冷凍 あさり 味噌汁。 あさりやじじみなど貝類の入った味噌汁の正しい保存方法や賞味期限の目安を徹底的に紹介!

あさり味噌汁の美味しい作り方 入れるタイミングは水からお湯から?

冷凍 あさり 味噌汁

冷凍アサリを開かせるコツは一つ、最初から熱湯で茹でる事 冷凍アサリを水から茹でると失敗します。 冷凍アサリは熱湯から茹でる事で、殆どの貝が開きます。 冷凍した あさりをパスタなどで使う場合は、熱湯で一度茹でてから加えると上手くいきます。 熱湯で出た あさりの出汁を、トマトソースなどに加えればうまみもでます。 あさりは冷凍すると死んでしまいます。 しかし、鮮度が保たれた状態で冷凍するので、死んでいますが腐っていません。 だから食べられるのです。 貝は死んでしまうと開かないと思われていますが、実は違うそうです。 貝は死んでいても口を開きます。 あさりなど貝類は貝柱の伸び縮みで蓋を開閉しています。 加熱すると貝柱のタンパク質が縮み、貝と貝柱が離れて殻が開きます。 死んだ あさりは貝柱が腐敗してしまうので開きません。 死んでも腐ってなかったら開くのです。 でも、 死んでもいない、腐ってもいないあさりでも開かない あさりもあります。 それは何故でしょう。 アサリが生きていても貝が開かない、その理由 それは、二つの理由が考えられます。 貝はもともと開いている状態が普通です。 それを貝柱が引っ付いて、貝と貝を引っぱりながら殻を閉じています。 この貝殻の開く力となっているのが、貝と貝のつなぎ目の部分である蝶番といわれるところです。 あさりやシジミを調理する前に洗う際にゴシゴシとこすり過ぎると、蝶番を壊してしまうことがあります。 そうなると殻は開きません。 これが一つ目の理由。 または、水などから あさりを茹でると、熱の加わり方がゆっくりになり、貝と貝をつなぎ止めている筋肉がゆっくりにしか縮んでいきません。 その為、貝から貝柱がなかなか離れません。 貝が半開きになったり、全く開かなかったりします。 一方、熱湯から茹でた場合は、この筋肉が急激に縮み、貝がぱかっと一気に開きます。 あさりを弱火で炒めたりしても同じように開かない事がよくあります。 つまり、 熱の加え方がゆっくりだと貝は開きにくいという事です。 これが二つ目の理由です。 ということは、貝が開かないというのは、実は間違った情報なのです。 しかし、貝が開かないと死んでしまっている、食べてはいけないといわれるようになったのは何故でしょう。 では、何故、貝が開かないと死んでいるといわれるのでしょう。 あさりが死んでいると貝が開かないといわれる理由 あさりが本当に死んでいたら、貝の中身は腐敗しています。 もし、作りかけのみそ汁の中に死んだ あさりがひとつでもあったら?そうです、みそ汁が全て台無しになってしまいます。 台無しになるどころか、食中毒の危険さえ出てきますので、そこで料理を諦めなくてはいけません。 魚介類の食あたりはかなり危険です。 死に至る事もあります。 だから、貝が開かなかったら無理に開かせないということが言われるようになったのだと思います。 もう一つ、開かない あさりに、砂の詰まった貝殻だけのあさりもあります。 これも同じく、無理矢理開いてしまうと、折角の料理が砂だらけになってしまいます。 あさりは細かい砂の所に埋まっていますので、とても取り除けないくらいの細かい砂が混じってしまいます。 どうも、これらは先人の知恵ではないかと思います。 ですから、 もし開かない貝があったら、料理している あさりと別にして、腐っていないか開いてみればいいと思います。 腐っていれば強烈な臭いを放ちますので、腐っていないようであれば、再び鍋に戻すなりすればいいわけです。 まとめ• 冷凍アサリを開かせるには、水からではなく、熱湯から一気に茹でる。 パスタなどに使う場合も、強火で一気に炒める。 料理の関係で、強火が使えない場合は、鍋やフライパンを別にして あさりだけ強火で一気に火を通す。 もし、開かない あさりがあったら、鍋やフライパンから取り出して、個別に貝を開いてみる。 異臭がなく、腐っていなければ鍋やフライパンに戻す。 これで、冷凍アサリが開かないと言う悩みは解決できると思います。 お読みいただきありがとうございます。 多くの方にこの記事を読んでいただくお手伝いをお願いします。 下のバナーをクリックしていただくと、多くの方にこの記事が届きます。 この記事はあなたのお役に立ちましたでしょうか?もし少しでもお役に立てれたのなら、他の方にも下のボタンから共有をお願いします。 また、ご意見やご感想などありましたらお気軽にコメントをお願いします。

次の

あさりの味噌汁は水からそれとも沸騰してから?生と冷凍で違う?

