平成31年 硬貨 プレミア。 平成31年硬貨にプレミア価値はあるか?将来は値上がりする?

2019年新天皇即位で「平成31年硬貨」は製造されるのか|NEWSポストセブン

平成31年 硬貨 プレミア

新元号「令和」発表に伴って、平成最後の記念にと買い求める人が続出し、異例のスピードで売り切れた平成31年銘記念日貨幣セット。 「売ったらどれくらいになるんだろう?」 お手元にある方は、こんな疑問をお持ちではございませんか。 なかには、 「もう少し手元に置いておいた方が高くなるんじゃないかな…」 と思っている方もいらっしゃるかもしれません。 ですが、そのまま置いておくのは とてももったいないです! 平成31年銘記念日貨幣セットは、 販売価格の3~4倍の値段で取引されています。 今は元号改元で盛り上がっていますが、 それが落ち着くと少し安くなってしまう可能性が…。 市場価値が上がっている今売れば、 お持ちの平成31年銘記念日貨幣セットも販売価格の3~4倍になりますよ。 今回は、平成31年銘記念日貨幣セットの価格相場をご紹介。 平成31年の貨幣セットは他にもあるので、あわせてお伝えします。 高値で買い取ってくれる買取業者もご紹介しているので、ぜひ参考にしてくださいね。 どの商品も、販売価格よりかなり高い値段で取引されていることがわかりますね。 平成31年貨幣セットの相場を把握したら、あとはどこに買い取ってもらうか。 オークションで売る方法もありますが、個人間の取引だと 思っていたより高値がつかなかったりトラブルが起きたりする可能性も…。 平成31年貨幣セットを売るなら、状態や現在の市場相場をしっかり理解した査定員が鑑定してくれる、 買取業者の利用がオススメ。 買取業者は鑑定料がかからないですし、査定額に満足できればそのまま買取も可能なため、面倒なやりとりや発送作業の手間もありません。 ただ、一口に買取業者といってもそれぞれ得意な商品分野があり、査定額が変わってきます。 買取プレミアムは、記念硬貨の買取に力を入れている業者で、 豊富な実績にもとづいた査定額の高さが評判です。 当サイトのでも 第1位に輝いており、実際に利用した 8割以上の方から満足の声をいただいています。 記念硬貨の豊富な査定実績をもつ買取プレミアムなら、お手元の平成31年貨幣セットも、 現在の市場価値をきちんと踏まえた価格をつけてくれますよ。 さらに買取プレミアムには、他社にはないサービスやメリットが沢山あるので、少しだけご紹介しますね。 買取プレミアム:平成31年貨幣セットを高く買い取ってほしいならココ 買取プレミアムのオススメポイント• 記念硬貨の買取実績が豊富!市場の動向も踏まえた査定で価格UP• 日本全国どこでも出張買取可能!住まいに関係なく利用できる• 女性査定員指名サービスあり!一人暮らしや女性の方に好評• 査定料・出張料・手数料・キャンセル料などすべて無料• 買取後8日以内であれば返品OK!万が一の場合も電話一本で対応• 買取額が他社より1円でも安ければ全品返却OK 買取プレミアムは、記念硬貨の買取に強いだけでなく、 お客さまの気持ちに寄り添ったサービスを提供しています。 「売りたい!」と思ったときにすぐ連絡できるよう、 24時間365日査定申し込みを受付。 しかも、日本全国どこでも出張してくれるので、査定を申し込んで日時を決めたら、 あとは家で待っているだけでいいんです。 わざわざ買取してくれる店舗に行ったり、ネットオークションのように自分で発送・梱包をしたりしなくてもいいのはうれしいですね。 また、 「男性を家に上げるのはちょっと…」という方のために、 女性査定員の指名サービスも。 ほかの大手買取業者と比較して女性査定員が多く在籍しているので、指定もスムーズに行えると好評です。 なにより、買取プレミアムは、 査定料・出張料・キャンセル料などすべて無料。 買取後の返品保証もありますし、 買取額が他社より1円でも安ければ全品返却もしてもらえるので、平成31年貨幣セットの買取をお考えなら一度査定に出してみて損はありません。 査定額の高さと手厚いサービスのそろった買取プレミアムなら、きっと満足いく買取をしてもらえますよ。 平成31年銘記念日貨幣セットをすでにお持ちで、手放すことをお考えの方は、 ぜひ買取プレミアムを利用してみてくださいね。 最後に平成31年貨幣セットの買取をご検討中の皆様へ… 最後までお付き合いいただき、ありがとうございます。 ここまで、平成31年貨幣セットの価格相場と高額買取が期待できるオススメの買取業者をご紹介しました。 「このまま手元に置いておいたらもっと高くなるかも…」 「手に入れたばかりだからしばらく保管しておきたいなぁ」 ここまで読んでいる方は、こんな風にお考えかもしれません。 たしかに、できるだけ高い値段で売りたいからこそ、価値がまだ上がるかもしれないと思うと 手放そうか迷ってしまいますね。 ただ過去の例を考えると、 平成31年貨幣セットの価値は上がり続けない可能性が高いです。 たとえば、昭和最後の年である昭和64年に発売された硬貨には、現在そこまでのプレミアはついていません。 効果本来の値段と、ほぼ同じ値段で取引されているケースがほとんど。 はっきりとは言い切れませんが、 需要が高く確実に高値で売れるいま手放すのが得策ですよ。 記念硬貨の買取に力を入れている買取プレミアムなら、お手持ちの平成31年貨幣セットにきっと満足いく価格をつけてくれます。 もちろん、 査定料・出張料・キャンセル料などはすべて無料。 買取プレミアムに査定を依頼して損をするリスクはないので、ぜひ一度査定してもらうことをオススメします。

