すもも ジュース の 作り方。 すももをサワーシロップに、しゅわっと簡単プラムシロップの作り方

【みんなが作ってる】 プラム ジュースのレシピ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが333万品

すもも ジュース の 作り方

スポンサードリンク 梅ジュースの作り方は? 初めて梅ジュースならまずは 基本の簡単な作り方を試してみましょう。 材料もいたってシンプル! 青梅と氷砂糖の2つだけでできちゃいますよ。 さっそく手順をご紹介しますね ~材料~ 青梅 1キロ 氷砂糖 1キロ ~瓶の消毒~ 梅ジュースを作る前に瓶を殺菌し準備をしておきましょう。 小さめの瓶なら鍋に入れて煮沸消毒を。 お鍋に入らない瓶ならやかんにお湯を 沸かして回しかけ全体を熱湯消毒します。 お湯をいきなりドバットかけてしまうとガラスが割れやすいので ぬるめのお湯を注ぎいれて瓶を回し温めてから 全体にお湯をかけて消毒しましょう。 どちらの方法もお湯での消毒が終わったら 乾いたふきんにふせて乾燥するのを待ちます。 心配な場合は乾いた後に焼酎などを使って 念入りに消毒してもOKです ~作り方~ (1)青梅を流水で丁寧に洗います。 全部洗い終えたらボールにたっぷりの水と 梅を入れて2時間くらいあく抜きしておきます。 (2)水から引き揚げて竹串でヘタを取り除きます。 (青梅は金っけが嫌いとされているので 金属ではない竹串を使います。 なければ楊枝でもOK) 梅を傷つけないよう気をつけてやってくださいね。 キッチンペーパーでしっかり水分を拭き取りましょう。 一番上は氷砂糖になるようにつめてくださいね。 氷砂糖が溶けるスピードはゆっくりめ。 なので、梅のエキスが出てくるスピードと 氷砂糖の溶けるスピードがちょうどいいので 初心者さんなら失敗の少ない氷砂糖を使うのがマル。 4~5日するとお砂糖がだんだん溶けてくるので 毎日軽くビンをゆすると砂糖が溶けやすいです。 梅の表面が乾くと発酵してしまうこともありますので ゆすって砂糖水をかけて全体に行き渡るようにします。 (5)2~3週間後にはおいしくなっている頃ですので そろそろ梅を取り出しましょう。 しわしわになってエキスが完全に抜けた梅を取り出し シロップだけを鍋に入れてごくごく弱火で あくをとりつつ15分程度火にかけます。 その後完全に冷ましたら消毒した 瓶に入れて冷蔵庫で保存しましょう。 梅酒を仕込んだ瓶に戻す方もいるようですが やはり新たに瓶を消毒してきれいなものに 入れ替えたほうがいいです。 梅ジュースの砂糖が溶けない時は? 梅と砂糖をちゃんと入れたはずなのに 瓶の底に溶けないお砂糖がたまってる! なんて時あると思います。 さてどうやって対処したらいいのでしょうか? 氷砂糖で作ったならあまり起こらないとは思うのですが 気温によっては砂糖がとけきらないこともあります。 そんな時は瓶を横に倒してゴロゴロ転がしてみたり 上下さかさまにしてお砂糖を底からはがし梅とまぶしましょう。 数日かかると思いますが動かしていると必ず 砂糖が動きますので気長にやってみてくださいね。 上下さかさまにする時はふたがしっかりしまっているか確認し 中身をドバっとこぼさないように注意しましょう! スポンサードリンク 梅ジュースに泡や濁りが出た時は? 梅ジュースを作り終えて寝かせている間に 白い泡が出たり濁ったりすることがあります。 白い泡がしゅわしゅわ出ていたり、 濁りが出る時は発酵している証拠。 梅を取り出しお鍋に液体だけを入れ弱火で煮ます。 まだ梅がふっくらしているようなら 再度消毒して乾かしておいた保存瓶に 火を通して完全に冷ました液体とともに入れて寝かせましょう。 反対に梅がシワシワになっているようなら エキスはもう出ているのでこれで出来上がりにしましょう。 別の保存瓶に液体を入れて冷蔵保存します。 濁りや発酵してしまう原因は色々あります。 ご紹介したレシピなら起こりにくいと思うのですが 部分的にお砂糖の濃度の低いところがあったり 熟した梅で作ると濁ったり発酵することがあります。

