ラルク smile。 【L’Arc】 接吻 レビュー 【ラルク】

ラルク【埼玉1日目】セトリ・座席表・感想レポ 2020/2/8【MMXX in さいたまスーパーアリーナ】

ラルク smile

解説 [ ] 前作『』以来約3年7ヶ月ぶりとなる9作目のオリジナルアルバム。 発売前年の2003年6月から7月にかけてで行われたライブ「Shibuya Seven days 2003」の終了直後にレコーディングに入り、そのまま年を跨いでの録音作業が行われた。 各メンバーのソロ活動 、、、 が一段落着いた後に発売された、2年5ヶ月に渡る長期活動休止後初のアルバムとなっている。 kenはバンド活動の休止をしたことにより、「レコーディングに入る前に時間の余裕が生まれたことで、事前に楽曲のアレンジや全体像を練ることができた」と述べており、「演奏することに集中できた 」と制作を振り返っている。 また、「前だったらっぽい曲を作ってみようとか、変拍子でビックリさせようとか、とか使ってみたいな雰囲気でバッキングトラックを作ったらどうかとかがあったんですけど... 今はまた立ち返って、こういうふうなとか、ああいうふうなとか、とか、とか、"何とかロック"じゃなく、シンプルなロックを上手く自分達が楽めてやれればいいなと思った 」と述べている。 さらに、hydeはメンバーのコーラスワークについて「今までコーラス程度しかやってなかったから、そこまで歌うことに対して本気にはなってなかったと思う。 みんなレコーディングを通して、多分本気になったからこそ、あんなに歌が上手くなったんじゃないかな 」「今はラルクやっててもコーラスとか綺麗に出るから、気持ちいい 」と述べており、メンバーのソロ活動がコーラスに活きている旨を語っている。 共同プロデューサーのは「メンバーの精神的にはいろいろ変化があったんじゃないですかね。 純粋にバンドらしいラルクというのは何となく『REAL』までで、『SMILE』からは別のラルク・ブランドみたいな感じです 」「メンバー的にも"ラルクでできること、できないこと"を考え出したんだ思うんです 」と述べている。 アルバムタイトルは、hydeがレコーディング現場の雰囲気を見て、よく笑っていたという理由から『SMILE』に決定した。 また、hydeは「"笑顔"っていう単語が一番好きな単語だし、詞の中でもすごく大切に使っているから 」「やっぱり"笑顔"が人間として一番素敵な感情だと思いますから 」とタイトルを決めた経緯を述べている。 ちなみに、タイトルを提案した時のメンバーの反応について、hydeは「tetsuyaは"すごくいい!"って言って、あとの2人は"う~む"という感じ。 どっかで見たなこの光景、みたいな(笑) 」と振り返っている。 収録曲は、メンバー自身が雑誌での曲紹介の際に「この曲は活動休止前に作った曲」と紹介する曲が多く、本作のために新たに書き下ろされた曲は少ない。 また、活動休止前にリリースしたシングル「」からは、カップリングに収録されていた全英語詞バージョン「Spirit dreams inside」が収録されている。 本作の初回限定盤と通常盤の初回出荷版はL'Arc〜en〜Cielのアルバムとしては初めてでの発売となり、にのCCCD廃止政策の一環で日本でも通常の盤が発売 内容は通常版と同内容 された。 なお、アメリカでは当初から、通常のCD-DA盤でリリースされていた。 初回限定仕様は3面。 初回限定盤特典として「Shibuya Seven days 2003」などのライブ未公開映像やアルバムのレコーディング風景を収めたが収録されている。 さらに、ソニー・ミュージックエンタテインメント主催の「Sony Music Fes. 2004」の一環で開催された、スペシャルライヴ「SMILE TOUR 2004 前夜祭」の無料招待抽選IDが記載されたフォトカードが封入されている。 収録曲 [ ]• シングル「Spirit dreams inside -another dream-」制作時にはすでに曲の原型はあり、イントロのギターは当時の音源が採用されており、3年前と今を繋ぐ構成となった。 ken曰く「寝かせておいていい曲になった」とのこと。 kenがを意識してデモを制作したため、hydeは「『デペッシュ・モードで歌いたい』とリスペクトの気持ちを込めて歌った 」と述べている。 