次の

平成31年と令和元年の100円と500円硬貨は

平成31年 硬貨 プレミア

平成31年度の硬貨 硬貨は、財務大臣が定める製造計画により、大阪にある独立行政法人造幣局が製造します。 それを財務大臣が、日本銀行に交付して流通となります。 製造計画は、例年、財務省が年度初めに発表します。 今年度は、4月から来年の3月までの計画は以下になります。 500円玉 2億700万枚 100円玉 3億7369万枚 50円玉 8200万枚 10円玉 2億7500万枚 5円玉 5600万枚 1円玉 100万枚 正確な枚数は財務省でもわからないそうです。 ただ、令和になってからも、令和の金型ができていないので、夏ごろまでは、平成31年の刻印の硬貨は製造されています。 1円玉、5円玉は、もともと製造枚数が少ないので、狙うとしたら1円玉、5円玉かもしれません。 5円玉の1ロール(250円)が、ヤフオクで3万円で取引となれば、価値があるように思いえますが、実際どうなのでしょう。 毎年、造幣局が出している、通常貨幣の6種類をセットにした「ミントセット」(平成31年)2000円のものが、では1万2000円の値がついています。 ヤフオクは単品、バラ銭で販売されていることが多いようです。 コイン商のようなところは、セットで売買されていることで、価値がつけられているようです。 また、平成23年度の1円玉、5円玉、50円玉は、それぞれ45万6000枚しか製造されず、しかも、すべて記念セットで使われて、市場には出回らなかったそうです。 スポンサドーリンク プレミア硬貨 一覧表 普通に流通している硬貨で、額面以上の価値があるとされる硬貨は以下のものになります。 使用済みで、おおよその価値になります。 ただし、買取可能かどうかは、また別の話になり、全部以下の値段で買い取りされるワケではないのでご注意ください。 10円玉玉に描かれている、平等院鳳凰堂の階段の脇の線の凹凸が薄いのが後期です。 上記以外に、古い年号でも状態が良いもの、またエラーがあるもの等については高い価値がつくものがあります。 例えば昭和26年10円玉の完全未使用60,000円は、コレクターの価値が高いことからの値段になると思われます。 価値ある硬貨を探すのであれば、使用済み硬貨から珍しい年号を探すことよりも、如何に綺麗な硬貨、もしくはエラーコインである場合、非常に価値のあるモノとして取引されるようです。 プレミア硬貨平成31年500円玉? 平成31年の500円玉は、価値が高そうに思えますが、今まで500円玉で一番、価値が高かったのは、昭和64年になります。 この時は、270万枚しか製造されなかったことから2000円の値段がついています。 一応、今年度分は2億枚以上作られますが、このうち平成31年のモノが何枚になるか、財務省でも今のところわからないそうなので、この枚数がはっきりすれば、おおよそがわかるかもしれません。 ただ、金型の関係で夏ごろまで、平成のモノが作られます。 昭和64年は、厳密に言うと1989年(1月1日 ~ 1月7日)の7日間です。

次の

平成31年硬貨の価値。財布をチェック!希少価値が高い硬貨はコレだ!