冷凍 あさり 味噌汁

目次(ジャンプできます)• あさり・しじみのみそ汁の賞味期限 常温保存の場合 塩分が入っていてしっかりと味付けされているから常温でも2日くらいだったら大丈夫と思われている方も少なくありません。 しかし、あさりやしじみなどの貝類は足が早く傷みやすいと言われています。 さらに、みそ汁の原料となる味噌は発酵食品です。 そのまま常温で放置すると腐敗が進んで行きます。 また、常温で放置する気温にも左右されるでしょう。 春先になり気温が上がってくると食中毒になる人が増加するのもそのためです。 もちろん、貝類を具材にした味噌汁にも言えることです。 朝作ったものでも夏場ですと、夕方にはすっぱくなっていることがあります。 加熱せずに常温で保存する限界は、昼食くらいまでと考えた方が無難です。 念のために、食べる前にニオイや見た目に変化がないかを確認してから口にして下さい。 どうしても夕食に食べたい時には、3〜4時間おきにこまめに火入れをしましょう。 冷蔵保存 当然ですが、常温保存よりも冷蔵庫で保存した方が安全です。 そうは言っても 1日〜翌日の朝くらいまでにしておきましょう。 「冷たい状態で保存しているのだから大丈夫!」と冷蔵庫神話を未だに信じている方がいますが、危険です。 冷蔵庫は、腐敗を遅らせる電化製品にしか過ぎません! 冷蔵保存される場合にもコツがあります。 粗熱が取れ、冷めてからタッパーに移して保存しましょう。 しかし、どうしても味噌の風味が損なわれてしまいます。 冷凍保存もできる! 実は、貝類を具材に使ったお味噌汁は冷凍しても食感が損なわれません。 冷凍庫で管理する場合は、風味を考えると2週間以内で飲み切った方が良いでしょう。 つまり、異臭や違和感がなければ大丈夫ということでそこは個人の判断になりますのでご了承下さい。 冷凍される際には、完全に冷め切った味噌汁をジップロックに入れて空気をできるだけ抜いて保存すると良いです。 また、味噌を入れる前の状態の汁を冷凍して食べる時に味噌を加えた方が、美味しく頂けますよ。 炊き込みご飯 細く切った人参、きのこ類、油揚げと一緒に炊飯器に入れてお好みの調味料で味付けをするだけです。 パスタ 残り物の酒蒸しをペペロンチーノにして頂いたら家族からも好評でした。 簡単なので翌日のお昼におススメです。 冷凍庫に入れて保存する たくさん大量に余ってしまった場合には、手間はかかりますが貝殻から身をはずして冷凍するのが、風味を損なわずに美味しく頂けます。 1ヶ月位は、持つのでスープやリゾットにと便利です。 保存される際には、酒蒸しで出たスープも捨てずに一緒に冷凍して下さいね。 身よりも汁の部分に栄養や旨味がギューッと濃縮されているからです。 冷凍用のフリーザーバッグを使うと保存する際に邪魔にならずに便利でしょう。 冷凍したものを調理する際には? 前日の夜に冷蔵庫に移して自然解凍をして使いましょう。 カチコチに凍ったものをそのまま加熱すると時間も掛かりますし、身も固くなります。 まとめ それぞれのご家庭の室温や季節により保存状態に変わるので、一概にいつまでとは言い切れません。 味噌汁、酒蒸しのどちらも食中毒を防ぐ上でも冷凍保存が一番安全なのは、間違いありません。 そうは言っても、味見や見た目で判断して自己判断で頂いて下さいね。

次の

あさり味噌汁の美味しい作り方 入れるタイミングは水からお湯から?

冷凍 あさり 味噌汁

あさりの味噌汁の美味しい作り方 あさりの味噌汁は、潮干狩りでたくさん採れたアサリの食べ方でも一番人気のある食べ方です。 セブンイレブンやファミマでお弁当を買うときにも、インスタントでお湯をそそぐだけの即席あさりの味噌汁も人気ですが、 実際に自分で作る「あさりの味噌汁」は究極のおいしさ! 思わず「うまい!」と叫ぶこと間違いなしです。 はまぐりのようにお吸い物もいいですが、しじみやアサリはお味噌汁にすると味わいも絶品! 作り方の基本もとても簡単ですので、下のレシピを見ながら早速作ってみましょう。 あさりの味噌汁の材料と下準備 材料はあさりさえあれば、あとは家庭の常備品ばかりです。 あさりの味噌汁の材料 ・あさり・・・・・・1パック ・昆布・・・・・・・5cm角1枚 ・味噌・・・・・・・大匙2杯 ・水・・・・・・・・500cc お味噌や出汁も、特別に用意しなくても、 いつものもので大丈夫です。 赤だし、赤味噌、白味噌、八丁味噌などがあれば本格的な料亭風プロの味ともなりますが、ハナマルキやマルコメなど何味噌でもOKで、減塩味噌もいいですね。 あさりの出汁がよく出ますので、かつおだしや煮干しだしなどよりも、 昆布だけの方が美味しいです。 また、昆布がなくても、「ほんだし」など市販のだしの素をほんのちょっと入れるだけでもいいですね。 アサリから旨味とともに塩分も出てきますので、味噌も出汁も普通の味噌汁より分量を少なめにするのがコツです。 お酒も、日本酒や料理酒があれば入れてもいいですが、味噌汁にはなくて十分です。 和風の味が一番ですが、こってり系がお好きな若い人には、仕上げにオリーブオイルやバターをほんの少し加えると濃厚な味わいになります。 あさりの味噌汁の下準備 まず、あさりを用意します。 潮干狩りで採ってきた アサリは砂抜きや塩抜きをします。 または砂抜き後冷凍したものを用意します。 あさりの味噌汁の作り方.

次の