和菓子 屋 殺人 動機。 荒川女子大生殺害、冷蔵庫に遺体の「心理」とは? 専門家「親としての配慮の可能性」 (1/2ページ)

【和菓子屋殺人】店主(父親)の名前は木津英喜!Facebookや顔画像!評判は?

和菓子 屋 殺人 動機

7日午前0時50分ごろ、東京都荒川区東尾久4の和菓子店の冷蔵庫から、 近くに住む大学1年、木津いぶきさん(18)の遺体が見つかった。 約4時間後、警察官がさいたま市岩槻区の河川敷で、父で店主の 木津英喜さん(43)が死んでいるのを見つけた。 父は6日夜、家族に 「娘を店で切った」などと話しており、警視庁尾久署は長女のいぶきさん とトラブルになった後、冷蔵庫に放置し、自殺を図ったとみて捜査している。 同署によると、6日午後6時35分ごろ、いぶきさんの弟から「父が自殺しよう としている」と110番があった。 父は「手首を切って死ぬ。 川に沈んで死ぬ」 「娘を店で切った」と話したという。 署員が和菓子店内を捜索したところ、 業務用冷蔵庫(奥行き73センチ、横140センチ、高さ85センチ)の中からいぶきさん が見つかった。 膝を抱えるような姿勢で、その場で死亡が確認された。 目立った 切り傷はなく、首に絞められたような痕があったという。 いぶきさんは両親と弟と4人暮らし。 6日朝にアルバイトのため自宅を出たという。 父は同日午後4時半ごろ、妻に「仕事が終わった」と連絡していた。 和菓子店近くの70代女性は「娘をクラシックバレエに通わせるなど教育熱心で、 仲の良い親子だった。 娘さんはおとなしいタイプ。 家族関係の悩みは聞いたことがな い」と声を落とした。 出典: 木津英喜さん、娘で18歳の女子大生、木津いぶきさんを東京都荒川区の 和菓子店で殺害し、業務用冷蔵庫内に放置した疑いがもたれていましたが、 その後さいたま市内の河川敷で首をつって自殺した事が分かっています。 キーマンは父親という事ですね。 木津いぶきさんの遺体発見までの経緯は以下です。 「店で娘を切った。 その後、43歳の父親は死に場所を探していたのかもしれません。 (関連記事) 木津英喜さん顔画像? facebook? 経歴・プロフィール 名前:木津英喜(きづひでき) 年齢:43歳 住所:(和菓子屋)東京都荒川区東尾久4-33-7 (自宅は和菓子屋から徒歩数分のマンション) 職業:和菓子店経営(菓匠木津屋) 家族:娘(木津いぶき)、妻、息子(いぶきさんの弟) facebook、twitter:調査中 顔画像:調査中 特記:2019年7月7日、娘(木津いぶき)が「菓匠木津屋」の冷蔵庫内で遺体で発見 本人も、さいたま市内で首吊り自殺 木津英喜(きづひでき)さんの顔画像はまだ公開されていませんが、 既に亡くなっているので、報道機関から公開されると思われます。 分かり次第追記します。 木津いぶきさんの顔画像・facebook? プロフィール 木津いぶきさんの顔画像・写真(出典: 名前:木津いぶき(きづいぶき) 年齢:18歳(2019年7月7日時点) 住所:(和菓子屋)東京都荒川区東尾久4-33-7 (自宅マンションは和菓子屋から徒歩数分のマンション) 職業:大学生・女子大生(1年生) 大学:調査中 家族:43歳の父親(自殺)が和菓子店「菓匠木津屋」を経営。 