コロナ スローガン。 なぜ日本人は「自粛しない人」をこれほど攻撃したがるのか 「コロナ自警団」が生まれる背景

風俗業界の新型コロナウイルスの影響と感染予防対策

コロナ スローガン

「おいしい、はコロナに負けない。 」をスローガンに、「困難に立ち向かい頑張って輝く個人飲食店を応援し、客と個人飲食店が支えあう」ことの実現を目指します。 フェーズ1と2でプロジェクト内容に変更はありません。 また、フェーズ1の支援者も、フェーズ2から参加したお店でチケットをご利用頂けます 今、言うまでもなく日本はコロナウイルスの影響にさらされています。 外出自粛ムードにより人の減る街、卒業式・入学式など人生に残る重要イベントの中止、コンサートや花見の宴会といった生活を豊かにする娯楽の自粛、マスクを始めとする衛生用品の不足、経済の落ち込みに対する懸念・・ ネガティブな話題を挙げればキリがありません。 確かに、コロナの蔓延を防ぐうえで、今はみんながそれぞれの立場で耐えねばならない時なのかもしれません。 しかし、ただ闇雲に耐え続けるのは辛くないですか?同じ耐えるにしても未来に希望を持ちませんか? コロナの脅威が収まった後、「ほんと、あの時は大変だったけど、俺達、私達、みんなで頑張ったよな!」と笑いあいながら美味しい料理で乾杯する。 その実現のために、皆様の力をお貸しください。 美味しい肉、食べたくないですか。 飲食店向けニュースサイトFood funに当プロジェクトが掲載されました! 【プロジェクト誕生のきっかけ】 はじめまして、今回のプロジェクト発起人、阿部和彦と申します。 横浜市港北区日吉にてハンバーガー専門店Made in handsを運営しております。 コロナウイルスの騒動後、世間では外食自粛ムードが広がり、当店でもお客様が激減しました。 個人店というのは大企業に比べて非常に脆く、一ヶ月どころか半月、開店休業状態が続いただけで潰れてしまうところが出てきても不思議ではありません。 コロナショックに苦しむ個人店主の気持ちを投稿したところ、一週間あまりで3,000人以上の方から共感を頂きました。 単純な「いいね!」のみではなく、300件以上のコメントも頂きました。 個人店主からは 『当店もお客様が減ってしまい、とても苦しいです』 『衛生対策は万全を期しているので、ぜひ来てほしい。 が、万が一自分の店でコロナになってしまったら・・と思うと、積極的に来てとは言えない・・』 お客様からは 『外食するよ!経済回すよ!』 『個人店は大変だろうし外食したいんだけど、身内に高齢者や持病を持つ子供がいるから、やはり不安です』 など。 たくさんの「助けてほしい!」「助けてあげたい!」が日本全国に渦巻きながらも、コロナによって遮断されてしまっている。 助けを求める人と助けたい人が繋がっていない。 助けを必要としている人が声をあげられない。 助けたい人が行動に移せない。 なんだこの状況は。 なんとかできないのか。 そう考えた結果、今回のクラウドファンディングを立ち上げることにしました。 どうか最後までお付き合い頂ければと思います。 新鮮で、目でも美味しいバーニャカウダ 【今回のプロジェクトで実現したいこと】 以下の3点の実現を目指します。 「困難に立ち向かい頑張って輝く個人飲食店を応援し、お客様と個人店が支え合う」ことができる仕組みを作る• 具体的には、個人飲食店を支えたいお客様、店に行きたくても売上に貢献できないお客様を集め、クラウドファンディング上にて出資 リターン付き または寄付を募り、加盟店に分配を行い、コロナ終息後の業績回復を加速させる• 独立してビジネスを行っているため孤独を感じがちな日本全国の個人店主で団結し、お客様とも一体となってこの危機に立ち向かう 日本全国にはコロナショックによる来客数激減に苦しみながらも、諦めることなく美味しい料理を作ろうとする個人店主が大勢います。 