次の

すももジュースの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

すもも ジュース の 作り方

すももも桃も桃の内という言葉がありますが、すももはバラ科サクラ属の落葉小高木であり、桃とは別の種類の植物です。 名前の由来となっているのは、桃に比べて酸味が強いということです。 つまり、酸っぱい桃という意味になります。 なお、ミラクルフルーツとして知られているプルーンは西洋すももの一種です。 このために、すももには美容と健康に有効な豊富な栄養素を含んでいます。 日本では、山梨県での生産が盛んであり、全体の約34パーセントを占めています。 6月の下旬から8月中旬に収穫されます。 すももに含まれている栄養素を効率的に補給する為に有効なのが、丸ごと使用したすももジュースです。 皮ごと使用することにより、美容の大敵である便秘を改善する食物繊維も摂取できます。 つまり、美味しいというだけではなく健康や美容にも効果を期待できる点が、すももジュースの優れているポイントであり作る上での目的となっています。 すももジュースの色は、見ているだけでも楽しくなるような自然なピンクで、子供が居れば大喜びする様な内容です。 家族そろって楽しめるということも作る理由となります。 美容と健康にメリットがあり、様々な楽しみ方が可能ということがすももジュースの魅力です。 すももには、ビタミンやミネラルなどの豊富な栄養素が含まれていますが、特に多いのが葉酸です。 この栄養素は、赤血球の形成をサポートする水溶性のビタミンであり、胎児の正常な成長に寄与する非常に重要な役割を担っています。 このために、妊娠を計画している女性や妊娠初期の状態には必要不可欠となります。 さらに、老化や病気の原因物質である活性酸素の働きを抑制するビタミンEも豊富に含んでいます。 活性酸素は、鉄が赤く錆びるように細胞を老化させてしまう物質で、年齢を重ねるにつれてトラブルを起こす確率は高くなります。 ビタミンEは、この物質の働きを阻害するので、細胞の老化を防ぐことができます。 すももジュースを飲むことにより、赤血球の形成と老化の防止の両方の効果を得られるというメリットがあります。 特に、葉酸は熱に弱く壊れてしまうという性質を持っているので、食品による摂取はそれほど簡単ではありません。 すももジュースであれば、効率の良い補給が可能となります。 このために、特に女性におすすめできる内容を備えており、世代ごとに異なった効果を得ることができます。 楽しみながら健康をキープしたいという人に、もってこいのジュースと言えます。 すももジュースに必要なものは、原料になる生のすもも、すももの総重量の半分程度の砂糖、水の3つだけです。 すももを煮るための大きめの鍋と、作ったすももジュースを保存するための容器も用意しておきましょう。 すももには赤や黄色、赤紫色など様々な種類がありますが、色が深くて濃い品種のものを選ぶと色素がきれいに出るので美しい色のジュースに仕上がります。 レモン汁を加えると色が鮮やかになり、爽やかな香りも付くのであれば材料に加えておきましょう。 大人向けの味わいにするなら氷砂糖とリカーを使ってすもものお酒を作ることができます。 その場合はすもも700グラムに対して氷砂糖500グラム、リカー100cc程度の割合で材料を用意します。 すももジュースはすももだけでなく桃やプラム、梅などにも応用したり、他の果物を一緒に混ぜて作ることも可能です。 水やリカーの代わりに酢を使えば健康食品のすもも酢にもなります。 保存用の容器は使用前にきれいに洗って水気を取って、雑菌が付着しないように気を付けてください。 砂糖の量はすもも本体の甘さや自分の好みで自由に調節することができますが、あまり少ないと酸味が目立ち日持ちしない仕上がりになるので注意しましょう。 すももジュースの手作り方法はとても簡単です。 まずはすももを洗って表面の汚れを落とします。 無農薬栽培のすももが望ましいのですが、なければしっかりと皮を洗ってきれいにしておきます。 皮と種はそのままで、すももを丸ごと鍋に入れ、砂糖を加えます。 すももが1キロなら砂糖は500グラムくらいの割合です。 あればレモン汁も適量を一緒に加えておきます。 すももの重量と同量の水を入れて、鍋を火にかけます。 沸騰すると皮が剥けてきますが、そのまま火を弱火にして砂糖が完全に溶けるまで7~8分程度煮ます。 火を止めて、鍋のままで最低2~3時間ほど置いてすもものエキスを抽出します。 このとき皮からきれいな色素が出るので、触らずにそのまま放置しておきます。 冷めたらすももを取り出して、ジュースを保存容器に移します。 皮や果実のかけらが気になる場合はろ過しながら容器に移しましょう。 冷蔵庫でよく冷やせば出来上がりです。 実はコンポートとしてそのまま食べたり、ジャムなどに加工して再利用できます。 すももジュースはそのままでも、炭酸水で割ったりお酒と混ぜてカクテルにしたり、様々な楽しみ方ができるので、自分だけのアレンジレシピを見つけて楽しんでみましょう。 すももジュースの手作り方法は、まずはすももを良く洗うことがスタートです。 容器の瓶は煮沸して、リカーを全体に行き渡らせて消毒しておきます。 すももの水気を取った後に、瓶に氷砂糖と共に入れます。 1日に2~3回瓶を振り、氷砂糖が溶け切ったらすももを取り出し完成です。 このすももジュースの作り方であれば、一切熱を加えないのでビタミンCや葉酸などの熱に弱い性質を持つ栄養素が壊れることはありません。 このために、有効成分をそのままの状態で補給することができます。 ただし、健康面にそれほど注意を払わずとにかく早く作りたいという人の場合は、加熱して作るという方法もあります。 加熱する場合は、その日の内に楽しむことが出来ます。 すももジュースは、そのままでも味わうことは出来ますが、炭酸や焼酎に加えるという楽しみ方も可能です。 切れ味のある酸味が特徴であり、美しいピンク色と共に爽快な気分を体感出来ます。 なお、取りだしたすももの種と皮からジャムを作ることも出来ます。 こちらも甘酸っぱい上品な味であり、ヨーグルトに入れたりパンに塗るなどの色々と楽しめる内容です。 すももを丸ごと無駄なく使えるのも、すももジュースを作る上での魅力です。

