コテ 人気。 【2019】おすすめコテ・ヘアアイロン15選♡理想のゆる巻きに

ブランドヘアアイロン人気ランキング2020!サロニアやクレイツなどのおすすめプレゼントを紹介

コテ 人気

髪の毛をスタイリングするのに欠かせないヘアアイロン。 プチプラで人気のサロニアや、プロも愛用するクレイツまでさまざまなメーカーから発売されています。 またマイナスイオンやスチームなど付加機能も多岐にわたるので、どれが本当に使いやすく優れたヘアアイロンなのか迷ってしまいますよね。 今回は Amazon・楽天・Yahoo! ショッピングなどで売れ筋上位のヘアアイロン95商品を比較して、最もおすすめのヘアアイロンを決定したいと思います。 比較検証は以下の5点について行いました。 ストレートにするスピード• 仕上がり• 設定温度になる早さ• 使い勝手のよさ• キープ力 果たしてどの商品が最強のベストバイ商品なのでしょうか?ヘアアイロンの選び方のポイントもご説明しますので、ぜひ購入の際の参考にしてみてください。 ここからは、Yahoo! ショッピング・Amazon・楽天・価格comなどで売れ筋上位のヘアアイロン95商品を全て集めて、ヘアアイロンの種類ごとにどの商品が最も優れているのかを検証していきます。 ストレートアイロン 43商品• カールアイロン 41商品• コードレスヘアアイロン 11商品 上記の選び方のポイントを踏まえ、それぞれ以下の検証を行いました。 また、仕上がりの美しさは素晴らしく、 サラサラなのにツヤがあり、毛先までほどよくまとまったナチュラルな仕上がりは、検証中にスタッフ陣から感嘆の声が漏れるほど! ほどよく丸みを帯びたフォルムは カールアレンジもラクラクで、かつ海外でも使用できるので、対応地域なら世界中どこでも簡単にストレートヘアを作ることができますよ。 どのストレートアイロンがいいか悩んでいる、とにかくいいストレートアイロンが欲しい!という自分買い目的の方にはもちろん、プレゼントとしても自信をもっておすすめできるストレートアイロンです! 海外メーカーのヘアアイロンで、珍しいカラーリングが特徴的。 さらに、プレートがしっかり内側に入っていて安全なのにも関わらず上品なカールを作ることができますよ。 仕上がりもかなりきれいでまとまりのあるナチュラルなヘアスタイルが作れますが、クセが極端に強い箇所は伸ばしきるのにかなり時間がかかってしまうのが唯一の欠点。 使いやすく、立ち上がりスピードが速いものを探している人にはうってつけです! 堂々の第一位に輝いたのは、人気ヘアサロンMINXがプロデュースした「LAVIEL カールアイロン」でした!いずれの検証項目も優秀な成績で、特に仕上がり・キープ力が優れていました。 根元から毛先まで、均等にカールが作れていてボリュームも十分。 上品な仕上がりになります。 また、6時間置いておいてもボリュームが少し失われただけで、 カールははっきりと残りました!これならスタイリング剤がなくても、ヘアスタイルがきれいに保てます。 使いやすさも抜群で、いずれの項目もクリア。 柔らかいバネで髪の毛をなんなく挟め、プレートの滑りがいいので髪の毛にダメージを与えずにスタイリングできますよ。 設定温度に達したら、音が鳴って教えてくれるのも嬉しいポイントです。 シンプルなボタンで操作性もよく、まず買って損はありません!どれにしようか迷っている人は、まずはこのカールアイロンを検討してみてくださいね。 クレイツのヘアアイロンの中でもかなり人気の製品。 公式サイトでも売り切れ続出になることが多く、また、プロの美容師からの人気もかなり高いです。 人気の秘密は立ち上がりが速いこと。 今回の検証では、 設定温度に到達するまでたった47秒とかなりのスピードでした。 カールアイロンは1分以内で温度が上がるものは多くないので、より速くスタイリングしたい人には強くおすすめします。 ツルツルのプレートは滑りも最高によく、 優しくキャッチしながら滑らかにカールをつくることができます。 ボリュームは控えめでしたが、はっきりとしたカールが簡単に作れるので、 とにかく速く・きれいにヘアスタイルを作りたい!という人には自信をもっておすすめします! 多くの美容院で支持されているブランド、NobbyとTESCOMがコラボレーションした「Nobby by TESCOM」のヘアアイロンが3位を獲得! 温度上昇速度が48秒と非常に速く、忙しい朝でもストレスなく使えるうえ、使っているうちに温度が下がってしまっても、素早く温度が上昇するので最後までしっかりカールを作ることができました。 そのおかげで仕上がりとキープ力は高評価!ボリュームこそ落ち着いてしまったものの、 毛先までくるんとしたカールが6時間後もほとんど残っていました。 アボカドオイルでコーティングされているというパイプも非常に滑りがいいので、 髪の毛を必要以上に傷つけないですみます。 スタイリッシュなデザインの実力派ヘアアイロンを探しているという人に、自信をもっておすすめします!.