平成31年 硬貨 プレミア

現行硬貨(1円玉〜500円玉)年別発行枚数一覧【昭和24年〜令和2年】 現行硬貨(1円玉〜500円玉)のそれぞれについて、年別の発行枚数を全て収録しています。 (昭和24年〜令和2年:令和2年は未確定) 造幣局のオフィシャルデータ(年銘別貨幣製造枚数)には、現実的には流通していないもの(穴無し50円玉とか)も含まれており、しかもPDFだったので、必要な部分のみ抜粋した表を作ってみました。 表でオレンジ色に着色したところは、特に発行枚数・流通量が少ないレアな年です(「特年」と言うそうです) 硬貨の状態(未使用・美品)によっては額面以上の価値(プレミア)のつくものもあります。 また、 灰色で着色したところは、発行枚数の全てが貨幣セット(ミントセット・プルーフセット・イベント用貨幣セット)用のため、バラで流通することは通常考えられず、財布の中を探してもほぼ100%見つかることはありません。 近年は、現金以外の決済手段が発達してきたためか、景気の低迷の影響か、硬貨発行枚数が非常に少ない状況が続いていましたが、平成26年に数年ぶりに市場流通向けの1円玉・5円玉・50円玉が発行されました。 消費税が5%から8%になったためかと思います。 消費税が8%から10%になったら1円玉・5円玉の発行枚数は再び非常に少なくなるものと思われます。 1円玉は平成28年から再びほとんど発行されなくなっています。 ・ ・1989年の1円玉・5円玉・10円玉、500円玉は「昭和64年」銘のものと「平成元年」銘のものとがあります。 ・ 「平成」の元号は平成31年で終わり、2019. 1以降は「令和元年」となりましたが、2019年分について、50円玉は「平成31年」銘がレアで、100円玉・500円玉は「令和元年」銘が比較的少ないです。 現行硬貨(1円玉〜500円玉)の発行枚数一覧 【昭和24年〜令和2年】 和暦 西暦 1円玉 5円玉 10円玉 50円玉 100円玉 500円玉 昭和24年 1949 - 111,896,000 - - - - 25年 1950 - 181,824,000 - - - - 26年 1951 - 197,980,000 101,068,000 - 27年 1952 - 55,000,000 486,632,000 - 28年 1953 - 45,000,000 466,300,000 - 29年 1954 - 0 520,900,000 - 30年 1955 381,700,000 0 123,100,000 - 31年 1956 500,900,000 0 0 - 32年 1957 492,000,000 10,000,000 50,000,000 - 33年 1958 374,900,000 50,000,000 25,000,000 - 34年 1959 208,600,000 33,000,000 62,400,000 - 35年 1960 300,000,000 34,800,000 225,900,000 - 36年 1961 432,400,000 61,000,000 229,900,000 - 37年 1962 572,000,000 126,700,000 284,200,000 - 38年 1963 788,700,000 171,800,000 411,300,000 - 39年 1964 1,665,100,000 379,700,000 479,200,000 - 40年 1965 1,743,256,000 384,200,000 387,600,000 - - - 41年 1966 807,344,000 163,100,000 395,900,000 - - - 42年 1967 220,600,000 26,000,000 158,900,000 238,400,000 432,200,000 - 43年 1968 0 114,000,000 363,600,000 200,000,000 471,000,000 - 44年 1969 184,700,000 240,000,000 414,800,000 210,900,000 323,700,000 - 45年 1970 556,400,000 340,000,000 382,700,000 269,800,000 237,100,000 - 46年 1971 904,950,000 362,050,000 610,050,000 80,950,000 481,050,000 - 47年 1972 1,274,950,000 562,950,000 634,950,000 138,980,000 468,950,000 - 48年 1973 1,470,000,000 745,000,000 1,345,000,000 200,970,000 680,000,000 - 49年 1974 1,750,000,000 950,000,000 1,780,000,000 470,000,000 660,000,000 - 50年 1975 1,656,150,000 970,000,000 1,280,260,000 238,120,000 437,160,000 - 51年 1976 928,850,000 200,000,000 1,369,740,000 241,880,000 322,840,000 - 52年 1977 895,000,000 340,000,000 1,467,000,000 176,000,000 440,000,000 - 53年 1978 864,000,000 318,000,000 1,435,000,000 234,000,000 292,000,000 - 54年 1979 1,015,000,000 317,000,000 1,207,000,000 110,000,000 382,000,000 - 55年 1980 1,145,000,000 385,000,000 1,127,000,000 51,000,000 588,000,000 - 56年 1981 1,206,000,000 95,000,000 1,369,000,000 179,000,000 348,000,000 - 57年 1982 1,017,000,000 455,000,000 890,000,000 30,000,000 110,000,000 300,000,000 58年 1983 1,086,000,000 410,000,000 870,000,000 30,000,000 50,000,000 240,000,000 59年 1984 981,850,000 202,850,000 533,850,000 29,850,000 41,850,000 342,850,000 60年 1985 837,150,000 153,150,000 335,150,000 10,150,000 58,150,000 97,150,000 61年 1986 417,960,000 113,960,000 68,960,000 9,960,000 99,960,000 