その点は不便に感じました。 家賃を毎月支払っているので、それをクレジットカード決済にする事で、効率良くポイントが貯まっていきます。 普段の買い物から家賃等の固定費全てをカード決済にしておりました。 ポイント還元率も他社のクレジットカードよりも高いのでおすすめ出来ます。 また最近ですが、コンビニの支払いをクレジットカードで決済する事でポイント5倍になるキャンペーンが始まりまして、私自身、ほぼ毎日何かしらコンビニで購入しておりますので、コンビニに行く際はクレジットカード決済にするように心掛けています。 ただポイント5倍キャンペーンに該当するコンビニは限られていますので、今後使える店舗が増えていけばより一層クレジットカード決済を活用していこうと考えております。

次の

三井住友カード デビュープラス!学生が持つべき5つの理由を評判付きで解説!|クレジットカード審査

三井住友visaデビュープラス 評判

三井住友カード デビュープラスは、学生や新社会人から評判の良い三井住友カードの1つです。 18歳~25歳の人しか申し込みができないという制限があるため、ポイント還元率が他クレジットカードと比較しても高く、 入会後3ヶ月は ポイント5倍(還元率2. 5%)にもなります。 初めてクレジットカードを作る人にもおすすめの1枚で、特にクレジットカードで万単位の高額な支払いをしたい時には、ポイント5倍は非常にお得感があります。 最短翌営業日で発行されるので、すぐにクレジットカードで支払いたい場合も間に合います。 実際に三井住友カード デビュープラスを利用したり、検討したりしている人からの評判や口コミ情報をTwitterから調べてみました。 5%)、それ以降もポイント2倍(還元率1%)と、三井住友カードの中でもポイント還元率が高めです。 一般的な三井住友カードの「1,000円ごとに1ポイント(還元率0. 5%)」と比較しても、貯まりやすさが倍になっています。 年会費無料のクレジットカードで還元率1%は珍しくない話ですが「三井住友カードで」となると、非常に限られます。 ノートパソコンやカメラ、大型家具、バイク、ブランドの財布など「大きな買い物」をする前に、三井住友カード デビュープラスに申し込んで、支払いをすれば、大量のポイントが獲得できます。 またiDやApple Payや楽天ペイなどの後払い型支払いサービスにも対応しているスマホ機種を持っていれば、 コンビニなど日常的な買い物でもポイントが獲得しやすいです。 代金は後日クレジットカードから支払われるので、財布にお金がない時でも買い物ができ、ATMでお金を引き出す手間や手数料もかかりません。 年間累計金額に応じてボーナスポイントプレゼント また カードの年間利用額(毎年2月~翌年1月)に応じて、 ボーナスポイントも受け取れます。 この特典は三井住友カードに共通するもので、年間累計金額ごとにステージが分かれて、各ステージの特典が1年間(翌年2月~翌々年1月)維持されます。 ステージ 年間累計額 特典 V1 50万円~100万円 50万円で50ポイント 以降10万円ごとに10ポイント V2 100万円~300万円 50万円で75ポイント 以降10万円ごとに15ポイント V3 300万円以上 50万円で150ポイント 以降10万円ごとに30ポイント ボーナスポイントは 年間累計金額が50万円以上から獲得できるので、 カードを使えば使うほど、 実質的なポイント還元率が上がるという訳です。 クラシックカード(学生カード)より長くお得に使える 学生カード比較 デビュープラス クラシック 年会費(初年度) 無料 無料 年会費(2年目以降) 年1回以上の利用で無料 在学中はずっと無料 海外旅行保険 なし 最高2,000万円 国内旅行保険 なし なし 利用可能枠 最大80万円(学生は30万円) 最大30万円 ポイント還元 ポイント2倍(入会後3ヶ月は5倍) 1,000円ごとに1ポイント(還元率0. 5%) 電子マネーiD 専用カードを発行 クレカ一体型 学生向けの三井住友カードには 「三井住友カード」もあります。 