次の

傷みにくいコテ・アイロンの選び方は?

コテ 人気

おすすめ度 アイビルDHヘアアイロンは旧モデルのヘアアイロンですがまだまだ人気のヘアアイロンです。 ヘアアイロンのは温度が上がるスピードも速くスイッチを入れてから30秒ほどで設定温度になるので忙しい朝でもスイッチを入れてすぐに使用できるのがうれしいポイントです。 また、対応温度が幅広く設定できるので 健康な髪の毛~ダメージ毛の方に幅広く対応できます。 アイビル製のアイロンは熱に弱いウィッグなどにも使用できるので迷ったらアイビル製のヘアアイロンがおすすめです。 アイビル製のヘアアイロン購入する時期によって付属の商品が変わりますがお値段以上の商品が付属されるので購入するにはお得なヘアアイロンです。 現在は熱いコテを安全に置けるシリコンカバーとワニワニクリップがついていますが、在庫によって付属の商品は変わるので欲しい付属のパッケージを探しても面白いです。 アイビル製ヘアアイロンはプロ用ですので家電量販店では置いていないのであまり触れる機会がないと思います。 とても耐久が高いヘアアイロンなので毎日10人程使用しても10年は壊れない耐久性を誇っているので多くの美容室で使用されております。 リーズナブルで使い勝手の良い素晴らしいヘアアイロンです。 髪の毛に触れる金属部分は特殊アルミ合金で従来の物より約30%重量がダウンしています。 軽量化されただけでなく髪の毛の巻く部分に 特殊コーティングを施す事によって耐久性がUPしています。 その他にも温度表示がデジタル表示になっていたり、 温度になるまでの時間が従来品より格段に早くなっています。 個人的にはそんな所よりもアイビルヘアアイロンの初代と同じでコテの部分がツルツルになって戻っている所が一番嬉しいポイントです。 実はアイビル製の初代ヘアアイロンはこのD2アイロンと同じように表面はツルツルでした。 しかし、製品の耐久性を上げる為にコーティングされた2代目モデルはチタンコーティングの部分がざらざらしていて非常に巻きにくく少し残念でした。 そんな事もあり、2代目のヘアアイロンはすぐにざらざらの面のをツルツルにコーティングする事によってなんとなくツルツルした感じにはなっていましたが初代のツルツル感とはまた別物でした。 そんな時代もありましたが今回のD2ヘアアイロンでまた同じように一番操作性のよいツルツルボディーに戻りました。 これが個人的に一番うれしいポイントでアイビルD2アイロンを一番おすすめる理由です。 種類がとても多くて同じような感じの商品がありますが家電量販店で販売しているモデルと美容室で販売しているモデルでデザインが違うので注意しましょう。 クレイツ製のヘアアイロンを購入する際に注意しないといけないのが マイナスイオンが出るからといって決して髪の毛が良くなるという事が無いので注意しましょう。 クレイツ製のヘアアイロンは非常に人気ですが中国製なので私達美容師が毎日使用すると故障するのが早い商品イメージです。 ヘアアイロンなどの電子機械は使用時間(耐久時間)が決まっているので私達のように頻繁に使用する場合はちょっと不向きな感じですが家庭で使用する分には1日数分なので耐久性はあまり気にしないようにしましょう。 また、最近はクレイツも故障しやすいというイメージを脱却したいのかメーカー保証期間が長くなっている事が多いので購入する際には保証期間の長さも考慮すると良いと思います。 (クレイツ公式販売店だと長くなっています。 ) また、クレイツ製のへアイロンでその他に注意しないといけないのが 高温設定しかできなく低温が無いので髪の毛が太い方や剛毛の方いおすすめですが髪の毛が細い方やダメージがある方には 低温の出るタイプのヘアアイロンを選びましょう。 高温が出るタイプが多いのでスタイルを作りやすいのですがダメージ毛やウィッグに使用できないので対応温度を見て購入しましょう。 表面がイオンセラミックでコーティングされているので髪の毛へ直接金属が触れないようになっています。 髪に触れる部分がコーティングされているので比較的ダメージを与えないようになっておりますが髪の毛が傷まないと言うわけではないので 温度調節はしっかりして使用しましょう。 設定した温度になるのは30秒程で比較的すぐに使用できます。 