次の

すももジュースの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

すもも ジュース の 作り方

シードルの作り方(随時更新) リンゴジュースとさえ買ってくればとても簡単に出来るシードル。 Cider と書いてフランス語読みでシードル。 英語読みでサイダー。 日本だとあまり馴染みはないけど、簡単で失敗もしづらいから自家の最初として向いている。 自分でいろいろ作ったレシピを載せていきます。 ひたすら簡単な仕込み方はこのリンクで! 注意 レシピは諸外国で仕込む場合の量となっています。 日本国内ではアルコール度数1. 出来上がったものを飲むのではなく、パン作りのとして利用する場合は問題ないという説もあります。 私はお酒を作る過程を楽しんでいるため、1. まずはここから。 濁り具合や甘みの変化を覚えるために毎日試飲するのも良い。 途中で飲んでも良い。 発酵中なら微発泡。 半分はのエネルギー、半分はアルコールに変わる。 ジュースの場合は"糖質"で判断する。 これを利用してアルコール度数0. 9以下にする場合はジュースを水で割ります。 基本シードルの作り方2 ドライタイプ 特徴:アルコール度数高めにできる。 ワインぽい感じになる。 とにかく安く酔えるためのお酒づくりしたい人向け。 しかし、時間がかかる上、味もぶれやすい。 あんまりお勧めできない。 砂糖の香りが強く残る場合もある。 自分で瓶内二次発酵できるのはなかなか感動。 瓶(ペットボトル)詰めタイミングが以外と難しいので何回か作って仕込みタイミングを覚えるのが大切。 スッキリしつつ爽やかなリンゴの香りがして、ジュース感覚で飲める。 スティックシュガーがおすすめ。 クリアになってからだとが瓶内で活動してくれなくて発泡しない。 【研究中】スパークリングシードルの作り方1. 1 特徴:1. 1段発酵。 予備発酵によりト臭を減らせる。 0 特徴:2段階発酵。 追いジュースによりフルーティさが増す。 後半に入れるのでその後の発酵が進みづらい。 入れるタイミングも難しい。 瓶詰め後1ヶ月ではまだ甘みが強く。 2ヶ月でようやく美味しくなる。 12 特徴:臭低減1. プ(加糖)にジュースを使う。 0をもう少し手軽にした感じ。 寝かせ時間は変わらなそう。 同じ容量ので揃えると見た目が良いです。 意外と安く売ってるし見た目が良い。 温度管理 大体18度~35度くらいあれば発酵します。 (使うトによって微妙に変わる) 普通に生活している部屋であればその範囲に収まるのでそこまで意識しなくてもいいと思ってます。 温度による味のブレはむしろ自家の醍醐味かと。 ただ、初日は注意。 活発な発酵までは短時間で持って行かないと他の雑菌に負けて、失敗となります。 なので初日だけは温度に気をつけましょう。 yulluy.

次の