彼らが頑張る姿に共感したお客様に、当サイトにて出資または寄付をお願いします。 同時に、普段は一匹狼で仕事をしている個人店主同士が一体となって活動することで、孤独感を解消、この危機を乗り切る姿勢を後押しします。 こんな職人技が楽しめるのも、個人店ならでは 【どうやって実現するか】 実現までの具体的な流れは次の通りです。 図の中の番号順にご説明します。 今回のプロジェクトに賛同する個人飲食店には、コロナショックで廃棄になりそうな食材や余裕のできた時間で作った「新メニュー」、改めて全国の支援者に知ってほしい「自慢の逸品」を、ハッシュタグ「 YummyBeatsCorona」をつけてSNSで発信して頂きます。 支援者はSNSに投稿された美味しそうな写真や、自慢の料理に対するこだわりを見ることができます。 個人飲食店がこの苦難に立ち向かっている姿に賛同頂けるお客様にはMotion Gallery上にて出資または寄付をお願いします。 プロジェクト期間終了後、Motion Gallery手数料等を除いた支援金が事務局に送金されます。 出資金の一部は全参加飲食店に公平に分配、残りをコロナ終息後に参加飲食店共通で使えるチケット 金券 として支援者にお渡しします。 支援者はSNSで見た美味しそうな料理を投稿している店、コロナに立ち向かう姿を見て応援したいと思った店に行き、チケットにてお食事頂けます。 個人飲食店はチケット利用について事務局に報告、事務局側にて確認後、使用されたチケットと同額の現金を個人飲食店に送金いたします• 支援者、参加飲食店主は関係者限定の非公開コミュニティ facebook に招待いたします。 コミュニティ内でSNSには書ききれなかった料理のこだわりや、頑張っている店主へ直接応援メッセージを書き込むことができます。 支援者目線だと次のような感じです。 『SNSを見ていると、日本全国の個人店主から美味しそうな料理の写真や、料理の対するこだわりが投稿されてくる。 コロナで大変だろうに、みんな頑張っているんだなー。 よし、出資してみよう!少しでも励みになればいいな! コロナ終息後 さて、ようやくのびのびと外食できるぞ。 事務局から送られてきたチケットを持って、ずっと気になってたあの店に行ってみよう。 facebookのコミュニティでも店主が熱く語ってたし、その日の仕入れ次第ではSNSに載ってた裏メニューも注文できるかも。 支援者限定で開発秘話も紹介されてたし楽しみだ! 食事後 期待通りに美味しかった!何より、ずっと応援していた店主が活き活きと料理を作ってる姿が見られて、本当に良かった。 これからもちょくちょく通いたいな。 』 ・・・ちょっとクサいですかね 笑。 でも、世間が落ち込んでいる時からずっと頑張っていた店主の姿を知ったうえで、その料理を食べる瞬間は格別だと思います。 ある意味、こんな状況の時にしかできない、特別な体験になるはずです。 僕はハンバーガー屋ですが、寿司大好きです 【リターンについて】 支援方法は大きく分けて『シンプルに応援』と『出資』の2種類です。 『シンプルに応援』は1口1000円です。 頂いた支援はMotion Gallery手数料等を除いて、全額が参加飲食店主に公平に分配されます。 チケットの送付はありませんので、ご注意ください。 『シンプルに応援 運営経費サポート 』を選択頂いた場合、頂いた支援はMotion Gallery手数料と運営経費 主に宣伝広告などのPR費 に充てさせて頂き、余剰分を参加飲食店主に公平分配いたします。 