49,960,000 62年 1987 955,775,000 631,775,000 165,775,000 775,000 193,775,000 2,775,000 63年 1988 1,269,042,000 396,120,000 618,112,000 109,112,000 363,112,000 148,218,000 昭和64年 1989 116,100,000 67,332,000 74,692,000 0 0 16,042,000 平成元年 1989 2,366,970,000 960,660,000 666,308,000 245,000,000 369,000,000 192,852,000 2年 1990 2,768,953,000 520,953,000 754,953,000 274,953,000 444,953,000 159,953,000 3年 1991 2,301,120,000 517,120,000 632,120,000 209,120,000 375,120,000 170,120,000 4年 1992 1,299,130,000 301,130,000 538,130,000 49,130,000 211,130,000 88,130,000 5年 1993 1,261,240,000 413,240,000 249,240,000 51,240,000 82,240,000 132,240,000 6年 1994 1,040,767,000 197,767,000 190,767,000 65,767,000 81,767,000 105,772,000 7年 1995 1,041,874,000 351,874,000 248,874,000 111,874,000 92,874,000 182,869,000 8年 1996 942,213,000 207,213,000 546,213,000 82,213,000 237,213,000 99,213,000 9年 1997 783,086,000 239,086,000 491,086,000 150,086,000 272,086,000 173,090,000 10年 1998 452,612,000 172,612,000 410,612,000 100,612,000 252,612,000 214,608,000 11年 1999 67,120,000 60,120,000 359,120,000 59,120,000 179,120,000 165,120,000 12年 2000 12,026,000 9,030,000 315,026,000 7,026,000 172,026,000 595,969,000 13年 2001 8,024,000 78,025,000 542,024,000 8,024,000 8,024,000 608,051,000 14年 2002 9,667,000 143,662,000 455,667,000 11,667,000 10,667,000 504,661,000 15年 2003 117,406,000 102,406,000 551,406,000 10,406,000 98,406,000 438,405,000 16年 2004 52,903,000 70,903,000 592,903,000 9,903,000 204,903,000 356,903,000 17年 2005 30,029,000 16,029,000 504,029,000 10,029,000 300,029,000 345,030,000 18年 2006 129,594,000 9,594,000 440,594,000 10,594,000 216,594,000 381,593,000 19年 2007 223,904,000 9,904,000 388,904,000 9,904,000 129,904,000 409,903,000 20年 2008 134,811,000 9,811,000 362,811,000 8,811,000 93,811,000 432,811,000 21年 2009 48,003,000 4,003,000 338,003,000 5,003,000 115,003,000 343,003,000 22年 2010 7,905,000 510,000 328,905,000 510,000 67,905,000 406,905,000 23年 2011 456,000 456,000 255,936,000 456,000 178,936,000 301,936,000 24年 2012 659,000 659,000 279,211,000 659,000 402,211,000 267,211,000 25年 2013 554,000 554,000 100,892,000 554,000 608,892,000 137,892,000 26年 2014 124,013,000 87,538,000 171,013,000 7,538,000 445,013,000 167,013,000 27年 2015 82,004,000 105,004,000 203,004,000 47,004,000 410,004,000 143,004,000 28年 2016 574,000 35,064,000 198,064,000 46,064,000 461,064,000 221,064,000 29年 2017 477,000 33,927,000 124,927,000 20,927,000 518,927,000 426,327,000 30年 2018 440,000 17,960,000 178,960,000 56,960,000 567,960,000 286,192,000 平成31年 2019 566,000 16,946,000 197,594,000 1,118,000 302,006,000 126,164,000 令和元年 2019 502,000 20,574,000 137,026,000 42,502,000 58,614,000 76,956,000 令和2年 2020 未確定 未確定 未確定 未確定 未確定 未確定 和暦 西暦 1円玉 5円玉 10円玉 50円玉 100円玉 500円玉 ・記念硬貨(各都道府県別デザインの 500円バイカラー・クラッド Bi-metallic 硬貨など、通常硬貨とデザインが異なるもの)は 含まれません。 ・通常硬貨と同デザインで表面仕上げが異なるもの( プルーフセット)は 含まれます。 現在使われている硬貨の中でも、年代の新旧により微妙な違いがあるものがあります。 逆に平成11年までの旧500円玉は、年代は比較的新しいものの、韓国500ウォン硬貨を悪用した偽造が相次いだため、フデ5やギザ10と異なり、銀行や郵便局で預入・両替した時点で全数が回収されてしまいます。 そのため旧500円玉は現在、市場にほとんど流通していません。

次の