最低温度が高めの温度なのでダメージ毛やウイッグに使用する際には髪の毛にカールローションを使ったり洗い流さないトリートメントを使用してなるべく保護しましょう。 クレイツイオンカールアイロンはコテ巻き上級者の方におすすめのヘアアイロンで素早くカールを作れる方におすすめです。 巻き髪を慣れていない方は髪の毛に熱を与えすぎてしまうのであまりおすすめではありません。 クレイツ・アフロートモデルはかわいいだけでなくコテの表面がイオンセラミックではなくイオンゴールドになっているので髪の毛を挟んだ時に滑りやすいのが特徴です。 コテのサイドの部分にグリップが付いているのでしっかりはさめばすべりにくく、グリップを開いた状態で巻くと滑りやすいので巻きやすいヘアアイロンです。 ヘアアイロンの中に入っているヒーターが2枚ヒーターなので温度が下がりにくく巻きやすいのが特徴です。 現在はヘアアイロンがリニューアルになりネットでなくなり次第新しいモデルになります。 仕様はほぼアフロートモデルと同じなのですが 対応温度が少し違う事と海外でも使用できる所が違います。 グレイスカールは海外でも使用出来るように100V~240V対応なので変換機を使用しなくてもコンセントに入れば使用できます。 お隣の韓国や中国は200Vなので変換機が無くてもコンセント変換プラグさえあれば使用可能です。 折りたたみ式もありますが壊れやすいので旅行にはクレイツ・グレイスカールヘアアイロンはが一番可愛いですし使い勝手の良いヘアアイロンです。 おすすめ度 クレイツ・プロフェッショナルヘアアイロン。 一応プロ向けのヘアアイロンで流通の関係で少し価格が上がります。 こクレイツ・プロフェッショナルヘアアイロンは表面のコーティングがイオンチタンニウムでコーティングされているので巻く部分の耐久性が上がっているのと滑りやすいのが特徴です。 アフロートモデルのヘアアイロンと同様に2枚ヒーターが採用されている事と巻く部分が 滑りやすい加工と側面にグリップが採用されているので非常に使いやすいです。 巻くのが苦手な方は通常モデルより巻きやすくなっていてさらに温度調節の幅が広いのでおすすめのヘアアイロンです。 アフロート・コラボモデルとほぼ同じ性能なので後はデザインと対応温度が細かくできるという所だけなので髪質・ダメージ・使用用途・デザインで選びましょう。 造りもアイビルのヘアアイロンと同じで非常に使いやすいです。 この他にもスチーム付きや冷風機能がついたものもありますが値段が高く使用するのが段々めんどくさくなって来て使用しなくなるのでスーチーム付きの物はあまりオススメはしません。 また、いろいろな機能が付いている分ヘアアイロンが重くなるのでシンプルなタイプがおすすめです。 また、プロ用より家庭用のヘアアイロンは耐久性ががないと言っても丁寧に使用して一日一回の使用頻度であれば 10年は持ちます。 頻繁に使用する方や美容室で使う分には早く壊れるので注意しましょう。 ヴィダルサスーンの商品はリニューアルが早いので同じタイプを買おうとしても無い事もあるので注意してください。 ピンク色のコーティングしているタイプが滑りにくく使いにくい方はこちらの表面がツルツルの方をおすすめします。 取っ手部分のストーンがとてもかわいいのが特徴なのとシンプルなデザインが使いやすいヘアアイロンです。 専用ヘアアイロンカバー付で便利です。 プロがおすすめするヘアアイロン・まとめと総評 今回は安くてリーズナブルという事でお値打ちなヘアアイロンをご紹介しましたがで解説しているのでそちらをご覧ください。 今回のおすすめヘアアイロン3社のまとめは以下の通りになっております。 また、ヘアアイロンでが重要なので良いヘアアイロンを選んだ上で太さも検討してください。 アイビル製ヘアアイロンはこんな方におすすめ 一番おすすめなヘアアイロンはやっぱりアイビル製のヘアアイロンです。 ダサいけどシンプルな構造で初心者の方にも使いやすくなんといっても安いという所が一番のおすすめなポイントです。 ネット通販のおかげで一般の方にもリーズナブルに購入できるので本当にオススメの一品です。 インターネットで購入する際には修理や不具合があった際にどう対応してくれるかだけはしっかり確認をしておきましょう。