母親、弟 facebook、twitter:調査中 顔画像:上記の通り 特記:2019年7月7日、実家の 「菓匠木津屋」の冷蔵庫内で遺体で発見 携帯電話・財布が不明になっています。 木津いぶきさん、18歳の女子大生ですから、大学1年生です。 木津いぶきさんの顔画像・写真は上記の通りです。 かわいらしい方ですね。 facebook、twitter等は調査中です。 通っている大学名等も分かり次第追記します。 (関連記事) 木津英喜さんが木津いぶきさんを殺害した動機・理由は何?金銭問題? 木津英喜さんが木津いぶきさんを殺害した動機・理由ですが、 両者ともに死亡しているので疑心暗鬼を読んでいます。 和菓子店で殺害している事から考えると、店舗の手伝い(アルバイト)等 をしていて、ケンカになったという線が考えられます。 あるいは、木津いぶきさんは18歳の大学1年生ですから、大学生活について 等で口論になったのかもしれません。 また、和菓子店を継ぐ継がないといった話が発展したという可能性もありますね。 いずれせによ、父親が見つかって供述が得られないと、動機の 解明はなかなかできないでしょうが、自殺してしまいました。 娘を切りつけて殺害し、自身が経営する業務用冷蔵庫に遺体を置いた とすると、この父親にはそれなりの動機があるはずですので、捜査の 進展が待たれます。 その後、木津英喜さんの妻・嫁で、木津いぶきさんの母親である女性が 警察の調べに、 「最近になって 旦那の 様子がおかしくなった。 暗くなった」 と答えている事が分かりました。 色々な動機が言われていますが、(最近暗くなった要因として)一つ考えら れるのは、 「金銭問題」です。 木津いぶきさんは、幼少時からバレエを習い、中学校からは私立の中高一貫校 に通い、2019年春からは私立の大学に通っていたと見られています。 簡単にいえばお金がかかっています。 また、弟がいる事も分かっています。 さらに、和菓子屋の店舗は借家で、それとは別に自宅のマンションが あった事もわかっています。 つまり、 木津英喜さんはいくらお金があっても足りない状況だったと 思われます。 さらに、 木津英喜さんは和菓子店の仕事の後に、ピザのデリバリーの アルバイトをしていたと見られています。 とすると、 あくまでも仮説ではありますが、木津英喜さん、経済的に困窮し、 切羽詰っていて、精神的に追い込まれていた可能性は多いにあるでしょう。 それだけが犯行の動機・理由かは分かりませんが、ひとつの要因には十分に なりそうです。 木津英喜さんが経営する、木津いぶきさん死亡現場の和菓子屋は荒川区東尾久の菓匠木津屋! 木津英喜さんが経営する、 木津いぶきさんが冷蔵庫内で発見された、 死亡現場の和菓子屋は、 荒川区東尾久4丁目の「菓匠木津屋」 です。 住所は、 東京都荒川区東尾久4-33-7 です。 荒川区東尾久の「菓匠木津屋」の画像(出典: ) 荒川区は東京23区の北の方です。 いわゆる「下町」エリアになります。 いかにも下町の和菓子屋という感じですね。 まとめ 以上、 木津英喜 顔画像・facebook? 木津いぶきさん殺害の43歳父親の名前! 荒川区東尾久の菓匠木津屋! 和菓子店冷蔵庫内で18歳女子大生が遺体で発見! きづひでき! でした。 カテゴリー• 212• 1,389• 802• 103• 174• 282• 327• 185• 305•

