持続化給付金帳簿 書き方。 【解説】持続化給付金の申請方法と必要書類を詳しく解説

これさえ読めば、100万円の「持続化給付金」の申請ができる。「白色申告」で「事業収入」のある、フリーランス用。

持続化給付金帳簿 書き方

<目次>• は、「世帯」を単位として、受給の判断がなされます。 一方で、新型コロナウイルス感染症の影響を受け、事業に大きな影響を受けた場合には、別の給付金が用意されています。 その制度の名称はといいます。 先ごろ、この持続化給付金の概要が発表されたので、同制度の給付対象者、給付金額、給付対象者の判定基準、申請に必要な資料や申請から給付に至るまでの期間について整理しておきたいと考えます。 給付対象者は誰? 「持続化給付金」についてによると(以下、この記事内では同資料ということにする)、中堅企業、中小企業、小規模事業者、フリーランスを含む個人事業者を広く対象とし、また、医療法人、農業法人、NPO法人、社会福祉法人など、会社以外の法人についても幅広く対象とする旨の記載があります。 ただし、資本金10億円以上の大企業は対象とはなりません。 したがって、中小零細企業の経営者、小規模事業者、フリーランスの多くの方は「もしかしたら受けられるかも」という前提に立って準備をはじめておいたほうが良さそうです。 給付金額はいくら? 法人であれば200万円が限度、個人であれば100万円が限度とされています。 ただし、昨年1年間の売上からの減少分を上限とし、売上が前年同月比で50%以上減少している者が対象となります。 また、 2020年1月から2020年12月のうち、2019年の同月比で売上が50%以上減少したひと月を事業者の方が任意に選択できる旨の記載があるので、受給準備をはじめられる方は、2020年1月以降の月別の売上をキッチリ把握していく、ということが重要になります。 給付金額の算定 ポイントは3つ 同資料に掲載されている算式は以下のとおりです。 飲食店を経営している中小企業の2019年の月別の売上がおおよそ120万円、年間売上1440万円だったとします(わかりやすくするためにザックリしたケーススタディとしています)。 その後、2020年の集計をはじめたところ、2020年の1月と2月の月別の売上がおおよそ120万円だったものの、新型コロナウイルス感染症の影響を受け3月の売上が80万円、4月の売上が50万円に落ち込んだとします。 したがって、現段階でできることは• 昨年、あるいは前事業年度の売上額の把握• 昨年、あるいは前事業年度の月別の売上額の把握• 2020年1月以降の月別の売上額の把握 の3点です。 申請に必要な資料はなに? 経済産業省が現段階で提出をもとめている資料は法人と個人で下記のとおりとなります。 法人番号• 2019年の確定申告書類の控え• 本人確認書類• 2019年の確定申告書類の控え• 減収月の事業収入額を示した帳簿等 とされています。 申請に必要な事項の詳細等については、4月最終週を目途に確定・公表するとありますので、それを待ちたいと考えますが、法人番号については国税庁ホームページで確認ができますし、本人確認書類もマイナンバーカードやマイナンバー通知カード&運転免許証といったように税務申告においてすでに採られている方法も候補のひとつになるでしょう。 すでに税務行政で採用されている本人確認の方法 (出典:総務省資料より) 2019年の確定申告書類の控えについては、いつでも提出できるようにコピーやスキャンニングしておくことが重要ですし、減収月の事業収入額を示した帳簿等については月別の売上額がわかる試算表・推移表(名称は各会計ソフトによって異なる)を用意しておくといいのではないでしょうか。 なお、給付金は申請者の銀行口座に振り込み予定ですので、法人であれば法人名義の口座、個人事業主であれば個人名義の口座を用意することとなります。 その他、受給手続きの実務上の注意点は なお、申請方法については 「Web上での申請を基本とし、電子申請の場合、申請後、2週間程度で給付することを想定」とあるところから、郵送申請や窓口申請を否定しないものの、電子申請に優位性があると考えています。 なりすまし申請や受給手続き詐欺といったことについても注意が必要です。 それでもなお、「自粛要請に応じて休業した場合も対象となるのか」「個人事業の場合、総務省から発表されている生活支援臨時給付金は併用が可能なのか」「2020年1月以降に開業したので比較できる前年売上がない」「個人事業から法人設立した場合の前年比較の方法はどうなる」「法人設立して開業間もないので前年売上がまるまる一年間ではない」などなどさまざまな疑問が残るのも事実です。 必要に応じて下記相談ダイヤルなども活用しながら、提出資料のとりまとめをしてみてください。 内容が固まり次第、追加してまいります。 本給付金の実施に当たっては、令和2年度補正予算案の成立が前提となります。 【関連記事】.