次の

【クレイツ】コテの違いや種類が一目でわかる比較記事!ズバリおすすめはこれだ!

コテ 人気

巻き髪を作るため、髪のクセを伸ばすため、コテ カールアイロン やアイロン ストレートアイロン が欠かせない方、多いのではないのでしょうか? そんな日々の身だしなみによって積み重なる、髪へのダメージ… 毎日使うものだからこそ、髪に優しいコテ・アイロンを選びたいですよね。 今回は、日々のスタイリングでダメージに繋がる主な原因や習慣と 傷みにくいコテ・アイロン選びのポイントをご紹介します! 実はそれ、髪をいじめているんです!! 髪の毛は、濡れている状態が一番デリケート。 髪の表面にある「キューティクル」が、水分によって柔らかくなっており タオルでゴシゴシするだけでも傷つくことがあります! キューティクルが傷つき剥がれると 髪の質感やツヤ感の低下、枝毛・切れ毛の要因になるばかりかキューティクルが剥がれた後は、髪内部の成分が流出してしまうことも… また、髪の毛は8割以上がタンパク質で出来ています。 生卵に熱を加えると、ゆで卵になるのと同じ原理で髪の毛だって、熱を与えすぎると固まってしまいます。 髪内部のタンパク質が集まって固まってしまうと、 あちこちに埋まらない空洞 ダメージホール が出来てしまい、キューティクルが剥がれた場所から、髪内部の成分や水分が流出しやすくなります。 さらに!! 髪の毛は、「髪が乾くその時」にしか、形が決まりません。 これは、「水素結合」と呼ばれる髪内部の性質が関わっているためです。 この水素結合は、髪が濡れている・湿っているときは結びつきが切れており、「もうちょっとで髪が乾く」といった時に、固定され始めます。 つまり…濡れ髪・湿り髪にコテやアイロンを使った場合は、乾ききるまで髪の表面にあるキューティクルを痛めつけつつ、髪内部に埋まらない空洞 ダメージホール を作ることとなります…!! 髪をいじめることの無いよう、ドライヤーできちんと乾かしてから コテ・アイロンを使いましょう! しかし、カールがつかない・ストレートに伸ばせないからと言って 同じ毛束に何度も、じっくりとコテ・アイロンを通す行為は 髪へ過度に熱を与えることとなり、かえってダメージに繋がる恐れも… それならば、 高めの温度・短時間でカールやストレートを作る方が 仕上がりはもちろん、 髪の傷みも少なく済みます! コテ・アイロンを毛束にあてる時間も重要です! 長くても 5秒をめどに、コテ・アイロンを外すようにしましょう。 コテは、巻き込んで熱を与える時間を3~5秒をめどにします。 アイロン(ストレート)は、毛先に向かって3~5秒間でゆっくり滑らせます。 つまり、アイロンをあてる時間が 3~5秒程度でしっかり形がつく温度が適温という事になります。 コテ・アイロンを使う前は、必ずブラッシングを行いましょう! さて、ダメージに繋がる 「濡れ髪」「温度・時間・毛束の量」「摩擦やひっぱり」についてご説明して参りましたが、いよいよ本題の 「傷みにくいコテ・アイロン選びのポイント」をご紹介します! 髪質によって、プレート・パイプの加工を選ぶことで 摩擦や熱による髪へのストレスを減らすことが期待できます! 髪の傷む原因や習慣、うっかりやっていませんでしたか?

次の