次の

福田和子事件内容まとめ!息子の現在,知られざる親子愛に魔性の女‥動機や生い立ちも徹底調査!

和菓子 屋 殺人 動機

次々と男を手玉に取り、逃げ続けた彼女の逃亡生活は何度もテレビで取り上げられドラマ化もされてきました。 その一方で、愛する息子の秘話もあったようです。 今回は、福田和子事件について改めてどのような事件だったのか内容をまとめると共に、福田和子が激愛していた息子との生活や現在、そして事件の動機や福田和子自身の壮絶な生い立ちについても徹底調査してみました。 スポンサーリンク 福田和子事件内容【逃亡生活の始まり】 1982年、愛媛県にて。 福田和子(当時34)は夫、子供4人と温かく幸せな家庭を築いていた。 家のローンを支えるため、ホステスとして家計を支えながらも、ハツミという偽名を使って愛人もいた。 和子は子供の面倒もきちんとみる母親であり、夫との関係も良好。 まさに全てを完璧にこなす女だった。 しかし、愛人との密会のためマンションを借り、それに加え家のローン返済と、消費者金融数社から借り入れし、借金を抱えるようになっていた。 1982年8月19日。 和子は店でナンバー1だった同僚ホステスのマンションを訪ね、彼女の命を奪う。 A子さんの命を奪った和子は、夫に友達の夜逃げを手伝うことになったから協力して欲しいと連絡し、夫を呼び出す。 到着した夫に和子はA子さんと喧嘩になり襲われそうになったため正当防衛として命を奪ったと嘘の話しをした。 夫は自首を進めるが和子は、もし自分が捕まったら家族全員が苦しむことになると拒否。 夫は和子に言われるがまま、A子さんの遺体と家財道具一式を運び出した。 そして驚くべきことに、A子さんの家財道具は和子が愛人と密会するために借りたマンションに運び込まれた。 また、和子は親戚に依頼しA子さんの預金通帳から約70万円の現金を引き下ろしたのだった。 犯行から5日後。 お金をおろすよう依頼した親戚の家に刑事から連絡が入った。 何の事情も知らない親戚に和子は大丈夫だと電話で返事をし電話を切った。 その直後、刑事らしき男性から連絡が入るが、和子は咄嗟に声を変え娘のフリをし母はいないと話した。 そして、その夜和子は一人家族と暮らす愛媛県の自宅を離れたのだった。 ここから和子の逃亡生活が始まる。 しかし、断られたスナックに客として飲みに行き、持ち前の人懐っこさでママに気に入られホステスとして働くことになる。 和子は、ママにはカヨという名前を名乗り、店ではシノブという源氏名で働き始め、すぐに整形をして顔を変えた。 その頃、夫は警察の取り調べに応じ全てを話し逮捕され、やがて夫の証言を元に山中からA子さんの遺体が見つかった。 また当時の愛人もハツミが福田和子であることを知り、ショックを受けていた。 そして和子から連絡があったら録音するように警察から依頼された。 和子は、スナックで働きながらも愛人に電話を入れることもあった。 しかし、警察の捜査をかく乱させるため、関西の公衆電話から連絡を入れていた。 愛人から「ハツミではなく福田和子なんだろう…?」と聞かれ、電話を切ろうとする和子。 愛人はもう少し話したいと言うが「あぶないあぶない 逆探知されたら困る」と言い電話を切った。 逃亡から8ヶ月。 和子は印刷メーカーに務める男性と同棲を始めながらも、元々客受けがよかったことに加え整形により、沢山のお客がつき人気ホステスとなった。 そんな中、老舗和菓子屋の若旦那と出会い親しくなっていく。 印刷メーカーに務める男性からも求婚されるが、和子は和菓子屋の若旦那を選び、なんと同棲していた男性の家から家財道具を一式持ち出し、若旦那と同棲を始めたのだった。 若旦那には、小野寺カヨと名乗り京都の老舗料理店の娘だと偽った。 若旦那には妻と子供がいたが、若旦那は和子と一緒になるために離婚したのだった。 スポンサーリンク 【和菓子屋/実の息子との生活】 1985年6月、逃亡から2年10ヶ月。 和子は若旦那の内縁の妻となり、和菓子店の女将として働き始めた。 和子が女将になってから、新製品の開発にも携わり、店の売上も右肩上がりになった。 明るく人当たりのいい和子に若旦那の家族も和子のことを気に入った。 しかし、若旦那が先妻との間に残した一人息子は和子に懐くことはなく、やがて先妻に引き取られた。 その一方で、和子は自分の息子(長男)と唯一連絡を取っていた。 息子に会いたくて我慢ができなくなった和子は、危険をおかして愛媛まで会いに行く。 息子と再会した和子は、金沢で和菓子屋の女将をやっていることを話し、一緒に住もうと提案。 