こちらもチケットの送付はありませんので、ご注意ください。 『出資』は一部がMotion Gallery手数料等、チケット郵送費、参加飲食店主への公平分配金に使用され、残りが同額のチケットとして支援者に郵送されます。 チケットは1000円単位になっており、使用の際にお釣りは出ません。 郵送費には間違いなくお届けするための追跡サービス手数料が含まれます。 各支援額と使用用途の内訳は以下の通りです。 今回、コロナショックに立ち向かうプロジェクトということでMotion Gallery手数料を半額にして頂きました。 今回は『個人店の応援』が主旨ということもあり、このようにさせて頂きました。 何卒ご理解頂けますよう、お願いいたします。 代わりに、コロナ終息の際には、各店自慢の料理と接客により、皆様を精一杯おもてなしさせて頂きます。 チケットの有効期限は使用開始日から半年間を予定しております。 期限内に使用がなく、あまった支援金については全参加飲食店主に公平に分配されます。 ただ、送金までに時間がかかってしまうので、『純粋にみんなを応援したいだけだからチケットは要らないよ』という方は『シンプルに応援』を選択してください。 加えて、『シンプルに応援』『出資』の額に関わらず、今回のプロジェクトに参加した店舗と支援者 ニックネーム可 を1つのPDFファイルにまとめ、全ての出資者に送付いたします。 今回の危機に日本全国で一丸となって立ち向かった証拠になります。 Motion gallery社の決まりとして、支援金が事務局に振り込まれるのはプロジェクト終了日翌々月の第一週ごろ、すなわち5月の前半です。 それから使用されたチケットを事務局で回収して計算し・・という作業を経ると、 初回の分配は早くても6月になってしまうと思います。 コロナの終息時期次第では、さらに後ろ倒しになる可能性もあります。 つまり、 『この1,2ヶ月をもたせられるかが分からない』という方は他団体の行っている融資や支援活動の利用も併せてご検討をお勧め致します。 あくまで、世間がコロナから立ち直り、『しばらく落ち着いて外食できなかったけど、そろそろ行けるぞ!』というムードになってきた時に、勢いを加速させるものとお考えください。 本プロジェクトは2回のフェーズに分けて行います。 今回はフェーズ1です。 フェーズを2分割する理由につきましては、上記の通り、プロジェクト完了日から事務局に入金されるまで少し間隔が空いてしまいます。 苦労する店主の方々に少しでも早く分配を実施するため、まずは3月末でいったん区切ることとしました。 なお、フェーズ1と2で、プロジェクト内容については一切変わりはありません。 現時点でチケットは紙製を郵便にて送付予定です。 ただ、郵送費がかかる上に管理が手間なため、できるだけデジタルのチケットにしたいと思っています。 安全・確実に使用可能な方法が確立できた場合、郵送費は公平分配金に回します。 その際は改めてアナウンスさせて頂きます。 事務局は今回のプロジェクトにおいて手数料・手間賃などの報酬を頂きません。 ボランティアです。 あえて言わせて頂くならば、日本全国を巻き込んだこのプロジェクトを仕切らせて頂くだけでプライスレスな経験となります。 それで十分です。 基本的には事務局にご連絡頂くことになりますが、ボランティアのため、各メンバーが本業をもっております。 そのため、即時の対応はできない可能性がありますが、何卒ご了承ください。 では、デザートにプリンをどうぞ 【よくありそうな質問】 Q:チケットはいつ頃発送されるの? A:プロジェクト期間完了後、4月中には各支援者様へお届けできる見込みです。 現時点では郵送を想定しておりますが、もっと効率の良い方法が確立した場合、変更の可能性があります。 