また、kenは「の新作(『セイント・アンガー』)を聴いて気分が変わった 」と述べており、デモよりハードなアレンジとなった。 また、後のライブツアー「TOUR 2007-2008 THEATER OF KISS」では『』にちなみ、メドレーのラストにイントロから歌い出しの部分「接吻を交わそう」のみ演奏された。 ちなみに、同ツアー最終日の福岡マリンメッセ公演のみフル演奏されている。 表記はされていないがアルバムバージョンとなっており、冒頭にhydeの「Are you ready? 」という掛け声が入って曲が始まり、次曲と音が連続した構成になっている。 当初作曲したtetsuyaはボツになると思っていたようで、「まさかシングルになるとは思わなかった 」と述べている。 また、もともとはミドルテンポのアレンジであり、hydeの提案でが速くなった。 ではさらにテンポを上げて演奏される。 yukihiroはドラム・プレイについて「テンポに合ったドラムを考えたらこうなった 」「タムはの「ニュー・ローズ」みたいなイメージがあった 」と述べている。 Lover Boy• これでメンバー全員がラルクの楽曲において作詞・作曲を経験したこととなった。 ラルクで初めて歌詞を手掛けたkenは、で詩を書いて世に出すことを繰り返すうちに、「自分の気持ちを言葉に乗せる照れがなくなった 」と述べている。 また、kenが温泉に行ったときに「こんな曲があったら面白い」というスタッフとの会話から生まれた楽曲で、ギターリフを切り取ってコラージュしたような曲にしたかったと述べている。 「接吻」同様、ラルク再活動以前の『』の時期から存在する曲で、kenがこの曲を提出したらボツになった、という逸話がある。 曲中にベースソロが存在する。 仮タイトルは楽曲の発想が生まれた場所と時間に因んで、「下田朝5時半」と付けられた。 に行われたKenのソロライブツアー「Ken TOUR 2009 "LIVE IN PHYSICAL"」において、セルフカバーされている。 Feeling Fine• の楽曲「」のような60年代、70年代のを意識した楽曲 で、「フォークとロックとポップスが混じった様な時代の曲が書きたかった 」と述べている。 後に、パートチェンジバンドでリアレンジされ、31stシングル「」のカップリングに収録している。 Time goes on• tetsuyaはこの曲において、、、を担当している。 ギターソロは、tetsuyaが弾いたの段階のものをそのまま使用しており、kenはのみ弾いている。 ライブでは、ギターソロのを6弦ベースとピッチシフターで代用し演奏している。 にはTETSUYAがソロシングル「」というタイトルでセルフカバーした。 Coming Closer• ken曰く「のほうのを意識した」という。 また、「yukihiroのドラムに対する"当て書き"なところもあった 」とも述べている。 作曲期間の10日のうち7日間がソロのプロモーションで埋まってしまい、hydeは「この3日で作らないとシバかれると思った 」と述べている。 kenは「ギターの弦6本を掻き毟って弾こうって気分になった曲 」と語っている。 また、にはがかかっている。 に行われたHYDEのソロアコースティックライブ「HYDE ACOUSTIC CONCERT 2019 黒ミサ BIRTHDAY EVE」において、40代最後の演奏楽曲として披露された。 REVELATION• メンバー4人とプロデューサーの、所属事務所の代表である大石征裕がコーラスを担当。 歌詞中の「42ヶ月の永遠」「十の王冠」とは、の「」に由来する。 真意の程は定かではないが、「十の王冠」は活動再開前までのオリコン週間シングルチャートの首位獲得回数、「42ヶ月間」は活動休止の期間と同じである。 yukihiro作曲の曲では「trick」とならびライブで頻繁に演奏される定番曲となっており、メンバーがパートを変えて演奏することもある。 に行われたライブ「」では、tetsuyaとyukihiroがギターを、hydeとkenがスタンディングでを演奏している。 yukihiroのソロバンドのシングル「」に収録されている「it's a fine day」はこの楽曲を大々的にセルフサンプリングしている。 アルバムに先行し発売された。 先行シングルの表題曲に選ばれた経緯について、tetsuyaは「レコード会社の社長から"ぜひこれで!"