そして和菓子店につれて帰り、和子は息子を甥っ子だと偽り、大胆にも店で住み込みで働かせ一緒に暮らし始めた。 和子は息子を溺愛。 息子も母と一緒に暮らせることにしあわせを感じているようだった。 また、和子には息子以外にも3人の子供がいたが、カレンダーに子どもたち全員の誕生日に丸をつけていたという。 【和菓子屋から逃亡】 逃亡から5年5ヶ月。 町内会の旅行で出かけた温泉にて、和子の指名手配のポスターを見かけた若旦那はカヨ(和子)に似ていると感じ、本人に「福田和子じゃないのか…?」と聞くが、和子はそれとなく話しをそらしてごまかす。 しかし、女将になって2年になるにも関わらず、なかなか籍を入れようとしないカヨを不審がった若旦那の姉は、甥っ子だと連れてきた息子の持ち物を調べる。 そして、運転免許書に松山出身であることが書かれているのを見つけ、警察に相談した。 1988年2月12日。 逃亡から5年6ヶ月。 警察は和子逮捕へと和菓子屋を訪れた。 その頃、和子は公民館にて知人の通夜の手伝いをしており店にはいなかった。 和子が公民館にいると知らされすぐに警察は逮捕へと向かったが、警察が来たことに気づき、和子は着の身着のまま逃げ出し、近くにあった自転車を盗んで逃亡した。 最愛の息子に別れを告げずに、金沢から離れたのだった。 スポンサーリンク 【逃亡の原動力となった和子のトラウマ】 その後、名古屋に到着した和子は倉本かおるという偽名を使い、市内ホテルの清掃スタッフとして働き始める。 しかし、テレビにて和子の事件は多く報道されるようになり、なるべく人と交わらず、1つの場所に3ヶ月以上いることは避けた。 1年間でも15箇所もの地を転々とし、再び整形を行い顔を変えながら逃亡生活を続けた。 しかし、逃亡生活は困窮し、次第に生活は厳しくなる。 それでも和子は逃亡し続けた。 和子が逃亡を続けるのには過去のトラウマがあった。 17歳の時、当時の恋人と強盗をし女子刑務所に入れられた和子。 しかし、そこで男性受刑者が看守を買収し、和子の部屋に乗り込んできた。 和子は襲われそのことがトラウマとなり、もう二度と刑務所に入らないと逃亡の原動力になったという。 そして時は流れ、逃亡から9年の歳月が経った。 43歳になった和子は22歳になった長男と念願の再会を果たす。 そこで、息子の婚約者を紹介された。 息子の妻は、相手の母が福田和子であることを承知の上、全てを受け入れ結婚を決めたのだった。 【福田和子時効ギリギリでの逮捕劇】 それから6年後、1999年1月。 49歳になった和子は福井にいた。 時効まで7ヶ月。 和子はレイコと名乗り、街のおでん屋に通うようになっていた。 この頃の和子は、復数のパトロンがおり金沢にいた頃のような輝きを見せていた。 和子は持ち前の人懐っこさで、おでん屋さんの常連客たちにも人気者となっていた。 しかし、時効が近いているため、テレビや雑誌では次々と和子のことを取り上げるようになっていた。 そんな中、和子について取り上げられた特集番組にて、和子の肉声が流される。 その肉声を聞いた常連客とおでん屋の女将は、レイコ=和子なのではないかと思い警察に通報。 女将は警察からレイコが店に来たら、指紋採取のためビール瓶やコップなど、触ったものを取っておいて欲しいと言われる。 しかし、時効成立まで1ヶ月を切ると、和子はパタリと顔を見せなくなった。 時効まで残り22日。 和子はおでん屋に現れた。 女将はいつものようにビールを出し、和子は美味しそうに飲んだ。 そして、和子が触れたコップ、ビール瓶、マラカスを保管し、警察に届けた。 酔った和子は、女将と常連客に、福田和子によく似ていると言われる、ママも自分のこと疑っているんでしょ…と冗談交じりに言った。 女将は冷や汗をかきながらも、そんなことないとはぐらかした。 スポンサーリンク 1992年7月29日。 時効まで残り21日。 しかし、和子は再び店に現れた。 そして常連客とカラオケを楽しんでいる間、女将の元に警察から指紋が一致したと連絡が入った。 女将は和子にバレないよう、警察に和子が店に今いると伝えた。 そして、警察が店の周りに待機し、和子が店を出たところで、逮捕。 時効成立まで残り21日のところで、福田和子の逃亡生活は終わったのだった。 【福田和子の最期】 和子逮捕の知らせは息子にも伝えられた。 おでん屋の女将は懸賞金を受け取ったが全て寄付した。 レイコ(和子)はとにかくいい子で、誰もレイコのことを悪く言う人はいなかったという。 その後、和子は事件のあった松山に護送され刑務所に入り、やがて長男が面会に訪れた。 長男はこれで好きな時に会える…と涙し、生まれた娘の写真を見せ、出所したら一緒に暮らそうと伝えていたという。 