Q:チケットはいつから使えるの? A:政府がコロナの終息宣言を出すか、患者数が減り、イベントなども各地で通常開催され、もう外食に関する不安は無さそうだと判断されてからアナウンス致します。 Q:チケット、すぐ使えるようにしたらいいのに A:チェーン店スタッフや食事をしたお客様の中にもコロナ患者がいたなど報道されている通り、外食に不安を感じる方がいるのも無理はない状況です。 万が一、このチケットを使ってお食事をされた結果、感染を広げることになってしまった場合に、支援者や加盟店など各方面にご迷惑をおかけすることになります。 何卒ご了承ください。 Q:チケットの利用可能期間は? A:使用可能開始日から半年間を想定しております。 チケットは使用されてこそ、飲食店にお金が回る仕組みになっています。 短期間すぎると使い切れない可能性がありますが、あまり長期間にして温存されると本来の目的を果たせないため、半年という期間にしております。 Q:チケットはどのお店でも使えるの? A:はい、今回のプロジェクトに参加している店であれば日本全国どこでも使用可能です。 既に北は北海道から南は沖縄まで、たくさんのお店から参加問い合わせを受けております。 出張や旅行の際、旅先で支援したいお店を見つけて行く、というのも楽しそうです。 参加店数の規模に応じて、参加店リストを作る可能性がありますので、その際はまたアナウンスします。 Q:何か手伝えることないですか? A:ありがとうございます。 特にお願いしたいことが出てきた場合は協力頂けるかたを募らせていただきます。 何より、今回のプロジェクトは少しでも多くの方にこの取組を知って頂くことが重要となりますので、まずはシェアにご協力をお願い致します。 Q:他でも似たような取り組みやってますよ A:情報ありがとうございます。 その取り組みを紹介したURLなどを教えて下さい。 このプロジェクトページでも共有します。 こういった取り組みはあくまで応援・支援が第一なので、みんなで似たようなことやって、それで一人でも多くの人が救われるなら良いと思います。 東京都港区 台湾麺線 店主自ら、台湾の製麺所から直輸入してくる『麺線』が看板メニュー。 そうめんと似てるようで違う、日本では希少な台湾料理。 他にも、台湾の方も買いにくるという、本場の辛さそのままの辣椒醤や、 僕は台湾行った時あまりの臭いに断念しましたが 好きな人にはたまらない臭豆腐など、まさにリトル台湾がここに。 市場から仕入れる食材はもちろん、全国の知人から直送される食材を確かな腕で料理。 写真の水ダコは8kg超えだそうです。 沖縄県那覇市 食呑工房 平良 『メニューの無い店』という、個人店の魅力ここに極まれり。 リクエストすれば何でも作ってくれるそうですが、それ以上に興味を引くメニューがずらり。 写真はアヒルだそうで、1日漬け込む自家製のつけダレにはイエガーマイスター入り。 【想定するリスクとチャレンジ】 リスクはコロナショックそのものです。 チケット発送自体はプロジェクト終了後速やかに行いますが、使用可能開始日を明言することはできないことをご了承ください。 【最後に】 最後までお読み頂き、まことにありがとうございます。 冒頭にも記した通り、コロナショックによって日本全体が疲弊しています。 でも大丈夫です、美味しいものを作り出す店主と美味しいものを愛するお客様、我々が一丸となれば必ずこの危機も乗り越えられるはず。 beat. corona. food gmail. com まで『氏名、店舗名、店舗住所』を記載のうえ、ご連絡ください。 詳しい説明資料を送付させて頂きます。 大変だと思いますが、頑張りましょう!.