と強く言われたから 」「売る方のそういう気持ちってのも大事だと思うから、それを尊重したいと思った 」と述べている。 kenはこの曲と「READY STEADY GO」がシングルの表題曲に選ばれたことについて、「アルバムの中の極端なところ、バリエーションを感じさせるのにいい抽出の仕方だなって感じです 」と述べている。 ベストアルバム『』に収録された「Anemone」と同時期に一部レコーディングされており、kenは「ボーカル録りとミックスを待つかたちで置いておかれた曲」と述べている。 の配給映画『』の主題歌にはこちらのバージョンが使用された。 READY STEADY GO hydeless version 米国盤のみの。 初回限定盤特典DVD [ ]• 映画『』試写会 「」• 『Akasaka Zero day』 「」• 2003年 『Shibuya Seven days 2003』 「」 「」 「」 「」 「」• 2003年- 『SMILE』風景• 2003年 『』 「」 参加ミュージシャン [ ]• : 接吻• ken:・• Keiko Koizumi:レコーディング• 比留間整:レコーディング・ミックス READY STEADY GO• ken:キーボード・プログラミング• tetsu:キーボード・プログラミング、バッキングボーカル• 岡野ハジメ:キーボード・プログラミング• 比留間整:レコーディング、ミックス Lover Boy• yukihiro:メタル• 比留間整:レコーディング、ミックス Feeling Fine• ken:キーボード・プログラミング• 岡野ハジメ:キーボード・プログラミング• yukihiro:パーカッション• 近藤圭司:レコーディング• 比留間整:レコーディング、ミックス Time goes on• ken:キーボード・プログラミング• tetsu:キーボード・プログラミング、バッキングボーカル、ギター、• 岡野ハジメ:キーボード・プログラミング• 近藤圭司:レコーディング• 比留間整:レコーディング、ミックス Coming Closer• :キーボード・プログラミング、編曲• :ストリングス• ken:キーボード・プログラミング、バッキングボーカル• tetsu:キーボード・プログラミング、バッキングボーカル• 近藤圭司:レコーディング• 比留間整:レコーディング、ミックス 永遠• ken:キーボード・プログラミング• 比留間整:レコーディング・ミックス REVELATION• yukihiro:ギター、キーボード・プログラミング、メタルパーカッション、バッキングボーカル• ken:バッキングボーカル• tetsu:バッキングボーカル• 岡野ハジメ:バッキングボーカル• 大石征裕(Jack Danger):バッキングボーカル• 近藤圭司:レコーディング• 比留間整:レコーディング、ミックス 瞳の住人• 富樫春生:• tetsu:キーボード、6弦ベース• 岡野ハジメ:キーボード• 斎藤仁:キーボード・マニピュレート• :弦編曲• 新銅"V"康晃:レコーディング• 近藤圭司:レコーディング• 比留間整:ミックス Spirit dreams inside• hyde:• ken:、キーボード• 岡野ハジメ:キーボード• 斎藤仁:マニピュレーション• 成瀬達仁:レコーディング• :マスタリング• 内田孝弘:リマスタリング(High-Resolution Audio) 収録ベストアルバム [ ]• 『』 2、 5、 6、 8• 『』 2、 8、 9• 『』 2、 9 脚注 [ ]• カップリングに収録されているシングル表題曲の全英語詞バージョンを本作に収録• 21、ぴあ、2004年4月号• 164、、2019年• 22、ぴあ、2004年4月号• - RollingStone• 『WORDS L'Arc〜en〜Ciel』、p. 34、角川書店、2005年• 36、ぴあ、2004年4月号• キューンFM『キューン兄弟』2004年4月8日放送• 『WORDS L'Arc〜en〜Ciel』、p. 30-p. 31、角川書店、2005年• - exciteMUSIC• ラジオ番組『』放送回より。 - BARKS• 32、ぴあ、2004年4月号• 『newsmaker』、p. 26、ぴあ、2004年4月号.