その後、行われた裁判で和子は徹底して犯行の計画性を否定。 計画性のありなしで刑期は大きく変わるため、息子と再び一緒に暮らすことを夢見ていたのかもしれない。 和子は最高裁まで争ったが2003年11月無期懲役が確定。 そして2005年2月、和歌山刑務所にて作業中、くも膜下出血で倒れ、翌月和歌山市内の病院に入院。 知らせを受けた長男も駆けつけた。 2005年3月、和子は息を引き取った。 享年57。 遺体は長男が引き取り丁寧に供養されたという。 母親の人生に振り回されながらも息子は尊敬できる母だったと言い切り、母を愛していた。 (おわり) スポンサーリンク 【福田和子犯行の動機】 A子さんの犯行動機については、当時売れないホステスだった和子がナンバー1だったA子さんに嫉妬しての犯行だと報道されています。 しかし、実際のところ和子は店でナンバー3であり決して売れないホステスだったわけでなかった。 また多額の借金があったことから、A子が持っていた金品や着物などを狙った金品狙いの犯行だったこと、A子にお金を無心したが断られたという説もある。 さらに、逮捕後に和子が話した動機では、和子が同性愛者でありA子さんとの恋愛関係でのもつれだったと述べていたそうだが、刑を軽くしたいがための嘘である可能性が高いとされており、認められなかったという。 いずれにしてもはっきりとした動機がわかっていないが、犯行後、家財道具や現金などを持ち出していることからも、金品目当ての犯行である可能性が高いのではないかと予想される。 【福田和子の壮絶な生い立ち】 また、逃亡人生も相当なものでしたが、実は幼少期の生い立ちがかなり壮絶です。 愛媛県松山市に生まれた和子。 1歳の時に両親が離婚し母親に引き取られるが、母親は自宅で売春宿を経営するという特殊な環境で育つ。 やがて母が漁師の男性と結婚。 ところが、義父は他の女性を部屋に連れ込んで関係を持ち、和子はその現場を幾度となく目撃していたという。 再び母は離婚し、田舎特有の排他的環境にも耐えられず、母子で今治市に移り住みます。 やがて高校生になった和子だったが、交際していた同級生が事故死し、ショックの余り自暴自棄になり退学。 その後、18歳の時、新たな男性に出会い駆け落ち同然で同棲を開始。 しかし、恋人と強盗に入り逮捕され刑務所行きに。 ところが、当時松山抗争で逮捕された暴力団関係者が、看守を買収し。 和子がいた女子房に押し入り和子は何度も襲われてしまう。 (松山刑務所事件) このことがトラウマとなり、和子は絶対に刑務所に戻りたくないと逃亡生活をするきっかけや逃げ続ける原動力にもなってしまったのだった。 スポンサーリンク 【福田和子/一緒に暮らした息子(長男)の現在は?】 福田和子には4人の子供がいました。 和子が家を出た後、夫も逮捕されてしまったため、子どもたちは祖父の家で引き取られたという。 祖父の家では、子どもたちがニュースを見ないように配慮されており、子どもたちは母の事件のことを知らなかった。 しかし、不審に思った長男は自分で調べ母が起こした事件、いなくなった理由を知ってしまう。 また和子も逃亡しながらも、ちょくちょく長男とは連絡を取っておりやがて数年振りの再会を果たします。 そして和菓子屋に呼び寄せ3年間もの間暮らすという、久々に親子で暮らすことに幸せを感じていたようです。 しかし、和子が和菓子屋から逃亡し、息子さんも福田和子の息子であることがバレ、和菓子屋を退職。 その後、22歳の時に、息子さん後に妻となる女性を和子に紹介し、和子が逮捕されてからも面会に行き、娘の写真を見せたりと、母を大切に思っているエピソードがありました。 そして、和子が出所したら一緒に暮らそうと言っており、和子はまた息子と暮らすのを夢見てか、裁判に挑みますが無期懲役が確定。 その後、くも膜下出血で帰らぬ人となってしまったのでした。 こういったエピソードからも、長男である息子さんと和子との関係は堅い絆で結ばれていることがわかります。 和子の事件のせいで何度も転校を繰り返したという情報もあり、事件のことでいじめられたことがあったはずです。 それでも息子さんは母を恨むこと無く、一緒に暮らそうと母を待ち続け、尊敬できる母だと言っているそうです。 こういった話しからも幼少期に和子がいかに息子さんにとってよい母であり、愛情を注いでいたかがわかるような気がします。 和子と交流を続けた息子さんですが、現在はご結婚され、お子さんも生まれています。 しかし、理解のある女性とご結婚され娘さんも誕生して、新たな家庭を築き幸せに暮らしているようです。 スポンサーリンク.