次の

トヨタはコロナに負けない! 激アツな豊田社長からのメッセージとは

コロナ スローガン

台湾と中国の「決定的な違い」 中国は今回のコロナウイルス騒動で、東アジアどころか、全世界をパニックに陥れた。 感染はむしろますます拡大している。 それでもなお、中国は台湾がWHOに参加することを「『一つの中国』の原則のもとで許可」と発言した。 SARSのときと同様、人命や健康よりも、イデオロギーを優先する国家なのだ。 李登輝は2018年に訪れた沖縄での講演で次のように語った。 「中国の覇権主義に直面する台湾は、自主的な思想を持たなければならない。 自分たちの道を歩む必要があるのだ。 (中略)民主改革を成し遂げ、民主国家となった台湾は、もはや民族国家へと後戻りするべきではない。 私たちは、幻の大中華思想から、脱却しなければならないのだ。 台湾の国民が持つ共通の意識は『民主主義』であって『民族主義』ではないのだ」 中国は「一つの民族に二つの国家はいらない」と明言している。 中華民族には、中国はひとつだけ(中華人民共和国だけ)存在すればよく、中華民国は存在しない、という論法だ。 李登輝は「民族主義」に走るべきではないと主張するが、個人的には、台湾が中国のいう「一つの中華民族」に入らない、別の「台湾民族」を打ち立てるべきではないかと考える。 例えば、コロナウイルスの感染拡大の問題が報じられた当初から台湾政府の行動は素早かった。 今のところ、台湾社会は冷静を保ち、感染者数も抑えられているようにみえる。 ネット上では「我OK、你先領」というスローガンが踊った。 「私たちは大丈夫だから、マスクが必要なところに優先して届けて」という意味である。 政府が情報を公開し、国民の安全健康第一を掲げるとともに、国民も公徳心を発揮して行動する姿は、中国のそれと対をなすものである。 これがまさに「台湾民族」を「中華民族」と決定的に異ならせる価値観になるだろう。 台湾と中国の決定的な差を国際社会に示しつつ、やはり台湾が誇るべき最大の価値観は、李登輝が打ち立てた「民主主義」ではなかろうか。 連載:.