次の

ラルク【埼玉1日目】セトリ・座席表・感想レポ 2020/2/8【MMXX in さいたまスーパーアリーナ】

ラルク smile

解説 [ ] 前作『』以来約3年7ヶ月ぶりとなる9作目のオリジナルアルバム。 発売前年の2003年6月から7月にかけてで行われたライブ「Shibuya Seven days 2003」の終了直後にレコーディングに入り、そのまま年を跨いでの録音作業が行われた。 各メンバーのソロ活動 、、、 が一段落着いた後に発売された、2年5ヶ月に渡る長期活動休止後初のアルバムとなっている。 kenはバンド活動の休止をしたことにより、「レコーディングに入る前に時間の余裕が生まれたことで、事前に楽曲のアレンジや全体像を練ることができた」と述べており、「演奏することに集中できた 」と制作を振り返っている。 また、「前だったらっぽい曲を作ってみようとか、変拍子でビックリさせようとか、とか使ってみたいな雰囲気でバッキングトラックを作ったらどうかとかがあったんですけど... 今はまた立ち返って、こういうふうなとか、ああいうふうなとか、とか、とか、"何とかロック"じゃなく、シンプルなロックを上手く自分達が楽めてやれればいいなと思った 」と述べている。 さらに、hydeはメンバーのコーラスワークについて「今までコーラス程度しかやってなかったから、そこまで歌うことに対して本気にはなってなかったと思う。 みんなレコーディングを通して、多分本気になったからこそ、あんなに歌が上手くなったんじゃないかな 」「今はラルクやっててもコーラスとか綺麗に出るから、気持ちいい 」と述べており、メンバーのソロ活動がコーラスに活きている旨を語っている。 共同プロデューサーのは「メンバーの精神的にはいろいろ変化があったんじゃないですかね。 純粋にバンドらしいラルクというのは何となく『REAL』までで、『SMILE』からは別のラルク・ブランドみたいな感じです 」「メンバー的にも"ラルクでできること、できないこと"を考え出したんだ思うんです 」と述べている。 アルバムタイトルは、hydeがレコーディング現場の雰囲気を見て、よく笑っていたという理由から『SMILE』に決定した。 また、hydeは「"笑顔"っていう単語が一番好きな単語だし、詞の中でもすごく大切に使っているから 」「やっぱり"笑顔"が人間として一番素敵な感情だと思いますから 」とタイトルを決めた経緯を述べている。 ちなみに、タイトルを提案した時のメンバーの反応について、hydeは「tetsuyaは"すごくいい!"って言って、あとの2人は"う~む"という感じ。 どっかで見たなこの光景、みたいな(笑) 」と振り返っている。 収録曲は、メンバー自身が雑誌での曲紹介の際に「この曲は活動休止前に作った曲」と紹介する曲が多く、本作のために新たに書き下ろされた曲は少ない。 また、活動休止前にリリースしたシングル「」からは、カップリングに収録されていた全英語詞バージョン「Spirit dreams inside」が収録されている。 本作の初回限定盤と通常盤の初回出荷版はL'Arc〜en〜Cielのアルバムとしては初めてでの発売となり、にのCCCD廃止政策の一環で日本でも通常の盤が発売 内容は通常版と同内容 された。 なお、アメリカでは当初から、通常のCD-DA盤でリリースされていた。 初回限定仕様は3面。 初回限定盤特典として「Shibuya Seven days 2003」などのライブ未公開映像やアルバムのレコーディング風景を収めたが収録されている。 さらに、ソニー・ミュージックエンタテインメント主催の「Sony Music Fes. 2004」の一環で開催された、スペシャルライヴ「SMILE TOUR 2004 前夜祭」の無料招待抽選IDが記載されたフォトカードが封入されている。 収録曲 [ ]• シングル「Spirit dreams inside -another dream-」制作時にはすでに曲の原型はあり、イントロのギターは当時の音源が採用されており、3年前と今を繋ぐ構成となった。 ken曰く「寝かせておいていい曲になった」とのこと。 kenがを意識してデモを制作したため、hydeは「『デペッシュ・モードで歌いたい』とリスペクトの気持ちを込めて歌った 」と述べている。 また、kenは「の新作(『セイント・アンガー』)を聴いて気分が変わった 」と述べており、デモよりハードなアレンジとなった。 また、後のライブツアー「TOUR 2007-2008 THEATER OF KISS」では『』にちなみ、メドレーのラストにイントロから歌い出しの部分「接吻を交わそう」のみ演奏された。 