次の

荒川女子大生殺害、冷蔵庫に遺体の「心理」とは? 専門家「親としての配慮の可能性」 (1/2ページ)

和菓子 屋 殺人 動機

木津いぶきさん父親和菓子店は木津屋! 事件まとめ 大学1年・木津いぶきさん(18)が 和菓子店で遺体で発見された事件。 父親が行方不明で事件との関与が疑われていましたが その後、埼玉県の河川敷で亡くなっていることが発見されました。 父親が使っているオートバイがなくなっており、 そのバイクで移動したのでしょうか。 事件をまとめます。 《木津いぶきさん殺人事件》 発見日時:2019年7月7日午前0時50分 場所:木津屋(和菓子屋) 容疑者:不明 被害者:木津いぶきさん(18) (荒川区東尾久8丁目・大学1年生) 概要:母親と弟が和菓子店の冷蔵庫で亡くなっている木津いぶきさんを発見 木津いぶきさんを発見したのは、 母親と弟でした。 発見したのは、父親が経営する和菓子店木津屋です。 どうして母親は発見できたのか? 家族が第一発見者 それでは、発見された当日、木津いぶきさん一家は どのような行動をしていたのでしょうか。 事件が発覚したのは7月6日 和菓子店「木津屋」を経営する父親(木津英喜さん)は いつも通り、朝、お店に出勤しました。 店舗部分は1階で、 和菓子店のすぐそばに自宅があったようです。 この家に住んでいたのは、 ・木津いぶきさん(18) ・木津英喜さん(父親・43) ・母親 ・弟 の4人暮らしようです。 木津いぶきさんは、大学1年生で実家から大学に通っていました。 店に出勤した父親のあと、いぶきさんも外出しています。 この日は土曜日で大学はありませんが、 アルバイトに出かけています。 しかし、アルバイト先には出勤していませんでした。 16時頃、父親から母親に店の営業終了を知らせるメールが届きました。 そのあと 手首を切って川に沈むという主旨の電話があり 母親が110番通報。 その後、 父親から息子に電話。 姉(いぶきさん)を切ったと話したようです。 警察に電話した母親と弟は 警察官を伴って和菓子店「木津屋」の冷蔵庫で いぶきさんの遺体を発見したそうです。 スポンサーリンク 第三者関与の真相は? 犯人は父親なのか? 仲がよかったとされる木津いぶきさんと父親。 近隣住民によれば、和菓子屋の店の評判はとてもよく あんドーナツは1個100円でとてもおいしかったという 評価もありました。 父親が結婚したのは25歳頃のようですが、 木津いぶきさんは母親の連れ子であるという 近隣住民の証言がありました。 しかし、親子中仲はとても良く、 事件が信じられないと一様にみな驚いています。 和菓子店を切り盛りしていたのは、父親のみで 母親や娘のいぶきさんがたまにお手伝いをしていたようです。 事件が起きた日は、通常よりも早い16時頃に店をしめ、 父親の自署で休業を伝える貼り紙もされていたようです。 18歳という多感な年ごろだったようですが、 憎みあうような原因が一切見当たらない不思議な事件。 ただおかしいと思うのは、 娘の殺害をほのめかすような電話をかけた際に 「刺す」ではなく 「切る」 という表現をしていることで 電話をかけるように第三者に仕向けられ、 脅されながら話しをするように言われたのではないか? というネットの声もありました。 これから死亡推定時刻などから 詳しい死因や容疑者の特定が行われると思いますが 現在のところ、父親が殺人・死体遺棄事件の可能性もあるようです。 この事件には注目が集まります。 木津いぶきさんのご冥福を心からお祈り致します。 最後までお読みいただき有難うございます。 スポンサーリンク.

次の