通常のポイント還元率で比較すると倍以上の差があり「クレジットカードの利用でポイントを貯めたい」と思う人には、やはりデビュープラスカードの方が使い勝手が良いです。 また三井住友カードの年会費無料は「在学中」に限定されますが、デビュープラスカードは年1回の利用(支払い)さえすれば、 卒業後も年会費無料で、ずっと使い続けられます。 卒業後は 利用限度額が80万円まで増額も可能なので、社会人になってから大きな支払いをする機会があっても困りません。 旅行保険の付帯はなし 持ってるカードの海外旅行保険調べてたけどあらためて三井住友カード デビュープラス無能だな。 早く手放したい — ぱんだちゃん🍋 BEAUTteen 三井住友カードの学生カードを作ろうと思うんだけど、デビュープラスカードでいいかな。 国内外の旅行保険がついてないんだけど、今まで旅行保険つけたこと無いしなぁという感じ。 — ミルモでポン! mktakuya 三井住友カード デビュープラスのデメリットには 「国内外の旅行保険が付帯していない」ことが挙げられます。 旅行保険とは、旅行先でケガや病気、持ち物が盗まれたり壊れたりした時などに、保険会社が費用や代金を補償してくれる安心サービスのことです。 旅行や留学の際に、三井住友カード デビュープラスで代金を支払ったり、持っていたりしても、一切の補償は受けられません。 その為「海外での補償を手厚くしたい」と考えるならば、海外旅行保険が付帯したクレジットカードを発行するか、別に海外旅行保険へ加入する必要があります。 ちなみに、三井住友カード アミティエは、 国内・海外旅行保険の補償が充実している三井住友カードです。 カードを持っているだけで補償が適用される 「自動付帯」なので、サブカードとしても役に立ちます。 三井住友カード プライムゴールドとは、 20代限定のゴールドカードで、特典やサービスが更に充実した1枚です。 例えば 全国にある空港ラウンジを無料で利用できたり、 最高5,000万円の国内旅行・海外旅行保険が付帯したりと、一般カードでは物足りなさを感じていた部分が解消されます。 三井住友カード プライムゴールドついては、下記の記事も参考にどうぞ。 カード紹介: 一方で三井住友カード プライムゴールドの 年会費は5,000円+税と 有料です。 今まで「年1回以上の利用で無料」で使い続けていた人にとっては「年会費が有料になる」ことは大きな負担に感じます。 以下の条件を満たすと、年会費1,500円+税まで値下がりするので、比較的に持ちやすくなると思います。 毎月の明細書を「WEB明細書」にする:年会費4,000円+税• 支払いを「マイ・ペイすリボ」にする:年会費2,500円+税• マイ・ペイすリボとは、三井住友カードの「リボ払い」の名称で、1回払いの利用分が自動的にリボ払いになります。 支払い方法をマイ・ペイすリボにしながら、実質1回払いにする方法については、下記の記事で解説しています。 メリット ・他の三井住友カードと比較して、ポイント還元率が高い。 ・年1回以上の利用で年会費が無料になる。 ・ゴールドカード取得までの道のりが楽になる。 デメリット ・26歳以上は申し込めない。 ・旅行保険が付帯していない。 ・26歳になった後のカード更新で「プライムゴールドカード(年会費有料)」に切り替わる。 三井住友カード デビュープラスは、 18歳から25歳までの人が申し込み可能なクレジットカードです。 年会費は無料、ポイント還元率は1%以上、iDやApple Payなどの支払いサービスにも利用可能で、はじめて持つクレジットカードとしてもおすすめ度が高いです。 「三井住友VISA」という安心と信頼のカードブランドは、持っていて全く損はありません。 学生の頃はクレジットカードの審査に通りやすい時なので、将来的なことを考えても今の内に申し込んでおけば、いざという時にも何かと役に立つと思います。 ちなみにJCBカードでも、20代向けのクレジットカードとして 「JCBカードエクステージ」を発行しています。 JCBカードエクステージは「ディズニーデザイン」が選べることでも人気があります。 三井住友カード デビュープラスとJCBカードエクステージは、下記の記事で違いを比較しています。

次の