次の

コロナウイルスに負けるな!スローガンとともに『URALA宣言』

コロナ スローガン

スローガンとは?作る目的や理由は? スローガンとは集団で掲げる目標を簡潔に言い表したもの スローガンとは集団で掲げる目標を簡潔に言い表したものです。 昔の言葉のゲール語で、鬨の声という意味の「sluagh-ghairm」という言葉から由来したと言われています。 スローガンには対象者によって色々なパターンがあります。 会社が商品などを売り出すために決めるスローガンは、キャッチコピーと言われます。 会社や学校だけでなく、ボランティア団体の広告や、デモなどの看板に使われることもあり、日常生活の様々な場所で見かけることができるでしょう。 スローガンという形で言葉を目立たせることで、その言葉を目にしたたくさんの人と、どのような目的で頑張っていけばいいのか、考えを共有することができます。 自分で口頭で伝えるよりも、スローガンを作って色々な人の目に触れやすい場所に設置した方が、より簡単に目指す方向を定めやすくなります。 スローガンを作って一緒に復唱したり同じものを認識すると、気持ちがまとまりやすくなります。 さまざまな個性を持つたくさんの人がいる中で、何もせずに集団をまとめることは難しいです。 そのため、スローガンを作ってみんなで目標を統一することで、より1人1人の共通点が増えることになり、親しみも湧きやすくなります。 みんなで力を出し合うことができる組織にしていくことができるでしょう。 また、多くの人がいる中で、仕事になかなか本気で取り組むことが難しい人もいるでしょう。 こちらの記事では、仕事に身が入らない人が考えていることや、はりきって仕事をさせるための方法が紹介されています。 1人1人が頑張ることができるようにしていきたい方はぜひご覧になって、参考にしてみて下さい。 スローガンの作り方のコツの1つ目は、熟語を使うことです。 熟語を使うと、伝えたいイメージがはっきりしやすくなります。 言葉を1人1人に詳しく説明していくことは難しいため、言葉の意味やイメージがよくわからないスローガンは多くの人に呼びかける力が弱まってしまいます。 そのため、意味がわかりやすいような熟語をスローガンに起用することで、どんな考え方をしていったら良いのか、どんな行動に努めれば良いのかわかりやすくすることができます。 漢字が使われた熟語なら、見た目がかっこいい印象を与えることができるのもポイントです。 たくさんの人に伝えたいスローガンは、簡単な言葉を使うことも大切です。 スローガンを見る人の年齢層が幅広いものになればなるほど、辞書を引かないと正しく理解しづらい言葉や英語の格言などは適していないものに分類されるでしょう。 スローガンを作る時には、スローガンを見せたい人がどんな人か、社会人なのか幼い子供なのか、おじいさんやおばあさんなのか意識することも大切です。 スローガンは、そのまま貼り付けて多くの人に見せることもできますが、みんなで一緒に声を出して読むことで気持ちを合わせることもできます。 そのため進んで声に出して読みたくなるようなかっこいい響きの言葉にできると良いでしょう。 一見しただけでは読むことが難しい言葉は、横にふりがなやルビを振るようにすると、より見た人の心を1つにまとめやすいスローガンにできるでしょう。 目に入ってくる情報のうち、人の行動や考え方を律したり罰したりするような内容のものは、見た人によっては情報を吟味する前に嫌な気持ちになって心に響きづらいことがあります。 見ることで前向きなイメージが湧いてくるような言葉を使ったり、アイディアが閃いてくるような言葉を起用するように意識してスローガンを作ってみましょう。 見た人をよりいきいきとした気持ちにさせやすくなります。 スローガンを見て、その時は何かしらの情報を受け取っても、そのまま忘れられてしまうようではスローガンとして役割を果たせていないでしょう。 より人の心に呼びかけるような、印象深い言葉になるように工夫することが大切です。 あえてダジャレを使ってとんちのきいた言葉遣いにしてみたり、はっとさせられるような内容の言葉にしてみましょう。 町中のポスターの言葉を参考にしてみるのも良いでしょう。 特に長く業務を続けている会社では、繰り返されていく仕事にだんだんとやりがいを見出しづらくなったり、月日とともに目的を見失いやすくなることがあります。 初めの志を変わらず抱いて貫き通すことを意味する初志貫徹という言葉をスローガンにすることで、潔いイメージやまっすぐに進んでいく明るいイメージを印象付けやすくなるでしょう。 真心を忘れずに、という言葉は、誰でも読みやすいだけでなく優しいイメージを思い起こしやすいでしょう。 忙しい仕事の中で、ついつい気持ちも焦ってしまうことはよくあります。 このスローガンを掲げることで、苛立ってしまいがちな心を冷静に保ちやすくなるでしょう。 また、いつもよりも気遣いを意識した行動を取りやすくなります。 特に工事を行ったり、使う時に注意が必要な機器を取り扱っている会社などに効果的なスローガンです。 よく使われやすいフレーズなので、目にした時に頭に入ってきやすい標語であることもポイントです。 もともと注意している姿勢があれば、事故のリスクを減らすことができます。 当たり前に感じられる言葉でも、スローガンとして目に触れることでより念頭に置きやすくなるでしょう。 あいさつという言葉をあえてひらがなで書くことで、挨拶によって生まれる温かい人の繋がりや優しいイメージを与えやすくなります。 また学校の低学年の子供に見せるスローガンとしても読みやすくなるため適しているでしょう。 子供によっては、意識していないとものを散らかしてしまう場合もあるでしょう。 みんなで声に出して読むことで、ものを汚してはいけない、というイメージを与えやすくなります。 中学校や高校などでは、長い言葉をスローガンにするよりも、簡潔な短い言葉をスローガンにした方がスマートな印象になりやすくなります。 特に、未来を感じさせるような短い熟語をチョイスすると良いでしょう。 スローガンについて知って活用しよう スローガンについて知って、上手に活用しましょう。 スローガンを作ることで、たくさんの人と共通した気持ちを抱くことができるでしょう。 作り方のコツも踏まえた上手なスローガンを発表できれば、よりみんなのやる気を高めることもできます。 特に会社や学校などでは、集団の協力が大切になります。 スローガンを有効に活用して、たくさんの人の士気を高め、みんなでいきいきとした時間を過ごすことができるようにしていきましょう。 また、スローガンで目標をはっきりさせたら、目標に向けて努力することも大切です。 こちらの記事では、社会人がこつこつと勉強するための方法が紹介されています。 上手にスケジュールを決める方法やどんな勉強がおすすめなのかも説明されています。 目標を立てて頑張りたいと考えている方はぜひチェックしてみて下さい。

次の