ちなみに、同ツアー最終日の福岡マリンメッセ公演のみフル演奏されている。 表記はされていないがアルバムバージョンとなっており、冒頭にhydeの「Are you ready? 」という掛け声が入って曲が始まり、次曲と音が連続した構成になっている。 当初作曲したtetsuyaはボツになると思っていたようで、「まさかシングルになるとは思わなかった 」と述べている。 また、もともとはミドルテンポのアレンジであり、hydeの提案でが速くなった。 ではさらにテンポを上げて演奏される。 yukihiroはドラム・プレイについて「テンポに合ったドラムを考えたらこうなった 」「タムはの「ニュー・ローズ」みたいなイメージがあった 」と述べている。 Lover Boy• これでメンバー全員がラルクの楽曲において作詞・作曲を経験したこととなった。 ラルクで初めて歌詞を手掛けたkenは、で詩を書いて世に出すことを繰り返すうちに、「自分の気持ちを言葉に乗せる照れがなくなった 」と述べている。 また、kenが温泉に行ったときに「こんな曲があったら面白い」というスタッフとの会話から生まれた楽曲で、ギターリフを切り取ってコラージュしたような曲にしたかったと述べている。 「接吻」同様、ラルク再活動以前の『』の時期から存在する曲で、kenがこの曲を提出したらボツになった、という逸話がある。 曲中にベースソロが存在する。 仮タイトルは楽曲の発想が生まれた場所と時間に因んで、「下田朝5時半」と付けられた。 に行われたKenのソロライブツアー「Ken TOUR 2009 "LIVE IN PHYSICAL"」において、セルフカバーされている。 Feeling Fine• の楽曲「」のような60年代、70年代のを意識した楽曲 で、「フォークとロックとポップスが混じった様な時代の曲が書きたかった 」と述べている。 後に、パートチェンジバンドでリアレンジされ、31stシングル「」のカップリングに収録している。 Time goes on• tetsuyaはこの曲において、、、を担当している。 ギターソロは、tetsuyaが弾いたの段階のものをそのまま使用しており、kenはのみ弾いている。 ライブでは、ギターソロのを6弦ベースとピッチシフターで代用し演奏している。 にはTETSUYAがソロシングル「」というタイトルでセルフカバーした。 Coming Closer• ken曰く「のほうのを意識した」という。 また、「yukihiroのドラムに対する"当て書き"なところもあった 」とも述べている。 作曲期間の10日のうち7日間がソロのプロモーションで埋まってしまい、hydeは「この3日で作らないとシバかれると思った 」と述べている。 kenは「ギターの弦6本を掻き毟って弾こうって気分になった曲 」と語っている。 また、にはがかかっている。 に行われたHYDEのソロアコースティックライブ「HYDE ACOUSTIC CONCERT 2019 黒ミサ BIRTHDAY EVE」において、40代最後の演奏楽曲として披露された。 REVELATION• メンバー4人とプロデューサーの、所属事務所の代表である大石征裕がコーラスを担当。 歌詞中の「42ヶ月の永遠」「十の王冠」とは、の「」に由来する。 真意の程は定かではないが、「十の王冠」は活動再開前までのオリコン週間シングルチャートの首位獲得回数、「42ヶ月間」は活動休止の期間と同じである。 yukihiro作曲の曲では「trick」とならびライブで頻繁に演奏される定番曲となっており、メンバーがパートを変えて演奏することもある。 に行われたライブ「」では、tetsuyaとyukihiroがギターを、hydeとkenがスタンディングでを演奏している。 yukihiroのソロバンドのシングル「」に収録されている「it's a fine day」はこの楽曲を大々的にセルフサンプリングしている。 アルバムに先行し発売された。 先行シングルの表題曲に選ばれた経緯について、tetsuyaは「レコード会社の社長から"ぜひこれで!"と強く言われたから 」「売る方のそういう気持ちってのも大事だと思うから、それを尊重したいと思った 」と述べている。 kenはこの曲と「READY STEADY GO」がシングルの表題曲に選ばれたことについて、「アルバムの中の極端なところ、バリエーションを感じさせるのにいい抽出の仕方だなって感じです 」と述べている。 ベストアルバム『』に収録された「Anemone」と同時期に一部レコーディングされており、kenは「ボーカル録りとミックスを待つかたちで置いておかれた曲」と述べている。 の配給映画『』の主題歌にはこちらのバージョンが使用された。 