次の

新型コロナで収入減のフリーランス向け「持続化給付金」申請書類のポイント3つ [税金] All About

持続化給付金帳簿 書き方

個人事業主フリーランスで白色申告している人の給付金の計算方法 まず、持続化給付金の給付額を調べるときには、下の図のように前年の同月(2019年の各月の売上と2020年1月~12月までの売上)と比較して、売上が50%以上減少している月を探しますが、 白色申告している方の場合は、2019年の各月の売上ではなく 2019年の総売上から月の平均売上を出して、その平均売上と2020年の売上を比較します。 例えば、下の図のように2019年の総売上が480万円だった場合。 この40万円を2020年の各月の売上と比較すると、4月が50%以上減少しているため、給付の対象になります。 このように白色申告の場合は、青色申告のように確定申告書に月別の売上が記載されていないため、 昨年の売上を12ヶ月で割って月の売上を固定してから比較していきます。 つまり、全額支給されるということですね。 例えば、計算した給付額が875,000円だった場合、当初の計算式(10万円未満切り捨て)だと給付額は80万円ですが、6月2日以降の申請は1円単位で支給されることになるため、875,000円全額支給されることになります。 (すでに給付金を受け取っている方も対象です。 追加分についての申請は不要です。 税務署の収受日付印が押印されていない場合は、こちらの記事を参考にしてみてください。 2020年度の対象とする月(売上が50%以上減少している月)の売上台帳等 フォーマットの指定はありませんので、経理ソフト等から抽出したデータ、エクセルデータ、手書きの売上帳などでもokということです。 ただし、データや書類には、対象月(売上が減少した月)のものとわかるように「2020年〇月」と記載するのを忘れないようにしてください。 <参考例(こちらの形式で申請した分は、実際に審査を通過して入金されています。 通帳の写し(給付金の振込先口座番号を確認するため) 銀行名・支店番号・支店名・口座種別・口座番号・口座名義人が確認できるものが必要です。 通帳の場合は「表面」と「通帳を開いた1・2ページ目」の両方の写しを添付しますが、ネットバンク等で紙媒体の通帳がない場合は、電子通帳等の画面を保存して添付すればokということです。 顔写真付きの本人確認書類の写し 運転免許証の場合は両面 表裏をそれぞれ添付しますので、ファイルは表と裏の2部用意してください。 (返納している場合は、運転経歴証明書でも可。 ) 個人番号カードの場合は表面のみ 顔写真付きの本人確認書類がない場合は、次のセットでも申請が可能です。 (対応ファイル形式はPDF・PNG・JPGです。 ) 以上となりますが、持続化給付金は他の給付金・助成金よりも給付要件が緩く制度の内容もシンプルなので、今年に入って売上が減少してしまったという方は、本日の記事を参考に申請を検討してみてください。 持続化給付金の申請は2020年5月1日からスタートしています!申請方法については、こちらの記事で解説していますので、よろしければ参考にしてみてください。

次の

【個人事業主向け】持続化給付金をもらうための具体的な準備について【最終更新日:4月25日】|Gパンパンダ星野(税理士兼公認会計士芸人)|note

持続化給付金帳簿 書き方

経済産業省から「持続型給付金」が発表されています。 補正予算が成立次第、速やかに実施に移されることになりそうです。 その受け取り方についてまとめました。 また、簡単に計算できる「試算シート」を作成しました。 こちらは、無料でダウンロードできるようにしています。 持続型給付金って何? (より) 売上が減った事業者に対して最大200万円(個人事業主は100万円)を支給します。 という制度です。 2020年の1月から12月うち、1回でも売上が前年比が50%を下回った月があれば対象となります。 飲食店などはほぼ全て対象になるのではないでしょうか? どんな人がもらえるの? 前月同月比で50%以上減少している月がひと月でもある事業者・個人が対象です。 株式会社だけではなくNPOなども対象になります。 かなり幅広い人が対象になっています。 いつから支給が始まるの? 4月最終週(4月27日以降)に受付が開始される見込みです。 電子申請をした後、2週間程度で受け取れるそうです。 自分がもらえるかどうかわからない! そういう方のために、簡単に判定できる計算シートを作成しました。 対象の場合、支給の見込み金額も表示されます。 Excel関数のみで構成しています。 どんな資料が必要? 必要な資料は下記です。 ただし、今後、変更・追加の可能性もあります。 今回の趣旨から、「売上台帳」などが適切と考えられます。 そこで、試算シートのファイルに「売上台帳」のサンプルもつけました。 ご自身の事業の事情に合わせて適宜作り替えて下さい。 また、請求書の控えや明細もすぐに出せるよう整理をしておきましょう。 売上台帳の作成にあたっては、公認会計士・税理士の佐久間裕幸先生()にもアドバイス頂きました。 ありがとうございました。 また、マネーフォワードさんが、。 すでにマネーフォワードをお使いの方はそちらを使われるのもいいかもしれません。 確定申告も便利ですし。 試算ファイルダウンロード Excel,Google Sheets 試算ファイルをダウンロードできるようにしました。 リンクは下記の私のツイートに記載しています。 もちろん無料です。 所管省庁から詳細が発表される度に、ファイルを更新していきます。 noteもフォローしてもらえると嬉しいです。 承認画面で「連携アプリの承認」をしてください。 ダウンロードリンクはこちらのツイートから.

次の