READY STEADY GO hydeless version 米国盤のみの。 初回限定盤特典DVD [ ]• 映画『』試写会 「」• 『Akasaka Zero day』 「」• 2003年 『Shibuya Seven days 2003』 「」 「」 「」 「」 「」• 2003年- 『SMILE』風景• 2003年 『』 「」 参加ミュージシャン [ ]• : 接吻• ken:・• Keiko Koizumi:レコーディング• 比留間整:レコーディング・ミックス READY STEADY GO• ken:キーボード・プログラミング• tetsu:キーボード・プログラミング、バッキングボーカル• 岡野ハジメ:キーボード・プログラミング• 比留間整:レコーディング、ミックス Lover Boy• yukihiro:メタル• 比留間整:レコーディング、ミックス Feeling Fine• ken:キーボード・プログラミング• 岡野ハジメ:キーボード・プログラミング• yukihiro:パーカッション• 近藤圭司:レコーディング• 比留間整:レコーディング、ミックス Time goes on• ken:キーボード・プログラミング• tetsu:キーボード・プログラミング、バッキングボーカル、ギター、• 岡野ハジメ:キーボード・プログラミング• 近藤圭司:レコーディング• 比留間整:レコーディング、ミックス Coming Closer• :キーボード・プログラミング、編曲• :ストリングス• ken:キーボード・プログラミング、バッキングボーカル• tetsu:キーボード・プログラミング、バッキングボーカル• 近藤圭司:レコーディング• 比留間整:レコーディング、ミックス 永遠• ken:キーボード・プログラミング• 比留間整:レコーディング・ミックス REVELATION• yukihiro:ギター、キーボード・プログラミング、メタルパーカッション、バッキングボーカル• ken:バッキングボーカル• tetsu:バッキングボーカル• 岡野ハジメ:バッキングボーカル• 大石征裕(Jack Danger):バッキングボーカル• 近藤圭司:レコーディング• 比留間整:レコーディング、ミックス 瞳の住人• 富樫春生:• tetsu:キーボード、6弦ベース• 岡野ハジメ:キーボード• 斎藤仁:キーボード・マニピュレート• :弦編曲• 新銅"V"康晃:レコーディング• 近藤圭司:レコーディング• 比留間整:ミックス Spirit dreams inside• hyde:• ken:、キーボード• 岡野ハジメ:キーボード• 斎藤仁:マニピュレーション• 成瀬達仁:レコーディング• :マスタリング• 内田孝弘:リマスタリング(High-Resolution Audio) 収録ベストアルバム [ ]• 『』 2、 5、 6、 8• 『』 2、 8、 9• 『』 2、 9 脚注 [ ]• カップリングに収録されているシングル表題曲の全英語詞バージョンを本作に収録• 21、ぴあ、2004年4月号• 164、、2019年• 22、ぴあ、2004年4月号• - RollingStone• 『WORDS L'Arc〜en〜Ciel』、p. 34、角川書店、2005年• 36、ぴあ、2004年4月号• キューンFM『キューン兄弟』2004年4月8日放送• 『WORDS L'Arc〜en〜Ciel』、p. 30-p. 31、角川書店、2005年• - exciteMUSIC• ラジオ番組『』放送回より。 - BARKS• 32、ぴあ、2004年4月号• 『newsmaker』、p. 26、ぴあ、2004年4月号.

次の

SMILE TOUR 2004 〜全国編〜

ラルク smile

1曲まるごと収録されたCDを超える音質音源ファイルです。 <フォーマット> FLAC (Free Lossless Audio Codec) サンプリング周波数:44. 1kHz|48. 0kHz|88. 2kHz|96. 0kHz|176. 4kHz|192. 0kHz 量子化ビット数:24bit• ハイレゾ商品(FLAC)の試聴再生は、AAC形式となります。 実際の商品の音質とは異なります。 ハイレゾ商品(FLAC)はシングル(AAC)の情報量と比較し約15~35倍の情報量があり、購入からダウンロードが終了するまでには回線速度により10分~60分程度のお時間がかかる場合がございます。 ハイレゾ音質での再生にはハイレゾ対応再生ソフトやヘッドフォン・イヤホン等の再生環境が必要です。 詳しくは をご確認ください。

次の